FANDOM


カタリストはオロキンテクノロジーの力を使って武器のMOD容量を2倍にします

—ゲーム内詳細

オロキン カタリスト(Orokin Catalystis) はWarframe武器だけでなく、アークウイングセンチネル武器にも使用できるスーパーチャージャーと呼ばれるアイテムで、使用するとMODの容量を二倍にする。

取得編集

マーケットからはエクストラ→素材からIcon-Platinum‍ 20 で製品を購入できる。
設計図からはファウンダリでその他から製品を作成する。設計図は1回限りの使い切りである。
また、以下の手段でも設計図や製品を入手することが出来る。

  1. ロータスからの贈り物という特殊なアラートミッションの報酬
  2. 侵略ミッションの報酬
  3. デイリー トリビュート
  4. Tactical Alert (日本語名失念)
  5. ソーティーの完了報酬
  6. 奪われた野望のクエスト報酬
  7. Baro Ki'Teer が設計図ではなく製品を Ducats64‍700+Credits64‍ 400,000で販売


製作
Credits64
25,000
ControlModule64
1
Gallium64
1
Morphics64
1
OrokinCell64
1
製作: 24 時間
即時: Icon-Platinum 10
MarketIcon マーケット 価格: Icon-Platinum20 Blueprint2 設計図 価格: N/A


使用方法編集

オロキン カタリスト-使用方法

オロキンカタリストを武器に使用する場合は、アーセナルで使用する武器を選択し、アップグレード→画面下の「アクション」画面に入り、アップグレードを選択することによってオロキンカタリストを使用することが可能となる。

動作編集

オロキン カタリストは、武器のMOD容量を倍増させます。 MODスロットの数は増加しない。 カタリストを装備したランク1の武器はMOD容量が2になり、ランク30で60になる。
フォーマと違って、カタリストは武器に一度しか適用できない。

特筆事項編集

  • 日本語ではその形を揶揄され、「芋」「イモ」と呼ばれるが、英語でも「potato」と呼ばれている。
    • 色で区別され、オロキン カタリストは「青芋」、リアクターは「黄芋」(golden potatoes)とも呼ばれる。
    • 由来は YouTubeのWar Friends - Potatoes (Ep 1) という動画で、Warframe Twitterに紹介され、広まった。
  • マーケットプラチナを使って買った武器にはオロキン カタリストが適用されており、武器のイベントリスロットが自動的についてくる。
  • 一度武器に使用すると、取り外すことはできない。これはオロキン リアクターも同様である。
    • オロキン カタリスト、オロキン リアクターは、フォーマを使用しても外れることはない。

更新履歴編集

The War Within

  • Orokin Catalyst Blueprint added as a permanent Sortie reward.

18.1.1

  • Removed Orokin Catalyst from Sortie rewards.

16.0.3

  • Removed Orokin Catalyst and Forma from Cephalon Capture reward manifest.

14.0.8

  • Fixed an issue with Orokin Catalysts not being purchasable directly through the Upgrade screen.

7.2

  • Catalysts are now listed in the Arsenal / Inventory screen.

5.3

  • More Blueprint rewards added to Alerts including Orokin Catalysts used to Super-Charge Warframes and weapons.

関連項目編集