Fandom


タブ編集


昼と夜を分かつEquinoxは、攻勢形態と守勢形態を自由自在に操ることが出来る。

日本時間:2015年8月1日、 アップデート17.0 ― 「センティエントの残響」 にて追加されたWarframe。


製作
Credits64
25,000
AnimusAspect
1
AnimaAspect
1
Forma64
1

製作: 72 時間
即時: Icon-Platinum 50
MarketIcon マーケット 価格: Icon-Platinum325 Blueprint2 設計図 価格: Credits6425,000

編集

製作
Credits64
25,000
Helmet
1
Chassis
1
Systems
1
OrokinCell64
1
製作: 72 時間
即時: Icon-Platinum 50
マーケット 価格: N/A 設計図 価格: N/A
ニューロティック
Credits64
15,000
AlloyPlate64
150
NeuralSensor64
1
Ferrite64
150
Rubedo64
500
製作: 12 時間
即時: Icon-Platinum 25
シャーシ
Credits64
15,000
Gallium64
1
Ferrite64
1,000
Rubedo64
300

製作: 12 時間
即時: Icon-Platinum 25
システム
Credits64
15,000
ControlModule64
1
Gallium64
1
Salvage64
500
Rubedo64
500
製作: 12 時間
即時: Icon-Platinum 25

編集

製作
Credits64
25,000
Helmet
1
Chassis
1
Systems
1
OrokinCell64
1
製作: 72 時間
即時: Icon-Platinum 50
マーケット 価格: N/A 設計図 価格: N/A
ニューロティック
Credits64
15,000
AlloyPlate64
150
NeuralSensor64
1
PolymerBundle64
150
Plastids64
500
製作: 12 時間
即時: Icon-Platinum 25
シャーシ
Credits64
15,000
Morphics64
1
PolymerBundle64
1,000
Plastids64
300

製作: 12 時間
即時: Icon-Platinum 25
システム
Credits64
15,000
ControlModule64
1
Morphics64
1
NanoSpores64
500
Plastids64
500
製作: 12 時間
即時: Icon-Platinum 25

取得編集

本体設計図はマーケット、 各パーツの設計図は海王星のTitaniaにいるボス・Tyl Regorがドロップする。 すべてのパーツは12.91%の確率で入手可能。

特筆事項編集

  • Equinoxのライトカラーはミッション開始時に陰陽どちらかで始まるかを決定することになる。
    • 明るい色は陽、暗い色は陰。デフォルトカラーでは陰で開始される。。
  • Equinoxは現在、Warframeの中で一番製作費用が嵩むフレームとなっていて、Credits64‍ 225,000掛かる。
    • また、唯一フォーマを必要とするフレームでもある。

トリビア編集

  • 英語で陽はDay、陰はNightと表現されている。

タブ編集

Equilibrium編集

Equinoxはヘルスオーブの10%をエネルギーに変換、エネルギーオーブの10%をヘルスに変換する受動的な能力を持つ。この効果はEquilibriumと重なる。
また、Equinoxは陰陽と2種類のフォームを持ち、ミッション中にいつでも変更でき、ライトカラーはミッション開始時に陰陽どちらかで始まるかを決定することになる。

  • 明るい色は陽、暗い色は陰。デフォルトカラーでは陰で開始される。


アビリティ編集

Metamorphosis

Rest & Rage

Pacify & Provoke

Mend & Maim


アビリティ威力

Icon-Intensify

アビリティ効果時間

Icon-Continuity

アビリティ効果範囲

Icon-Stretch

Icon-Metamorphosis Icon-Metamorphosis
Icon-RestRage Icon-RestRage Icon-RestRage
Icon-PacifyProvoke Icon-PacifyProvoke
Icon-MendMaim Icon-MendMaim Icon-MendMaim


特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。