Fandom



最大の防御は優秀な攻撃となる。Hildrynは自身のシールドを使ってアビリティを発動し、エネルギーで自身のシールドを回復させる。

シールドをバッテリーのように引き出し、防御力と攻撃力は他の追随を許さない。これが武器のドミナ、Hildryn。

空でも地上でも、Hildrynは犠牲者に恐怖を与える。

Release Date: March 7th, 2019

圧倒的な体格を持つサイボーグHildrynは、敵のバリケードが崩れる中、味方の防御を固めていく。全速力で空を駆け上がり、大気圏内を飛行し、シールドを搭載した弾頭を発射して、大火力の砲撃で戦場を蹂躙していく。Hildrynは2019年3月7日、Operation: Buried Debtsにて初めて上空から死の雨を降らせた。

製作
Credits64
25,000
Helmet
1
Chassis
1
Systems
1
OrokinCell64
3
製作: 72 時間
即時: Icon-Platinum 50
マーケット 価格: Icon-Platinum 325 設計図 価格: Credits64 5,000
ニューロティック
Credits64
15,000
LazuliteToroid
2
ArgonCrystal64
1

85
Circuits64
1,600
製作: 12 時間
即時: Icon-Platinum 25
シャーシ
Credits64
15,000
LazuliteToroid
2
NitainExtract
2
ThermalSludge
90
Rubedo64
2,300
製作: 12 時間
即時: Icon-Platinum 25
システム
Credits64
15,000
LazuliteToroid
2
Tellurium64
2

95
Plastids64
1,500
製作: 12 時間
即時: Icon-Platinum 25

取得

Hildrynの設計図はVox ソラリスLittle DuckからReputationLargeBlack‍5,000で購入できる。彼女の部品の設計図はエクスプロイター オーブからのドロップで入手できる。
Drop Chance Expected Nearly Guaranteed
シャーシ設計図 38.72% 6 – 7 27 ± 9
ニューロティック設計図 38.72%
システム設計図 22.56%

Expected とは、プレイヤーが期待値に関連したドロップのうち少なくとも1つを受け取ることができる実行回数の総数のことである。

Nearly Guaranteed とは、プレイヤーが99%、99.9%、99.99%の確率で各ドロップのうち少なくとも1つを受け取るために必要な実行回数の総数を指す。

For more detailed definitions and information on how these number were obtained visit here.


参考編集

  • Hildrynが大気モードでシグネチャー武器の Larkspur Larkspur を使用している場合、この武器は追加で300の予備弾薬を保持しており、合計で700の弾薬を得ることができる。
  • Hildrynはゲーム内の全てのウォーフレームの中で最も高いベースシールドを持っている。ランク30で450、1,575である。
    • Hildrynは、オーバーシールドを考慮した場合、ハローに次いで2番目にシールドの値が高いウォーフレームである。
    • シールドをエネルギープールとしており、技術的にはエネルギーを全く持っていないため、最も低いエネルギーを誇っている。

ヒント編集

  • Hildrynは大きなシールドを持つWarframeであるため、シールドに影響を与えるMod TT 20pxGuardianArcaneAegis64x アルケイン イージスArcaneBarrier64x アルケイン バリアから多くの恩恵を受けることができる。
  • シールド値の高い他のWarframeと同様に、HildrynもMod TT 20pxAdaptationの恩恵を受けており、基本的に彼女のシールドが吸収できるダメージ量を増やしている。
  • HildrynはAegisStorm130xDark Aegis Stormで空中にいる間、Mod TT 20pxAerodynamic, Mod TT 20pxAgility Drift, Mod TT 20pxAviatorを装備することで、より大きなダメージを吸収することができる。
  • Hildrynは、ナイトメアモードのエネルギー枯渇やソーティーのエネルギー減少など、エネルギーの再生が著しく阻害されるミッションで使用するのに理想的なWarframeである。
    • 逆に、ナイトメアモードのシールド枯渇のように、シールドに深刻な影響を与えるミッションでは、Hildrynを連れてくるべきではない。
    • テンノのエネルギーが0の状態でスタートするRathuumインデックスでは、Hildrynはすぐにアビリティを使用できる。
  • Hildrynがアビリティをエネルギーではなくシールドに依存していることは、パラスティックエクシマスユニットやセンサーバーのようなエネルギー吸収攻撃やアビリティによるエネルギー・ロスに悩まされないことを意味している。
  • Decaying ドラゴン キーはシールドに特化したWarframeには望ましくない選択のように聞こえるかもしれないが、最大シールド容量を減らすことで彼女のシールドウォールのパッシブをより速くリチャージすることができるようになる。これをMod TT 20pxFast DeflectionArcaneAegis64x アルケイン イージスのようなシールドリチャージを促す装備と組み合わせることで、無敵期間中にシールドを素早くリチャージすることができ、Arcane Aegisが十分に頻繁に発動されればHildrynを無敵ループにはめることができる。
    • この特定のビルドでは、Hildryn のアビリティ発動を著しく阻害するが、彼女のアビリティに燃料を供給するためのシールドプールが大幅に減少するためである。
  • センチネル/MOA(コンパニオン)Mod TT 20pxGuardianを装備させることで、Hildrynのシールドが枯渇した時に即座にリチャージすることができ、シールドウォールのパッシブを効果的にリセットすることができる。
    • また、Mod TT 20pxShield Chargerを装備することで、シールドリジェネレーションをブーストしたり、一時的に追加のシールドやオーバーシールドを付与したりするのにも便利。
    • Mod TT 20pxGuardianMod TT 20pxShield Chargerはどちらも30秒のクールダウンを持っている。
  • HildrynはShieldPillage130xDark Pillageや自分のシールドを補充するためにアーマーやシールドが不足していることが多いため、感染体に対する効果が大幅に低下している。

トリビア編集

  • HildrynはDevstream 122でWispと共に初公開され、同じコンセプト・アートで空間を共有している。
  • Hildrは旧北欧語で戦いを意味する言葉である。
    • Hildrは、北欧神話のヴァルキリーでもあり、Prose Eddaにも記されている。
  • Hildrynは39番目に登場したWarframe(Primeとアンブラの変種を除く)。
  • Hildrynは、シンジケートであるVox Solarisからスタンディングを使用して設計図を獲得できる2番目のWarframeであり、1番目はBaruukである。
    • Baruukとは異なり、Hildrynの部品設計図はVox Solarisからは取得できない。その代わり、エクスプロイター オーブからドロップされる。
    • 彼女はオープンワールドのボスから部品の設計図がドロップされる最初のWarframeである。
    • また、彼女は繰り返し行われるサーミアの裂け目に依存した部品設計図の取得方法を持つ初のWarframeでもある。(オペレーション:埋もれた負債も参照)。
  • Hildrynの各部品の作成には2個のラズライト トロイドが必要であり、合計で6個のラズライト トロイドが必要である。1つのラズライト・トロイドがReputationLargeBlack‍12,000を提供し、彼女のメインの設計図のコストがReputationLargeBlack‍5,000であることを考えると、Hildrynはシンジケートの立場からすると最も高価であり、合計でReputationLargeBlack‍77,000の価値がある。
  • Hildrynは、エネルギーバーを持たない最初で唯一のWarframe。
    • また、HildrynはNidus、Baruuk、後のGaussに続いて、アビリティに代替エネルギーを使用している3体目のウォーフレームである。Hildrynの場合はシールドを使用する。
  • 彼女のデフォルトヘルメットに書かれているオロキン文字は「盾の乙女("shield maiden")」と読む。
  • Hildrynは、最初のLimboに続いて、ユニークなローリングアニメーションを持つ2体目のWarframeである。彼女は肩からを展開し、短い距離を前方に射出するが、これはRhinoのRhinoCharge130xDark Rhino Chargeに似ている。
  • HildrynはWarframeで初めてExalted Weaponを第一アビリティとして持っており、ランクのない状態からすぐに使用できる。
    • Exalted Weaponsを持つ他のWarframeは、ランク10以降で使用可能な4番目のアビリティで開放される。
  • Hildrynは、シグニチャー武器としてアークウィングガンのLarkspur Larkspurを持つ初のWarframeである。
    • また、彼女は他のカテゴリではシグニチャー武器を持っていない。
  • Hildrynは、AegisStorm130xDark Aegis Stormというチャネリングされた能力を使って空中に出ることができる2体目のWarframeで、最初の1体目はTitaniaである。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。