Fandom


タブ編集

Consumer of worlds and everything else.

自分だけのビュッフェのように敵を貪り食う彼の戦いへの飢えは原始的だ。Grendel、食いしん坊で 飽くなき者。

晩餐は騒乱と一緒に食べるのが一番。ボナペティ、Tenno。

多くのWarframeはスピードとしなやかさを持っていますが、パワー、運動量、衝撃...それらは質量を必要とするのです。

そして、そこに...三段腹の溝...そこは割れるのでしょうか?ギザギザと空洞になっている...何を捕らえるのでしょうか。誰が知っているのか... あるオロキンなら知っているかもしれません。

リッダの人々が食べ尽くしたその夜、凍てついた山々が夜明けとともに暖かく照らされるまで、ごちそうを食べていました。Grendelに追われた処刑人はそのバラ色の山頂に向かって逃げ出しました。彼の運命がどうなったのか、私にはわかりません、言い伝えでは人々がごちそうを食べていると、突然、奇妙な深い音を聞いたそうです。山から山へと運ばれたゴロゴロとした音ー満足げな一回のげっぷを。

Release Date: October 31st, 2019

戦場の悪臭に包まれながら、貪欲に軍勢を飲み込んでいくGrendelの姿を堪能してみよう。肉体的で勇敢なGrendelは、同族の戦士たちを元気づけるために獲物を食べ尽くしたり、食べ尽くされたものを腐った酸性の胆汁に浸して吐き出したりする。球状の脅威として要塞を駆け抜け、その雷鳴のような震動で押しつぶされた死体を跡に残していく。彼の摂食狂はアップデート26 The Old Bloodで始まった。

製作
Credits64
25,000
Helmet
1
Chassis
1
Systems
1
OrokinCell64
3
製作: 72 時間
即時: Icon-Platinum 50
マーケット 価格: Icon-Platinum 325 設計図 価格: Credits64 35,000
ニューロティック
Credits64
15,000
ArgonCrystal64
2
ControlModule64
5
Ferrite64
3,500
AlloyPlate64
3,800
製作: 12 時間
即時: Icon-Platinum 25
シャーシ
Credits64
15,000
IconCondrocWing
25
ForestRodentSpine
30
TralokEyes
20
MurkrayLiver
15
製作: 12 時間
即時: Icon-Platinum 25
システム
Credits64
15,000
Circuits64
1,125
Morphics64
10
IconFishMeat
125
IconFishOil
100
製作: 12 時間
即時: Icon-Platinum 25

取得編集

Grendelの部品設計図は、どのリレーにもある仲裁ベンダーから各25 ビタス・エッセンスで購入できる探知機を使用し、エウロパでの特定のミッションをクリアすることで入手できる。 本体設計図はマーケットからCredits64‍ 35,000で購入することができる。

部品設計図入手のこれらのミッションにはレベル40~45の敵が登場するが、プレイヤーはギアアイテムを使用することができず、すべてのWarframeと武器は装備したMODの恩恵を受けられず、オペレーターも使用できない。これらのルールの唯一の例外はWarframe Augment ModとSentinel Preceptsであり、これらの効果はまだ有効である。

  • Grendel ニューロティック探知機は20分の耐久ミッションArchaeo-freighterをアンロックする。
  • Grendel シャーシ探知機 は15ウェーブ防衛リッダの氷原をアンロックする。
  • Grendel システム探知機 は800クライオティックを採掘する発掘カリシュの鉱山をアンロックする。

ミッションを中止しても探知機は消費されないが、完了すると消滅し、再度ロックを解除するには別の探知機を購入する必要がある。ただし、探知機を必要とするのは分隊ホストのみで、他のプレイヤーをミッションに参加させることができ、完了時には参加したプレイヤー全員に設計図報酬が付与される。

伝承編集

Grendel: 原始的。絶やすことのない食欲。そして、この展示が示すように、驚くような思いやりを持ち合わせています。

オロキン帝国の崩壊後、生き残ったオロキン執行官の一人、スミレの香りのするカリシュという名の暴君が、凍てつくエウロパの飢饉が蔓延する都市リッダを支配していました。

壁に囲まれた屋敷の中で、じっとりと陰湿なカリシュは贅沢を極めた生活を送っていました。一方、無力な市民は、彼の食卓のくずに恵まれるよう望みながら従順に過ごしていたのです。彼の街が飢えにあえいでいる中、カリシュは自分と大食漢のために、また別の饗宴を開きました...12の消化器官を移植した12の胃袋それぞれに12のコースを用意したのです。

リッダエウロパにある凍てつく飢饉に見舞われた都市で、オロキンが統治していた。オロキン帝国の滅亡から生き残ったカリシュという名の執行官は、スミレの香りがする獣人と呼ばれていた。

執行官が城壁に囲まれた屋敷で贅沢な生活を送っている中、市民は飢えにあえいでいていたが、執行官は自分と彼の12の消化器官であるエクソサックのための12の食事コースを命じていた。グレンデルに見つかった贅沢な執行官は脱出を図りリッダの丘や山を越えて逃げた。グレンデルは執行官を追跡し、最終的には執行官の試みが無駄であったことが証明された。山頂に追い詰められた、カリシュはグレンデルの腹の中に彼の運命を発見し、ややあってげっぷの音が鳴り響いた。

Notes編集

  • Grendelがシグニチャー武器のMasseter Masseterを振り回しヘビーアタックを行っている間はクラウドコントロールの効果を受けなくなる。
  • スプリントスピードのModはPulverizeのスピードには影響しないが、Mod TT 20pxMotus Signalはダブルジャンプの高さを増加させる。
  • 最後に装備した武器のUIを保持しているにもかかわらず、GrendelはPulverize中はsyndicate procs を起動することができない。

トリビア編集

  • Grendelは、叙事詩『ベオウルフ』に登場する悪役の巨人にちなんで名づけられた。Grendelは「人類を滅ぼす者であり、人類を食い荒らす者」と評されており、殺した人間の肉を食べると表現されている。
    • Grendelの開発過程では、「鬼」Warframeと呼ばれていた。日本の民間伝承では、は人間を食い荒らすことも含めて人間を恐怖に陥れることが得意な、大きい角の生えた者として描かれている。
  • Grendelの代替ヘルメット"Glutt"はgluttonという言葉から派生したもので、彼の飽くなき飢えを意味している。
    • Grendelのレベリアンの展示では、Grendelは飢えているかもしれないが、大食漢ではないと明記されている。
  • GrendelがNourish130xDark Nourishの時に打つポーズは相撲取りをモチーフにしている。
  • Grendelは42番目に発売されたWarframe(Primeとアンブラを除く)。
  • Grendelは、専用のミッション・ノードから部品設計図を得ることができる最初のWarframeであり、そのためにはVitusエッセンスと仲裁が必要となる。
  • Grendelは当初、親友であるGaussと同時にリリースされる予定だったが、開発に時間がかかった。二人の友情へのオマケとして、GaussはGrendelのWarframe プロフィールに登場し、Nourish130xDark Nourishからの支援を受けているだけでなく、Grendelのレベリアン展示でも言及されている。
  • Grendelの腹の口はFeast130xDark FeastRegurgitate130xDark Regurgitateの能力で開く。
  • Grendelの腹は、敵が食べられたり、Feastで蓄えられたりすると、視覚的に大きくなり、ジグザグな物理効果を得られる。
  • Grendelの腹の中の敵が話した声は、くぐもった音とゴリゴリとした音のオーバーレイを持っている。


特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。