Fandom


Alad V(アラド ヴィー)は、木星のボスとして登場するコーパス委員会の幹部メンバー。

コーパスの高官であり、コーパスの理事会のメンバーであり、グリニア関係の責任者でもある。様々なイベントに参加しているという点では、コーパスのボスの中でも最も頻繁に登場する人物である。Warframeの部品を使って高度なロボットを作るという野心的なプロジェクト「Zanuka Project」の生みの親だったが、最終的には失敗に終わり、取締役会から解任され、長年のライバルであったFrohd Bekと入れ替わることになった。

かつてのコーパスの支援者から逃げ回っていたアラドは、やがて「侵略」を通じた生物学的な出世の約束に取りつかれ、いわゆる「ミュータリスト帝国」を通じてオリジンシステムを支配しようとする。侵略の餌食になった彼の心は、アラドVは自分の体にウイルスを使用し、彼のザヌカプロジェクトからのプロトタイプを犠牲にしてまで行きました。

二度目の敗北を喫した後は、ロータスや天王の味方となり、ストーカーや味方の憎しみを集めていたが、最近コーパスに戻ってきた。

最近コーパスに戻ってきたが、不祥事を起こしたことで評判を大きく落としてしまった。欠点を補うためにセンティエントと提携し、アマルガムでグリニアとコーパスの兵士をセンティエントに変身させるという新たなプロジェクトを開始した。

彼は木星のテミストでコーパスのボスとして最初に遭遇し、ロボットペットであり、ウォーフレームのパーツを集めて作った守護者でもあるザヌカを連れている。この暗殺ミッションを完了すると、プレイヤーはValkyrIcon272のValkyrコンポーネントの設計図を受け取ることができます。彼は神経センサーの良い供給源となっている。

ロア 編集

アップデート19.0で変更された星図進行の性質上、ここに記載されている伝承の順序の一部は、現在のゲームの順序と一致しない場合があります。ここでは、ストーリーの順序が変更される前の最後に判明している順序をリストアップしています。


概括 編集

アラド5世はコーパスの理事会のメンバーであり、グリニア関係の責任者だった。その地位にもかかわらず、アラドはグリニア(彼が「犬」と呼んでいる)とそれ以下の天王を特に軽蔑していた。キャリアの中で、アラドは天王と(後に)インフェステッドに執着し、自分の利益のために天王の力を利用できると信じていた。


Operation Sling-Stone 編集

ある交渉の際、いくつかの備蓄品が発見された後、ツイン・クイーンはアラドにいくつかの材料の値下げを要求し、断ればフォモリア級の「スーパーシップ」を放つと脅した。アラドは、これらのFomorian船が存在していたことを知らずに、これはハッタリだと判断した。自分の間違いに気付いたとき、彼は天王に助けを求めた。


ロータスは紛争に関与したくなかったが、グリニアーのパワーが拡大する脅威に より、彼女はアラドの嘆願を再考するように説得した。その結果、スリング・ストーン作戦が行われ、Tennoはフォモリアンのリアクターをインフェステッドの物質で破損させて妨害することになった。最終的にこれらの船の最後の船は落ち、グリニアは撤退したが、アラドは生き残った船の噂に応えて冥王星に偵察隊を派遣した。


Operation: Arid Fear 編集

最終的にクイーンズはアラドの最初の契約に同意したが、彼の援助と引き換えに彼が要求した以上の金額を支払うことにした。GrineerはTennoから隠したい未知の集落をいくつか持っていた。Tennoは捕獲任務を通じてその方法を知っていることを知っていたアラドは、できるだけ長く情報を隠すことを期待して、彼のスカウトとナビゲーターをヴォイドに送ることにした。にもかかわらず、Lotusは彼の隠密作戦を発見し(Operation: Arid Fearとなった)、Tennoをスカウトを追い詰めるために送りました。アラドの最善の努力にもかかわらず、Tennoは情報を回収し、入植者の惑星を見つけることができた(イベントが行われた時には元々Phobosだったが、アップデート19.0では火星に変更されていると思われる)。

The Gradivus Dilemma 編集

その後、アラドはセドナの近くで未覚醒の天王のキャッシュを発見した後、ザヌカ計画に資源を集中させることになった。これを聞いたグリニアのサルガス・ルク将軍は、グリニアの領土で発見されたという理由で、そのキャッシュを引き渡すようにアラドに命じた。アラドは、彼の拒否に続く避けられない攻撃を撃退するために、火星に防衛軍を設置することで対応した。怒りに駆られたルークは、コーパスの領土をグリニアに引き渡すように要求した。

この情報はロータスに拾われましたが、彼女は天王をどちらかの側に動こうとはしませんでした。代わりに彼女はTennoに2つの選択肢を与えました。眠っているTennoを救出するためにGrineerをサポートするか、Grineerがより多くのコントロールを得ることを犠牲にしてGrineerを追い払うためにCorpusをサポートし、その過程で仲間のTennoを犠牲にするかです。この争いは後に「Gradivusのジレンマ」と呼ばれるようになります。

何度かの小競り合いの後、取締役会は資源の浪費を理由にアラドへの資金提供をやめることを決定し、結果的にグリニアの勝利となりました。理事会はザヌカ計画への資金提供も停止し、アラドは彼らの援助なしに計画を続けざるを得なくなった。その後、彼は木星に研究施設を設立した。

The Hunt For Alad V 編集

ディレンマの後、天王はアラドがプロジェクトの一環として実験していたウォーフレームを捕獲していることを発見した。アラドの元同僚であったFrohd Bekは、ディレンマの間に発生した巨額の借金を理由に彼を追跡していた(ただしBekにはそれなりの理由があった、つまりザヌカ計画が成功した場合にアラドが理事会でより大きな力を得ることを恐れていた)。これを受けて、アラドはインフェステッドをFrohdの船に転用し、その過程で彼らを圧倒し、Frohdの進歩を遅らせた。

Frohd BekはTennoと取引をすることにした:彼の船からインフェステッドを排除してアラドの居場所を特定し、その場所をTennoに提供する。ロータスの最初の不信感にもかかわらず、彼女は最終的にフロッドの条件に同意し、その後のアラドVの捜索は最終的に成功した。彼は発見されるまでにザヌカの試作機を作ることができたが、Tennoは彼を倒し、Warframeを彼の魔手から救い出した。それでもアラドはプロジェクトに取り組み続け、時折ザヌカハンターを派遣して「ドナー」を探している。

Suspicious Shipments 編集

長い間活動していなかった後、ロータスは通常の航路から外れた場所を移動しているコーパスの船を発見した。これらの船は重装備で、覗き見から身を隠すためにいくつかの手段を使っていた。その目的を疑ったロータスは天王を派遣して、これらの船とその謎の貨物を調査させた。

テンノはこれらの船の多くがインフェステッドの組織のサンプルを含んでいることを発見したが、コーパスの小隊によって厳重に守られていた。アラドは調査中に天王に連絡を取り、コーパスが禁止しているインフェステッドのバイオテクノロジーに反対し、禁止されているこの研究に自分の資源を集中させることにしたと説明した。

Operation Breeding Grounds 編集

蓮は、アラドの実験により、インフェステイトが進化し、無機物を感染させ、堕落させることができるようになったことを知った。また、ロータスはアラドがインフェステッドの拡散を指示する手段としてインフェステッド・ハイブを開発していたことも知っていた。

このハイブはすぐに新しい船やコロニーを腐敗させることができる。エリスの近くで大規模な感染症の発生の知らせを聞いたLotusは、発生を止めるために感染船を迎撃し、ハイブを破壊するようTennoに命じた。

天王は発生を止めることに成功しましたが、アラドは天王の努力をあざ笑う最後のメッセージを送って、彼らの行動は彼の処分で最も硬く、最も悪質な株でアラドだけを残していたと主張しました。

Operation: Mutalist Incursions 編集

進化したインフェステッドを自在に操り、アラドは新たな「ミュータリスト帝国」の計画を発表した。この時点でロータスは、侵入がアラドの心を堕落させたと考え、彼を侵入そのものと表現した。この間、ミュータリストの侵入は定期的にオリジン・システム全体に現れ、天王はコーパスとグリニアの助けを借りてそれらを一掃することを命じられた。


3つの派閥の勇敢な努力の結果、ミュータリストの侵入はすぐにエリスに押し戻されたが、最終的には新種を完全に駆除することはできず、システムにとって恒久的な脅威となった。


Patient Zero 編集

ミュータリストの襲撃の最中に、ロータスはまた天王にアラドの居場所を再び突き止め、彼の研究室を破壊するよう指示しました。捜索中、アラドはTennoに連絡を取り、別のWarframeを持っていることを明かし、インフェステッドの組織を注入することを計画した。捜索を続けるうちに、そのインフェステッド・ウォーフレーム--アラド5世のミュータリスト実験の縮図--がついに明らかになり、ロータスは天王に苦痛から解放するように指示した。


彼の実験が破壊されたにもかかわらず、アラドはTennoを恨むことはなく、代わりに「失望」を表明し、これは彼らにとって過去の「過ち」を償うチャンスであったかもしれないと述べました。結局、アラドは再び姿を現し、敗北した。


Operation: Tubemen of Regor 編集

長い間活動を休止していたが、グリニアの研究者であるティル・レガーの研究がアラドの目に留まっていたことが明らかになった。アラドは侵入者との関わりを後悔し、ロータスにメッセージを送り、天王にタイル・レゴールの研究のサンプルを入手してから、自分の治療法を見つけようと研究室を破壊するように頼んだ。しかし、コーパスの貴族ネフ・アニョは、このロータスへの嘆願をコーパス委員会の新しい地位への脅威と見なし、すぐにTennoへの別の提案を放送した:Tyl Regorの研究室を完全に破壊し、Alad Vが自分の治療法を開発する可能性を阻止する。


双方がレゴールの研究室の場所を提示したので、LotusはTennoを特定の 選択に移すことを拒否し、最終的には2人のうちどちらが劣悪かを決めるの は彼ら次第でした。結局、PC版とXB1版ではAlad Vが勝利を収め、PS4版ではNef Anyoが勝利を収めました。

The Second Dream 編集

以下のセクションにはネタバレが含まれています。


テンノとの最後の出会いと比較して、その侵入が大幅に後退していたアラドVは、将来の "好意 "と引き換えに、センティエントHunhowの遺体を見つけるために彼の助けを提供しました。彼は天王がヴォイドにストーカーを追求し、1つが遭遇したらセンティントBattalystを解剖する願望を表明したように、ロータスと接触したままであった。


アラドは、ロータスがテンノの「心」をセンティエントから守るために、ボイドの奥深くにオロキン時代の月、ルアを隠していたことが明らかになったとき、彼の驚きを明らかにします。アラドは、Warframesを解剖して彼自身の実験を思い出して、この心臓が彼らの胸にない理由を不思議に思い、彼は彼らが見えるものではないWarframesのいくつかのわずかな意識を持っていたことを示唆している。紛争中に、Hunhowは最終的に彼を殺すことを脅し、いくつかの機会に "Orokin "としてお節介なアラドに対処します。これは、アラドは逃げるために強制されますが、彼の好意についてロータスを思い出させる前にしないでください。


Operation: Shadow Debt 編集

セカンド・ドリームで得た好意を呼び、アラドは彼を追い詰めるために配備されたアコライトを探し出して追い詰めるためにTennoの援助を要求します。彼はTennoにコーパスとグリニアのシステムに侵入してセキュリティ・データを収集するように指示し、そこからTennoが追い詰めるためにAcolytesを見つけるために言われたデータを使用しています。


Acolytesのほとんどが敗北したら、アラドは彼の方法に向かっているもう一つのAcolyteがあったことを発見した。この最後のアコライトがおそらくグループの中で最強であることを恐れて、彼はTennoに直接彼を守るように頼みました。テンノはアラドをアコライトから守った後、約束していた報酬をテンノに渡し、取引のことは誰にも言わないように頼んだ。


The Index 編集

アラドVはインデックスの債権回収部門と密接に働いていたことが知られており、彼の身体が侵略者に乗っ取られたために不本意な退職をしたにもかかわらず、同部門のナコ・ゾルとヴェド・ゾルが彼の代理として任務を請け負っているという話もある。ザヌカのような代理人であるロックジョウが、その報酬として届けられたことで、その疑惑はさらに深まっていく。


Wolf of Saturn Six 編集

ジョビアン・コンコード』の前奏曲で、アラド5世は、以前は未公開で「ガスの中の6リーグほどの深さ」という名のグリニア・マックス・ペン・サターン・シックスの所長であるガルーンからグリニアの受刑者を受け取っていた。ペンの模範囚であるサターンシックスのウルフは、この仲間の受刑者の人身売買を発見して脱走したが、逃げる代わりに木星のコーパス通信網にハッキングして「GHARNを引き渡せ」という要求を送った。


アラドVは「ガーンは君のものだ」と答え、ウルフを引きずり出してアマルガム計画の実験として再び投獄し、彼と彼の群れにセンティント・ハイブリダイゼーションが注入された状態にして、天王を追い詰めるために彼を送り込んだ。しかし、ウルフはアラドのコントロールから自由を破って、その後まもなく姿を消した。


Nightwave Fourth Diorama 編集

メッセージは読みました。GHARN IS YOURS. 匿名の贈り物。これがどんなものか知ってる でもウルフは復讐には冷たすぎる グリニアは無期懲役の区長を任命した ウルフは期間を短くするしかなかった 仕返しではなく "二度としない "だけだ しかし それはあまりにも簡単だった こんな日は簡単な食事は 誰かの餌になっていることを意味する アラドの店だ コーパスのマントを着た悪魔 新しい刑務所でウルフを捕まえた これだけは鉄格子じゃない 化学物質で出来ている... うーん...そういう奴はみんな知ってるな 全員が「アマルガム・ドッグ」に変身した...彼の言葉だ。覚醒剤を使ってジュースにしたんだ。言い方は悪いが 群れがお前たちを狙っていると思うよ 夢見る者たちよ


—Nora Night



Nightwave Fifth Diorama 編集

水星ジャンクションの前を通ると...今夜は熱く輝いている 噂では悪魔の仕業だそうだ...うーん 気づくべきだった 兆候を見たんだよね? 確かに ウルフは手ごわい...もっと手ごわい でもそれ以上に ウルフは賢くなった 仲間を集めて コーパスの暗号を使って 今や一人前の男だ これ以上痕跡を残さない これで終わり?夢見る人たちよ そうだといいけど 私があなたなら 気をつけた方がいいわ 近いうちに 遠吠えが肩を伝わってくるかもしれないから ノラ・ナイトです 致命的な状態でいてくれ ドリーマーズ


—Nora Night

The Jovian Concord 編集

アラド5世は木星に戻ってコーパスのために働いていたが、ザヌカ計画の失敗とミュータリストの襲撃事件、ネフ・アニョのオーブヴァリスのテラフォーミング計画がフロイド・ベク理事会の寵愛を受けたため、アラドの評判は著しく低下していた。彼は旧知の人物であるリーガスに声をかけられ、彼は今までに見たことのない旧戦争の技術を提供した。アラドはすぐにチャンスを跳び、投資を始め、すぐにリージャスはすぐに抜け穴を操作することでアラドの試みにもかかわらずに合意した契約に署名した。しかし、彼はすぐにリージャスが彼に非人間的な笑顔をフラッシュしたときに何かが非常に間違っていた実現するようになった。

アラドは、彼に近づいてきたリージャスが実はセンティエント・ミミックだったことに気づくのが遅かった。アラドは服従に逆らおうとしたが、即座に失敗に終わった。アマルガム計画に応じ、センティエントのために兵士を作るしかなかった。

アマルガム計画は成功した。協定通り、パートナーの身元は秘密にして、彼らの船には厳重な飛行禁止区域を設けることになった。アラド5は自分に言い聞かせていた "人生は利益である "と

アマルガムを作るだけでなく、アラドVはウォーフレームとの戦闘データを受け取り、パートナーに送信する仕事もしている。しかし、「エキサイティングな新製品」を自慢する彼の姿は単なる見せかけに過ぎず、天王がロパロリストと戦う際には励ましたり、感謝の意を表したりすることすらある。

行動 編集

Alad V自身はメタリック・ブルーのローブを着た男として登場し、円盤状のコントローラーを首に巻いてZanukaに動力を与えています。

彼には攻撃的な能力はなく、単にアリーナを走り回り、Zanukaが汚い仕事をしている間、Tennoから離れようとします。しかし、彼は自分自身が生き残るためにいくつかの防御能力を持っています。

エレクトリック・シールド。VoltIcon272 VoltのElectricShield130xDark Electric Shieldと同じように、彼は遠くからの弾丸をブロックするために白いエネルギー・シールドを召喚することができます。

Flame Pulse: アラドに十分に近づくと、自分の周りにファイアバーストを召喚して天王を叩きのめす。リチャージ時間はほとんどないので、近距離攻撃は無益で、いつでも防御できます。

Blinding Beam: 手から稲妻が落ち、ターゲットのTennoに当たる。秒後、画面全体が白く点滅するため、ターゲットは数秒間目が見えなくなる。

戦略 編集

Alad Vはザヌカを先に倒すまで倒せない。しかし、そのシールドは生得的なダメージ軽減を持っているため非常に耐久力が高いが、Alad Vの自身のシールドが枯渇すると消滅してしまう。アラドに対してはシールドを無視するので、トキシンBのトキシンダメージを使うのは避けましょう。

ザヌカが倒される前にアラドVのヘルスが枯渇した場合、彼は出血出血に近い状態で倒れ、ザヌカはすぐに彼を助けに駆けつけて立ち直らせ、シールドの一部を回復させる。ザヌカはアラドを救出しようとした時に狙われやすくなるが、シールドがダウンした後はアラドを無視してザヌカを攻撃した方が簡単に破壊されてしまうこともある。

TriviaEdit

Alad V is voiced by [DE]Skree, who also voices Captain Vor, General Sargas Ruk, and Shik Tal.

Alad V's name is spoken as "Alad Vee" and not "Alad the Fifth" as it would normally be interpreted.

Alad V has a continued and deep interest towards biotics in general and perhaps possesses high knowledge in biology. This is shown by him being the first person to manipulate Warframes (to create Zanuka) and commanding the Infested (and evolving them).

Alad V is the character most involved in the lore of Warframe Era, totaling seven events, one special alert and two quests of exposure, making him the most ubiquitous character in Warframe lore-wise.

Alad V favors diplomacy and bribery over fighting, using his skills in linguistics to gain profits and defeat opponents, and uses his robotic pet as a primary means of fighting when the need arises (from Livestream 14).

His diplomacy skills seem to be sorely lacking, as evidenced from most interactions with even the Tenno that sided with Corpus in the Gradivus Dilemma event. Boasting about what he will do to captured Tenno cryopods, saying Tenno have no eyes for unknown reasons, and also talking about how much it pains him to give rewards to Tenno that supported his cause.

Alad V believes the Tenno do not have eyes. This could be a reason to the Zanuka Project, as Alad V has minimal knowledge about the nature of the Tenno and wishes to do research, not even knowing that the Tenno are not controlling their Warframes directly, rather than from inside the suits.

This might also hint at the relationship between the Tenno and their Warframes. Other characters such as Captain Vor also hint at a similar conclusion in their respective dialogues

This might also actually be an insult, having "no eyes" may mean not "seeing" the scheme of things. This could relate to the Tenno being the "Betrayers" for not embracing Orokin technology, as the Corpus do. 

Ironically, save Vor and allies of the Tenno, Alad V expresses the strongest interest in the Tenno despite his lack of knowledge compared to other characters such as Lech Kril and Maroo (who are both aware that Warframes are merely suits for Tenno).  

Despite the animosity between the Corpus and the Tenno, Alad V still treats them as potential business partners, as evidenced by his dialogue in the Gradivus Dilemma.

The fan base considers his slogan to be "Profit numbs the feeling."

He has created a forum account on the Warframe forums to argue with General Sargas Ruk: Alad V

A leaked trailer was released in the forums as the showcase for the PS4. Though the original trailer was released a short time after.

In the PS4 trailer, the letters on Alad V's neckpiece translate to "ALADV GREG", most likely a humorous reference to level designer Scott McGregor.

Aladvprofit

The letters on the shoulder plates which translate to "ALADV GREG"

When downed, Alad will refer to Zanuka as a female. This might be in a literal sense or simply calling it "her" shows his affection toward it, like any other pet. 

The following depicted abilities on the "Profit" trailer are known to be false and do not apply completely to Zanuka's actual boss fight:

AntimatterDrop130xDark Antimatter Drop is used outside of its normal circumstance. Normally, Zanuka will only use it when rushing to revive Alad.

RhinoStomp130xDark Rhino Stomp did not cause a time-stopping effect as it normally should.

Dispel causes stagger in actuality rather than knockdown as shown in the trailer.

It seems that Alad V was to be replaced by Darvo as the new chairman of the Corpus Board, the main aristocratic leadership on Corpus politics. His ranking was known on the Profit trailer as he makes a transaction among his fellow Corpus leadership through the Zanuka Project, although, this has changed as one of the chairmen from the board called Alad V an impeachment, specifically Frohd Bek, who is the actual father of Darvo, which resulted in The Hunt For Alad V. Exiled, his seat from the board is thus left empty as Darvo has shown disdain for Bek's ambition.

So far the only humanoid Corpus bosses are Alad V and The Sergeant.

The Zanuka is the first, and currently only, evidence of any faction other than the Orokin having any success manipulating Warframes. The game has made mention of both the Corpus and the Grineer being unsuccessful trying to utilize their power in the past.

If one looks closely, the arc-like beams on Zanuka's head seems similar to the Corrupted / Frost PrimeIcon272 Frost Prime headpieces.

A NekrosIcon272 Nekros can create a Zanuka Shadow with ShadowsOfTheDead130xDark Shadows Of The Dead if the Nekros is the Frame to strike the killing blow. If this occurs, it will primarily use its missiles. This is the only known case of a boss that can be made into a Shadow.

Due to the similarities between the term and his name, Alad V has acquired the derogatory nickname "Salad V" in some areas of the Warframe community. This has also carried over to his Mutalist incarnation. Also his "collar" has often been compared to a toilet seat.

Alad V's controller for Zanuka looks like a Middle English ruff, which was worn during the Elizabethan and Jacobean periods.

ValkyrIcon272 Valkyr Gersemi skin, which is meant to show Valkyr before the Corpus experiments on her, has almost exactly the same coloring as the Zanuka that Alad controls, hinting that the outer layers of Valkyr's Warframe were literally stripped and grafted onto the Zanuka.

According to Lockjaw & Sol's codex entry, Alad designed the Helios sentinel.

AladVPortrait d

“You're not supposed to be in here! You're going to ruin the surprise!”

The following section contains spoilers.

Spoilers▾▾

BugsEdit

Zanuka has been known to disappear while being kited through the ducts leading up to the arena. When this occurs, Alad V is vulnerable to being killed.

Sometimes when downed, Zanuka will revive him, but he gets stuck in a shield and cannot be damaged except using the slam attack of a melee weapon.

Sometimes when Alad V is downed, Zanuka will revive him, but he will get stuck inside of walls and/or the floor and take no damage regardless of attacks.

If Zanuka is pushed out of the map, defeating Alad V will not be possible. It seems that Zanuka is still alive beneath the map if you push it off (tested with SoulPunch130xDark Soul Punch and Kestrel Kestrel). Zanuka eventually appears near Alad V and revives him.

There's a chance that the blind effect employed by Alad V can get stuck on a character, this bug is fixed via revival.

Zanuka can be locked down for an infinite duration (or until it dies) with TrinityIcon272 Trinity's WellOfLife130xDark Well Of Life. EnergyVampire130xDark Energy Vampire can then be used to cause damage to Zanuka while also replenishing the energy of Warframes close by.

There appears to be a bug where Alad V can be killed when using a fast enough melee weapon, e.g. CorpusKickNPunch Obex. In these cases, if Alad is repeatedly downed in close combat, he will eventually be killed outright. Even if Zanuka is still alive at this point, Lotus will respond with the objective completed message and direct you to extraction. Zanuka can still be killed at this point.

If a NekrosIcon272 Nekros uses ShadowsOfTheDead130xDark Shadows Of The Dead to revive Zanuka and then kills Alad V, the shadow Zanuka will still revive Alad V when he dies.

Alad V can possibly bleed out if Zanuka is kept from reviving him long enough (achievable with Nyx's Chaos ability).

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。