アップデートとは、ゲームの情報や機能を削除したり、パッチやアドオンを追加したりすることです。 以下のアップデートはWARFRAMEバージョン29のもの:

ダイモスの心臓
アップデート 29
ダイモスの心臓 U29.0H29.0.1H29.0.2H29.0.3H29.0.4H29.0.5H29.0.6H29.0.7H29.0.8H29.0.8.1H29.1.0H29.1.1H29.1.2H29.2.0H29.2.1H29.2.2H29.2.3H29.2.4H29.3.0H29.3.1
ダイモス アルカナ H29.5H29.5.1H29.5.2H29.5.3H29.5.4H29.5.5H29.5.6H29.5.7H29.5.8H29.5.9
オルフィクスの毒牙作戦 H29.6H29.6.1H29.6.2H29.6.3H29.6.4H29.6.5H29.6.6H29.6.7H29.6.8H29.6.9
Nightwave 幕間III H29.7.0
Star Days H29.8.0H29.8.1
Octavia Prime H29.9.0
レールジャック改変 H29.10H29.10.1H29.10.2H29.10.3H29.10.4H29.10.5H29.10.6H29.10.7H29.10.8H29.10.9H29.10.10

ホットフィックス 29.10.10[ソースを編集]

2021年4月7日 Forum Post


 コーパス・プロキシマとレールジャック改変:ホットフィックス 29.10.10

皆さんこんにちは。「コーパス・プロキシマとレールジャック改変」アップデートが実装されてから十回目のホットフィックスをお届けします。 バグ修正や機能修正へまず焦点を当てていますが、仕様に関するフィードバックをじっくり読んだ後、議論を重ね、皆さんにお届けできるよう努めてまいります。 「アップデート30:嵐を呼ぶ者テンペスタリ」は四月中に実装される予定です。そのため、緊急を要さない限り、このホットフィックスにて「ホットフィックスを控える期間」へ突入したことをお知らせします。

フィードバックや不具合などの情報はリアルタイムで更新されるTrelloボードをご覧ください。 https://wrfr.me/3cWj1z1

レールジャックに関する変更、修正点:

  • レールジャックからアークウイングモードへ移行するときに起こるクラッシュを修正。
  • レールジャックの兵装をゼットキでソートしてもグラジオ、レイス、タリン とヴォルトが表示されない問題を修正。
変更点:
  • ロパロリスト戦でマップの中央にいるとき、敵とプレイヤーの動きを妨げるボリュームと航路パスを調整。
修正点:
  • プロフィール画面で組み立て式アイテムのランクや統計が間違って表示されるため、その問題を修正するスクリプトを実行。
    • Warframeでは、ランクとマスタリー習得に関するアイテム自体の統計と、プロフィール統計は異なる方法で進行状況が記録されています。 プレイヤーの皆さんから、プロフィール画面で組み立て式アイテムの進行状況が更新されていないことに関する報告が見受けられました。この問題は、アイテムの進行状況が間違った部分へ記録されていたことが原因であったため、今回の修正スクリプトが実行されましたことをお知らせします。 開発チームはホットフィックス29.10.8で、新しい統計が正しいアイテムに対して送信されるよう、アップロードされる方法を修正しました。今回のスクリプトはこの修正が入る以前に送信された「不良」データを修正します。 組み立て式アイテムの統計は正しく同調され、正しいランクが表示されることでしょう。

ホットフィックス 29.10.9[ソースを編集]

2021年4月2日 Forum Post


 コーパス・プロキシマとレールジャック改変:ホットフィックス 29.10.9

皆さんこんにちは。「コーパス・プロキシマとレールジャック改変」アップデートが実装されてから九回目のホットフィックスをお届けします。 バグ修正や機能修正へまず焦点を当てていますが、仕様に関するフィードバックをじっくり読んだ後、議論を重ね、皆さんにお届けできるよう努めてまいります。 すでに皆さんご存知かもしれませんが、「アップデート30:嵐を呼ぶ者テンペスタリ」は四月中に実装される予定です。そのため、ホットフィックスを控える期間が設けられる予定ですが、正確な時期が決定次第、公式ウェブサイト及びフォーラムからお知らせします。

明日(4月2日金曜日)はカナダの祝日です。 勝手ながら社員一同三連休のお休みをいただきます。どうぞよろしくお願いいたします。  

フィードバックや不具合などの情報はリアルタイムで更新されるTrelloボードをご覧ください。 https://wrfr.me/3cWj1z1

レールジャックに関する変更、修正点:
  • 目標物やクルーシップなど、歩いて参加する場所で勝利品をネクロメカモードでピックアップすると共有勝利品を受け取ることができない問題を修正。
  • 爆発したグリニア・コーパスクルーシップにいる場合、ネクロメカモードで宙に浮かびスタックする問題を修正。
  • 範囲をベースとするオーラがあるミッション(金星のOrvin-Haarcなど)で起こるクラッシュを修正。
  • Tether戦闘MODがランク0で最大統計を持っている問題を修正。
    • これにより、MODをアップグレードするときに合成画面で統計値が上がったり下がったりする問題も重ねて修正されます。
  • 戦術メニューのテレポート機能を使いながらレールジャックタレットに入ると、Warframeがその位置に固定されて、タレットが使えなくなる問題を修正。
  • クラアントがラグによって、アークウイングスリングショットへスタックする問題を解決に向けて改善。
  • アップデート29.10.0でリリースされた新しい兵装が「レールジャックをカスタマイズ」画面で、カテゴリー別に(ゼットキ、ビダール、ラバン)ソートしようとしても表示されない問題を修正。
  • コーパススタンチョンの底からエンジンが欠落している問題を修正。
  • プロキシマ地域でコーパス船へ古いテクスチャが表示される問題を修正。
追加点:
  • 14種の新しいチャット絵文字を追加。
修正点:
  • オペレーターの外装オプションでシジルをセカンダリフェイスに装備できる問題を修正。
  • クルーメイトがブリードアウト状態に陥ると起こるスクリプトエラーを修正。
  • ベイトを使ったり、ホットスポットであっても、ダイモスの大きな洞窟で魚が見つからない問題を修正。
  • VoidrigのGuard Modeを発動してから発射ボタンを押すと、5-6発しか発射しない問題を修正。
  • Dojoに展望台がない場合、乾ドックからアーセナルをアクセスできなくなる問題を解消するため改善。

ホットフィックス 19.10.8[ソースを編集]

2021年4月1日 Forum Post


 コーパス・プロキシマとレールジャック改変:ホットフィックス 29.10.8

皆さんこんにちは。「コーパス・プロキシマとレールジャック改変」アップデートが実装されてから八回目のホットフィックスをお届けします。 バグ修正や機能修正へまず焦点を当てていますが、仕様に関するフィードバックをじっくり読んだ後、議論を重ね、皆さんにお届けできるよう努めてまいります。 すでに皆さんご存知かもしれませんが、「アップデート30:嵐を呼ぶ者テンペスタリ」は四月中に実装される予定です。そのため、ホットフィックスを控える期間が設けられる予定ですが、正確な時期が決定次第、公式ウェブサイト及びフォーラムからお知らせします。

フィードバックや不具合などの情報はリアルタイムで更新されるTrelloボードをご覧ください。 https://wrfr.me/3cWj1z1

レールジャックに関する変更、修正点:
  • ネクロメカ・オペレーターモードにいると性能値を入手できない問題を修正。
  • レールジャックアビリティUI(戦闘MODなど)は重砲にいる時でも使用できるように。
  • HUDカスタムカラーはレールジャック、アークウイングのレチクルとレールジャックの敵へ適用されるように。
  • 敵のクルーシップのヘルスバーは爆発すると消えるように。
    • クライアントとしてプレイ中、この問題が解決するよう調整中です。
  • ゴクスの腕のエイム速度を大幅に抑え、速く加速するターゲットを誘導しようとするときに腕がブルブルしないように。  
  • コーパス主力艦の中にいるとき、戦術メニューからテレポート機能を使ってレールジャックに戻れる問題を修正。
    • 正しくミッションを完了するためにはコーパス主力艦から脱出する必要があります。 戦術メニューのテレポート機能はこのようなケースで使われるようにデザインされていないので、テレポート機能を使うとミッションを失敗したことを促す画面が表示されていました。
  • 多くのクバ・リッチを転向しているとクルーメイトを選ぶときに機能が失われる問題を修正。
  • 一時停止メニューを開けてゲームを一時停止していても(特にソロモードで)、エネルギーを得たり失ったりする問題を修正。
  • すでに始まっているレールジャックミッションに参加すると起こるクラッシュを修正。
  • 同じミッションをDojoへ帰還せずにプレイすると、目標物や勝利品ダンジョンが同じアイテムを配布し続ける問題を修正。
  • クライアントがレールジャックノードを選択するとホストが投票できなくなる問題を修正。
  • シップキラープラットフォームがミッションを完了した後も追跡と射撃を続ける問題を修正。
  • コントローラー・マウス&キーボードモード間で切り替えるとレールジャック戦闘・戦術コールアウトが更新されない問題を修正。
  • 装備、訓練などを決めることができる画面で、メニューのスケーリング機能を従わない問題を修正。
  • スティールメリディアンと同盟を結んでいるクルーのアイドルアニメーションが間違っている問題を修正。
  • クルーを装備する画面で、クバ・リッチが「パッシブ」を持ち合わせている問題を修正。
  • 防衛目的から離れるよう、飛んでいるときに起きるスクリプトエラーを修正。
  • レールジャックのパトロール行動に関するスクリプトエラーを修正。
  • レールジャックスリングショットに入った直後、出ると起こるスクリプトエラーを修正。
  • 招待されたレールジャックがミッションを起動する瞬間に乾ドックコンソールを押すと起こるスクリプトエラーを修正。
最適化:
  • Dojoへのローディングに対してマイクロ最適化を実行。
  • ワールドステートウィンドウへマイクロ最適化を実行。
  • クルー管理インターフェースにマイクロ最適化を実行。
  • ナビゲーション画面を開ける過程へマイクロ最適化を実行。
  • アクティブエリアの外で発生する可能性があった、パーティカル効果へ最適化を実行。
  • ZephyrのTornadosの吸収ダメージに関するコードへマイクロ最適化を実行。
変更点:
  • バンドル内のすべての単品アイテムを所有していない限り、バンドルやコレクションを購入できるように。
    • スキンなど単品を所有しているとバンドルやコレクションを購入できなくなる問題も重ねて修正されました。
  • ZephyrのTornadoはプレイヤーに向かってくる発射物のダメージや渦の中に立っている味方へ繁殖させないように。
    • この変更により、Turbulenceが発動されていてもTornadoに立つことで、プレイヤーや味方が発射物からダメージを受けていた問題を修正します。
  • OberonやAshのパーツの設計図の説明文に取得方法のヒントを追加。
  • チャットやリクルート絵文字を更に更新。
修正点:
  • エクスプロイターオーブ戦や目的テキストが欠落する問題を引き起こす不具合を修正。
  • とても複雑なデザインを起用しているDojoを訪問すると起こるライブロックを修正。
  • ミッションを完了して、オービターへ帰還しているときにバラバラになった分隊メンバーと合流しようとするとミッション完了画面へスタックする問題を修正。
  • 草原で一分以内に暗殺対象をおびき寄せたのにも関わらず、暗殺ターゲットを一分以内に倒さないと暗殺依頼ミッションボーナスを得ることができない問題を修正。
  • 組み立て式アイテムのランクアップや統計がプロフィール画面で正しく記録されない問題を修正。
  • ワールドステートウィンドウが最近(二時間以内に)完了したイベントを表示する問題を修正。
  • コンパニオンが追跡・テレポート動作に切り替える前に戦闘を終わらせることへ過度に執着する問題を修正。
  • 特定のパターンを使うスクリプトコードへ遭遇すると起こるクラッシュを修正。
  • マーケットでエモートを検索しても新しいエモートが表示されない問題を修正。
  • エウロパのスカイボックスが四角い穴をたくさん表示する問題を修正。
  • Xakuのパッシブが起動されると起こるスクリプトエラーを修正。
  • AtlasのTectonicを発動すると起こるスクリプトエラーを修正。
  • Zephyrを蘇生した直後または同時に誰かがZephyrのTornadoへ向けて発砲すると起こるスクリプトエラーを修正。
  • 『銀の果樹園』クエストのいろいろなステージで起こるエラーを修正。

ホットフィックス 29.10.7[ソースを編集]

2021年3月30日 Forum Post



開発チームは金曜日にリリースされたアップデート以来、七回目のホットフィックスをお届けします。 バグ修正や機能修正へまず焦点を当てていますが、仕様に関するフィードバックをじっくり読んだ後、議論を重ね、皆さんにお届けできるよう努めてまいります。

フィードバックや不具合などの情報はリアルタイムで更新されるTrelloボードをご覧ください。 https://trello.com/b/K34ACrAu/pc-update-29100-bug-feedback-tracking

レールジャックに関する変更、修正点:
  • Falling Gloryノードを失敗すると機能が失われる問題を修正。
  • レールジャックを所有するまでプレクサスのMOD構成を作成できない問題を修正。
    • ここで意図されていた仕様は、『アークウイング』クエストを完了するとプレクサスが配布され、レールジャックを手に入れるまでプレクサスを改善してクライアントしてレールジャックミッションへ参加できることです。 今回の修正により、プレクサスへMODを搭載できるようになりますが、レールジャックを持っていないとレールジャック本船に関する統計がないため、レールジャックの統計は表示されません。
  • グリニアミサイルプラットフォームとシップキラープラットフォームは目標物(POI)を一回完了する度に最大7回まで報酬が配布されていた問題を修正。 報酬アイテムポップアップUIはアイテム一つを与えたように表示されていましたが、ミッション終了画面では最大7回同じアイテムが配布されていました。
  • 主力艦エアロックにいるときに新しいミッションを立ち上げると「Dojoへ帰還する」オプションが機能しなくなる問題を修正。
  • Onslaught MatrixとProtective Shots MODが重なって機能する問題を修正。
  • プレクサスMODを検索するため、コントローラーで左スティックを使って検索バーを立ち上げようとすると機能しない問題を修正。
  • コーパスレールジャック兵装残骸の報酬をピックアップしたときにポップアップ表示されない問題を修正。
  • レールジャックトンネルをロード中に特定のコーパスの危険から離れると起こるスクリプトエラーを修正。
  • 敵のクルーシップを操縦しようとするときに起こるスクリプトエラーを修正。
最適化:
  • レールジャックミッションのロード時間とメモリ使用量を改善、最適化。
変更点:
  • MODを装備していないMOD設定をMODリンクしようとするとエラーメッセージが表示されるように。
修正点:
  • エクシマスのオーラを離れようとすると起こるクラッシュを修正。
  • ホスト移行によって引き起こされるクラッシュを修正。
  • クライアントしてプレイ中、ネクロメカモードで死んだり、オペレーターモードでアビリティを発動していない状態でいるとスタックする問題を修正。
  • オーブ峡谷で生物保護ギアメニューにクブロドンエコールアーとフェロモンシンセサイザーが表示されない問題を修正。
  • クライアントしてプレイ中、ネクロメカランチャーを召喚してからネクロメカが死んでもネクロメカランチャークールダウンが更新されない問題を修正。
  • RevenantのEnthrallアビリティよってコントロールされているマイトーシドが、分裂後にも友好的であるため、ダイモスの依頼ミッションが進行しない問題を修正。
  • デュアルウィールドモード中、LavosとXakuのカスタムアビリティHUDが近接コンボカンターと重なって表示される問題を修正。
  • HUDカラーをカスタマイズするときにカラーパレットを回覧していると起こるスクリプトエラーを修正。

ホットフィックス 29.10.6[ソースを編集]

2021年3月26日 Forum Post



レールジャックに関する変更、修正点:
  • レールジャックミッションを立て続けにプレイしようとすると、ミッション目的が生産されないため、進行できなくなってしまう問題を修正。
  • 低速なハードドライブを使用してDojoからレールジャックミッションへロードすると、レールジャックスペーストンネルへスタックしてしまう問題を修正。
  • コーパス「勝利品ダンジョン」をクリアしていないのにも関わらず「Dojoへ帰還」すると報酬を入手できる問題を修正。
  • ZephyrのTail Windホバーを行っているときにレールジャックフォージを起動すると機能が失われる問題を修正。
    • フォージのコンテキストアクションはホバー中、非表示になります。
  • Worm's Torment、Granum's NemesisやSentient Scalpel MODをクルーが利用すると27%以上ダメージを付与する問題を修正。
  • プレクサスへOnslaught MatrixやProtective Shots MODを繰り返し装備するとスタッキングされる問題を修正。
  • ミッション終了画面でレールジャックMODの報酬が途切れて表示される問題を修正。
  • アークウイング・スリングショットを使うときに発生していたスクリプトエラーを修正。

ホットフィックス 29.10.5[ソースを編集]

2021年3月26日 Forum Post



コーパス・プロキシマとレールジャック改変:ホットフィックス 29.10.5

開発チームは金曜日にリリースされたアップデート以来、五回目のホットフィックスをお届けします。 バグ修正や機能修正へまず焦点を当てていますが、仕様に関するフィードバックをじっくり読んだ後、議論を重ね、皆さんにお届けできるよう努めてまいります。

フィードバックや不具合などの情報はリアルタイムで更新されるTrelloボードをご覧ください。 https://trello.com/b/K34ACrAu/pc-update-29100-bug-feedback-tracking

レールジャックに関する変更、修正点:
  • レールジャックのカスタマイズオプションへ内装を「ウェザリング」できるオプションを追加。 レールジャックの外装を調整できる「ウェザリング」スライダーと同様、この機能は内装がどの様に老化しているかなどをカスタマイズできます。 なお、オービター内装カスタマイズオプションのオプションのように、露出した金属部分をカラーリングできるオプションも重ねて追加しました。
  • レールジャック一時停止メニューへ「ミッションを終了する」ではなく、「Dojoへ帰還する」オプションを追加し、Dojoへ変えることができるように。
  • クバ・リッチ詳細ツールチップとクルー選択画面へクバ・リッチのアビリティ情報を追加。
  • コーパス主力艦のミサイル発射の効果をコーパス風に調整。
  • 敵のクルーシップに関するクラッシュを修正。
  • 進行中のレールジャックミッションへ参加すると起きるクラッシュを修正。
  • 戦術メニューを開いているときに回覧しているプレイヤーが切断されると起こるクラッシュを修正。
  • コーパスラムスレッドと搭乗部隊が同時に発生すると起こるクラッシュを修正。
  • レールジャック防衛ミッションを完了して、次のレールジャックミッションをすぐに始めるとミッション完了画面でスタックする問題を修正。  
  • Cyがエアロックのカウントダウンタイマーを開始する前にコーパス主力艦へ乗り込まないと入り口のコンテキストアクションが表示されなくなる問題を修正。 この問題により、他の分隊メンバーはカウントダウンタイマーが終了すると主力艦に入ることができませんでした。
  • Cyのエアロックカウントダウンタイマーが始まってからレールジャックへテレポートされる問題を修正。
  • ホストがレールジャックを操縦しているときにクライアントがレールジャックへ搭乗(参加)するとクライアントは操縦席を取ることができない問題を修正。
  • クライアントしてプレイ中、レールジャックミッションを完了した後に次のレールジャックミッションへ投票できない問題を修正。
  • オービターで分隊を組んでからレールジャックミッションを始めるとクライアントのレールジャック弾薬がミッションの始めに補給されていない問題を修正。
  • Larkspurを装備しているHildrynがレールジャックを出入りすると、重砲やミサイルのカウントが300増加し、上限を超えることができる問題を修正。
  • レールジャックを持っていないプレイヤーがオービターの星系マップからミッションを始めることができる問題を修正。
  • 同じシンジケートへ同盟を結んでいるクルーメイトたちの通信が混在するケースを修正。
  • クルー外観画面でクルーの外観をデフォルトに戻すと、装備をリセットせず、カラーだけをリセットする問題を修正。
  • クルーメイトの外装選択オプションに、二番目に選択した手足(左腕のあとに右腕など)に一貫性がない問題を修正。
  • クルー選択画面で、レッド・ベールに所属しているクルーメンバーがダガー系武器を持っていない問題を修正。
  • 装備、訓練などを決めることができる画面で、メニューのスケーリング機能を従わない問題を修正。
  • レールジャックのプレーティングが装備されていることを示さないため、間違って破棄できてしまう問題を修正。 Ahttps://forums.warframe.com/topic/1253287-update-29100-bug-hunting-megathread-read-first-post/page/27/?tab=comments#comment-12082170
追加点:
  • チャットの絵文字を更新。 新しい絵文字も登場します。
    • Crazy、Eyes、Peace、StarEyes、SweatSmileとWave。
最適化:
  • レールジャックミッションで起きていたヒッチを最適化。
変更点:
  • 未開放Riven MODをチャットリンクすると、「~用の未開放Riven MOD」として表示されるように。
修正点:
  • 天王星の鋼の道のりミッションでアコライトが生産されない問題を修正。
  • ネクロメカのアビリティ武器(ArquebexとIronbride)で入手したアフィニティがミッション終了画面で表示されない問題を修正。この不具合はUI上だけの問題でした。入手したアフィニティは正しく記録されていましたのでご安心ください。
  • 受信ボックスのソート機能を「添付ファイル」から「最近」に切り替えると起こる不一致を修正。
  • ZephyrのTornadoesを発動すると起こるスクリプトエラーを修正。
  • コンクレーブでZephyrを利用するとDive Bombダメージ値が増加する問題を修正。

ホットフィックス 29.10.4[ソースを編集]

2021年3月24日 Forum Post



コーパス・プロキシマとレールジャック改変:ホットフィックス 29.10.4

開発チームは金曜日にリリースされたアップデート以来、四回目のホットフィックスをお届けします。 バグ修正や機能修正へまず焦点を当てていますが、仕様に関するフィードバックをじっくり読んだ後、議論を重ね、皆さんにお届けできるよう努めてまいります。

フィードバックや不具合などの情報はリアルタイムで更新されるTrelloボードをご覧ください。 https://trello.com/b/K34ACrAu/pc-update-29100-bug-feedback-tracking

レールジャックに関する変更、修正点:
  • クルーメイトのセリフを、分隊へ「装備」するときに流れるように。これらのセリフはTickerからクルーメイトと契約を結んだときに流れていましたが、切断されたり、他の音に揉み消される場合があったため、この仕様へ変更されます。
  • Dojoルームの選択画面やレールジャック戦術メニューを開いているときにマップが変わると起こるクラッシュを修正。
  • 冥王星のWormholeをくぐるときに起きるクラッシュを修正。
  • 乾ドックへ移動しているときにWarframeアビリティを発動すると起こるクラッシュを修正。
  • レールジャック自由行動ミッションから入ったり出たりするとアフィニティが加算される問題を修正。
  • タレットにクルーメイトがいるときにクライアントがミッションへ参加するとクルーメイトが透明化する問題を修正。 また、この修正により、クルーメイトをタレット任務から解放したのにも関わらず、途中参加したクライアントがタレットを利用できない問題も重ねて修正。
  • プレクサスから欠落しているプロフィール統計を修正。
  • レールジャック乾ドックコンソールを利用するとクライアントのレールジャックの色が上書きされる問題を修正。
  • 主力艦の生産過程で起きるスクリプトエラーを修正。
修正点:
  • 新しいマップへロードされているときに起きる可能性があったまれなライブロックを修正。
  • 特定のメニューに特定の順番でアクセスすると、オービターにいるときに体の外で動かなくなる問題を修正。
  • VaubanのVortexが敵を吸い込まなくなる問題を修正。
  • 一部のNightwaveランクアップ報酬で重複保護機能が作動しない問題を修正。
    • 報酬画面のツールティップも、報酬としてNightwaveクレドを受け取ることができるという趣旨のメッセージを表示するように。
  • オペレーターモードでZephyrのTail Windのホバーを離れると、Energizing Dashを使ってエネルギーを回復できなくなる問題を修正。
  • HUD画面から傍受、クバサイフォンとVoid亀裂ミッションの目的UIが欠落している問題を修正。
  • VerglasセンチネルRiven MODをライフルRiven MODから入手できる問題を修正。本来ならば、コンパニオン武器Riven MODから入手できるはずです。
  • Osciraシャンダナ、PulchranopsisシャンダナとAvia PrimeシャンダナがZephyr Harrierスキンに対してずれる問題を修正。
  • Xakuコレクションをマーケットで回覧するとXakuではなく、Excaliburが表示される問題を修正。
  • 各防衛ウェーブで防衛アラームが繰り返される問題を修正。 防衛アラームは、防衛目標が最初に稼働されたときのみ再生されるように調整されました。

ホットフィックス 29.10.3[ソースを編集]

2021年3月24日 Forum Post



コーパス・プロキシマとレールジャック改変:ホットフィックス 29.10.3

開発チームは金曜日にリリースされたアップデート以来、三回目のホットフィックスをお届けします。 バグ修正や機能修正へまず焦点を当てていますが、仕様に関するフィードバックをじっくり読んだ後、議論を重ね、皆さんにお届けできるよう努めてまいります。

フィードバックや不具合などの情報はリアルタイムで更新されるTrelloボードをご覧ください。 https://trello.com/b/K34ACrAu/pc-update-29100-bug-feedback-tracking

レールジャックに関する変更、修正点:
  • 任意ミッションに関する新しい目的マーカーアイコンを追加して、コアミッション目的と区別できるように。
  • レールジャック戦術メニューのテレポートマーカーがそれぞれの場所の名前を示すように。(橋、フォージなど)
  • クルーシップ内部の爆発FXの持続時間を短縮し、FXのリークや画面がガクガク揺れ続けないように。
  • コーパスクルーシップのカメラのズームと回転を増加。
  • 性能値画面を開くとまれに起こるDirectX 12関連のクラッシュを修正。
  • レールジャックミッションへロード中にクルーシップが生産されると引き起こるクラッシュを修正。
  • クルーメイトが修理を行っているときに限界破損へたどり着くと起こるクラッシュを修正。
  • アークウイングスリングショットを利用するときに起こるクラッシュを修正。
  • レールジャックのスペースロードトンネルで起こるクラッシュを修正。
  • タレットに乗りこむ途中で中止すると機能が失われる問題を修正。
  • コーパスゴックスとウィーバー勢がレールジャックによって倒されると残骸報酬をドロップしない問題を修正。 ゴックスはアークウイングモードで倒されると報酬を正常にドロップしていました。
    • なお、この修正により、適切な紫色マーカーがない実際の報酬ドロップも重ねて修正されます。
  • Onslaught Matrixをプレクサスへ繰り返し装備するとスタッキングされる問題を修正。
  • 火災が発生するとオードナンスと前方重砲がロックされて発砲できなくなる問題を修正。
  • Dojoからミッションを起動すると、クライアントのレールジャック弾薬が完全に補充されない問題を修正。
    • オービターからミッションを起動するときに起こる問題はまだ改善されていません。
  • ホスト移行が二回発生すると、残っているプレイヤーは主力艦からオペレーターとしてテレポートされる問題を修正。
  • チャネリングWarframeアビリティ(OberonのRenewalなど)がZenurikのEnergizing DashやEnergy Siphonによって、エネルギー補充されている問題を修正。 アビリティをチャネリングしている場合、エネルギー回復はブロックされます。
  • 前方重砲をマウントするとパーツが消えてしまう問題を修正。
  • クルーメイトが管理しているカルシノックス、クライオフォン、レイスは約半分の頻度でしか撃たれない問題を修正。
  • レールジャックを脱出するときにネクロメカモードでいると、オペレーターへ転移させられる問題を修正。
  • マルチプレイでプレイ中、分隊の何名かがレールジャックにいて、他の何名かが外にいると、レールジャックを操縦しているクルーメイトはレールジャックを移動させない問題を修正。
  • 死んでしまった後でもクルーメイトが話し続ける問題を修正。
  • レールジャック戦闘MODをスペースロードトンネルで起動できる問題を修正。
  • Orgone Tuning Matrixを装備するとレールジャック統計が間違ったダメージタイプを使う問題を修正。
  • デフォルトのBO近接武器がペリン・シークエンスと同盟を結んでいるクルーメイトへ突き刺さる問題を修正。
  • 縮小メニュースケールを使用していると、戦術メニューでクルーメイトの任務を選択しても画面に表示されない問題を修正。
  • 戦術メニューでクバ・リッチクルーメイトへ任務を課せるように見える問題を修正。
  • レールジャックタレットの戦術MODのダイナミックエネルギーコストが表示されない問題を修正。
  • レールジャックノード「Arc Silver」から小さなダイヤモンドアイコンが欠落している問題を修正。
  • レールジャックの目的が二件同時進行しているとUIから記載事項が欠落する問題を修正。
  • 研究の「前提条件」ラベルが適切にローカライズされていない問題を修正。
  • レールジャックスペースロードトンネルに入った時、特定タイプのコーパス危険事象が残っていると発生するスクリプトエラーを修正。
  • 敵のコーパクルーシップを操縦しようとするときに起こるスクリプトエラーを修正。
  • 乾ドックへクライアントとして帰還するときに起こるスクリプトエラーを修正。
追加点:
  • 新しいクバ・リッチキャラクター二名が予定より早くゲームへ登場。 新しい挑発、紹介そしてリッチとの交流をお楽しみください。(日本語字幕は後日更新されます。)
    • 一部のクバ・リッチのセリフの字幕が間違っていた問題も重ねて修正します。
変更点:
  • ランチャーからタイ語のローカリゼーションオプションを削除。準備ができたらお知らせします。
最適化:
  • アフィニティ通知を細かく最適化。
修正点:
  • ホストとクライアントが同時に分隊から脱離しようとするとミッション終了画面でスタックする問題を修正。
  • DirectX 12関連のクラッシュを修正。
  • サンクチュアリ交戦でAlt-Tab操作を行うと起こるクラッシュを修正。
  • 依頼ミッションを終了したときに起こるクラッシュを修正。
  • ネクロメカアビリティ武器(ArquebexとIron Bride)がアフィニティを蓄積しない問題を修正。
    • 「ミッション終了」画面にアフィニティが表示されないUI上の問題は引き続き調査されます。
  • バルパファイラやプレデサイトを装備するとコーデックススキャンが正常に行われない問題を修正。
  • Bubonicoの発射物ががスケールアップした敵(エクスプロイターオーブ)へ当たるととても大きく表示される問題を修正。
  • Athodaiやそのパーツをトレードできない問題を修正。
  • Nautilusの設計図をトレードできない問題を修正。
  • Zephyr Harrierスキンのギザギザしたエッジを修正。
  • ワールドステートウィンドウのソーティー「ミッション完了」の案内が正しく機能していない問題を修正。
  • レリック報酬選択画面でボーナスVoidトレースのアイコンが間違った色で表示される問題を修正。
  • 選択したエネルギーカラーがダブルジャンプ、バレットジャンプのFXに対して適応されない問題を修正。
  • Hai-Luk、Suumbaat、NakakやTenosaiを離れるときにあいさつの会話が続く問題を修正。
  • Nightwaveのジオラマを開けた直後に閉じると音楽が流れ続ける問題を修正。
  • アーセナルメニューを離れてから音声のボリュームが長い間絞られる問題を修正。
  • 『Revenantの仮面』クエストをプレイしている人がいる分隊へ参加すると起こるスクリプトエラーを修正。
  • ミッションの外で、クバ・リッチが「宇宙移動が苦手」リアクションを行おうとすると起こるスクリプトエラーを修正。
  • エクスプロイターオーブを倒すと起こるスクリプトエラーを修正。
ホットフィックス29.10.2ノートから記載漏れしていた記述
  • Arc Silver防衛ノードをクリアしても次のノードが解除されない問題を修正。

ホットフィックス 29.10.3[ソースを編集]

2021年3月23日 Forum Post


 フィードバックや不具合などの情報はリアルタイムで更新されるTrelloボードをご覧ください。 https://trello.com/b/K34ACrAu/pc-update-29100-bug-feedback-tracking

アップデート 29.10
レールジャックに関する変更、修正点:
  • コーパスレールジャック防衛ミッションへさまざまな修正を導入:
    • 防衛ミッションから報酬を受け取れない問題を修正。
    • 勝利品ダンジョンで防衛目的をクリアしてから勝利品を取得すると報酬が配布されない問題を修正。
    • 防衛ミッションをクリアした時に報酬を得たことを確認する報酬バナーが表示されない問題を修正。
    • 防衛ミッションから脱出して「自由行動」モードに切り替えても防衛ミッションを脱離できない問題を修正。
    • 防衛ミッションを脱出することを選んでから新しいレールジャックノードを選択しようとすると永遠にロード画面が表示される問題を修正。
      • ホットフィックス29.10.1ノートから記載漏れしていた記述
  • 冥王星防衛ミッションの報酬であったビダールリアクターMK IとMK IIIをビダールシールドアレイ MK IとMK IIIへ交換。
  • Dojoからリレーへ移動できる機能を撤去。この問題により、ホストが乾ドック、クライアントが宇宙トンネルに残るなどの不具合は回避されます。
  • アークウイングモードからレールジャックへ搭乗すると起こるクラッシュを修正。
  • クライアントとしてプレイ中、レールジャックタレットへ乗り込んだり降りたりすると起こるクラッシュを修正。
  • 戦術メニューからテレポート機能を使っても主力艦へテレポートできない問題を修正。
  • クルーシップをレールジャックマップの境界よりも向こうへ飛ばすことができる問題を修正。
  • タレットモードにいるとき流れるレールジャック兵装FXを修正。
  • バキュームで吸い取った素材をタレットから回覧すると、とても大きく表示される問題を修正。
  • オードナンス兵装がすべて同じ弾薬容量を持っている問題を修正。
  • コーパスレールジャックの嵐の音響が二回以上発動される問題を修正。
  • NekrosのShadows of the Deadがゴクス勢を呼び起こす問題を修正。
  • レールジャックを乾ドックへ移動すると起こるスクリプトエラーを修正。
  • レールジャックが宇宙トンネルを飛んでいるときにWispのSol Gateを発動していると起こるスクリプトエラーを修正。
  • レールジャックが宇宙トンネルを飛んでいるときにVoltのSpeedを発動していると起こるスクリプトエラーを修正。
  • 戦術メニューがフリーズすることを引き起こすスクリプトエラーを修正。
  • 主力艦の任務を始めるときに起こるスクリプトエラーを修正。
変更点:
  • まだリリースされていないRequiem MODを撤去。
修正点:
  • コンパニオンやセンチネルの共有アフィニティがカウントされない問題を修正。
  • GladiatorセットMODのセットボーナスが誤って古い計算方法へ戻っている問題を修正。 意図されていたスタッキング乗数へ戻されました。
  • Primed Chilling Grasp MODをチャットリンクできない問題を修正。
  • 鋼の道のりタブからアラートタブへ切り替えると、真っ白な画面が表示される問題を修正。
  • ワールドステートウィンドウで鋼の道のりタブを選択した後、ノーマルモードへ戻し、コントローラーのL・Rトリガーでワールドステートタブを切り替えようとすると起こるスクリプトエラーを修正。
  • ワールドステートウィンドウでUIが重なる問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1253287-update-29100-bug-hunting-megathread-read-first-post/?tab=comments#comment-12077071
  • マーケットの「ブーメラン アッパーバックホルスター」が間違ったアイコンを使っている問題を修正。
  • ZephyrのTail Windを発動するときに起こるスクリプトエラーを修正。

ホットフィックス 29.10.1[ソースを編集]

2021年3月20日 Forum Post



コーパス・プロキシマとレールジャック改変:ホットフィックス 29.10.1

コーパス・プロキシマとレールジャック改変が実装されてから最初のホットフィックスをお届けします。 フィードバックや不具合などの情報はリアルタイムで更新されるTrelloボードをご覧ください。 https://trello.com/b/K34ACrAu/pc-update-29100-bug-feedback-tracking

ホットドロップされた修正点:
  • 返還された性能値ポイントが考慮されていなかったため、マスタリーランク昇進テストを合格してもシステムがランクアップリクエストを拒否する問題を修正。
レールジャックに関する変更、修正点:
  • 「プロフィール」>「レールジャック」オプションから「レールジャックに搭乗する」「性能値」と「プレクサス」メニューをアクセスできるように。
  • 「待機している」クルーを呼び出す・退室させる音響を追加。
  • Scourging Warheads とWaveband Disruptor MODの説明文に装備可能な武器を示すように。Scourging Warheadsはオードナンス、Wavebandはタレットに装備できます。
  • 指揮性能値ランク8の情報に「クバ・リッチクルーメイトは守り専門である」という趣旨の情報を追加。
  • 戦術マップの「命令する」ボタンを見つけやすいボタンに置き換えて、視認性と迅速なアクセスを向上。
  • セファロン・スーダのクルーメイトアニメーションのFXとエミッシブへ変更を加えて、スタイルを統一。
  • センティエントやオロキンコンテナから引退したDIRACをENDOへ置き換えました。
    • すでにDIRACを入手した方に対して、DIRACをENDOへ還元するスクリプトを後日実行します。 万が一に備えて、もう少しいろいろな場所を確認した後、スクリプトに関する情報をお知らせします。
  • コーパス主力艦を示す目的マーカーが常に表示される問題を修正。
  • 冥王星でアークウイングスリングショットを使ってWormholeをくぐると機能が失われる問題を修正。
  • クルー画面で起きる可能性があるクラッシュを修正。
  • ゲームが切断されてからクルーメイトと一緒にレールジャックへ戻ると起こるクラッシュを修正。
  • レールジャックミッションをプレイ中にアップグレードを適用しようとすると起こるクラッシュを修正。
  • コーパス・プロキシマミッションを完了した後にヴェールプロキシマへ移動すると敵が生産されなくなる問題を修正。
  • ホスト移行が発生するとコーパス主力艦の目標が壊れる問題を修正。
  • 一番左端のクルーメイトの「外観」ボタンが機能しない問題を修正。
  • クバ・リッチクルーメイトが位置のずれたKuva Bramma弓を持っている問題を修正。
    • レールジャック外のクバ・リッチへも修正は適用されました。
  • 戦術メニューのクバ・リッチアイコンを修正。
  • 戦術メニューのクルーの任務を決めるボタンが間違ったコントローラーボタンコールアウトを使用する問題を修正。
  • 破棄されたフレートリンカーに設定されているタイマーや目標が、フレートリンカーの外にいる分隊メンバーのタイマーや目標を示す問題を修正。
  • ネクロメカが防衛ターゲットに近づくと防御アラームを発動する問題を修正。
  • コーパスレールジャックの敵が防衛ターゲットへ攻撃を仕掛けない問題を修正。
  • 氷鉱山のコーパスキャノンバッテリーが全可動域で発砲できない問題を修正。
  • コーパスクルーシップを目掛けてアークウイングスリングショットを発動するとアークウイングモードのままクルーシップに入ってしまうか、船を通り抜けてしまう問題を修正。
  • 待機中のクルーをギアアイテムを介して呼び起こすと、通常のミッションで使う武器を装備してこない問題を修正。
  • レールジャックの外にでると限界破損音響のオーバーレイが持続される問題を修正。
  • レールジャックの外にいる時修理が行われると、ミッションが終わるまで、限界破損の音響オーバーレイが永続的に持続される問題を修正。
  • 乾ドック画面でクルーメイトを回覧していると女性のクルーメイトが男性の肖像アイコンを使用する問題を修正。
  • プライマリ武器を装備せずにプレクサス画面で「自動装備」オプションを使うと起こるスクリプトエラーを修正。
  • トレーニング画面を出る時と同時にクルーのスキルボタンへカーソルを当てると起こるスクリプトエラーを修正。
  • ロードトンネルをくぐっているときにタレットから降りると起こるスクリプトエラーを修正。
  • レールジャッククルーのスーツの色をカスタマイズするときに起こるスクリプトエラーを修正。
  • レールジャックミッションを中止および失敗すると起こるスクリプトエラーを修正。
  • トンネルをロード中に特定のコーパスの危険から離れると起こるスクリプトエラーを修正。
  • 死んだときと同じ瞬間に待機クルーを利用すると起こるスクリプトエラーを修正。
変更点:
  • Lephantis戦中に欠落していた戦闘音楽を追加。
    • なお、戦闘中に欠落していた攻撃ボーカルと音響のいくつかを重ねて改善。
  • Zephyr のTornadoesアビリティ説明文に記載されていた「タップ・長押し」機能の言及を修正。
修正点:
  • ロード時に黒い画面が続くため、ジャンクションをクリアできない問題を修正。
  • クエスト『流転する形勢』でレールジャックを受け取ると起こる進行ストッパーを修正。
  • 『Harrowの鎖』クエストをプレイ中に起こるクラッシュを修正。
  • ハードウェアスレッドとDirectX 12がないデュアルコアを利用すると起こるクラッシュを修正。
  • LavosのMagneticをすでに注入しているときにMagneticを注入すると起こるクラッシュを修正。
  • ランダムなマップでマスタリーランク昇進テストが開始する問題を修正。
  • シータスでコンドロクの翼が透けて見える問題を修正。
  • 宇宙飛行恐怖症のクバ・リッチを怒らせると起こるスクリプトエラーを修正。
  • オーブ峡谷で放射線状態異常の影響を受けているプレーヤーがコンテナの横に立っているときにコンテナを開けようとすると起こるスクリプトエラーを修正。
  • 分隊でクバ・リッチに影響を受けているミッションを開始すると起きるスクリプトエラーを修正。
  • テラリストがスマッシュ攻撃を仕掛けた時と同時にシータスの門が閉じると起こるスクリプトエラーを修正。
  • 『ダイモスの心臓』クエストで発生するスクリプトエラーを修正。
  • Helminthが話しかけてきたときに起こるスクリプトエラーを修正。
  • ZephyrのTornadoesを発動するときに起こるスクリプトエラーを修正。
  • EquinoxのMend & Maimを発動するときに起こるスクリプトエラーを修正。

ホットフィックス 29.10[ソースを編集]

2021年3月20日 Forum Post - アップデート29.10.0「コーパス・プロキシマとレールジャック改変」



アップデート29.10.0「コーパス・プロキシマとレールジャック改変」


コーパス・レールジャックの登場です、テンノ!

「皆さんへすでに紹介したコンテンツを実装する」という今年の開発テーマに沿って、このコーパス・プロキシマアップデートをお届けします。 コーパス・プロキシマコンテンツを開発し始めた当初、皆さんがすでにプレイされているレールジャックシステムを見直す機会がありました。デザインチームが議論を重ねたところ、皆さんにコーパスレールジャックを楽しんでいただくためには、現状のシステムを大幅に改善する必要があることに気付きました。 レールジャックは大きく変化します。 2019年にお届けした「エンピリアン」アップデートではWarframeの通常ゲームスタイルから大胆に飛躍した斬新なデザインを取り入れましたが、「ルア」を目指した宇宙飛行の旅は準備不足な面があったことも否めません。 レールジャックシステムに取り組み始めた当初のビジョンでは今までとは違うWarframeを味わっていただくことを目指していましたが、いざレールジャックを実装したところ、ゲームシステムは新規・中堅プレイヤーにとって複雑すぎなものになってしまい、取り組みづらいコンテンツになってしまいました。 「コーパス・プロキシマとレールジャック改変」アップデートで私たちは、レールジャックシステムへ新しい命を吹き込み、初心者や中堅プレイヤーにとってより馴染みやすいコンテンツを紹介します。 すでにレールジャックを体験していただいた皆さんも大幅に仕様変更されたレールジャックをもう一度試してみてください。ビックリするような新しい発見があるかもしれません。 レールジャックを初めて試す皆さん、レールジャックへようこそ。 新しいゲームモードを始めるのに最適なタイミングです。

すでにお気付きかもしれませんが、「コーパス・プロキシマとレールジャック改変」アップデートはメインラインアップデートです。 ご紹介した内容と異なるコンテンツにお気付きになられましたら フォーラムの方までお知らせください。



コーパス・プロキシマ: コーパスレールジャック・アップデートが登場します。 このアップデートはコーパスレールジャック体験を新しい地域や目標物が紹介されます。今すぐ冒険の旅へ出かけよう。

コーパス・プロキシマ地域

空を飛び交うロボットとクルーマンは、プロキシマの星系マップを大幅に拡大します。今回のアップデートでは三つの新しい惑星(金星、海王星、冥王星プロキシマ)で新しい敵勢や目標物(POI)が登場し、 コーパスレールジャックで一番難度が高いミッションはヴェールプロキシマに位置されます。



レールジャック体験と通常ミッションのゲームプレイをさらに組み合わせるため、ミッションの種類を多様化します。

新しいミッションタイプのいくつかは、皆さんがすでにお楽しみいただいている防衛と掃滅ミッションなどです。 分隊の仲間と共に主力戦艦へ向かって戦い、目的を完了したらレールジャックに帰還してください。

勝利戦を求めている皆さんにとって、コーパス・プロキシマにいる欲深いコーパスから多くの秘密を暴こう。 船体やコンテナをくまなく調査して、敵を勇敢に倒すのです、テンノ。

各コーパス・プロキシマミッションには皆さんが探索して勝利品を入手できるシステムが設けられています。 幸運あれ!

  • 氷鉱山:海王星プロキシマ
  • 破棄されたフレートリンカー:冥王星プロキシマとヴェールプロキシマ
  • オロキンシールド遺跡船:金星プロキシマ

また、二つの新しいミッションタイプが追加されます。

一つ目は「オルフィクスの毒牙」作戦をプレイされた皆さんがご存知の「オルフィクス」です。センティエントの侵略者を倒し、オペレーターとネクロメカを利用してナリファイアフィールドを回避してください。 作戦と同様に、ネクロメカを所有していない方は、ミッションで利用できるネクロメカが準備されています。 イベントの通貨を獲得できる代わりに、オルフィクス ミッションはアルケインをドロップするチャンスが設置されています。この追加により、エイドロンハントの他にアルケインを入手する手段が設けられるでしょう。 ネタバレを防ぐため、『二番目の夢』クエストをクリアしていない方にはオルフィクスノードが表示されません。

二つ目は「揮発」ミッションです。 この新しいミッションタイプでは、主力艦を妨害することを促されます。 あなた達の作戦を失敗させようとしているエンジニアを倒し、リアクターの故障を引き起こそうとしているCephalon Cyの任務に協力しましょう。

ドロップテーブルはこのウェブサイトからご確認ください:warframe.com/droptables

コーパスレールジャックから入手できる報酬は次のとおりです。

  • Carmine Penta
    • Pentaグレネードランチャーの変型版。発砲率が高く、マガジンサイズは二倍となっている。
      • Carmine Pentaの設計図とパーツは新しいコーパスレールジャック遺跡の破棄されたフレートリンカーから見つけよう。
  • Athodai
    • ロケット技術から逆行分析されたこのハンド・キャノンはかなりパンチが効く。 ヘッドショットキルでオーバードライブを作動し、セカンダリ機能を無効化する代わりに発射速度と弾薬効率を短時間向上させる。
      • コーパスレールジャックのオロキンシールド遺跡船からAthodaiの設計図やパーツを見つけよう。
  • ライフルMOD: Internal Bleeding
    • 最大ランク時、衝撃状態異常効果は 35%の確率で切断状態異常を付与する(発射速度が2.5以下の場合は確率が2倍に)
      • Internal Bleeding MODはコーパスレールジャックの破棄されたフレートリンカー、氷鉱山、オロキンシールド遺跡船から見つけられます。
  • ピストルMOD:Hemorrhage
    • 最大ランク時、衝撃状態異常効果は 35%の確率で切断状態異常を付与する(発射速度が2.5以下の場合は確率が2倍に)
      • Hemorrhage MODはコーパスレールジャックの破棄されたフレートリンカー、氷鉱山、オロキンシールド遺跡船から見つけられます。
  • 軍扇スタンスMod:Votive Onslaught
    • 容赦ない精密な一点攻撃の弧の動きと斬撃。
      • Votive Onslaught スタンスMODはコーパスレールジャックの破棄されたフレートリンカー、氷鉱山、オロキンシールド遺跡船から見つけられます。
  • Nautilusセンチネル
    • 「Auto Omni」と「Cordon」を初期プリセプトとして搭載しており、このセンチネルはレールジャックミッションで最適のパートナーとなる。
      • Nautilusセンチネルの設計図とパーツはコーパスレールジャックの氷鉱山から見つけられます。
  • Nyx Prime、Hikou Prime、と Scindo Prime のレリック
  • Valkyr Prime、Venka Prime、とCernos Prime のレリック
    • Nyx・Valkyr Primeと付随する武器のレリックはコーパスレールジャックミッションから恒久的にドロップされるようになります。 これらのレリックをコーパスレールジャックの破棄されたフレートリンカー、氷鉱山、オロキンシールド遺跡船から見つけよう。
  • オルフィクスゲームモードのローテーションCの報酬リストに(つまり12オルフィクスごと)Warframe用アルケインを追加。最大は36オルフィクスまでです。
  • AshとOberonの設計図をレールジャックの報酬リストへ追加。 Oberonのパーツの設計図はグリニアレールジャック目標物と小戦の報酬テーブルへ、Ashのパーツの設計図はコーパスレールジャック防衛ミッションの報酬テーブルへ追加されます。
    • エクシマスとマニックのドロップテーブルからAshとOberonの設計図をそれぞれ撤去しました。 この変更は、レールジャックのいくつかを「コアWarframe」スタイルの報酬と同調し、マッチメーキングをより効率よく行えるよう、追加されます。



新しいコーパスレールジャック勢


新しいプロキシマ地域を開拓するとともに、新しいコーパス勢が登場します。 コーパス・プロキシマ地域では星系マップの領域を越え耐えられるよう設計された特別な敵勢に遭遇することでしょう。彼らはどのような手段を使ってでもあなたを倒しに来ます。十分に注意しよう。

各コーパス・プロキシマでは次の敵勢が確認されています。

  • 金星プロキシマ:タロ
  • 海王星プロキシマ:アクシオ
  • 冥王星プロキシマ:ボラック
  • ヴェールプロキシマ(コーパスノード):オルム

レールジャックの武装設定を整えて、高速プラズマキャノンを構える「ハーピ」攻撃ファイター、ターゲットに録音して高密度のプラズマを射出する「ウィーバー」ファイター、追跡タレットのエネルギービームを使い、ターゲットを絞ったバーストを見舞う「バジリスク」ファイターなどをうまく回避しよう。

スタンチョン主力艦に向かい、胸部にミサイルランチャーを搭載している「アトロック ラクノイド」、至近距離グレネードランチャーを駆使する「バムバック」、高熱ビーム砲を搭載している「カルベリ モア」やコーパス・プロキシマのエリート「オーラックス」勢を掃滅しよう。

敵のコーパスクルーシップをハイジャックして、移動だけではなくミサイルの群の火力も制御しよう。

新しいレールジャック用素材

ティコールプレート この高密度な合金装甲メッキは攻撃型宇宙機の構造に使用される。 ティコールプレートはHelminthの胆汁へ給餌することができます。

この素材はテンノにとって不可欠なフォージ用素材になります。

撤去されたレールジャック素材 ドロップテーブルから以下の六つのレールジャック素材が撤去されます。

  • パストレル
  • コペルニクス
  • トラコン
  • ケスラー
  • ブラコイド
  • フレスネル

最初にレールジャックが実装されたときに紹介した素材の種類を減らすため、上記六つの素材が撤去されます。 すでに集めていただいた素材は、皆さんのインベントリに残りますのでご安心ください。また、今回撤去された素材は、後日他のコンテンツの為に再投入される場合もあります。 なお、アイテム製作時に今回撤去された素材を必要とする設計図は、他のコンテンツから集められる素材を材料とするよう更新されています。そして、パストレルなどが含まれていたドロップテーブルにはティコールプレートが代わりにドロップされる予定です。 これらの素材は、Helminthの胆汁給餌メニューからも撤去されました。 私たちが見逃したかもしれない上記素材に関する情報を見つけたら、フォーラムの方までお知らせください。

残骸に対して撤去された素材をすでに部分的に貢献している場合、置き換えられた素材の割合へ引き継がれます。 例えば、カルシノックスに対してすでに60%の量のコペルニクスを投資していると、その60%の貢献度は設計図が更新されたときに引き継がれます。

さらに、この機会を利用して、フォージで製作できる設計図を簡素化し、必要な素材の多様性を減らしました。 フォージ可能なアイテムには次のアイテムのいずれかの組み合わせが必要となります。

  • ティコールプレート
  • チタン
  • キュービック・ダイオード(コーパス・プロキシマ)
  • カーバイド(グリニア・プロキシマ)

新しいレールジャックをフォーカスとしたセンチネル

Nautilus

  • 「Auto Omni」と「Cordon」を初期プリセプトとして搭載しており、このセンチネルはレールジャックミッションで最適のパートナーとなる。

Nautilusはゲーム内マーケットからお求めいただけます。また、Nautilusセンチネルの設計図とパーツはコーパスレールジャックの氷鉱山からも見つけることができます。

Auto Omni プリセプトMOD(最大ランク時)

  • Nautilusは100%の確率でレールジャック船体へのダメージを修復し火災を鎮火する。 クールダウン:20秒。

Cordon プリセプトMOD(最大ランク時)

  • Nautilusは30m内の敵を密集させ、まとめて倒せるようになります。 クールダウン時間15秒。

Nautilusセンチネルを製作または購入するとAuto OmniプリセプトMODとCordonプリセプトMODが付いてきます。

レールジャック改変!

変更された項目: Warframeでは多くのゲームがある中、皆さんにプレイしていただけるよう、いくつかの重要なポイントを押さえるようにしています。 その重要なポイントの一つはゲームの「流れ」です。ミッションをプレイするときに近接武器や銃武器が心地よく使えたり、ミッションの目的が明確であるよう、皆さんの反射神経と意識を挑戦するようなゲームプレイをお楽しみいただるよう努めています。 ゲームを始められた皆さんはまず、星系マップを開拓することでしょう。ミッションをこなせばこなすほど、ジャンクションへ進むことができ、その後メインストーリーのクエストなどを順番に沿ってクリアすることができるような骨組みとなっています。

その一方「レールジャック」と言う、いつもと違うゲームモードが存在します。 レールジャックミッションに参加すると、古の大戦で使われていた技術を使い宇宙で戦いを繰り広げることができます。 レールジャックのゲームプレイをデザインしているとき、開発チームは「いつものWarframe」と違った斬新なゲームをデザインすることにしました。 いくつかの項目は従来のゲーム要素に変化を加えた状態でご紹介することができましたが、レールジャックはWarframeをお楽しみいただいている皆さんが納得していただけるゲームプレイでなかったことも否めません。皆さんから、否定的な意見も多々寄せられています。 そして、皆さんからのご意見を読むうち、開発チームも皆さんとの意見に納得して同意するようになりました。 そうです。由緒あるCephalon Cyが言うように「対処せねば」と感じたのです。

今回のレールジャック改変で成し遂げたい目標は、皆さんからのご意見と開発チームの意見の摩擦点を単純化して、Warframeの魅力的なポイント「流れ」を再導入し、他のゲームプレイと統合することです。 Warframeの特徴的な「流れ」は、過去何年間もの間行ってきた継続的なオーバーホールとリワークのおかげで良いものに進化してきました。 「バレットジャンプ」から「近接の達人」まで、私たちのゲームは真っすぐに進化し続けたわけではありません。 皆さんのレールジャックをカスタマイズするときにギリシャ神話に登場する「テセウス」にちなみ、レールジャックをテセウスと命名している方もいるかもしれません。レールジャック・ゲームプレイはそれほど、まだまだ改善する余地があります。今回のレールジャック改変では、皆さんに十分にお楽しみいただけるよう、ガラッと仕様変更が入ります。

前置きはさておき「レールジャック改変」とはどういうことを示すのでしょう。 タイトルを見るだけではシンプルに感じるかもしれません。 しかし、多くの仕様が変わります。このDev Workshopでは心機一転するレールジャックのゲームプレイをできるだけ掘り下げてご説明します。

このアップデートが実装されてから初めてログインすると、次のスクリプトが実行されて、アカウント情報が更新されます。

皆さんのアカウントに対して次のスクリプトおよび更新を施します。


1)アークウイングを所有しているプレイヤーへプレクサスを追加する。このアイテムは今後、『アークウイング』クエストをクリアしたときに配布されます。 2)以下に概説する三つの基準に基づいて、「アーリーアダプター」バンドルを提供する。 3)乾ドックを所有しているクランへ限定アイテムの記念像を送る。 4)DiracをEndoへ還元する。 5)アビオニックグリッドへ投資したすべてのDiracをEndoへ還元する。 6)アビオニックをMODへ還元する。 7)廃止されたMODをすべて削除して、新しい「プレクサスオーラ」MODへ交換する。また、その他廃止されたMODをすべてEndoへ還元。 8)プレイヤーが所持しているリアクターを新しいデザインに従うグレードI、II、及びグレードIIIリアクターへ変更する。

グレード1:メーカーの専門分野20~40%

  • ビダール:範囲
  • ラバン:効果時間
  • ゼットキ:威力

グレード2:メーカーの専門分野50~80%

  • ビダール:範囲
  • ラバン:効果時間
  • ゼットキ:威力

グレード3:メーカーの専門分野40~60%と20~40%の二次特性を持ち合わせる

  • ビダール:範囲、効果時間
  • ラバン:効果時間、威力
  • ゼットキ:威力、範囲

9)「フラックス」関連のサブルーチンに対する言及を新しいサブルーチンの仕様へ変更する。 10)すべての性能値を0へリセットする。プレイヤーは性能値をどの様に使うか再指定する必要があります。

1.アップデートが実装されてからログインするとどうなりますか?

  アクセスしやすいように
  アビオニックからMODへ
  「プレクサス」の登場 
  DIRACからENDOへ
  性能値 2.0:性能値のスペックを再指定
  指揮性能値
  新しいレールジャックのパーツ:プレーティング
  残骸コストの変化
  「アーリーアダプター」レールジャックを最初からお楽しみいただいている方へ
  マッチメーキングの合理化 
  

2.ミッション自体へどのような変更が入りますか

  新しいレールジャックのレイアウト(内部がより小さくなります)
  「スタミナ」の廃止
  フォージと素材の個人蓄積
  リアクター
  戦闘MOD
  誤動作と危険 
  統一されたダメージタイプ
  ノードに関する変更

3.今後の予定

  「Void嵐」とレリック
  アップデート30:嵐を呼ぶ者テンペスタリ
  

1.アップデートが実装されてからログインするとどうなりますか?

アクセスしやすいように:

まず、『流転する形勢』クエストの一部としてレールジャックをまだ造船していない方へお知らせします。レールジャックを造船するために必要であるパーツの量や一つずつ作り上げるために必要だった時間を劇的に削減します。この記事で後ほどお知らせしますが、アーリーアダプターの皆さんへコストの差額は払い戻されますので、ご安心ください。 簡単に言えば、ファーミング過程が短縮されることを意味します。

レールジャックのアクションに今すぐ取り掛かりたい方は、マーケットに新しく設置される「レールジャック」カテゴリーから完全に造船されたレールジャックをプラチナで購入できます。ただしアークウイングをすでに持っていることが条件です。 レールジャックをマーケットから購入すると、『流転する形勢』クエストが自動的にクリアされます。なお、『流転する形勢』はコーデックスからリプレイすることができます。 開発チームのパターンにお気付きになった方もいるかもしれません。ネクロメカをご紹介した当初、ゲーム内マーケットでは販売されていませんでした。 ネクロメカが最初にマーケットへ登場したのは「ダイモスの心臓」アップデートが実装されてから何か月も経った時です。 基本無料プレイゲームとして、これらの新しいアイテムをマーケットへ同時リリースしないのは矛盾しているのではと感じる方もいるでしょう。 しかし、特に理由はありません。プラチナをご購入いただいたりトレードで入手された方は新しいアイテムをプラチナを消費して手に入れたいという要望があるのは当然だと思っています。 そして今、新しいマーケットアイテムとしてレールジャックをご紹介します。

なお、レールジャックはプラチナを消費しなくても引き続き製作することができます。今回のアップデートでは素材コストが削減されるので、より気軽に製作に取り掛かることができるでしょう。

アビオニックからMODへ:

さて、題材をアビオニックに移しましょう。 レールジャックへ乗り込む前に、レールジャックのアビオニック・システムを見直すことになります。準備はいいですか…

レールジャックMODをご紹介します!

その通りです。アビオニック・システムは廃止されます。 このシステム・オーバーホールにより、アビオニックは通常のMODへ変わります。すでにご利用いただいているアビオニックはレールジャックの装備から取り外されてリセットされます。 この変更により、アップグレード可能なグリッドスロットの時代は終わり、ホストのレールジャックによいアビオニックが搭載されていることを祈る必要がなくなることも意味します。 また、実際にレールジャック自体へアイテムを装備する必要がなくなります。

*日本語クライアントのアビオニックは以前、カタカナで表示されていましたが、アビオニック制度からMODへ変更されることに伴い、通常MODと同様、英文字表記へ変更します。

「プレクサス」の登場

テンノは今後、お馴染みの三種類のアビオニックを搭載した「プレクサス」をレールジャックミッションへ持ち込みむようになります。 戦闘・戦術MODは同じままですが、自分用へと変更され、搭乗するレールジャックで適応されます。 なお、統合アビオニックはWARFRAME用のMODと同じように分離されます。自分自身だけに影響を与える個人用MODスロットと、レールジャックと分隊に影響を与えるオーラMODが存在します。 プレクサスのオーラMODはWarframeのアップグレード画面と同様、指定されたオーラスロットへ配置されます。

プレクサスにはオロキンリアクターがすでに搭載されているため、プレイヤーがオロキンリアクターを消費する必要がありません。

なお、レールジャックミッションからプレクサス用のアフィニティを獲得することができ、フォーマを消費するとプレクサスをさらに活用することができます。

レールジャック統合MOD画面Plexus01.jpg


レールジャック戦闘MOD画面Plexus02.jpg


レールジャック戦術MOD画面Plexus03.jpg


レールジャックMODの容量コストは、新しいプレクサスシステムで再調整されます。

ハイパー ストライク 旧最大容量:13 新最大容量:15

プレデター 旧最大容量:8 新最大容量:11

セクション デンシティ 旧最大容量:10 新最大容量:15

前方重砲 旧最大容量:9 新最大容量:16

開発チームは皆さんに馴染みがあるアップグレード画面へ戻ることにより、レールジャックがより試しやすいゲームモードへ変わることを期待しています。 個人用MODロードアウトシステムへ移行すると、パブリックマッチメーキングでも、より一貫性のあるゲームプレイ体験を提供できると思っています。

さらに、利便性を考えて、プレクサスはさまざまな場所でアップグレードすることができます。以前のように乾ドックからだけでなく、リレーに位置する新しい乾ドック(ファストトラベルも利用いただけます)や、自分自身のオービターからもアクセスできる予定です。


DIRACからENDOへ

アビオニックは通常のMODのように扱われるようになるため、アビオニックをアップグレードするために必要であった素材のDiracはEndoへ返還されます。 グリッドに対して費やされたすべてのDiracは払い戻され、アップデート29.10.0が実装されてから、初めてログインするとDiracは1対1の割合でEndoへ返還されます。つまり、グリッドを最大にした場合、39000 DiracがEndoへ変わることを意味します。

性能値 2.0

次に性能値に関するお知らせをします。 アップデートが実装されてからログインすると性能値がすべて再指定されます。 今回のアップデートでレールジャックの仕様が大幅に変わるため、プレイヤーの皆さんが同じスタートラインから始められるように調整するためです。 このリセットにより、あなたの性能値の進行をオーバーホールする機会が与えられ、今まで既に進めてきた投資を報いることができます。

次のテーブルでは性能値へ入る変更点をカテゴリー別、ランク別に表します。


策略 操縦 鉄砲 技術
策略システム:戦術メニューから戦術MODを展開してクルー追跡システムをアクセスする。 ブースト:長押ししてエンジンの速度を短時間ブーストする。 標的同調:ターゲットリードインジケーターとオードナンスがロックオンする。 オムニ適用:船体へのダメージと火災の阻止と修理を加速化。
遠隔アビリティと現場監督:戦術サポートとしてWARFRAMEアビリティを展開できる。 クルー視点カメラを確認できる。 ベクトル・マニューバ:タップして方向性スラスタを爆破させる。 ファントム・アイ:タレットコントロール時AR技術で360度見渡せる。 迅速サポート:エアリアルサポートのクールダウンを50%低減。
コマンド リンク:船内でファストトラベルを行える。 戦術メニューからコマンドを送信する。 ベクトル回避:ベクトル・マニューバ中付近の敵射出物のロックオンが見失われる。 アークウイング・スリングショット:アークウイングを戦場に高出力で展開する。 アークウイングスリングショットで敵戦闘機へダメージを与えクルーシップ船体を貫通する。 オードナンス フォージ:展開時、戦闘用のオードナンスを補充する。
帰還ワープ:オムニギアで船の外から船内へ瞬時にテレポートする。 ドリフト マニューバ:ベクトル中、長押しする事でドリフトを行います。 ドリフトはブーストを消費し発射速度をチャージします。 ダッシュを放す事でドリフトから発射されます。 アークウィング フューリー:アークウイングの吸引範囲を25m、近接範囲を0.75m、ダメージを20%で設置する。 ドーム充電フォージ:戦闘中に前方重砲へ給弾する。
ネクロメカ展開:すべてのレールジャックミッションでネクロメカを展開できる 収集者ブースト:ブースト、ドリフト、またはドッジ中に、アイテムの取得半径が3倍になる。 隠れている遺跡が表示される。 ネクロメカ フューリー:ネクロメカ銃のダメージを20%増加する。 フォージ最適化:フォージの製造量を25%増加させる。 船体修復剤を製造。
戦略的効率化:戦闘MODのエネルギーの消費を25%減らす。 ラム ジャマー:迫りよるラムスレッドのターゲットシステムを妨害し、25%の確率でオーバーシュートして爆発させる。 コールド・フィンガー:タレットの加熱蓄積を 20% 減らす。 フォージ加速器:フォージの製造速度を25%増加する。
戦略的適応:戦術MODのクールダウンを20%短縮する。 ネクロメカ速度上昇:ネクロメカの移動速度を10%増加させる。 上級銃砲:タレットの加熱状態からの復帰時間を50%減少させる。 スリングショットの範囲が50%広がる。 完全最適化:フォージの製造量をさらに25%増加する。
アークウイング戦術ブリンクとネクロメカクールダウン:アークウイングのBlinkクールダウンを25%下げる。 ネクロメカ召喚クールダウンを25%短縮する。 飛行士:アークウィングの速度が20%増加する。 アークウイング猛撃:アークウイングのアビリティを強化:ダメージ +25%、アビリティ威力+20%、アビリティ範囲 +20%、アビリティ効率+20%。アークウイング 警戒態勢:アークウイングの防御力を高める。 アークウイングの防御力を高める。ヘルス+30 %、シールド+ 30%、装甲値+30 %。
高速思考:戦術MODのクールダウンをさらに20%短縮する。 突入速度:ブースト中の被ダメージを 25%軽減。 ブースト中に敵に突進して衝撃ダメージを2000与える。 ヒートシンククリア:武器を加熱したときにリロードすると0.5秒で武器が0に冷却される。 ネクロメカ強化:ネクロメカの防御力を高める。 ヘルス+25%、シールド+ 25%。
10 合流ワープ:船からクルーの居場所へワープする。 レールジャック テレポート:ジャンプを二回タップすると、レールジャックは即座に前方移動(Blink)し、近くの敵を遅らせる乱気流の痕跡が残る。 反射照準:タレットの照準は3秒間リードインジケーターにスナップし、タレットの過熱速度は20%増加する。 アナステイシス:船内の災害を遠隔で修理する。


意図しない事故を引き起こす可能性があるため、操縦のドリフト マニューバのチャージや発射を取り除きました。 操縦士は自己のリスクが軽減された新しいシステムを学ぶと、高速でも航空機を操縦できるようになります。

指揮性能値

また、ソロモードでプレイする方へとても嬉しいお知らせです。「指揮」性能値がいよいよ登場します。 指揮性能値が登場すると、操縦、銃砲、修理と戦闘など、使い慣れたレールジャックの任務を雇ったクルーメイトに指名することができます。このオプションは皆さんへ新しいゲームプレイの選択権を追加することでしょう。 宇宙をソロで探検したい方は、クルーメイトと契約を結ぶと、プロキシマでの冒険を一緒にこなす頼もしい助っ人を雇うことができます。

今回の性能値リセットにより、指揮性能値へこれまで集めてきた性能値をつぎ込むことができるでしょう。


指揮
1 第一 クルーメンバー:

最初のクルーメンバーを解除しTickerから雇えるように。

2 適格性ポイント取得:クルーメンバー1人に適格性ポイント1つを与える。
3 第二 クルーメンバー:2人目のクルーメンバーを解除する。
4 適格性ポイント取得:クルーメンバー1人に適格性ポイント1つを与える。
5 第三 クルーメンバー:3人目のクルーメンバーを解除する。
6 適格性ポイント取得:クルーメンバー1人に適格性ポイント1つを与える。
7 適格性ポイント再配:これまでの適格性ポイントの割り当てを変更できる。
8 奇妙なクルーメイト:転向させたリッチをクルーメンバーとして雇える。 (クバ・リッチは敵からのみレールジャックを守ることができます)
9 待機命令:クルーメンバー1人を待機状態にし、どのミッションでも呼び出せるように。

あなたの「右腕」は限られた時間だけミッションへ登場し助けてくれます。彼らはあまり長い時間自分の持ち場を離れることができません。

10 *ランク10は後日利用可能になる予定です。

近日登場する予定です

契約を結んだ各クルーメイトはさまざまな役割(操縦、銃砲、修理、戦闘、持久)に対して独自の適格性を持ち合わせています。

指揮性能値をレベルアップしてクルーメイト用のスロットを準備したら、フォーチュナーのTickerに会いに行きましょう。 Tickerは適切な値段によって、星系マップ全体に散らばっている助っ人と連絡を取ってくれます。 クルーが提示する値段は、各シンジケートとの関係性によって決まります。一部のクルーは格安でミッションへの参加を同意してくれる一方、他のクルーは通常より二倍の値段を提示することもあります。 加入しているシンジケートの位置によってすべては左右されるでしょう。

契約を結んだ各クルーメイトはさまざまな役割(操縦、銃砲、修理、戦闘、持久)に対して独自の適格性を持ち合わせています。

四人未満の分隊を引き連れてミッションへ挑む時、雇ったクルーはレールジャックの運用の維持を助けてくれます。 つまり、他のテンノの代わりに戦闘に参加してくれるということです。 一度雇ったクルーメイトは永久的にあなたの助っ人となりますが、三名以上のクルーメイトを雇うためには、ゲーム内マーケットからクルーメンバースロットを購入するか、すでに雇っているクルーメイトの「契約を終了する」を行ってサービスを終了してください。

クルーメイトの訓練と管理

Tickerからクルーメイトを雇ったら、乾ドック管理画面に戻り、新しいクルータブから「クルーを任命」を選びましょう。

クランの乾ドックへアクセスできなくても、心配は無用です。 公共の乾ドックは各プラットフォームの二番目と三番目のグレードのリレー(PCでは土星のKroniaや冥王星のOrcus)でアクセスできるようになります。


この画面から、各クルーメンバーの外観、トレーニング、武器の装備および役割の割り当てをカスタマイズすることができます。

外観

皆さんの外装品コレクションを活用して、クルーメイトにアーマーやシャンダナを装備しよう。 皆さんのお好みのカラーをクルーメイトへ適用してカスタマイズすることもできます。

プライマリ武器を装備する

アーセナルに装備されている武器をクルーメイトと共有して、クルーメイトの装備をカスタマイズしよう。 あなたが雇ったクルーメイトへ所有しているライフル、ショットガンまたはピストル(ボウや槍は対象外です)を渡すことができ、お好みのカスタマイズやMOD構成を受け継ぐことができます。 特定のクルーメイトの為に武器をカスタマイズすることができる代わり、ビルドを変更すると、通常ミッションで自分へ適用されますので、ご注意ください。 武器は一度にクルーメイト一人しか装備できないため、異なるクルーメイトはあなたのアーセナルから同じ武器を利用することができません。

トレーニング

クルーメイトの適格性ポイントは指揮性能値をランクアップすると得ることができます。

  • 操縦:クルーメイトが操縦している時の最大速度を設定します。
  • 銃砲:クルーメイトがレールジャック回転タレットを使用している時の精度とオーバーヒート率を設定します。
  • 修理:クルーメイトの船体修復と自己再生時間を設定します。
  • 戦闘:クルーメイトの戦闘ダメージを設定します。
  • 持久:クルーメイトのヘルスとシールド値を設定します。

適格性ポイントは契約を結んだクルーメイトの誰にでも適用できます。 例えば、三つの適格性ポイントを解除したとします。そのポイントは、各クルーメンバーに割り振ることが可能です。 その後、そのクルーとの契約を解消して、別のクルーを雇うと、直ちに三つの適応性ポイントを新しいクルーに付与することができます。 簡潔に言いますと、各クルーメンバーごとに消費されて失われるものではないということです。

さらに、指揮性能値ランク8まで到達すると、転向したクバ・リッチは頼りになる助っ人としてレールジャックミッションに参加してくれます。非常に高いヘルス値は頼もしい援軍になるでしょう。 彼らの任務はあなたとクルーメイトが他の任務を集中してこなせるよう、レールジャックを侵入者から守ることです。 クバ・リッチのクルーメイトは装備などをカスタマイズしたりトレーニングを施すことができません。 また、レールジャックに「装備」したクバ・リッチをトレードすると、クルーリストから外されます。


役割の任命

レールジャックが離陸する前にクルーメイトへ特定の役割へ割り当てるか、戦術メニューからミッション中、任務を変更することができます。 操縦、防衛軍、ガンナー及び技術者から選択できます。

さて、準備は整いました。 いざプロキシマへ。

新しいレールジャックのパーツ:プレーティング

今回MODが個人用に変わっても、シールド、エンジン、武器などの船のパーツはホストのコレクションに頼ることになります。 今回のコーパスレールジャックアップデートでは、収集したりアップグレードできる新しい武器(下記参照)が登場しますが、全く新しいパーツである「プレーティング」も紹介されます。 ヘルスと装甲値を強化するMODをレールジャック船体自体に適用できなくなるため、新しいパーツは船のヘルスや装甲値を決めるでしょう。


これらの新しいプレーティングアイテムは、グリニア・コーパスレールジャックミッションで残骸として見つけることができ、他のレールジャックパーツのように乾ドックでバレンス・フュージョンを行うことができます。

残骸コストの変化

シールド、エンジンや武器(パーツから兵装を含める)についてご案内したので、次は残骸についてお伝えします。入手した残骸からオプションを構築するために必要になる素材は大幅に削減される予定です。 簡単に言えば、ファーミング過程が短縮されることを示します。

「アーリーアダプター」レールジャックを最初からお楽しみいただいている方へ

次に、「アーリーアダプター」に関する補填事項について説明します。 既に完成したレールジャックを持っている方やレールジャックミッションを数時間だけ試していただいた方まで、さまざまな払い戻しプランが用意されています。

乾ドックを建築したクラン


レールジャックと、Cephalon Cyの居場所を建設した証。 クランレールジャックの限定モニュメントは乾ドックをすでに建設したか、レールジャッククラン研究を始めたことがあるクランへ贈与されます。


グレード1

-アビオニックのグリッドスロットを四つ最大までアップグレードした方 +1残骸を構築

即時修理ドローン x1 兵装スロット x2 Rivenの破片 x10 ボーナスレールジャック用Mod

  • ミュニション ボルテックス
  • バトル・フォージ
  • パーティカル・ラム
  • ヴォイド ホール
  • レールジャック素材バンドル

コモンとアンコモン枠のレールジャック素材バンドル

  • 1000 ティコールプレート
  • 2500 キュービック・ダイオード
  • 3500 カーバイド
  • 3500 チタン
  • 75 アイソス
  • 75 ガロスロッド
  • 75 アステライト

グレード2

-アビオニックのグリッドスロットを七つ最大までアップグレードした方 +3残骸を構築

グレード1で返還されるアイテムすべて 即時修理ドローン x2 Rivenの破片 x15 10000 Endo 7日間のリソースブースターとアフィニティブースター レールジャック素材バンドル #2 アンコモンとレア枠のレールジャック素材バンドル

  • 125 アイソス
  • 125 ガロスロッド
  • 125 アステライト
  • 10 オークラックスキャパシター
  • 10 コムズ
  • 10 ナルストーン

グレード3

-アビオニックのグリッドスロットをすべて最大までアップグレードした方 + 6つの残骸を構築(つまり、すべてのスロットにあなたが構築したものがある)。

グレード1と2で返還されるアイテムすべて 即時修理ドローン x3 レジェンダリコア UMBRA フォーマ レールジャック素材バンドル #3

  • 15 オークラックスキャパシター
  • 15 コムズ
  • 15 ナルストーン

さらに、これらグレードの条件を満たさなくても、今まで使用した修理ドローンはすべて返還されます。

マッチメーキングに関する変更

レールジャックとプレクサスの準備が整ったら、ミッションに挑んでみましょう。 私たちはこの機会を利用して、メインゲームで設定されているルールに沿い、レールジャックのマッチメーキングシステムを合理化します。 ホストとしてプレイするためには以前、自分のレールジャック(オービターまたは乾ドック)からミッションを開始する必要がありました。 今回の改変が導入されると、星系マップでオープン分隊がないノードを選択すると、自分がホストとしてミッションに挑むことになります。そのため、オープン分隊がないと、以前のように乾ドックやレールジャックに誘導されるのではなく、自分がホストになってミッションが開始されることを意味します。

2.ミッション自体へどのような変更が入りますか

新しいレールジャックの内装

レールジャックに搭乗すると、重要な違いに気付くかもしれません…

コックピットの後ろに位置していた左右のタレットは撤去されます。その代わり、船の上部に背面タレットへアクセスできる出口と、下部に腹面タレットが追加されます。 この変更により、360度の回転がより知覚的になり、デフォルトで船の飛行方向が見えるようになるため、移動中の照準の感覚が向上するでしょう。

レールジャックの内部は以前、数階の広いオープンエリアが設けられていました。上部はアークウイングスリングショットへの接続ポイントがあり、後方には貨物室が設置されていました。 この広いスペースは今回、大幅に改装されます。ステーション間の移動時間を短縮するため、船の重要な機能は小さなスペースに格納されるようリフォームされます。 アーセナルも内装のリフォームにて撤去されました。 レールジャックがDojoへドッキングされているとき、一時停止メニューから「アーセナル」へファストトラベルを使い移動すると、Dojoのアーセナルにテレポートされます。

「スタミナ」の廃止

さて、乾ドックからノードを選択してミッションに挑み、セクターをワープすると、 レールジャックが以前より軽く、小回りが良くなっていることに気付くのではないでしょうか。レールジャックの基礎速度が増加しただけではなく、ダッシュバーがなくなっていることに注目してください。 ミッションの目的地へ以前より素早く到達することができるようになったのにお気付きでしょうか。

操縦士はブースト中に銃を発砲することができますが、Dev Workshopで前述したハードストップとは対照的に、レールジャックの速度が低下します。ブーストは、発砲が終了すると再開されるようになりました。 また、ダッシュバーを取り外したことを補うため、ドッジ操作に小さなクールダウンを設置しました。しかし、ドッジ操作は今後、はるかに頻繁に利用できるでしょう。

戦術メニューを開くと、視点が静止しているマップをご覧いただけます。この変更は皆さんからのご要望を取り入れたものです。 クルーは下部に表示されるため、メンバーの位置を視察したり、指示を出しやすくなります。


フォージと素材の個人蓄積

激しい戦闘が繰り広げられるレールジャックミッションでは弾丸、ミサイル、戦闘機などが忙しく飛び交っています。 そんな中、コーパス勢の戦闘機を見つけ、アビオニックを展開し、焦点を当てた…  のにも関わらず「そんな馬鹿な!  フラックス エネルギーが切れてるっ!」というような場面に遭遇したことはありませんか。

このような出来事が過去に起こり、悔しい思いをしたテンノ、心配は無用です。 このアップデートを持ちまして、レールジャックのすべての弾薬は各プレイヤーづつ記録されます。しかし、フォージで作成されたものは分隊に所属するすべてのテンノが利用できます。リボライトからドームチャージまで、自分の弾薬量を度々確認することが鍵を握りますが、専門の技術士がいるとミッションをよりスムーズにこなせるでしょう。 消耗品は時間の経過とともにゆっくり補充されるので、乾ドックから離陸する前にレールジャックの在庫は補給され、ミッションが終了するときにフォージを精錬する必要がなくなります。

レールジャックのアビオニックシステムからプレイヤーのプレクサスシステムへの移行に伴い、戦闘・策略アビリティはWarframeのエネルギーによって強化されます。また、フラックス エネルギーは廃止され、関連していたアビオニックはEndoへ変換されます。 この変更により、エネルギーを生むための既存ツールをすでに利用している方は、レールジャックゲームプレイへうまく統合することができます。ゲームに存在する二つのシステム(通常ミッションとレールジャックゲームプレイ)をさらに絡み合わせることができるでしょう。 LavosやHildrynのように、エネルギーを消費しないWarframeはレールジャックのクールダウンと「シールドをエネルギーに」機能、それぞれが適用されます。

さらに、バトル・フォージでWarframeのエネルギーが生産されるようになります。 この変更により、フォージ自体はプレイヤーの戦略に加えて、プレイヤーのWarframeエネルギーの元になることを意味します。 また、弾薬と同様、フォージで作成されたエネルギーは分隊全員へ共有されます。

最後に、新しく製作可能な「船体修復」をご紹介します。 船体修復をフォージすると瞬時に船体のヘルスを回復します。 この新しいアイテムやその他のフォージ可能アイテムは、すべてのレールジャックミッションでドロップする新しい素材「ティコールプレート」が必要になります。しかし、これらのアイテムはレールジャックでの旅をスムーズに行うために不可欠なものとなるでしょう。

戦闘MOD

プレクサスに搭載した戦闘MODを発動させる場合、注意しましょう。 戦闘MODを使い過ぎないように予防策が施されています。戦闘MODには重複するアビリティを短時間連続で発動すると、消費するのに必要なエネルギーのコストが上昇するゲージが設置されています。 各戦闘MODを発動するたびにゲージを確認して、最も効率よく活用しよう。

なお、戦闘MODを含める多くのレールジャックMODはバランス調整が施されました。 詳しい情報については、パッチノートの「レールジャック戦闘MODに関する変更点」をご覧ください。

リアクター

ここからはリアクターに関してご案内します。 リアクターは以前、アビオニック容量とフラックス エネルギーを与えていました。 しかし、アビオニックとフラックス エネルギーが取り除かれるため、リアクターの新しい役目はレールジャックの戦闘アビオニックへアビリティ威力、範囲、及び持続時間のバフを与えることになります。

このアップデートが入る前にリアクターを持っていた場合、このメモの上部にある「アカウントに対して次のスクリプトおよび更新」欄から、リアクターがどの様に変更されたかご覧ください。

誤動作と危険

  • 「電気障害」はミニマップをスクランブルし、戦術メニューを使えないようにします。
  • 「壊滅的な船体損害」は、損傷が修理されるまで搭乗しているプレイヤーすべてにダメージを与えます。
  • 「アイス(氷)」は相互作用する要素(パイロット席、フォージ、アークウイング スリングショット、ドアやタレット)をフリーズします。
  • 「火災」は武器の過熱を速め、冷却が遅れるようにします。
  • 「船体破損」は撤去されます。

統一されたダメージタイプ

レールジャックで繰り広げられる戦闘では、Warframeでお馴染みのダメージタイプが利用されていますが、少しひねりが入った状態で紹介されています。 例えば、「衝撃」は「バリスティック」、「冷気」は「フロスト」など、新しい名前が付けられていました。 レールジャックのダメージタイプを統合して、皆さんがすでに利用しているWarframeのコア属性へと改名します。  

  • バリスティック = 衝撃
  • プラズマ = 貫通
  • パーティカル = 切断
  • フロスト = 冷気
  • イオニック = 電気
  • インセンディアリー = 火炎
  • ケミカル = 毒

ノードに関する変更

レールジャックのノードは現在、地球、土星、ヴェール プロキシマに分割されています。 ノードがたくさんあるので、一見選択権が多くあるように見えますが、「小戦」というゲームモードしか存在しないため、目標物(POI)がどこにあるか覚えるまでは  

同じ作業を繰り返しているように感じることが多ったことも否めません。残念ながらこの理由により、レールジャックの多くのノードが無視される状態になっていました。 皆さんにレールジャックシステムを楽しんでいただけるよう、いくつかのグリニアノードは撤去されます。

その中の一つにGIAN POINTノードの削除が含まれています。 私たちはGIAN POINTノードを撤去することについて、多くの議論を重ねました。その結果、さまざまなミッションを改善するために必要なステップだと判断したため、今回GIAN POINTノードは撤去されます。 GIAN POINTに人気がある理由(高いアフィニティを得られ、迅速なミッションを繰り広げられるという利点)をレールジャックの目的の一つとして組み込み、コンテンツのバリエーションを楽しんでいただけるよう調整します。

また、コーパスプロキシマ地域が追加されることに伴い、新しいミッションモードが導入されるため、レールジャックは「小戦」だけではなくなります。 なお、ヴェールプロキシマの深い場所へコーパスミッションも追加される予定です。

廃止されるレールジャックのノードは次のとおりです。

  • Posit Cluster
  • Minhast Station
  • Phanghoul Satellites
  • Jex Lanes
  • Rian Belt
  • Vila Gap
  • Spiro Gap
  • Rya
  • Gian Point
  • Ruse War Field
  • Ganalen’s Grave

3.今後の予定

「今後の予定」欄では、今回のアップデートに含まれていないコンテンツの概要をお知らせします。

「Void嵐」とレリック

コーパスレールジャックを開発しているときに計画されていた「Void嵐」は今回のアップデートに間に合いませんでした。 しかし、結果としていい判断になったと思います。なぜなら、Void嵐はアップデート30の『嵐を呼ぶ者テンペスタリ』で登場するVoid嵐に関連するからです。 Void嵐が到来すると、テンノはレールジャックミッションでVoidレリックを消費できるようになります。 レールジャックのVoidレリックミッションは通常星系ミッションの亀裂ミッションのように循環しますが、よりスーケルが大きいものになる予定です。

そしてもちろん、Void嵐などの背後にあるストーリーは… 次のクエストで暴かれます。

アップデート30:嵐を呼ぶ者テンペスタリ


アップデート29.10.0で導入される仕様は、アップデート30:嵐を呼ぶ者テンペスタリの土台を築きます。 アップデート30では新しいWARFRAME「Sevagoth」を紹介するクエスト、新しい悪役などが登場する予定です。 また、開発チームはこのアップデートをすべての機種で同時にリリースできるよう調整中です。 したがって、PC版でアップデート29.10.0がまず導入されますが、アップデート30が実装されるとき、コンソール版をお楽しみいただいている皆さんは、コーパスレールジャックの内容とアップデート30:嵐を呼ぶ者テンペスタリが同時にプレイできるようになります。

コーパス クバ・リッチ、別名「クイーンピン」のリリースは、単独のコンテンツとして計画されています。 おそらく「アップデート30.5」くらいになると考えられていますが、 更新番号は仮の番号です。計画は変わる場合がありますのでご了承ください。

新しいレールジャックの兵装

新しい威勢に立ち向かうことになるコーパス・プロキシマでは、新しい火力の源が必要となります。 四つの新しいレールジャック兵装がコーパスレールジャックの敵からドロップします。レールジャックをさらに強化しよう。

  • タリン
    • 高連射型レーザーキャノン。ターゲットをビームで瞬時に燃やす。 発射速度は連続使用で上昇する。
  • ヴォルト
    • 電子パルス射出機。敵システムを容易く感電させる電流を流す。
  • グラジオ
    • 搭載型の氷結ドライバー。つらら形の射出物で敵の弱点を突く。
  • レイス
    • リピート式散弾砲。高速で破片を射出し、敵艦の船体と装甲を剥ぎ取る。

レールジャックの兵装に関する変更点

レールジャック用武器が誕生してから皆さんから多くのご意見をいただいています。その結果、有効性などを考慮した変更が導入されます。 まず、レールジャック兵装は、地上で敵と戦っているときに前線を切り裂くような強さを持ち合わせるよう、ダメージ値が向上されました。 一部の兵装(アポックオートキャノンやカルシノックスなど)は、宇宙船の大砲の視覚的な「シネマチック」効果を持たせるために、精度やリコイルが改善されています。

レールジャックは古の大戦の宇宙戦闘技術を取り入れた戦艦であるため、その威力をよりよく反映できるような調整が導入されます。

アポックオートキャノン

  • ダメージは53から126へ増加
    • MKI シグマ・ビダール - ダメージを96から227へ
    • MKII シグマ・ビダール - ダメージを164から286へ
    • MKIII シグマ・ビダール - ダメージを263から618へ
    • ラバン MKI - ダメージを96から243へ
    • ラバン MKII - ダメージを164から414へ
    • ラバン MKIII - ダメージを263から662へ
    • ゼットキ MKI - ダメージを144から275へ
    • ゼットキ MKII - ダメージを246から468へ
    • ゼットキ MKIII - ダメージを395から748へ
  • アポック オートキャノンの投射物の速度を上昇
  • レールジャック アポック オートキャノンのリコイルを増加。
  • アポック オートキャノンの投射物のサイズを増加。
  • ゼットキ アポックオートキャノンの加熱蓄積を20から18へ減少。
  • アポック オートキャノンの精度を低下。
    • 投射物のサイズが大きくなり、戦闘の範囲が広がると、精度が低下してもゲームプレイに影響を与えないはずです。この変更は、投射物に少し自然な外観の変化を与えるという外観上の変更になっています。

カルシノックス

  • カルシノックスの投射物のサイズを拡大。
  • カルシノックスの精度を低下。
    • 精度の低下は表面的な物であり、投射物のサイズが拡大されることにより、精度の低下がゲームプレイに影響をもたらすことは極めて少ないと推測されます。
  • ダメージは30から80へ増加
    • MKI シグマ・ビダール - ダメージを54から144へ
    • MKII シグマ・ビダール - ダメージを92から245へ
    • MKIII シグマ・ビダール - ダメージを148から392へ
    • ラバン MKI - ダメージを54から155へ
    • ラバン MKII - ダメージを92から263へ
    • ラバン MKIII - ダメージを148から420へ
    • ゼットキ MKI - ダメージを81から187へ
    • ゼットキ MKII - ダメージを138から319へ
    • ゼットキ MKIII - ダメージを222から510へ
  • カルシノックスの状態異常確率を上昇。
    • シグマとビダール:
      • MKI 8 から12%へ
      • MKII 12 から17%へ
      • MKIII 17 から24%へ
    • ラバン:
      • MKI 12 から17%へ
      • MKII 17 から24%へ
      • MKIII 34 から34%へ
    • ゼットキ:
      • MKI 12 から 18%へ
      • MKII 18 から26%へ
      • MKIII 26 から 36%へ

クライオフォン

  • ダメージは400から972へ増加
    • MKI シグマ・ビダール - ダメージを720から1750へ
    • MKII シグマ・ビダール - ダメージを1224から2975へ
    • MKIII シグマ・ビダール - ダメージを1959から4760へ
    • ラバン MKI - ダメージを720から1873へ
    • ラバン MKII - ダメージを1224から3184へ
    • ラバン MKIII - ダメージを1959から5094へ
    • ゼットキ MKI - ダメージを1080から2275へ
    • ゼットキ MKII - ダメージを1836から3868へ
    • ゼットキ MKIII - ダメージを2939から6188へ
  • シグマ、ビダールとラバンクライオフォンの熱蓄積を250から150へ減少。 ゼットキは350から250まで。

フォトール

  • ダメージは15から27へ増加
    • MKI シグマ・ビダール - ダメージを27から49へ
    • MKII シグマ・ビダール - ダメージを46から84へ
    • MKIII シグマ・ビダール - ダメージを74から135へ
    • ラバン MKI - ダメージを27から53へ
    • ラバン MKII - ダメージを46から90へ
    • ラバン MKIII - ダメージを74から145へ
    • ゼットキ MKI - ダメージを41から59へ
    • ゼットキ MKII - ダメージを69から101へ
    • ゼットキ MKIII - ダメージを111から162へ
  • フォトール・シグマ・ラバン・ビダールの過熱蓄積を10へ増加。ゼットキは18へ。

パルサー

  • ダメージは52から120へ増加
    • MKI シグマ・ビダール - ダメージを94から216へ
    • MKII シグマ・ビダール - ダメージを160から368へ
    • MKIII シグマ・ビダール - ダメージを256から589へ
    • ラバン MKI - ダメージを94から232へ
    • ラバン MKII - ダメージを160から394へ
    • ラバン MKIII - ダメージを256から631へ
    • ゼットキ MKI - ダメージを141から281へ
    • ゼットキ MKII - ダメージを240から478へ
    • ゼットキ MKIII - ダメージを384から766へ

戦闘MODに関する変更点

リアクターの威力、範囲と効果時間が強化されたことに伴い、戦闘MOD(以前のアビオニック)へ多くの変更を施しました。 戦闘MODへバフを加えることが可能になったため、基礎統計をわずかの下げる必要がありました。 しかし、一流のリアクターを利用すると、戦闘アビオニックは以前の統計を上回るでしょう。


戦闘MOD: 変更前 変更後 MKII 最大値 MKIII 最大値
Blackout Pulse ダメージ 300 600 1080 960
範囲 250 200 360 320
手動範囲 200
Countermeasures 効果時間 10 10 18 16
Munitions Vortex 効果時間 15 10 18 18
範囲 150 80 144 128
Particle Ram ダメージ 1500 1000 1800 1600
効果時間 6 5 9 8
Shatter Burst 効果時間 20 5 9 8
範囲 60 200 360 320
ダメージ 500 6000 10800 9600
Tether 効果時間 20 15 27 24
範囲 200 120 216 192
ダメージ 3000 2000 3600 3200
爆発範囲 120 80 144 128
脆弱性 N/A 50 90 80
Phoenix Blaze ダメージ 300 200 360 320
爆発範囲 275 250 450 400
武器バフ N/A 60 108 96
Seeker Volley ダメージ 1800 3000 5400 4800
Void Hole ダメージ 300 200 360 320
効果時間 25 20 36 32
範囲 150 100 180 160


  • テザーバトル MOD(以前テザーアビオニック)は新しいゲームシステムの為に次のバランス調整が施されます。
    • 破壊するために撃つことはないように。
    • つながれた(テザーされた)敵は死亡すると爆発し、周囲の敵へダメージを与えるように。
    • つながれた敵は、レールジャック武器から追加のダメージを受けるように。
    • 開発ノート:テザーは現在、戦闘機勢に対して抜群の効果を発揮するため、レールジャックの流れに大きな影響を与えています。 新しいゲームコンテンツを追加するにあたり、テザー機能は見直しの対象になりました。 テザーはこれからも戦闘機コンテンツのステージに対して効果を発揮します。戦術的に配置することを報いる一方、ステージを基盤にした変更を取り入れました。
  • ブラックアウトパルス:最初のパルスが当たった敵の数に基づいて、追加のパルスが発生するように。 Blackout Pulseは衝撃時に起爆します。
  • Phoenix Blaze(以前はフュリアス フェニックス):このアビリティが有効な間、レールジャック武器は追加の火炎エネルギーを得る。
  • Seeker Volleyはすべてのミサイルをより効率よく選択するように。 さらに、ミサイルはまずゆっくりと起動され、ターゲットを定めるとスピードを上げるようになりました。

新規および廃止されたレールジャックMod(旧名アビオニック)

上記の「スクリプトのリスト」欄で述べたように、アビオニックはレールジャックMODへ変換されました。 廃止されたレールジャックMODは新しい代替え品へ変換され、完全に撤去されたものはEndoへ還元されました。 つまり旧式アビオニックに対してすでに費やされたEndo(Dirac)の量と、MODのレア度に基づいて分解したときに払い戻される量が返還されます。

廃止されたレールジャックMOD 置き換えられるレールジャックMOD
アノード セル/マキシマ/ハル ウィーブ/バルク ヘッド Ironclad Matrix
ラスト スタンド Onslaught Matrix
ハードンドケーシング/ブリーチアドレナリン Indomitable Matrix
ウイング スティール/ウイング フォース/ウイング ストーム/ウイング サイクロン Raider Matrix
ディープホールド/ヒート シンク/フェイジック ウィーブ/アブレイティブ シェル/サーマティック/ポラー コイル Orgone Tuning Matrix
ハイパー フラックス 廃止撤去 (Endoへ還元)
センティエントフォーティチュード 廃止撤去 (Endoへ還元)

新しいレールジャック結合MOD: グリニアやコーパスレールジャックの敵からドロップする結合MODを探そう!(統計は最大ランク時)

Defensive Fire

  • 敵を倒す度に最大シールドを10秒間 +9%(最大10まで重複)

Fortifying Fire

  • クリティカルヒット時:シールドを3%回復

Worm’s Torment

  • グリニアへ与える銃砲ダメージ 27%

Granum’s Nemesis

  • コーパスへ与える銃砲ダメージ 27%

Crimson Fugue

  • 敵を倒す度に武器ダメージを8秒間 +27.5%(最大5まで重複)

Waveband Disruptor

  • クリティカルヒット時:敵シールドを51%の確率で無視する

Scourging Warheads

  • +51%の確率で敵のシールドを無視する

Protective Shots

  • シールド値が75%を超えている場合タレットのダメージを30%上昇させる

新しいレールジャック結合オーラMOD

グリニアやコーパスレールジャックの敵からドロップする結合オーラMODも登場します!(統計は最大ランク時)

Ironclad Matrix

  • +22.5%ハルと装甲値、+22.5%シールド最大値とシールド回復

Onslaught Matrix

  • 船体状態が100%の場合タレットダメージ +15%。シールドが80%を超えている場合20%の確率でダメージの25%を反射、アビオニック効率 +6%

Orgone Tuning Matrix

  • +22.5%のフォージ容量、-15%のフォージクールダウン、+15%属性耐性、+18%タレットの熱容量。

Indomitable Matrix

  • 損害確率 -12%、損害発生時シールド回復率 +15%、船体36%を下回った場合装甲値 +30%

Raider Matrix

  • アークウイング速度とダメージ +15%、アークウイングシールドと装甲値 +45%、乗っ取ったクルーシップの速度とダメージ +45%

レールジャックに関する変更と修正点

  • プレクサス、性能値、レールジャック星系マップや乾ドックを初めて利用するときに表示されるチュートリアルポップアップ画面を追加。
  • Ignis Wraithの設計図をグリニアレールジャックの目標物(POI)の報酬リストへ追加。
  • レールジャックナビゲーションメニューで乾ドックノードを選択すると、Dojoのスポーン位置ではなく、乾ドックへ直接移動するように。
  • レールジャック戦闘機の生産メカニズムを調整し、敵はより小さな、分散されたグループで生産されるように。
    • この変更が入るまで、敵は狙いやすいクラスターが生産されていました。
  • レールジャックのブーストとブーストが終わる音響を新しく追加。
  • Diracバンドルをゲーム内マーケットから撤去。
    • アビオニックはレールジャックMODへ変換されたため、必要に応じてEndoをご購入いただけるよう変更します。
  • MOD画面へ「レールジャック」カテゴリーを追加。
  • レールジャックのキーバインドオプションに「次のアビリティを選択」と「選択したアビリティ発動」を追加。このオプションは「オプション」>「コントロール」>「レールジャック」>「キー設定」から選択できます。
    • 「選択したアビリティ発動」をバインドしているとHUDに選択したアビリティが表示されるように。以前は「選択したアビリティ発動」オプションはコントローラーを利用しているプレイヤーだけに限定されていました。
  • 視認性とインパクトを改善するため、レールジャック武器の射程物、トレイル、ヒット効果と銃口FXを更新。
  • 皆さんからのフィードバックに基づき、装備したレールジャック武器と装備は残骸をスクラップする画面で「装備中」と表示され、アイテムをスクラップできないように。
    • この仕様は他のすべての機器にも適用されます。つまり、今装備しているものは「装備中」と表示され、売却することができません。
  • アークウィング武器の衝撃ヒットFXを更新。
  • レールジャック残骸のスクラップ画面から未使用の「プレビュー」オプションを削除。
  • 何を示しているか分かりやすいようにレールジャック構成画面のパーツ、兵装とアップレードアイコンを更新。
  • パーツや残骸をスクラップする画面でアイテムの上にカーソルを当てると、細かい統計が表示されるように。
  • レールジャックミッションでクライアントとしてプレイしているときに起こるクラッシュを修正。
  • クライアントとしてプレイ中、Railjackミッションから乾ドックに戻るときに取得した性能値が更新されない問題を修正。
  • クライアントとしてDojoにいて、他のクランに所属するホストがその方のDojoからクライアントを招待するとレールジャックが表示されない問題を修正。 この修正により、レールジャックに搭乗できない不具合が重ねて修正されました。
  • アポックの船内のアタッチメントが正しくアニメーション化されない問題を修正。
  • ゲーム内マーケットでレールジャックのスキンが緑や青になりすぎる問題を修正。
  • レールジャックミッションの完了画面でクレジット報酬が表示されない問題を修正。
  • ガルバルクオードナンスがビームやパルスを発するはずであるにも関わらず、単一の低ダメージパルスのみを発する問題を修正。

http://n9e5v4d8.ssl.hwcdn.net/uploads/442b0ee878ccebfd6bc2466a397ca898.png


新しいZEPHYR HARRIER スキンコレクション

Zephyr Harrier スキン 息を呑むような風にさらされたスタイルで空中を自在に移動しよう。

Zephyr Arclite ランディングクラフトスキン 仲間のテンノが羨ましく思うような印象的で合理化されたランディングクラフトへ乗っててミッションに参加しよう。

HARRIER オペレーターコレクション 空を支配していると誰にでも伝わる大胆で過激な形態。 コレクションはHarrierスーツ、Harrierスリーブ、Harrierレギンス、Harrierフードを含みます。

Zephyr Harrier テーマ 灼熱のカスタムビジュアルでUIを強化しよう。

Zephyr Harrier コレクション このターボチャージャー付デラックスコレクションでZephyrを新たな高さへ急上昇しよう。 コレクションはZephyr Harrierスキン、ArcliteランディングクラフトとZephyr Harrierテーマが含まれます。

さらに、新しいZephyr Harrier アジャイルとノーブルアニメーションが登場します。 これらのアイテムはKhora Urushuデラックスコレクションのように、ZephyrとZephyr Primeへすでに追加されていますが、他のWarframeに装備するためにはZephyr Harrierを購入する必要があります。

これらのアニメーションは通常のZephyr Harrierスキン及びZephyr Harrierコレクションに含まれています。

ZEPHYRのアビリティに関する変更点:

ZephyrはWarframeコミュニティの中で使用率が低めのWARFRAMEです。 多くのテンノがZephyrのアビリティを効率よく利用する方法を習得している中、彼女の利用しやすさはまだまだ改善する余地があるでしょう。 私たちは今回、豪華なZephyrデラックススキンをデザインするにあたり、彼女のアビリティを再確認する機会があったため、次の仕様変更を導入することを決定しました。

Tail Wind

「長押しでチャージ」機能を削除する代わりに空中でいつでもアビリティを保持できるように。このアビリティを発動するとホバー(滞空)モードへトグルされ、エネルギーを毎秒消費しながら飛行を維持できるようになります。 さらにZephyrはホバー中、所定の位置に固定されず、移動できるようになります。 ホバー中にジャンプして解除しよう。 ホバーはEnergy Siphon、Energizing Dash、Trinity Energy Vampireなどからエネルギーを回復しないようになります。

  • 長押し機能を削除した理由: 私たちはWarframeで(特に高レベルのコンテンツで)特定の場所に静止することはとても危険であることを認識しています。長押し効果を保持することにより発砲する時間が失われるというデメリットが発生するため、長押し機能は効果が薄いと判断しました。

Dive Bombの基礎ダメージを最大ランク時、500から4500まで増加。この変更により、Dive Bombを効果的に利用するスキルをマスターするまでにかかる時間を報いるようになります。 Tail WindのDive Bombはプレイヤーが移動している方向を向きます。

Airburst

GaussのMach Crash増強に関する変更のように敵を外側に送る放射状の爆発から短期間の渦巻きへ変更。この変更により、「プル(吸引)」機能の信頼性が高まります。

  • 竜巻に敵を引き込むことができるため、Tornadoアビリティとの相乗効果が高い「プル」機能に頼るように変更されます。

Turbulence

変更はありません。

Tornado

  • 長押しで静止性Tornado、タップで移動性Tornadoを発動できます。 Tornadoの数を三つへ減らして、敵が散らばりすぎないように。また、Tornadoの吸引の強さを増やしたため、敵はより多く内部に留まるようになります。
  • また、Airburstとの相乗効果をより簡単にお楽しみいただけるよう、敵を捕らえるTorandoの半径を拡大しました。この変更により、AirbustをTornadoに対して発動することにより吸引半径を拡大する必要がなくなります。
  • 敵はTornadoに拘束されている間に死亡すると、手足をジタバタしながらラグドール化して竜巻から追い出されるように。
  • なお、静止するTornadoを作成するとき、周辺のランダムな敵の上ではなく、狙っている場所に配置することができます。 「ローミング」している竜巻は引き続き、敵の上に出現します。

Tornadoに関するフィードバックは二つの主要ポイントによって構成されます。

  • Tornadoは敵を過度に拡散する傾向がある。
  • Tornadoが吸引する力はあまり強くないため、敵を巻き込んでももう一つの端から投げ出されることがある。 Tornadoの中にいる敵を打つと、竜巻から敵を追い出すことがよくある。

パッシブ

Zephyr Rework: 空中にいるとき、プライマリ・セカンダリ・近接武器へ150%のスタッキングボーナスクリティカル率を追加。

Zephyrに関する一般的な変更

  • Zephyrの4つのアビリティすべてのFXと音響を調整し、Turbulenceが終わるときへFXバーストが流れるように。アビリティ機能には影響しません。
LAVOSに関する変更と修正点:
  • Ophidian Bite:
    • 基礎範囲を8mから10mへ拡大。
      • より広範囲へ攻撃を仕掛けることができます。 蛇には要注意!
    • Ophidian Biteの下向きの垂直範囲を拡大。
      • 皆さんからのご意見を取り入れ、Lavosと彼のすぐ下のターゲットに影響を与える距離が長くなります。
  • Vial Rush: Vial Rushを操作できるように。
    • GaussのMach Rushのように、Vial Rushダッシュ中に方向キーまたはレチクルを使用してLavosを移動できるようになります。
  • Transmutation Probe:
    • クールダウン低下を1秒から1.5秒へ延長。
    • Transmutation Probeの移動航路を向上。
      • プローブがマップの障害物に引っかかるという問題が発生することがあり、その可能性を減らすために今回の変更は導入されます。
  • Catalyze: 触媒プローブの移動速度を上昇。
    • 触媒プローブは発動後、より速く最大範囲の位置へ到達するように。
  • アビリティをキャンセルする前に、Vial RushとTransmutation Probeへ0.5秒の遅延を追加し、誤って早期にキャンセルしないように。
  • Lavosに対してLODESTAR チェストプレート、HEARTWOOD ショルダープレート、ARCAレッグガードがクリッピングしたり斜めになる問題を修正。
  • ゲーム内マーケットでLavosが175エネルギーを所有していると示されているがLavosはエネルギーを使用しないため、説明文を修正。 この修正により「0」と表示されるようになります。
新しいマーケット内アイテム


レールジャックキャプテンバンドル このバンドルで瞬時にレールジャックの指揮を取ろう。バンドルはレールジャック、クルーメンバースロット4枠とNautilusセンチネルを含みます。

*このバンドルは多くのアイテムを瞬時に入手できるよう設定されているため、個別で買うより割引が効いているわけではありません。ご注意ください。 なお、各アイテムは個別に購入できます。 購入するためにはアークウイングを所有していることが条件です。

NAUTILUS センチネルバンドル レールジャックミッションに最適化されたNautilusセンチネルをゲットしよう。 Nautilusは船内の火災やダメージを自動で修復し、敵をまとめ、容易に一層できるサポートアビリティを持っています。 ウイング、マスク、テールアクセサリーを含みます。

NAUTILUS センチネル 外装バンドル お気に入りのセンチネルを深海をイメージしたNautilusのパーツで飾ろう。 ウイング、マスク、テールを含みます。 Nautilusセンチネルは含みません。

  • Nautilus センチネル外装品は個別に購入できます。

クルーメンバースロット クルースロットを1枠追加します。

近接に関する変更点:

Devstreamをご視聴いただいている皆さんはもうご存知かもしれませんが、開発チームは現在、近接武器とプライマリ武器の威力と致命力の差について議論を重ねています。 多くの皆さんからは「プライマリ武器は近接武器の威力や致命力に対して大きく劣っている」という意見が寄せられていて、この点についてはデザインチームも同意します。 私たちは今後、プライマリ武器と近接武器のあり方を十分に見直して、詳細を記したDev Workshopを近日出版する予定です。  

しかし、今回のアップデートで一点だけ、仕様変更を加えます。 近接ヒットから生まれる殆どのよろめき効果が撤去されます。 いくつかの近接武器では中立、前進 + ブロックと中立ブロックコンボが継続されます。 この変更が実際に何を意味するかと言うと、近接攻撃による無限なクラウドコントロール(CC)機能が撤去されることです。 ダメージの可能性のスケーリングにCC機能が追加されると圧倒的に近接武器が強くなるため、この一点を変更してどのような変化がもたらせられるか検証します。

私たちのテストでは、あまり大きな変化が起こらない模様ですので、一度試してみてください。

近接武器に関する変更全般

  • 軍扇のヘビー攻撃の前進移動を軽減。
    • Reflection MODの説明文が「チャネリングされたブロック中ダメージは反射される」から:
    • ブロック時に40%の確率でよろめかせる(最大ランク時)
    • ブロック時に10%の確率でスタンさせる(最大ランク時)
    • コモン枠からアンコモン枠へ配置。

サウンドフィデリティに関する改訂と修正点

サイズ縮小プロジェクトパート3ではxWMAがOPUSと新しいADPCMエンコーダーに置き換えられました。 日が進むにつれ、サンプルコーデックの機能についてコードを修正する必要があると気づきました。 今回のコード改訂では、ADPCMコーデックを最初に導入したときに起きた多くの問題点の修正と、前回のメインラインアップデートで使い始めたOPUSコーデックに関連するクラッシュに対応する修正が導入されます。

この改訂および修正を受けるために、このアップデートではいくつかのオーディオファイルの再ダウンロードを強制します。 ご不便をおかけしますが、サウンドがスムーズに作動するために必要な再ダウンロードなので、ご了承ください。

Dojoクオリティー・オフ・ライフ(QoL)追加、変更、修正点

http://n9e5v4d8.ssl.hwcdn.net/uploads/4f52cd03e19b10af28052ef500712712.jpg


  • 新しいオープンスペースのDojoルーム「星空マーケット」が登場します。 星空を眺められる大きなコーパスマーケットホール。
  • 161個のコーパスをテーマとしたDojo装飾品が登場! ホロスクリーンから競売台まで、皆さんのDojoにとびっきりの装飾品をご紹介します。
  • クランホールのランク順を削除。 クランの皆さんと相談して、グレイターホール、グランドホールとグランデストホールを自由な順番で構築できるようになります。
  • 装飾品のプレビュー。 部屋のコンソールは、建築者に未完成のデコレーションを60秒間プレビューできるオプションを提示するようになります。
  • Dojoのレッドゾーンエリアを削減。 ドアの付近にアイテムを設置したり、ドアの中をくぐり抜けて配置することができるようになります。
  • テンノラボの新しい「CHROMATIC研究コンソール」から六つの背景を研究できるように。 研究が完了するとオープンスペースの背景を部屋のコンソールから変更できるようになります。
    • ケレス バックドロップ
    • ダイモス バックドロップ
    • 地球 バックドロップ
    • 土星 バックドロップ
    • 金星 バックドロップ
    • Void バックドロップ
  • オロキンラボから「ソーラーレールの建設」と「ソーラー・レールを研究」オプションを削除。 この変更により、ソーラーレールに関するポップアップも削除されます。 ドラゴンキーの研究は現状どおりです。
    • ソーラーレールはアップデート16をもちまして廃止されていましたが、これらのコンソールはオロキンラボに引き続き存在していました。 皆さんからのご要望に沿い、正式に引退します。
  • 研究済みのDojoアイテムは「研究済」アイコンが背景に表示されるように。
  • オロキンラボとケミカル ラボで完了した研究は利用可能な設計図と一致するよう統計に反映されるように。
    • 例えば、Ignis Wrathの研究に関する情報は研究が完了していない場合、クラン統計へ表示されません。
  • Dojo研究のUI画面に関する変更:
    • アイテムの前提条件はカーソルを当てると表示されるポップアップ画面に表示されるように。
      • UIは前提条件のアイテムの研究が終わっているかも表示するようになります。
    • 研究は研究が終了するまで、製作条件の代わりに研究条件を表示するように。
      • 製作条件は未研究アイテムの二つ目タブで表示されます。
    • 「投資受付中」状態へ独自のアイコンを追加。この変更により、研究中のものとまだ投資が必要であるアイテムが一目で区別できるようになります。
    • 「進行中」状態へカーソルを当てると更新時間が表示されるように。
    • 新しく研究が終わったアイテムのカーソルポップアップへ「新」という表示が二週間追加されるように。
  • Dojoにお知らせビーコンとTRIBUTA像を設置すると、壁越しにテキストが表示される問題を修正。
  • 天然峡谷キノコ (幅広、背高)からコリジョンが欠落している問題を修正。
  • 感染された建造アームを拡大した後に縮小できなくなる問題を修正。
UI画面に関する追加と変更点:
  • HUDカスタマイズオプションを利用して、HUD画面を使いやすいものにしよう。 HUD要素はカラーパレットを利用して色を変更できるように。 また、色盲補正オプションからWarframeをテーマにしたプリセットまで、さまざまなプリセット コレクションから選択することもできます。


  • ワールドステートウィンドウを視覚的および機能的に更新。
    • イベントタブ:星の日、Lotusからの贈り物や疫病の星などのイベントが、一目で確認できるように。
    • ホバー機能(カーソルを当てるとポップアップする機能):
      • 侵略とソーティーは、UI画面のノイズを軽減するためにホバー機能を使うように。
    • ナビゲーションから鋼の道のりモードに切り替えると、ワールドステートウィンドウの独自のタブに鋼の道のり襲撃が表示されるように。
    • ナイトメアアラートはワールドステートウィンドウの「アラート」タブに表示されるように。
生物保護に関する追加、変更、修正点:
  • 動物が近くで(足跡を追って遭遇できる有効な航路ではない場所で)生産されると、ルアーを使用して呼び出しているときのように、生産された場所から鳴き声のヒントが聞こえるように。 この追加により、カンビオン荒地やエイドロンの草原で歩き回っているときに「いつ、何が、どの方向で」現れるかのヒントを得られます。
  • 生物に自然に遭遇する最小範囲を50mから25~35メートルに減らし、生物がプレイヤーの場所の近くで生産されるように。
  • エイドロンの草原へメルゴーに自然に遭遇できるスポットを追加。  
  • メルゴーを保護したときに流れるアイドルアニメーションを二つ追加。
  • エイドロンの草原でコンパニオンはコンドロク、クアカとメルゴーをターゲットにしないように。この変更により、安心して生物保護を行えるでしょう。
コントローラーに関する変更、修正点:
  • いくつかの近接音、テンノの着陸音、バレットジャンプなどへコントローラーの振動を追加。
  • Lavosの属性注入UIがコントローラーのバインディングの代わりに、デフォルトで「1 2 3 4」と提案する問題を修正。 また、注入とボタンコールアウトが読みやすくなるよう、UIを調整。
  • コントローラーを使用中、アビリティメニューを再起動しないと特定のアビリティ(WukongのCloud WalkerやLavosのVial Rushなど)をトグルオフへ切り替えられない問題を修正。
  • 「コントローラーのカスタマイズ」 > 「配置オプション」で「上昇・下降」が二回バインドされているように表示される問題を修正。 この修正により、割り当てが正しく表示されるようになります。
  • コントローラー使用時、設定スロットへバーチャルカーソルを当てていないとカスタム設定名が保存されない問題を修正。
  • コントローラーのコードを外してミッションを開始しようとすると「セッションの作成に失敗しました」というポップアップメッセージが二回流れる問題を修正。
  • コントローラーを使用してアーセナルをアクセスしようとすると起こるクラッシュを修正。
  • コントローラーを使用中、トレードを行うときに表示される機能がないボタンプロンプトを撤去。
最適化
  • DirectX 12を使用するときに発生する多くのマイクロスタッターを最適化(今後さらに改善できるよう調査中です)。
その他の追加点:
  • オーディオオプションへ「自分のShawzinの音量」スライダーを追加。
  • シータス、フォーチュナーとネクロリスクの商人の提供品画面へ、条件を満たされているか区別をつける背景を追加。
  • Capturaへ地平線の被写界深度を示すスライダーを追加。
  • 「オプション」>「インターフェイス」に「テキストフィールドのオートフォーカス」を追加。 この変更により、「すべて」「ミッション結果画面を除く」「なし」を選択できるようになりました。
    • このオプションはUIが表示されたときにキーボードフォーカスを検索ボックスに配置するオートフォーカス機能を追加すると提供されます。 この機能は不要なテキストフィールド(検索バーやミッション終了画面が表示されているときにチャット画面)へフォーカスするため混乱を招いていました。 https://forums.warframe.com/topic/1237310-unwanted-auto-focusing-into-the-search-box-u295/
  • ゲーム内FPSパネルにVRAMを追加。
  • Diwata及びDiwata PrimeへRazorwingスタンスを追加。 この変更により、Razorwingを発動すると近接コンボ画面へ「Faerie's Waltz」が表示されるようになります。
    • また、Diwata及びDiwata Primeから欠落していたFXトレイルも重ねて修正します。
変更点:
  • 「Warframeがアップデートされました!」という趣旨のメッセージを若干調整。 これからは「Warframeがアップデートされました! 乾ドックやリレーに戻り、ゲームを終了してランチャーを起動してください。」と促されるようになります。
  • 『流転する形勢』クエストの最終戦の難易度を下げるために次の変更を追加。
    • 一度に生存しているエラントスペクターの数を最大二体までに。
    • エラントスペクターがエラント勢からバフを得るまでの時間を延長。
    • エラント勢は最大レベル20までしかバフされないように。
    • Xorisに関するヒントをもう少し分かりやすいように変更。「[Button] を長押しして放しXORISを投げ、スペクター粒子を確保しよう。」
    • ProteaスペクターのBlaze Artilleryタレットダメージを軽減。
    • Proteaスペクターのシールドリチャージ遅延を増加。
    • Proteaスペクターのヘルスとシールドを軽減。
    • ProteaスペクターがXorisのシャー時に対して弱いというヒントを追加。「PROTEAの巻き戻し中にXORISを爆発させよう!」
    • ProteaスペクターのTemporal Anchorを変更して、一定の時間間隔で起動されるように。
  • アステライトをHelminthにまとめて給餌するときの数を1500から300へ変更。
    • 皆さんから寄せられたフィードバックや他のアステライトの利用率の比較により、元の1500は高すぎると結論が付きました。
  • 『アークウイング』クエストをクリアするとプレクサスが追加されるように。
  • コーパスレールジャック欄でご案内しましたとおり、Valkyr Primeと彼女に付随する武器のレリックとNyx Primeと彼女に付随する武器のレリックはコーパスレールジャックミッションから恒久的にドロップされるようになります。そのため、レア度が変わるアイテムのデュカット販売価格を次のように調整しました。
    • Valkyr Prime シャーシ: 100から65デュカットへ
    • Valkyr Prime システム: 100から65デュカットへ
    • Scindo Prime ハンドル: 45から25デュカットへ
    • Cernos Prime ストリング: 45から25デュカットへ
  • Critical DelayとCreeping Bullseyeのクリティカル率を+48%から+187%へ増加。
    • これらの新しいMODは発射速度が2.5未満の場合に大きな効果を発揮します。そのため、このバフはMOD間に相乗効果をもたらすでしょう。 なお、Critical DelayとCreeping BullseyeはPoint StrikeとPistol Gambitと同時に装備できないようになります。
  • 他のUmbra MODと一致するように、Umbral Intesifyの最大セットボーナスを50%から75%に増加。
  • 隔離保管庫ミッションで宙に浮かんでいるシンチラントをウェイポイントを使ってマークできるように。 壁をすり抜けたり、壁の向こう側にウェイポイントを作成しなくなります。
  • ルアーとフェロモンは、生物保護ギアホイールに配置され、関連する保護生物の順によってソートされます。 なお、フェロモンを所有していない場合、ホイールに表示されますが、利用できません。
  • Odonata(アークウイングクエスト)のパーツの作成時間を短縮。 『アークウイング』クエストは新規プレイヤーがゲームを始めた当初にチャレンジするクエストで、レールジャックをプレイするために必要なアークウイング機能を取得するステップです。そのため、パーツを製作する時間が余分に長く感じるので、今回製作時間を短縮するよう決めました。
    • Odonataパーツ:30分から1分へ短縮。
    • Odonataアークウイング:1時間から10分へ短縮。
  • Xakuスペクターは四つのアビリティすべてを発動できるように。
  • コーパス船、グリニア森林、エイドロンの草原とOrokin遺跡船タイルセットのAI航路と生産ポイントを改善。
  • アービターズ・オブ・ヘクシスでランク1に到達するときに必要な素材の条件を更新。 ナノ胞子と神経センサーの代わりに、合金板とガリウムが必要になります。
  • ゲーム内マーケットで武器とボブルヘッドバンドルのアイコンを更新されたUI寸法に合うよう、更新。
  • 『感染起源は誰』クエストから入手できるMutalist Alad V暗殺の設計図は販売できないように。
    • この変更により、プレイヤーがMesaのパーツを入手できなくなる問題を防ぎます。
  • アーセナルの武器画面で検索バーに「なし」と入力すると、アイテムの装備を解除できるように「なし」のオプションが表示されるように。
  • エイドロンの草原の洞窟で流れる風のサウンドループを改善。
  • カンビオン荒地の洞窟で示される目的地マーカーを改善。
  • エイドロンの草原の洞窟とトンネルのAI航路とパスを改善。
  • 発射体からKuva Tonkorの武装距離を撤去。
  • オービターのニュースコンソールは『Vorの秘宝』クエストをクリアするまで隠されるように。
  • シンジケートの提供品ウィンドウの左側にあるパネルの外観を更新。
  • オーブ峡谷の目的マーカーの機能へ改善と修正点を導入。
  • Nora Nightのリップシンクアニメーションを更新。
  • 大きめのタイルセット(グリニア海底研究所タイルセットなど)で敵が存在している場所を提示するミニマーカーを改善。 敵がタイルを横切って移動するときや敵を追跡するときに役立つでしょう。
  • Sonは他の生物と同じようにベロシポッドを倒すとプレイヤーを批判するように。
  • ゲーム内マーケットで割引されているアイテム(セール品およびクーポンでの割引)は通常価格に取り消し線が引かれ、その横に値下げされた価格が表示されるように。
  • ネクロメカアップグレード画面に詳細な近接武器統計を追加。 この変更により、ビルドの攻撃力を容易に確認できるようになります。
  • Hildrynは一秒あたりのエネルギーを再生する機能からシールド強化を獲得しないように。 彼女は今まで通り、エネルギーピックアップをシールド強化へ変換します。 この変更により、Energy SyphonのようなMODが戦闘中にHildrynを完全に無敵状態にしないようになります。
修正点:
  • DOJOの装飾が、意図した場所にではなく一か所に積み重なった状態で生産される問題を修正。
  • ランチャーがアップデートを完了させた後、無作為にクラッシュが起こる問題を修正。
  • レールジャックナビゲーション画面にいる時にDOJOへの招待を承諾すると起こる場合があるスクリプトエラーを修正。
  • 生産アニメーション中のコーパスアマルガムを倒すと起こる場合があるスクリプトエラーを修正。
  • 誰かが強制的に開始させるとミッションへの投票が即時にカウントダウンを始めるバグを修正。
  • チャットリンク経由で、Pから始まる名前のモジュール式武器が並び替えられないを問題を修正。
  • 『内なる紛争』クエストの特定のステージでミッションを中止したり失敗したりすると、ログが正しく記録されないに問題を修正。
  • Jordas Golemがウェイポイント間にある残骸の周辺で、巧妙な抜け道をみつけてしまう問題を修正。
  • ネクロメカに出入りする度に、ヘルス/シールド値ヘルスを保つ代わりに、ヘルス値が増加される問題を修正。
  • 味方に攻撃を与えると、ZephyrがTarget Fixation増強MODのダメージバフを増加させる問題を修正。
  • アーセナルで、センチネルとモア武器の詳しい統計が隣り合わせに表示されない問題を修正。
  • オペレーターモードへ移行するとUmbra Excaliburが銃武器を使わなくなり、自主的に戦ってしまう問題を修正
  • 他のプレイヤーのオービターを訪問しているクライアントがキーを消費してNihilボス戦を開始するとNihilボス戦が正しく機能しない問題を修正。 この修正により、分隊メンバーと一緒に戦いに挑める問題も重ねて修正されました。
  • アイテムのアップグレード後に、アーセナルでフォーカスレンズ設計図を購入する際にエラーが発生する問題を修正。
  • Twitch Dropを受信ボックスで確認するために再ログインが必要である問題を修正。
  • クライアントとして、カンビオン荒地からネクロリスクへ入る際にクラッシュが起きる問題を修正。
  • オーブ峡谷やエイドロンの草原へ入る際に稀にクラッシュが起きる問題を修正。
  • Dojoの装飾メニューで、偽りの資産 ゴールドトロフィーを選択した際にクラッシュが起きる問題を修正。
  • クライエントの切断時にサーバーがクラッシュする問題を修正。
  • ゲームを終了する際に稀にクラッシュが起きる問題を修正。
  • アーセナルの後にHelminthを使用する際にクラッシュが起きる問題を修正。
  • Dojoへの招待を承諾した後にクラッシュが起きる問題を修正。
  • Helminth UIのソート機能を「注入」または「給餌」へ変えたり切り返したりすると設定が保存されない問題を修正。
  • 近接攻撃を受けたLynxが稀に壊れたアニメーションを再生する問題を修正。
  • シミュラクラムの生産リストに表示されるAvicheaを修正。
  • ミッション進行状況画面とミッション終了画面で、センチネルの武器が獲得したアフィニティが表示されない問題を修正。
  • エンドレスのVOID亀裂ミッションを複数回プレイした際にギアの並びがアルファベット順に戻される問題を修正。
  • マーケットとチャットを同時に開いた際にテキストフォーカスが一致しない問題を修正。
  • Amp選択メニューでパーツと統計UIが重なる問題を修正。
  • 装備したキャバットが、特定の品種ではなく一般的な品種として表示される問題を修正。
  • 分隊の誰かがAtteraxを装備たミッションの完了後、オービターに戻る際に発生するスクリプトエラーを修正。
  • トゥルー・マスターエモートからFXが欠落している問題を修正。
  • Kuva Straghの右脚プレートが後方に取り付けられる問題を修正。
  • 『Vorの秘宝』クエストを実行中に、マスタリーランク1試験を完了させるとオービターのクエストプロンプトが表示されなくなる問題を修正。
  • オペレーターシジルを選択すると5秒間の障害が発生する問題を修正。
  • 『内なる紛争』クエストを完了させていないのにも関わらず、以下のNightwaveのアクトが表示される問題を修正。:
    • 蘇生者: ダイモスで倒れたネクロメカを探し操縦する
    • 古代オベリスク: ダイモスでレクイエムオベリスクを発動する。
    • 冷徹: 鋼の道のりで1000体の敵を倒す。
    • 獣道: 鋼の道のりのミッションを5つ完了する
    • ネクロライザー: ネクロメカで100体の敵を倒す。
  • Nightwaveのアクト「蘇生者」がアンロックされない問題を修正。
  • Nightwaveのアクト「焼き殺せ」と「旅は道連れ」で、ホストまたはクライアントを追跡しない問題を修正。
  • Nightwaveのアクト「古代オベリスク」をクライアントとしてプレイすると完了されない問題を修正。
  • ミッション完了画面で、重武器やアークウィングガンがフォーカスアフィニティを二重に獲得しているように表示される問題を修正。これはUI上の問題で、フォーカスアフィニティは二重には獲得されていませんでした。
  • 『サクリファイス』の最後のシネマチックでExcalibur Umbraが鞘を持ち続けている問題を修正。
  • フォーカスツリー画面から戻るときにカメラがオービターの壁を通り抜ける問題を修正。
  • 右側DAEDALUS ショルダー プレート装着時にエンブレムがずれる問題を修正。
  • 複数のWarframeとスキンで、Winter Solstice Centuria シャンダナが引き起こす多数のクリッピング問題を修正。
  • 以下の詳細設定をしている場合に、コーパスシップタイルセットに黒いボックスが表示される問題を修正。: クラシックレンダーエンジン、SMAA、ブルーム、低ジオメトリ
  • ガス・シティタイルセット内にある特定の秘密の領域にて、略奪後も略奪マーカーが表示され続ける問題を修正。
  • シータスやフォーチュナーで、商人に話しかける時にWARFRAMEが視界を遮る問題を修正。
  • ロールした瞬間と一緒にZenithのオルトファイアモードへ切り替えると、オルトファイアモードへ切り替わらない問題を修正。
  • オープンワールド風マップに直接出現するときに、マップミュージックが開始されないバグを修正。
  • ネクロメカに極性付与されたフォーマ数にネクロメカに使用できないはずのオーラフォーマ、Umbraフォーマがカウントされている問題を修正。 カウントには通常のフォーマのみが表示されるようになります。
  • グリニアガレオンタイルセットの特定ミッションの出入り口がちらつく問題を修正。
  • Paris Primeの発光色が弓に適用されない問題を修正。 https://www.reddit.com/r/Warframe/comments/kvnu75/paris_prime_holes_dont_light_up_properly_instead/
  • ホストオービターCapturaに招待されたクライアントが、ホストのオービター内の装飾やカスタムカラーを見ることができない問題を修正。
  • クライアントが、Fluctusなどの飛散する発射体を持つ武器で、(オルフィクスなどの) 敵の弱点を確実に攻撃できない問題を修正。
  • オービターCapturaシーンで、ホストをオペレーターへ強制するのではなく、クライアエントをオペレーターへ転送する問題を修正。
  • 環境オブジェクト、特にシータスにいる釣り師のHAI-LUKなどで表示される、複数のコンテキストアクションを修正。
  • アップグレード画面で、ネクロメカの効率の統計テキストが上昇中でも緑でなく赤字で表示される問題を修正。
  • Solsticeスキンを装備したBurston Primeの左手にマガジンが張り付く問題を修正。
  • 食道を使用中にオペレーターモードから離れた場合、隔離庫から浮上するとブラックスクリーンが表示される問題を修正。
  • 『ダイモスの心臓』クエストの『最後の搭乗』ステージの後、ネクロロイド・シンジケートのくぼみで、華麗なネクロメカ (特定のゲームシリーズに敬意を表するスポイラー名) のヘルメットがなくなる問題を修正。
  • Vazarin Void Aegisの隠れ蓑のFXがピクセル化する問題を修正。
  • Larkspurをヘビー系武器として使用中にビーム射撃がナリファイアバブルにダメージを与えない場合がある問題を修正。
  • クライエントがマッチメイキングで分隊に参加し隔離依頼ミッションを始めた場合に、アルカナの隔離保管庫を開始できない問題を修正。 この修正によりダイモスでの依頼報酬を受け取れない問題も修正。
  • グリニア森林タイルセットでレベルオブジェクトがクリッピングされる問題を修正。
  • Nightwave画面のシーン選択ボタン周辺に正方形が表示される問題を修正。
  • インベントリでトレード承諾時にトレード画面の背景が表示されない問題を修正。
  • MOD画面でトレードを承諾した場合に、トレード終了後にカメラが機能しなくなる問題を修正。
  • Bane系MODがダメージを二倍適用する問題を修正。
  • Bane系MODがprocダメージを二倍にする問題を修正。
  • UIテーマの一部が白でなく黒で表示される問題を修正。
  • 移動/スプリントボーナスを持ちながらプレイヤーが生産されると、稀に起こるクラッシュを修正。
  • AshのBladestormでクローンを参加させるときに、カメラが付属されず所定の位置でフリーズする問題を修正。
  • ガス・シティタイルセットでキュリアの照明が不十分で見えにくい問題を修正。
  • 地球GAIAでの傍受ミッションで、タワーCの下にある大きな岩層がコリジョンを形成しない問題を修正。
  • Ayatanスターの自動インストール中にAyatan像がアニメーション化されない問題を修正。
  • コンパニオン/センチネルのアップグレード画面を開くことができず、「アイテムが選択されていません。 しばらく待ってからもう一度お試しください 」とエラー表示される問題を修正。
  • ユニットを生産する敵に、敵をコントロールするアビリティを使用すると、防衛ミッションの次のウェーブが開始されない問題を修正。
  • GaraのMass Vitrifyアビリティ説明の「爆発ダメージ」に、火炎ダメージアイコンが表示される問題を修正。 これにより、貫通、切断、衝撃のアイコンが正しく表示されるように。
  • [オペレーター] > [外装] > [フェイス] オプションにWarframeの添付品が表示される問題を修正。
  • コンジットを通過したクライアントに、サンクチュアリ交戦の氷系タイルセットが単色で表示される問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1245122-sanctuary-onslaught-colors-desaturated/
  • Deconstructorが貫通と切断ダメージを与える表記を修正。
  • コンクレーブで対戦相手のチャット音声が聞こえない問題を修正。
  • Wil-O-Wisp発動中のWispに意図しないFXがリークされる問題を修正。
  • 複数の問題を引き起こすVoidrigのGuard Mode切り替えスパムを修正。 アビリティ発動中の切り替えは防止されるようになります。
  • カンビオン荒地の表面化に黒い正方形が浮かぶ問題を修正。
  • コーパス艦キャノンCapturaシーンのスポーン位置を修正。
  • カンビオン荒地の特定の距離から大きな崖が見えなくなる問題を修正。
  • Nightwaveシリーズ3:「使者」のおさらいを見ているときにシネマチックが流れない問題を修正。
  • Nightwaveの「お宝収集」アクトの説明文が「ダイモス」の代わりに「遺跡船」の貯蔵庫を開くよう促す問題を修正。
  • カンビオン荒地の特定位置でスポーンポイントが低くなる問題を修正。
  • Combat Discipline MODが展開したネクロメカを回復する問題を修正。
  • 通常のナビゲーションからレールジャックナビゲーションへ切り替わり、レールジャックミッションに接続されるときに、ゲームが再起動されるまで、音声がランダムに途切れる問題を修正。
  • グリニア造船所タイルセットとカンビオン荒地で、敵のスポーン地点が地図に表示されないなどのナビゲーションに関する問題を修正。
  • VoidrigがGuard Modeアビリティを発動した後、残りの戦闘で、プロフィット・テイカーが、全ての色を失い白一色で表示される問題を修正。
  • ワールドステートウィンドウをロードするときに起こるヒッチングを解消。
  • Cremataシャンダナのセカンダリ・エネルギーカラーがVFXで使用されない問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1246690-cremata-syandana-dosent-combine-energy-colours/
  • グリニアガレオンタイルセットで、フロアパネルのラインが目立つ問題を修正。
  • ライセットの搭乗ドアの継ぎ目が目立つ問題を修正。
  • Sayaの眼クエストの第二ステージで、スキャンされるべきガラスの欠片の上に、コーデックススキャナーの使用方法を説明する黒いチュートリアルボックスが表示される問題を修正。
  • GaussのMach Crash増強MODがラグドール化した敵を吸い込まない問題を修正。
  • アークウィングへ切り替える際に、クライアントのGrowing Powerが不明確に調整される問題を修正。
  • オペレーターがオービターに登場するとき、多くのクリッピング問題が発生するため、ものすごい外観で表示される問題を修正。
  • オペレーターへの転送中に、TitaniaがRazorwing発動でエネルギーを消費しきったとき、コンパニオンが蘇生されない問題を修正。
  • コーパス氷の惑星とグリニア森林タイルセットで、敵の出現位置が地中に埋め込まれている問題を修正。
  • グリニア海底研究所タイルセットで、ストレージコンテナの向きを修正。
  • Lynxとテラ ジェイラーのタレットが、銃口からでなく銃座から発砲される問題を修正。
  • 分裂シンジケートミッションが敵のレベルが15未満で実行可能になる問題を修正。 これにより、最初の数回しか敵がスポーンされない問題も重ねて修正されます。
  • (ネクロメカやオペレーターなど) 移行時の状態に関わらず、ホスト移行後のWarframeが移行前のヘルス値でスポーンされる問題を修正。
  • プレイヤーがオペレーターを使用中に、近接武器のみを装備したExcalibur Umbraが、動いたり、近くにいない敵に攻撃を与えたりしない問題を修正。
  • Akariusの発射体がVoltのElectric Shieldを通過する代わりに爆発する問題を修正。
  • オペレーターが早くに発動をやめた場合でもアビリティ時間が表示され続ける問題を修正。
  • Sly Devolutionのバフが、活動中でもSurvival Instinctと同じ回避率を示す問題を修正。 数値は今後、MODの表示通りになります。
  • グリニア造船所タイルセットで岩の配置を修正。
  • プレイヤーが新しい地点を示しても目的マーカーが正しく更新されない問題を修正。
  • 「カバーを上げる・下げる」の表記が翻訳されていない問題を修正。
  • 分裂ミッションで 特定のアビリティ(IvaraのSleep Arrowなど)が、デモリッシャーユニットを追撃する問題を修正。
  • 検索バーのある画面を表示させると選択されたサウンドFXが再生されない問題を修正。
  • グリニア造船所タイルセットで地図外のスポーン地点を修正。
  • シンジケートMODでシンジケートアイコンの透かしが表示されない問題を修正。
  • アーセナルで特定の武器セットを設定してフォーカス道を切り替えると、設定が保たれない問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1235653-switching-focus-school-in-simulacrum-does-not-work-correctly/
  • Capturaシーンを読み込むとオペレーターに切り替わるまでNIDUSの変異スタックの音声FXがスパムされる問題を修正。
  • ネクロリスクでホストが分隊を離れると、ホスト移行ではなく分隊が解散される問題を修正。
  • ログイン画面でFROSTの脚部が引き延ばされ(FROST PRIMEを含むすべてのスキンで) ケープがクリッピングされる問題を修正。
  • プロファイル画面でネクロメカのランクとマスタリーランクが正しく表示されない問題を修正。
  • 鋭角で障害物に当たった後にネクロメカが滑る問題を修正。
  • ローリングする前にグライドせず、さらにグライドすると、Aero Vantageが重力を無効にしない問題を修正。
  • 星系マップで鋼の道のりが切り替えられていないと、Nightwaveアクトでミッションが正しく進行されない問題を修正。
  • アジャイル・ノーブルモーションセットでのXAKUの手の位置と左腕におこる問題を修正。
  • WUKONG PRIMEに装備されるLADDAK クロークとKuva Braidシャンダナでモーションブラーが起きる問題を修正。
  • プレデサイトとバルパファイラの遺伝子ファイルがトレードできない問題を修正。
  • プレデサイトとバルパファイラの遺伝子ファイルのアイコンが表示されない問題を修正。
  • プロフィールジオラマで、Commodore Prime オペレータースーツの背面部帯が空中に突き出されて見える問題を修正。
  • Capturaで露出設定が適用されない問題を修正。
  • コーパス船タイルセットで、クバ サイフォンのスポーンが機能しない問題を修正。
  • グリニア・セトルメントタイルセットで、クバ サイフォンが床にスポーンされる問題を修正。
  • クイルおよびVox Solarisへの寄付画面にあるシンジケートボタンが、クイル、Vox Solarisの代わりにシータス地位、フォーチュナー地位画面へ接続される問題を修正。
  • シンチラントが隔離保管庫室を移動するアニメーションがホストに表示される問題を修正。
  • コーパスアウトポストタイルセットのミッション終了時に再生される脱出シネマチックで、ランディングクラフトのワープブーム音声FXが再生されない問題を修正。
  • オービターの個人部屋表示の武器セット画面で、Bubonicoが震えて表示される問題を修正。
  • 水星のLarundaリレーのダンス場所で青い音符が表示されない問題を修正。
  • 自動バースト武器がドッジなどで中断された後にも発射ボタンが押されていると発砲を再開する問題を修正。
  • キューショットできるバースト武器がドッジ中バーストの一撃目を放たない問題を修正。
  • Nightwaveの「獣への餌付け」アクトを完了させても、プレイヤーが船に戻るかログインし直すまでNightwave地位ランクが上がらない問題を修正。
  • カンビオン荒地の粘液上を通過後にオペレーターやネクロメカに移行すると、スクリーン上でFassディストーションVFXが長引く問題を修正。
  • 前回のシンジケートランク報酬を請求しないと、シンジケートでランクアップできない問題を修正。
  • ネクロメカアップグレード画面で近接武器の統計が表示されない問題を修正。 これにより、近接範囲、スピード、アタック、スラムダメージが表示されるようになります。
  • 既にリストにあるフレンドをフレンドに追加しようとすると、「インターネットに接続されていない為、Warframeデータベースに同期できません」と表示される問題を修正。
  • 元のトークンが0だった場合プレデサイトやバルパファイラを手放した直後にSonトークンを受け取れない問題を修正。 これにより、ネクロリスクに入り直さないとトークンを使用できなかった問題も修正されました。
  • スタンスMODが装着されていると、WOLF SLEDGEのフォロースルーの統計が半減される問題を修正。

•完了後に「金じゃ幸せは買えない」アクトのロックが解除されない問題を修正しました。

  • プッシュボリューム(カンビオン荒地のジャンプパッドなどで) の影響を受けると、空中でスタックする問題を修正。
  • チームメイト蘇生後に緑色のヒーリングVFXが表示されない問題を修正。
  • ファウンドリでNezha Primeを製作中にMireのホログラムが表示される問題を修正。
  • ダイモスCapturaシーンの特定のシーンで正しいプレビューアイコンが表示されない問題を修正。
  • フィールドに範囲外の値を入力して変更を保存すると、HUDスケールが最小値より低く設定される可能性がある問題を修正。
  • シータス、フォーチュナー、ネクロリスクへ戻る必要があるNightwaveのチャレンジで、オープンゾーンとハブの移行中にUIのポップアップと通信が表示されない問題を修正。
  • カンビオン荒地のミッションに途中参加するときに起きるスクリプトエラーを修正。
  • オベリスクレクイエムがダメージを受けた時、カンビオン荒地で起きるスクリプトエラーを修正。
  • クエスト『流転する形勢』がアクティブに設定されているときに起きるログアウト時のスクリプトエラーを修正。
  • アビリティの詳細ページを表示させるときに起きるスクリプトエラーを修正。
  • レールジャックのナビゲーションで『クルーに参加』機能を使うとスクリプトエラーが起こる問題を修正。
  • オペレーターとしてシミュラクラムを使用することで起きるスクリプトエラーを修正。
  • Venariに関するスクリプトエラーを修正。
  • ネクロメカがヘルスオーブを拾えない場合がある問題を修正。
  • Bombast楽器パックのメロディ楽器が最初の音符を遅延する問題を修正。
  • ネクロメカが破壊されるとデフォルトスキンへ巻き戻る問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1248927-necramech-skin-changes-upon-death/
  • WispとTitaniaがオービター、Dojo及びレールジャックを歩いているときにカスタムウォークとロールアニメーションが機能しない問題を修正。
  • Helminth室の椅子に座っているときに起きるクラッシュを修正。
  • レールジャックでProteaのTemporal Anchorを使うと起こるクラッシュを修正。
  • ゲーム内マーケットで表示されるOctavia Primeの設計図の説明文をデフォルトOctaviaのものと一致している問題を修正。 この修正により、Octavia Prime特有のものになります。
  • レールジャックミッションにロード中起こるクラッシュを修正。
  • Primed Chlling Graspがコーデックスに表示されず、チャットリンクやトレードも行えない問題を修正。https://forums.warframe.com/topic/1252753-primed-chilling-grasp-tradable-by-next-pc-hotfix/
  • 何回かレールジャックミッションを行ってから乾ドックに帰還すると起こるクラッシュを修正。
  • 『サクリファイス』クエストで、Umbraに転移する前にProteaのTempral Anchorを使用すると発生するスクリプトエラーを修正。
  • オーブ峡谷の素材確保依頼ミッションステージで起こるスクリプトエラーを修正。
  • ゲーム内マーケットコレクションですでに一つでもアイテムを所有しているとグレー化されるはずのアイテムがグレー化されない問題を修正。
  • ファウンドリでOctavia Primeを製作するときにMireのホログラムが表示される問題を修正。

ホットフィックス 29.9.1[ソースを編集]

2021年2月25日 Forum Post



変更点:
  • Axi C6レリックで入手できると記載されていたPangolin Primeの設計図をPangolin Primeハンドルへと変更。
    • このように設定されるはずでしたが、見逃されていました。ご不便をおかけして申し訳ありません。
  • Nihilのボス戦用のキーの説明文へこのキーが「限定である」という記載事項と報酬テーブルの詳細を更新。
修正点:
  • 次のシンジケート用の貢献品リストの変更がコード側で更新されていなかった問題を修正。
    • アービターズ・オブ・ヘクシス:Equinox PrimeニューロティックがAtlas Primeシステムへ。
    • アービターズ・オブ・ヘクシス :Tipedo PrimeハンドルがCorinth Primeバレルへ。
    • レッド・ベール:Equinox PrimeシステムがIvara Primeシャーシへ。
    • スティール・メリディアン:Equinox Prime ニューロティックがNezha Prime ニューロティックへ。
  • Tenora Primeでエクシラススロットを解放しようとしたときに間違ったアイテムが要求される問題を修正。
  • Pandero Primeのデュアルウィールドモードを利用して攻撃を仕掛けようとしているときにベースモデルに戻る問題を修正。
  • 魚の説明文を回覧すると起こるスクリプトエラーを修正。
  • オービターの装飾品としてAristei Prime Shawzinを利用するとShawzin エモートを選択するときに楽器の選択肢として使用できない問題を修正。

ホットフィックス 29.9.0[ソースを編集]

2021年2月24日 Forum Post - Octavia Prime:アップデート 29.9.0



OCTAVIA PRIMEの登場です!

Octavia Prime で敵に破壊のシンフォニーを奏でよう。


OCTAVIA PRIME

音楽の支配者Octaviaで、最も壮大で絢爛なる破壊の交響曲を響き渡らせよう。 MOD極性が追加されているため、より多彩なカスタマイズを施すことができる。 更にOctavia Primeにはヒップホップをテーマにした「BOMBAST楽器」パックが含まれます!

TENORA PRIME

このアサルトライフルが奏でるリズムはOctaviaのメロディーに合わせたようなスタカットを演じる。

PANDERO PRIME

Octaviaを象徴するPrimeのピストルで死の舞踏のビートを刻もう。

Octavia Prime AccessおよびPrime アクセサリーで最新のPrimeギアを入手するには、https://www.warframe.com/prime-accessをご覧ください

Equinox Prime、Stradavar PrimeとTipedo PrimeはこれをもちましてPrime Vaultへ収納されました。 これらのアイテムがPrime Vaultへ収納されるため以下のシンジケートへの捧げ物が変更されます。

  • アービターズ・オブ・ヘクシス:Equinox PrimeニューロティックがAtlas Primeシステムへ。
  • アービターズ・オブ・ヘクシス :Tipedo PrimeハンドルがCorinth Primeバレルへ。
  • レッド・ベール:Equinox PrimeシステムがIvara Primeシャーシへ。
  • スティール・メリディアン:Equinox Prime ニューロティックがNezha Prime ニューロティックへ。

これによりこれらのアイテムはインベントリから外されません。これらのアイテムのパーツを含むVoidレリックを所持している場合はインベントリに残り、プレイすることが可能です。

Riven性質の変動

新しいPrime AccessがリリースされるたびにRiven MODの性質は変動します。 更新された統計、情報はこのページをご覧ください。

英語版:  https://forums.warframe.com/topic/1250453-february-2021-riven-disposition-updates/ 日本語版: https://forums.warframe.com/topic/1250475-riven-%E6%80%A7%E8%B3%AA%E3%81%AE%E5%A4%89%E5%8B%95%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B%EF%BC%9Aoctavia-prime-access/


さらに今回、Octaviaをモチーフにした9つの新しいエモートが登場します。

リズムに乗って体を動かそう。 音楽に合わせてうなずくムーブ。 新しいエモートを使って滑らかなダンスを披露できます。 ゲーム内マーケットからエモートを見つけよう。

最適化
  • DirectX 12関連のレンダリングへマイクロ最適化を行い、プリフェッチマイクロスタッターを削減。
  • DirectX11および12のレンダリングとプリフェッチを細かく最適化。
その他の変更点:
  • 他のプレイヤーのオービターに設置されているNihilの小瓶からNihilのボス戦を開始できないように。
    • この問題によりクラッシュが引き起こされていました。
修正点:
  • シータスからエイドロンの草原に移動するときに起こるクラッシュを修正。
  • 「待機」するよう指示されているテンノスペクターが特定の武器をリロードしなくてもいい問題を修正。
  • クーラント ラクノイドがオーブ峡谷の関係ない防衛目標へテレポートする問題を修正。(例:Vox Solarisクエストの最終ミッションなど)
  • チャットリンクされた感染K-ドライブがノーマル版として表示される問題を修正。
  • Ivaraのエネルギーカラーを変更してもIvaraのArtemis PrimeのBowのエネルギーカラーが既存カラーで残る問題を修正。
  • Tickerの星の日のジオラマのカメラが奇妙な場所へ配置される問題を修正。
  • NezhaのDivine Spiearsを解除すると起こるスクリプトエラーを修正。
  • Venariが攻撃を仕掛けると起こるスクリプトエラーを修正。

ホットフィックス 29.8.1[ソースを編集]

2月18日 2021 Forum Post



Nightwaveのアルケインヘルメットに関するお知らせ:

Nora Nightの最新のクレド提供品リストに、ホットフィックス 13.2.3 以降に廃止されていたアルケイン SCORPION ヘルメットが含まれていました。 実際には新しいオペレーター外装品のオペレーターウルフ フードが紹介されるはずでしたが、間違ったコードが記載されていたため、この不具合が発生しました。 今回のアルケイン SCORPION ヘルメットは今週の提供品に表示している間、引き続きお求めいただけます。次回のローテーションからは、このヘルメットが取り除かれ、オペレーター用のウルフ フードが提供品にリストアップされます。

Nihilボス戦の復活:

テンノ、もう一度Nihilへ戦いを仕掛ける準備は整っていますか。

Nora Nightのクレド提供品ストアでは、Nihilとの対決をするために必要なキーとNihilの小瓶を入手することができます。 両方のアイテムを入手したら、オービターに配置したNihilの小瓶と対話して、戦いに挑みましょう。

Nihilキーを利用するとNihilとの対決を一回することができます。もう一度対決に挑みたいときは新しいキーを入手してください。 Nora Nightはクレド提供品ストアから定期的に販売されます。

Nightwave「グラスメイカー」シリーズでNihilと戦うチャンスを逃した方は、Nihilのキーを利用してVitricaを入手することができます。 Vitricaをすでにお持ちの方はミッション終了時にRiven Modを獲得できます。

来週のクレド提供品ストアからNihil キーを探してください。

最適化:
  • 低めのスペックでミッションにロード中、発生する可能性があるヒッチングやスタッターを改善するために最適化を実行。
  • Dx12レンダリングにマイクロ最適化を実行。
  • レンダリングシステムにマイクロ最適化を実行。
  • 敵を動かす機能があるアビリティに対してマイクロ最適化を実行(例:VaubanのVortex)。
  • 広いマップでのメモリフットプリントを最適化。
修正点:
  • Lavosで属性を注入する操作中にアークウイングモードへ切り替えると起こるクラッシュを修正。
  • Dojoでグリフ装飾へ新しいグリフを選んでからESCボタンを素早く押すと起こるクラッシュを修正。
  • 光輝のバンドルの説明文に間違ってライフルRiven MODが記載されていた問題を修正。
  • Excalibur Umbraを使用しながらカンビオン荒地の特定の場所で転移能力を発動するとマップの下に落ちる問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1241316-isolation-vaults-falling-through-the-world-with-umbra/
  • グリニア森林タイルセットのジオメトリ内にAyatan像が生産される問題を修正。
  • クライエントとしてプレイ中、Eros Wingsエフェメラが隠れない問題を修正。
  • アーセナル画面でKitgunをソートするときに「時間」を使うと起こる問題を修正。

ホットフィックス 29.8.0[ソースを編集]

2月12日 2021年 Forum Post - 星の日:アップデート 29.8.0



星の日開催!

星の日はこの惑星たちを回し続けているものについての日なの。 愛よ、星屑さん。 あらゆる物に宿る愛。 幸運な異邦人への惑星の愛。 あなたもそうなるのよ、星屑さん。 愛を与えなさい、倍になるから。

フォーチュナーいるTickerを訪れて「星の日」限定の報酬を受け取りましょう! EROS WINGS エフェメラを始め、TICKERのぬいぐるみなども入手できます。

  • 星の日から入手できるEros Arrowスキンはギアホイール機能から外されます。 皆さんから寄せられた要望により、アーセナル画面からいつでも利用できるような仕様に変更されました。
最適化:
  • 低下していたフレームの自動Vsyncの処理を改善。
    • 自動Vsyncは現在の平均フレームレートを監視して、ディスプレイのリフレッシュレートに到達できるよう十分な速度で実装されているかどうかを判断して機能します。ご利用のシステムに追いつかない場合、Vsyncは解除されます。 私たちがこのシステムを導入した経緯としましては、皆さんは一般的にぎくしゃくしたフレームステップよりも若干ティアリングが起こる方が好むであろうと判断したからです。 最近のディスプレイでは、ティアリングが見えないことがよくあるため、このアプローチは多くの場合にうまく機能するはずです(また、ウィンドウまたはボーダレスをプレイしている場合、システムはこれを完全に非表示にする可能性があります)。
    • 問題は、非常に悪い予算超過フレームでその平均をポイズニングする可能性があり、平均が再び落ち着くまで数秒間vsyncを解除してしまうことにあります。 例えば、ESCメニューからアーセナルに行って、一秒間待ってから終了するとします。すると、カメラがオービターで立っていた場所に戻ると、Vsyncが無効になっているためティアリングが発生します。
    • 新しいコードは、平均フレーム時間の計算に単純なフィルターを使用して、これらの不良なフレームを無視します。興味があるかたは、https://en.wikipedia.org/wiki/Winsorized_meanをご覧ください。) 私たちは継続してドロップされたフレームの原因を最適化するつもりですが、それまでの間、引き起こされる問題を大幅に減らすはずです。
  • PCビルドの体系的なマイクロ最適化を有効に(最低スペックがが長い間SSE3を必要としていたため、SSE3を使用)。
  • Dx12で実行しているときに発生する可能性があったメモリの肥大化を修正。
  • ワールドステートウィンドウをロードするときに起こるヒッチングを解消。
  • 全機種でのレンダリングに対して、非常に多くの最適化を実行。
 Reveal hidden contents
その他の変更点:
  • カンビオン荒地の依頼ミッションの「グリニア以上に感染体を倒す」はボーナスチャレンジの「グリニアのキルカウントの2倍にする」に対して二倍カウントされるように。(50%vs100%)
  • Vascaキャバットのスターターキットのマーケットアイコンを改善し、含まれているものがより適切に表示されるように。
  • 「死の行進」Nightwaveアクトのタイトルを「冷徹」へ変更。
修正点:
  • 『Limboセオリム』クエストで発生していた進行を妨げる問題を修正。
  • Ayatan画面から「Marooを訪問する」を選択するとAyatan画面にスタックする問題を修正。
  • エイドロンの草原の「エリアを支配」する依頼を立て続けに失敗する問題を修正。この問題は敵が草原の他の場所に生産されるため発生していました。
  • UnairuのVoid Shadowが永続的に機能する問題を修正。
  • Martyr Symbiosisバルパファイラのヘルスリストアが削除されないため、永続的にスタックして、不死身状態になる問題を修正。
    • Martyr SymbiosisはWARFRAMEのヘルスが一定数を下回った時にバルファイラが自分を犠牲にしてWARFRAMEを治癒する機能を持っているMODです。
  • Martyr Symbiosis Modの説明文を更新。 この修正により、1ランクごとに10%と示されるように。
  • バルパファイラのヘルスが最大40%の時に表示されるMartyr Symbiosis MのヘルスリンクFXを修正。
  • BonewidowのMeathook がコイルドライブや投下船に対して効果を発揮する問題を修正。 https://old.reddit.com/r/Warframe/comments/lf916g/yoink_that_coildrive/
  • ターゲットが近接武器を装備しているとグリニア マニックがタックルに成功しない問題を修正。 マニックは以前、100%の確率で唖然としていました。
  • モアブリッツ・エクシマスが爆破アビリティを発動しているときにヒューマノイド・アニメーションが流れる問題を修正。  
  • ヘビー武器用のRiven MODで発射速度が負の特性である場合、プライマリボウに影響を与える問題を修正。
  • Warframeを交換したり、エフェメラを解除したのにも関わらず、FrostfallエフェメラのFXが残る問題を修正。
  • シールドランサーの身体がタスク勢の身体と同じように見える問題を修正。
  • ジオラマで特定な角度からGralのクブロドンのぬいぐるみを見ると、土が欠落する問題を修正。
  • グラスメイカーのジオラマが完了する前に終了しても、Nightwaveジオラマ音楽が停止しない問題を修正。
  • グラスメイカーエピソード4と5のジオラマを見ているときに間違ったNightwaveのセリフが流れる問題を修正。
  • Nightwaveのすべてのアクトを見れる「受信する」画面から欠落していたスクロールバーを修正。
  • クライエントのUIがホストの言語を使って表示する問題を修正。
  • コーデックスのクエストアイコンが「ロックされた」視覚的なモザイクを表示しない問題を修正。
  • Deth Machine RifleからトレーサーFXが欠落している問題を修正。
  • テラリストが生産されるときに流れる音響のボリュームが大きすぎる問題を修正。
  • Gralのサンパーのぬいぐるみが[PH]表記されて表示されている問題と、Nightwaveクレドの提供品の説明文を修正。
  • シミュラクラムでVenariが生産されるときに発生するスクリプトエラーを修正。
  • ExcaliburのSlash Dashを発動するときに発生するスクリプトエラーを修正。

ホットフィックス 29.7.0[ソースを編集]

February 1, 2021 Forum Post - Nightwave:幕間 III


 通常の番組を中断して、Nightwave「幕間 III」をお届けします。

「幕間 III」では新しいアクト、2つのUmbraフォーマを含める前回からのNightwave報酬、愛くるしいぬいぐるみなどをゲットできます。

Nihilの小瓶

Nihilの悪意はビンに収められたかもしれませんが、彼はまだ、平和を脅かす存在です。 プレイヤーの皆さんから「Nihilとの戦いを繰り返してVitricaを入手する方法が欲しい」という要望がたくさん寄せられています。この要望にお応えできるよう、開発チームは新しい仕様を開発中です。 この計画に関する情報は、近日お届けする予定ですので、ぜひご期待ください。

新しいNightwaveアクト!

デイリー

  • サーフィン日和!
    • K-ドライブに乗りながら敵を20体倒す
  • 蘇生者
    • ダイモスで倒れたネクロメカを探し操縦する
  • 古代オベリスク
    • ダイモスでレクイエムオベリスクを発動する

ウィークリー

  • 腫瘍狩り
    • 隔離保管庫ミッションを行う
  • 獣への餌付け
    • Helminthへ素材を与える
  • ネクロライザー
    • ネクロメカで100体の敵を倒す

エリート・ウィークリー

  • 冷徹
    • 鋼の道のりモードで1000体の敵を倒す
  • 素材収集者
    • 20種類の素材を集める
  • 獣道
    • 鋼の道のりモードでミッションを5つクリアする

同じ報酬ばかり?

幕間で得られる報酬は前回のNightwaveシリーズからの報酬である場合があります。新規プレイヤーは過去に逃した報酬を入手できるので嬉しい仕様かもしれませんが、Nightwaveをまめにクリアしているプレイヤーにとっては同じ報酬が欲しくない場合もあることでしょう。 そのため今回、新しい仕様として、すでに持っているアイテムの代わりに50幕間クレド報酬と交換できるようになります。 この仕様はWarframeスロットや消費できるアイテム(例:フォーマなど)に対して適用されず、以前のNightwaveで入手出来ていたユニークなアイテム(サターンシックスのアーマーなど)に適用されます。

変更点:
  • Lavos Cordatus、Mag Gauss、Protea Mavv、Protea Telema、Xaku Kintsuヘルメットの設計図をNightwaveのストア・ローテーションへ追加。

Nightwave「グラスメイカー」が私たちが思っていたよりもずっと長いシリーズになったことをは十分承知しています。 Devstream #151でご案内したとおり、次のNightwaveシリーズは「グラスメイカー」よりもよりシンプルなものになる予定です。

修正点:
  • レールジャックのナビゲーションマップでダイアログが表示されたときにドラッグ機能が解放されないため、カメラの動きがおかしくなる問題を修正。
  • アビリティ武器を持っているWarframeを選択すると装備するときに流れる音響が数回流れる問題を修正。
  • BaruukのDesolate Handsのダガーの発射物の音響が時間の経過とともに繰り返される問題を修正。
  • テラリストが生産されるときに流れる音響がとても大きい問題を修正。
  • フランス語、スペイン語とトルコ語の「ジョイスティック」に対するローカリゼーションに関する問題を修正。

ホットフィックス 29.6.9[ソースを編集]

January 29 ,2021 Forum Post


 オルフィクスの毒牙ホットフィックス:29.6.9

その他の変更点:
  • ダイモスの隔離保管庫依頼ミッションの目的ポイントで集める必要があるベイトは近くにいる場合のみ表示されるように。この変更が入る前は遠くのポイントでも表示されていたため混乱を引き起こしていました。
  • まだリリースされていない履物がチャットリンクできていたためアイテムを撤去。
修正点:
  • 3コアCPUを利用するパソコンで起動時にゲームがフリーズする問題を解消。
  • 『ダイモスの心臓』クエストで「ゴールとその先」が無限ループするために進行が止まってしまう問題を修正。
  • Dx12を実行中にGPUドライバーがクラッシュすると発生する可能性があった二次的なクラッシュを解消。
  • DirectX 12サポートのランチャー自動検出を修正。 以前は、ノートパソコンのディスクリートGPUがDx11のみをサポートしていて、フォールバックIGPがDx12をサポートしている場合、Dx12を選択できるようになっていました。そのため、Dx12を選ぶと実際にはメインGPUを使用しないため、フレームレートが非常に低くなっていました。
  • ルア耐久ミッションでセンティエントが生産されない問題を修正。
  • ネクロリスクの門が閉まる前にカンビオン荒地が消滅するため、プレイヤーをLoidの目の前に配置する問題を修正。
  • エイドロンの草原でVascaキャバットを倒しても「害獣管理」チャレンジに対してカウントされない問題を修正。
  • Hecatonスキンを装着しているときにKhomを発砲すると一発目の発砲音が欠落する問題を修正。
  • スペクターを生産するときに起こるスクリプトエラーを修正。

ホットフィックス 29.6.8[ソースを編集]

January 26, 2021 Forum Post


 オルフィクスの毒牙ホットフィックス:29.6.8

ファイルサイズ縮小プロジェクトパート3: メッシュの精度とサウンドの忠実度

皆さん、こんにちは。

このホットフィックスでは「ファイルサイズ縮小プロジェクト」のパート3をお届けします。 パート1と2については皆さんすでにご存知かもしれませんが、今回のホットフィックスで導入される「メッシュの精度」と「サウンドの忠実度」をどの様に変更するのかご案内いたします。

この縮小プロジェクトにより、ダウンロードサイズは7GBほどですが、全体で推定3.6GBの節約に繋がることと予想されています。つまり、ゲームのファイルサイズは3.6GBほど小さくなります。 しかし、これらの数値はご利用のハードウェアなどによって若干異なる場合もあります。

メッシュの精度に関して: 「サイズ縮小プロジェクト」パート3ではメッシュの処理のされ方が主な変更になります。 ファイルサイズを削減するだけでなく、品質も大幅に向上していることに気付くでしょう。

次の「調整前」と「調整後」の画像をご覧ください。

調整前: 画像の目、口と耳の詳細を観察してみてください。 ぎざぎざの細かい部分が多く残っていることに気付くのではないでしょうか。

https://cdn.knightlab.com/libs/juxtapose/latest/embed/index.html?uid=3a25b602-55be-11eb-83c8-ebb5d6f907df


サウンドの忠実度: この変更はサウンド関係に興味がある皆さんにとってうれしい調整です。

私たちは今回、Warframeのオーディオがエンコード処理される方法へいくつかの変更を加えました。 xWMAをOpusと新しいADPCMエンコーダーに置き換えます。 ADPCMは、ノイズを減らし、中域を明るくします。 また、空間化が改善され、完全なオーディオミックスがより生き生きと感じられるようになったことに期待してください。 Opusは一般的に、Warframeに付随する音楽の聴き方を改善します。 また、この変更により一般的な同期と起動の遅れが改善されることも期待されています。 サウンドファンの皆さんの為に今回の変更を詳しく説明するDevstreamを配信する予定ですのでご期待ください。

DTLSロールアウト

開発チームは今回のホットフィックスで新しいネットワークコードをテストします。 この新しい機能はボランティアテストクラスターとできる限りテストを重ねましたが、皆さんの協力が必要です。

今回導入する変更の主な理由は、独自のネットワークコードを使用することにより、Xboxを利用するプレイヤーのネットワーク環境を改善することです。変更項目をXboxへスムーズに反映することができると、他のプラットフォームですでにストリクトNATやその他ネットワークに関する問題を抱えているプレイヤーを助けている自動プロキシサービスを有効化できます。開発チームは長年、この機能をXboxをご利用の皆さんに提供したいと願っていました。

さらに新しいコードは、ネットワークパケットを破損するネットワーク上でより安全性を保つという利点も持ち合わせています。もちろん、このような安全対策はすでに行われていますが、新しいコードの方が明らかに優れています。 なお残念ながら、新しいコードはPingを大幅に改善しませんが、ネットワークパケットを処理している場合、ゲームの不具合の原因を回避できるでしょう。

開発チームは次のホットフィックス導入時、万が一に備えてロールアウト過程を注意深く監視する予定です。問題が発生していることを確認できる場合、直ちにコードを無効化および導入を巻き戻しますのでご安心ください。 お気付きの点がございましたら、英語版スレッドまでコメントをお寄せください。

最適化:
  • 新しいエリアにロードした直後に発生しやすいDirectX 12のマイクロスタッターの数を減少。
  • Epicオンラインストアやスタンドアローン(公式ウェブサイトからダウンロードするクライエント)を新規インストールするときに発生するダウンロード速度を最適化。
  • 全機種でのレンダリングへマイクロ最適化を実行。
  • Direct 11とDirect 12のレンダリングへマイクロ最適化を実行。
  • シェーダーを追跡するためにDirectX11で使用される数MBのメモリを最適化。
  • シェーダーを追跡するためにDirectX12で使用される7MBのメモリを最適化。
  • DirectX 12シェーダーのメモリフットプリントとランタイムパフォーマンスを最適化。
  • DirectX 12で拡張レンダリングを実行するときに発生するメモリリークを修正。
追加点:
  • LavosとCedoとそのパーツがエントラティ地位ポイントと交換にFatherのお店から入手できるように。
    • Lavosの設計図:ランク2 「知人」
    • Lavos シャーシ・ニューロティック・システム:ランク3「仲間」
    • Cedoの設計図:ランク4「友達」
    • Cedoバレル・レシーバー・ストック:ランク5「家族」
  • オルフィクスの毒牙作戦のリーダーボードをアーカイブ欄へ追加。
変更点:
  • 間違って削除を行うことを防ぐために、アップグレード画面で「すべて削除」を選択すると確認プロンプトが表示されるように。
    • この問題は特にコントローラーを利用してるプレイヤーで頻繁に発生していました。
  • ログインしたときに流れるクバ・リッチからの通信の頻度を調整。
  • Cedoの発砲アニメーションを改善。
修正点:
  • ミッションを失敗するとレールジャックのナビゲーションを利用できなくなる問題を修正。
  • 特定の場面でモリを片付けるとモリ突き漁が機能しなくなる問題を修正。
  • バレットジャンプで着地しようとしているWarframeがオペレーターへ転移しようとしているWarframeを妨げる問題を修正。
  • ランクがないStahltaプライマリファイアに対して0ダメージ値が表示される問題を修正。
  • StahltaのオルトファイアのボルトがUnreal Shock ライフルスキンを装着しているMirageのHall of Mirrorクローンで爆発しない問題を修正。
  • Unreal Shockライフルスキンを装着しているとStahltasのオルトファイアを発射しているプレイヤーが永遠に発射しているように見える視覚的な問題を修正。
  • HelminthのアビリティEmpowerを発動した後にWispのSol Gateを発動しながら装備した武器を発砲できる問題を修正。
  • ネクロメカを操縦中、「ランクアップ」HUDが特定のアイテムやレベルを表示しない問題を修正。
  • 複数のエントリーが間違った順序で表示されるバインディングに関する問題を修正。例えば、アビリティAはレールジャックHUDやキーバインド画面でNUM1と表示されることがありました。
  • ダイモスの隔離保管庫依頼ミッションが失効時間を表記しないで表示される問題を修正。
  • ネクロメカの目的ポイントが通常の目的ポイントを使わない問題を修正。
  • アーセナル画面でBonewidowを回覧しながらスキンを装着していると他のネクロメカを見るときにBonewidowのシールドが表示される問題を修正。
  • Eudicoの旧友ランクにたどり着いた時に流れる通信で彼女の「正体」が明かされない問題を修正。
  • CedoにHecatonショットガンスキンを装着するとリロードアニメーションが欠落する問題を修正。
  • 保留中のフレンドのリストがマスタリーランクを表示しない問題を修正。
  • ミッション終了画面の下で星系マップの音楽が流れる問題を修正。
  • クエストのシネマチックシーンの上で敵の戦艦の音響が流れる問題を修正。
  • コーデックスのミッションアイコンが透けて表示される問題を修正。
  • インデックスミッションの進行状況画面の背後にあるチャットウィンドウがレンダリングされている問題を修正。
  • 入力したヒントやテキストだけでなく、自動補完機能が表示される問題を修正。
  • テラリストが生産された直後に草原からシータスに帰還するとテラリストが生産される音響が流れ続ける問題を修正。
  • マスタリーランクに関する受信ボックスメッセージの誤字を修正。
  • 釣りをしているときに死亡すると起こるスクリプトエラーを修正。

オルフィクスの毒牙ホットフィックス:29.6.8.1

パフォーマンスに関する修正点:
  • ランチャーで全員がDX12ベータモードにオプトインするように設定されたときに始まったパフォーマンスに関する問題を修正。    
  • ファイル縮小プロジェクトパート3案内された音楽に関する変更を試すと起こるクラッシュを修正。
修正点:
  • グリニア海底タイルセットの間欠泉が、プレイヤーをテレポートして陸に戻るのではなく、マップから追い出す問題を修正。
  • クランDOJOに偽りの資産 ゴールドトロフィーを設置するとトロフィーがなくなったりクラッシュを引き起こす問題を修正。

ホットフィックス 29.6.7[ソースを編集]

January 14, 2021 Forum Post


 「オルフィクスの毒牙」作戦に関する修正点

  • 作戦で悪用されていたエクスプロイトを修正。このエクスプロイトを悪用して獲得したハイスコアは失格と認定されます。
修正点:
  • NovaのAntimatter Dropアビリティを発動するときに起こるスクリプトエラーを修正。
  • Unreal Tournamentスキンを装着しているとNightwatch Napalm MODが機能しなくなる問題を修正。
  • ネクロメカが「~体の敵を~属性を使って倒す」という趣旨のNightwaveアクトへ貢献できない問題を修正。

オルフィクスの毒牙ホットフィックス:29.6.7.1

修正点:
  • Unreal Drakgoon Flack Cannonスキンを装着すると起こる発射物のトレイルに関する大幅なパフォーマンスの低下を修正。

ホットフィックス 29.6.6[ソースを編集]

January 12, 2021 Forum Post


 「オルフィクスの毒牙」作戦に関する変更と修正点

  • 遅い回線を利用するホストを通じて悪用されていたエクスプロイトを修正。
  • ネクロメカの四番アビリティが発動されているときにホスト移行が発生するとネクロメカの武器で入手したアフィニティが消失する問題を修正。 この修正により、ホスト移行が発生した後蘇生すると起こるスクリプトエラーも同時に修正。
修正点:
  • カッターやドリル、モリを装備するとフェロモンシンセサイザーがインベントリから差し引かれる問題を修正。
  • LavosのTransmutation Probeアビリティを発動しているときに武器を発砲できる問題を修正。
  • クバ武器にUnreal Tournamentのスキンを装着すると基礎バージョンの統計を用いる問題を修正。
  • ネクロメカのアビリティへ「次・前」バインディングを付与するとアビリティを中断したり無効化される問題を修正。
    • この問題は特にコントローラーを利用しているプレイヤーへ頻繁に発生していました。
  • 『ダイモスの心臓』クエストでカンビオン荒地のK-ドライブの個所でGrandmotherの頭が宙に浮いている問題を修正。
  • BonewidowにDay of the Dead VoidrigヘルメットスキンとスネークVoidrigヘルメットスキンを装着できない問題を修正。
  • ネクロメカアーセナルがアークウイングガンを二つのグループへ振り分ける問題を修正:グラビマグを搭載しているアークウイングガンと搭載していないアークウイングガン。 ネクロメカへ武器を装備しなくてよくなったため、グラビマグの有無は関係なくなりました。
  • Bruntsparネクロメカスキンへエンブレムを装備するとずれて装備される問題を修正。
  • Carcinusスピアガンスキンを装備するとスピアガンの拡張・破壊状態の一貫性が保たれない問題を修正。
  • デュアルピストルを持っているときに全力疾走するとWispががくがくする問題を修正。
  • テラリストが生産されるときに流れる音響がシータスで聞こえる別のケースを修正。
  • 特定のKitgunスキンを装着しているとパックス チャージのチャージ音が流れない問題を修正。
  • Prisma Dual Decurionsの説明文が通常バージョンと同じである問題を修正。
  • ジャグラスをジャグラスのアビリティを使いながら倒すと起こるスクリプトエラーを修正。

ホットフィックス 29.6.5[ソースを編集]

January 11, 2021 Forum Post


 「オルフィクスの毒牙」作戦に関する変更と修正点

  • ソラリスの囚人を作戦タイルセットから撤去。
  • ホスト移行を引き起こすことにより悪用できるエクスプロイトを修正。
  • オーフィクスが生産されるタイミングでミッションが終了すると起こるクラッシュを修正。
  • Resonatorがロックされているパズルのドアの裏に生産される問題を修正。
    • この問題が再発する可能性は高くありませんが、万が一この問題に遭遇した場合、ゲーム内ツール「F6」機能を利用してスクリーンショットをお撮りください。スクリーンショットはサポートへ提出していただけます。ゲームのF6キーを利用して撮ったスクリーンショットには問題が発生した個所を記録する埋め込みデータが含まれているため、問題を解消するために役立ちます。 ご協力のほどお願いいたします。
  • 一時的に借りているネクロメカを操縦しているときに個人のVoidrigのStorm Shroudが消耗するため、個人のネクロメカが無敵状態に陥る問題を修正。
  • 脱出地点のカウントダウンタイマーが敵やペットが脱出地点に入ることによりリセットされる問題を修正。この問題は通常の耐久ミッションでも発生していました。
変更点:
  • ネクロテンのドロップ率が二倍に。 この変更を導入するため、ヘシフロンの採掘ドロップ率を6%まで引き下げました。
    • また、この変更はダイモスアルカナアップデートでタウミカのドロップ率を引き上げた変更と似ています。
  • このホットフィックスが導入された後に最初にログインしたとき、ネクロメカスネークスキンまたはVoidrig Day of the Deadスキンを持っていた方に該当するネクロメカヘルメットが追加されます。 これらのスキンを今後購入したプレイヤーはヘルメットを自動的に入手します。
  • フラジェロカンスをターゲットしやすいようにヒットボックスを調整。
  • シータスにいるときにテラリストが生産されるときに流れる音響がループして再生されないように。
  • ペットの孵化画面を更新。この変更によりコンパニオンのインベントリスロットを必要に応じてプラチナと交換に購入できるようになります。また、この変更により、ゲーム内マーケットへ行く必要がなくなります。   ファウンドリで武器を取得するときに空きスロットがないときに表示されるポップアップ画面と同じように動作します。
修正点:
  • HydroidのTentacle SwarmとHelminthへ注入されたLarvaを組み合わせると敵が永久的にクラウドコントロールの効果を受ける問題を修正。
  • クライエントとしてプレイしているプレイヤーが操縦席にローディング中座るとレールジャックの目的地や敵が生産されなくなる問題を修正。
  • レールジャックミッションからDojoへ帰還中にチャットリンクをクリックしたりマーケットページを開くと機能が失われる問題を修正。
  • コーパスシップタイルセットの脱出地点の近くにレアアイテムが生産されると手の届かない場所へ生産される問題を修正。
  • オーブ峡谷のコイルドライブの発射速度が5倍速くなる問題を修正。
  • ネクロメカモードにいる時ミッション進行状況画面が真っ黒に表示される問題を修正。
  • すでに召喚したことがあるクライエントのネクロメカをもう一度召喚すると爆発しているように表示される問題を修正。
  • 『内なる紛争』のシネマチックで音楽が消音設定される問題を修正。
  • レールジャックのクルーシップのタレットがPenumbraクロックのItzalプレイヤーをターゲットにする問題を修正。
  • レールジャックミッションで「レールジャックに帰還する」メッセージが画面に残留される問題を修正。
  • 『ダイモスの心臓』クエストでスネークネクロメカが重複した付属物を持っているように見える問題を修正。
  • ネクロメカのグラウンドスラム効果へ選択したエネルギーカラーが適応されない問題を修正。
  • BonewidowのExalted Ironbrideの属性トレールとFXに関する問題を修正。
  • ロボトリシドが泳いでいたりジオラマにいるときに殆ど見えなくなる問題を修正。
  • 魚を釣り上げたときに表示されるアニメーション画面でフラジェロカンスが間違った位置に表示される問題を修正。
  • 鞭の空中攻撃を仕掛けているときに下半身のアニメーションが欠落する問題を修正。
  • ネクロメカアーセナル画面でVoidrigスネークネクロメカヘルメットのスキンがファイルパスとして表示される問題を修正。
  • ユニバーサルシンジケートメダリオンしか交換できないシンジケートで交換するアイテムを持っていない時に「交換できるアイテムがありません」と表示される問題を修正。
  • Pathocystの感染ポッドを生産したがマゴットが生産されなかった時に音響がループする問題を修正。
  • Paris Primeの発砲音響が遠くにいるプレイヤーにも流れる問題を修正。
  • Kuva Brammaを装備しているときに起こるOscira ボウスキンに関する視覚的問題を修正。
  • アイテムを購入した後でもゲーム内マーケットでボーナスアイテムのラベルが継続して表示される問題を修正。
  • レールジャックのサイドタレットを利用してからもう一度タレットに乗ったり下りたりするときに起こるスクリプトエラーを修正。
  • オプションメニューを開いているときにチャットへ入力すると起こるスクリプトエラーを修正。

ホットフィックス 29.6.4[ソースを編集]

January 9 ,2021 Forum Post


 オルフィクスの毒牙ホットフィックス:29.6.4

皆さん、こんにちは。 新年明けましておめでとうございます。2021年初のホットフィックスをお届けします。 このホットフィックスではオルフィクスの毒牙作戦に関する不具合に取り組みます。また、この作戦は予定通り東部標準時間の1月18日まで開催されます。 また、2021年にWarframeを進展させていくため、今月は何度かホットフィックスを導入する予定です。

「オルフィクスの毒牙」作戦に関する変更と修正点:
  • 年末年始の間、開発チームは作戦のエクスプロイトの追跡と修正を続けていました。 エクスプロイトを悪用して達成されたと判断できるスコアはリーダーボードから削除され(今後利用しても削除し続けられます)、必要に応じて一時的または永久停止措置が施されます。
  • 作戦耐久ミッションで正しいAABCローテーションが引用されない問題を修正。
  • ネクロメカを利用して取得したアフィニティがアークウイングガンに引き継がれない問題を修正。
  • ネクロメカモードで二回死亡すると、オペレーターとして蘇生されるまで、オペレーターの機能が戻らない問題を修正。
  • ヘビー武器スロットとネクロメカプライマリ武器スロットへ同じアークウイング武器を装備するとアフィニティを二回重複して入手できる問題を修正。
  • プレイヤーのインベントリがネクロメカの銃の二つのインスタンスになる可能性がある問題を修正。この問題が発生しているためWarframeとして蘇生されるとアフィニティが消失されていました。
  • 36番目のオルフィクスを倒した後にホスト移行が発生すると脱出を案内するUIが表示されない問題を修正。
  • ミッション終了時にネクロメカを使って入手したフォーカスが保存されない問題を修正。
アークウイングガンで起こっていた「無効なスロット」問題に関する解説

ネクロメカを皆さんに紹介したとき、ヘルメットの部分はカスタマイズできない仕様でした。 そのため、ネクロメカを持っていると頭の部分を自動的に持っているようにコードへ仕組まれていました。 開発チームはオルフィクスの毒牙作戦アップデートを実装したとき、ネクロメカのヘルメットの部分をWarframeのヘルメットをカスタマイズするようにカスタマイズできる仕様へと変更しました。 この変更により、すでに所有しているネクロメカに対してヘルメットを追加するスクリプトを実行したため、新しいヘルメットを製作する必要はありませんでした。

しかし、このスクリプトを実行したときに小さな誤りがありました。開発チームはネクロメカの武器、Mausolonをもう一つインベントリに追加しましたが、この武器用のスロット(つまりアークウイング武器用スロット)は追加されませんでした。 この問題により、アークウイング武器用のスロット数が最大値に到達しているアカウントでは、新しいネクロメカやアークウイング用武器を製作し取得する段階で「このアカウントはインベントリを無効化しています。サポートへ連絡してください」という趣旨のエラーメッセージが表示されていました。 余分なMausolonsを売却しても、このエラーは一時的に解消されるだけで、もう一つアークウイングガンを製作するとまた「インベントリを無効化しています」というエラーメッセージを引き起こしていました。

このホットフィックスではこの問題を修正します。次回ログイン時、所有しているアークウイングガンの数が所有しているスロットの数を超える場合、インベントリの数はバックエンドで調整されます。 ファウンドリからネクロメカ及びアークウイングガンを取得しようとすると「インベントリを無効化しています」というメッセージが再度表示されますが、不要なアークウイングガンやゲーム内マーケットからアークウイングガン用スロットをご購入いただけるとエラーを解消することができます。この度は皆さんにご不便をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます。

変更点:
  • ネクロメカのHUDレチクルは他のレチクルと同じように常に白で表示されるように。
  • 魚を釣った後、一時停止メニューを開ける機能を無効化。
  • 「アビリティのクリック・長押しを転回」オプションは有効な各WARFRAMEの設定を制御できるように。
  • Warframeのアビリティは「クリック・長押し」機能が備わるように。 皆さんから寄せられた意見によりますと、「クリック・長押し」機能をすべてのWarframeに反転するオプションがあることは一部のアビリティのデフォルト機能が優先されるため、理想的ではないというものが大半でした。 今回ご紹介する「アビリティのクリック・長押しを転回」オプションを選択されますと、どのWarframeでこの機能を利用するか選択できる画面が表示されるようになります。
  • リボルバーの外観・アニメーションに合わせて、Magnusのシェルケーシングの音響を削除。
修正点:
  • マーケットで現在有効なブースターを選択すると機能が失われる問題を修正。
  • 34分を超えると生命維持カプセルが生産されなくなる問題を修正。
  • LavosのVial Rushを別のWarframeに注入するとダメージや状態異常を付与できない問題を修正。
  • GarudaのBlending Talons増強MODは範囲内の敵をヒットしない問題を修正。
  • BonewidowのMeathook Healthは、そのアビリティランクに順番に従わない進行率を吸収する問題を修正。
  • VoidrigsのGuard Modeアビリティの統計がエネルギー消費の基礎値を0と表示する問題を修正。
  • Macheteでヘビー攻撃を仕掛けると敵を一回しかヒットしない問題を修正。
  • ホストがレジジュアル・ショックを発動させても稲妻のFXがクライエントへ複製しない問題を修正。
  • 特定のシネマチックシーンでLotusの頭が消失する問題を修正。
  • GaraがKaleidaスキンを装着しているとガントレット系武器が表示されなくなる問題を修正。
  • KhoraのUrushuスキンがアーセナルから離れると選択したカラーを引用しない問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1243713-khora-urushu-energy-color-bug-still-persists/
  • VoidrigのDay of the Deadヘルメットスキンがネクロメカアーセナルでファイルパスとして表示される問題を修正。
  • 個人部屋の水槽にダイモスの魚を配置できない問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1239850-cant-place-new-deimos-fish-in-aquariums/
  • K-ドライブ用のPop Top MODが間違った統計カラーで表示される問題を修正。 https://twitter.com/daecatt/status/1338022520709111809?s=21
  • BuzlokのスコープのHUDオーバーレイが画面の端まで伸びず、余白が残る問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1238209-buzlok-sniper-scope-overlay-bug-ps4/
  • 内なる紛争の最後のシネマチックから欠落していた音楽を修正。
  • サクリファイスクエストでオーディオが消音設定されている問題を修正。
  • Capturaシーンで時間を止めるとオーディオが絞られる問題を修正。
  • カラーキーCapturaシーンにリバーブ音響設定を修正。
  • プレイヤーがK-ドライブから降りてもVapor Trailのカスタムブースト音響が流れ続ける問題を修正。
  • コーデックスで、Lavosのプレックスカードのアイコンがユニバースから欠落している問題を修正。
  • LavosのTransumutation Probeアビリティを発動するときに起こるスクリプトエラーを修正。
  • コンクレーブの専用サーバーで起こるScrougeに関するスクリプトエラーを修正。

ホットフィックス 29.6.3[ソースを編集]

December 23 ,2020 Forum Post


 「オルフィクスの毒牙」作戦に関する変更と修正点:

  • プレイヤーがネクロメカを遠い場所から召喚できない問題を修正。
  • リーダーボードのスコアが追加される前に高いスコアを獲得していた場合、リーダーボードのスコアが更新されない問題を修正。 プロフィール画面に表示されるリーダーボードが設置される前に獲得したスコアはリーダーボードへ表示されません。 この変更により、プロフィール画面に表示されているスコアより低いスコアを獲得してもその数値がリーダーボードに表示されることになります。

修正点:

  • コーパスシップリマスタータイルセットで起きていた見えないコリジョンや目的マーカーに関する問題を修正。
  • Pathera Primeと特定のMODの組み合わせにより引き起こされていた機能に関する問題を修正。

ホットフィックス 29.6.2[ソースを編集]

December 23 ,2020 Forum Post


 「オルフィクスの毒牙」作戦に関する変更と修正点:

  • オルフィクスが死亡するときに画面が明るくなる範囲を120mから25mまで縮小。
  • ネクロリスクのFatherの作戦ショップでフェージックセルの数が表示されるように。
  • オルフィクスの毒牙作戦はナビゲーション画面の現在進行中のイベントのリストで、裂け目やグール粛清より上位にソートされるように。
  • エネルギーが50であるときにVoidrigのGuard Modeを発動させると、実際にアビリティを利用できず、銃が詰まってアニメーションを通過する問題を修正。 この修正により、エネルギーが50ジャストの時にアビリティを発動することができなくなりました。
  • ネクロメカの高さのしきい値を変更して、「ハード着陸」動作をはるかに高く。 この変更が入る前は、ネクロメカが平らな床に着陸すると「ハード着陸」動作を引き起こし、アニメーションに捕らわれて、ミッションの流れが中断されていました。
  • 最後の位置がなりファイアのバブルの中であると、ネクロメカを再召喚した後にアビリティを発動することができなくなる問題を修正。
  • ネクロメカを操縦しているときに上・下のアクションが間違っている問題を修正。
  • オルフィクスが生産される前にプレイヤーがダメージを与えることができる問題を修正。 (例:空中を切断している時など)
  • オルフィクスゾーンでブリードアウト状態に陥るとWarframeを利用できる問題を修正。https://www.reddit.com/r/Warframe/comments/kh7x8v/getting_revived_near_an_orphix_makes_your/

Lavosに関する修正点:

  • LavosのCatalyzeの垂直効果範囲を増やし、発動の高さの上と下に位置する敵をより容易にヒットするように。
  • 低ランクのTransmutation Probeの持続時間が長すぎる問題を修正。

修正点:

  • ゲームで発生する数々のクラッシュやスクリプトエラーを修正。
  • ヘビー武器とアークウイングガンスロットに同じ武器を装備しているとアークウイングガンのアフィニティが加算されない問題を修正。
  • IvaraのConcentrated Arrow増強効果を使ったエクスプロイトと不具合を修正。
  • BonewidowのFiring Lineがカスタムエネルギーカラーを複製しない問題を修正。
  • Voidrigに対してエネルギーカラーが適切に適用されない問題を修正。
  • Arum Spinosa の射程物にカスタムカラーが保存されない問題を修正。
  • オルフィクスが破壊されているときにホスト移行が発生すると起こるセンティエントに関する問題を修正。
  • Fluctusに関する機能の問題を修正。
  • MOD画面で「新」ラベルが正しく表示されない問題を修正。
  • TennoGen Osirisスキンがずれている問題を修正。
  • ランク30のアイコンが引き延ばされて表示される問題を修正。
  • ロボトリシドが泳いでいたりジオラマに登場するときにプレイヤーが見ることができない問題を修正。
  • クライエントとしてプレイ中、レジジュアル・ショックの効果が表示されない問題を修正。
  • リマスターされたコーパスシップマップで大きな通気孔へテレポートされる問題を修正。
  • Prisma Dual Decurionがトレードできない問題を修正。
  • Bonewidowがエクスプロイターオーブを掴める問題を修正。

ホットフィックス 29.6.1[ソースを編集]

December 23 ,2020 Forum Post



  • オルフィクスの毒牙に関するクラッシュを修正。
  • ブーメランを投てきした後にオペレーターやネクロメカモードへ切り替えると起こるクラッシュを修正。
  • 特定の武器やMODを組み合わせてトレードを行おうとすると起こるクラッシュを修正。
  • Lavosが選択した属性が上書きされる問題を修正。
  • オルフィクスの毒牙作戦で二人のプレイヤーが同じネクロメカを操縦できる問題を修正。
  • Lavosのパッシブに関するクラッシュを修正。
  • アーソン エクシマスに関するクラッシュを修正。
  • オルフィクスの毒牙でEquinoxのアビリティを発動すると起こるクラッシュを修正。
  • アップデートノートから欠落していたローカリゼーションに関する問題を修正。
  • ヘルスが0でもオルフィックスを倒すことができない問題を修正。
  • 様々なスクリプトエラーとクラッシュを修正。
  • BonewidowのShield Maidenが解除されたときにプレイヤーがミッションを脱離すると起こるクラッシュを修正。
  • 一部のアカウントでMausolonsを重複して入手できる問題を修正。 Mausolonsを重複して入手した方は、ご自由に売却およびご利用ください。
  • Explosive Legerdemainを最大ランクまで上げていない状態で利用すると起こるクラッシュを修正。
  • 隔離保管庫ミッションステージ1でホスト移行が発生しない問題を解消に向けて改善。
  • ロボトリシドとフラジェロカンスを釣ると間違った名前が表示される問題を修正。
  • NoraのNightwaveランディングクラフトが間違ったアンテナを利用する問題を修正。

ホットフィックス 29.6[ソースを編集]

December 18, 2020 Forum Post - 「オルフィクスの毒牙」作戦:29.6.0

「オルフィクスの毒牙」作戦:29.6.0

「オルフィクスの毒牙」作戦

センティエントが再び襲来しています。 WARFRAMEの機能を無力化するパルス波動兵器を備え、本格的な侵略計画が実行されようとしています。 ネクロメカを展開し敵の襲撃に耐えて、最新のWARFRAME「Lavos」などをゲットしよう!

「オルフィクスの毒牙」作戦は日本時間の1月19日午前4時までPC版で開催されます。


知っておくべきこと

WARFRAMEの能力が無効化された今、敵の戦艦をセンティエントの襲撃から守るため、ネクロメカを展開して前線へ乗り込もう。 ネクロメカを持っていなくてもご安心を。作戦のマップ上には転移できるネクロメカがあなたを待っています。

乗っ取られたグリニアやコーパス艦へ乗り込み、新しいセンティエント威勢に立ち向かおう。 オルフィクスはオペレーターへの転移を阻止する悪質な性能を持っています。 ネクロメカやオペレーターの特性を生かし敵ユニットを打ち負かしながらセンティエントのコントロールメーターを100%以下に維持しよう。オルフィクス レゾネーターには要注意。 センティエントの襲撃をより長く食い止めると作戦の通貨「フェージックセル」をより多く取得でき、報酬と交換できます。

どんなに厳しい戦いを強いられても、勝利へと突き進むのです、テンノよ。

やるべき事

「オルフィクスの毒牙」作戦は容易にクリアできません。準備を怠らないように努めよう。 『ダイモスの心臓』と『内なる紛争』クエストをクリアしていることが条件です。

「オルフィクスの毒牙」作戦の難度は三つ用意されています。

1. 「オルフィクスの毒牙」作戦 2. 「オルフィクスの毒牙」作戦 :上級 3. 「オルフィクスの毒牙」作戦 :耐久

三つのモードから、自分に合った難度を選び報酬を獲得しましょう。

作戦報酬

ダイモスのネクロリスクに居るFatherから、ネクロメカを用いりながらセンティエントの威勢へ立ち向かえる方法を教えてもらおう。 作戦からフェージックセルを集めると、Fatherが貯蔵しているアイテムと交換できます。報酬アイテムには最新のWARFRAME「Lavos」の設計図や、ネクロメカ MODなどが含まれています。 そして、とても嬉しい報酬の仕組みがまだあります。 「オルフィクスの毒牙」作戦をプレイするだけでLavosを初めとする多くの報酬を獲得することもできます。 フェージックセルを集めてアイテムを確実に入手するか、ミッションから入手できるアイテムを運試しするかはあなた次第です!


  • Lavosの設計図とパーツ
  • Cedoの設計図とパーツ
  • 新ネクロメカ用MOD
  • ネクロメカ別ヘルメット
  • アークウイングガン用スキン
    • Cortege Supulchraxスキン
    • Morgha Supulchraxスキン
  • 深紅の槍作戦からの報酬アイテム
    • Ceti Laceraの設計図
    • Basmuの設計図
    • スタンス フォーマの設計図
    • ボールルーム・シミュラクラム
    • フェーズ クランシジル
    • グリフド クランシジル
    • ギルデッド クランシジル
    • Warframe アルケイン(ランクなし)


スコアと「フェージックセル」

最初の作戦ミッションの各オルフィクスの初期値は100ポイントです。 戦闘が進むにつれて、オルフィクスのレベルも進化するため、作戦を長く継続すればするほど、より多くのポイントを獲得できます。 オルフィクスは最も難度が高いミッション(耐久)で200ポイントの価値があり、そこからスケーリングされます。 センティエントを倒すとスコアが向上します。 スコアは高ければ高いほど、より多くのフェージックセルを獲得できることを意味するため、より魅力的な報酬と交換できるでしょう。

オルフィクスは耐久ミッションで最大36まで生産されます。できるだけ長く生き残れるよう努力してください。36まで生き残ったら、ミッションから脱出しよう。 作戦のノーマルモードと上級モードは最大24のオルフィクスが生産されるよう設定されています。 スコアを効率的に向上したいプレイヤーの皆さんは、耐久モードをお試しください。 .

クランリーダーボードとクラントロフィー

この作戦のリーダーボードは、作戦で発生してしまう重大な不具合や問題などを解消するホットフィックスを一回か二回行ってから設置されます。 リーダーボードを設置する時にはホットフィックスノートなどでお知らせいたしますので、しばらくお待ちください。

クランのスコアは作戦に参加しているすべてのメンバーの最高スコアを合計した値に基づき決定されます。 ゴールドティアトロフィーはクランメンバーが約半分参加すると想定して調整されています。

EventTable.png

新しいセンティエント敵勢:


三種類のセンティエント敵勢が「オルフィクスの毒牙」作戦で新登場します。スキャンが完了するとシミュラクラムへ生産できるようになります。

オーソリスト この軽量型センティエントは地面に固定する事で長距離射出型キャノンを展開させます。

コラリスト この霊型センティエントは猛烈な打撃とホーミングオーブで攻撃を仕掛けます。

サミュリスト 身体の分離が可能な高ランクセンティエントであり、増援と射出物を召喚するポータルを出現させる。 ツインキャノンを常時搭載。


新WARFRAME:LAVOS

Lavosをマスターしよう!  Warframe初の、エネルギーを消費せず、全アビリティがクールダウンシステムとなっているWARFRAMEを扱い戦略をたてよう。

https://www.youtube.com/watch?v=4y44648sV_8/


パッシブ

エネルギーとユニバーサルオーブを拾った際に10秒間状態異常への耐性を得る。 アビリティを長押しすると次のアビリティに追加の属性ダメージと状態異常を注入する。

OPHIDIAN BITE

毒を持つヘビが突進し、敵を食らってLavosを回復する。 長押しで全てのアビリティに毒を注入する。

VIAL RUSH

前方に踏み込んで敵を突破し、壊れたガラス片からこぼれた冷たい軌跡を残す。 長押しで次に発動するアビリティに冷気を注入する。

TRANSMUTATION PROBE

ヘルスとエネルギーオーブを両回復のユニバーサルオーブに、弾薬をユニバーサル弾薬に変換するプローブを放つ。 プローブは付近の敵を痺れさせる。 感電死した敵ごとにアビリティのクールダウンが1秒減少する。 長押しすることで次のアビリティに電気を注入する。

CATALYZE

触媒プローブを放出し戦闘員を炎のジェルに浸す。 ダメージは敵に付与されている属性ごとに2倍される。 長押しで次に発動するアビリティに火炎を注入する。

Lavosのレべリアン展示室からJaviに関する情報を入手しよう。 「這いずる蛇。 忌まわしきもの。 汚辱の語り手。」

テンノの助け舟

CEDO

元素を放出してダメージを与えて跳ね返るブーメランを発射し、次にプライマリ射撃の精密な大型散弾で敵を穴だらけにする。 ダメージは敵にかかっている状態異常の数だけ増加する。 LavosがCedoを使用するときは、弾薬ピックアップの一部をショットガン弾薬に変換する。

VITAM シャンダナ

Lavosの象徴的なシャンダナは実験室や実戦の場で使うために設計された。

LAVOS CORDATUS ヘルメット

変換の知恵の探求を象徴するLavos専用の別ヘルメット。


LAVOS コレクション

禁術とされる錬金術を駆使するLavosが登場。 コレクションはLavos WARFRAME、Cordatus別ヘルメット、Transmutation Probeデコレーション、Vitamシャンダナ、Cedoショットガンを含みます。 3日間のアフィニティ ブースターとクレジット ブースターも付属。

みんなにプレゼントを贈ろう! 贈り物の季節にちなみ、Lavosを他のテンノにプレゼントすると、限定Lavosデコレーションを入手できます!


新ネクロメカ用スキン

BRUNTSPAR ネクロメカスキン

初期型ネクロメカの破壊力をこのスキンで再現しよう。 Fatherによると、Bruntsparは「フェアプレイや仲間作りには向いていない」とのこと。


隔離庫依頼ミッションとアルカナ依頼ミッションに関する変更、修正点:
  • 隔離保管庫ミッションのマッチメーキングで参加したいグレードでないものにマッチされてしまう問題を修正。例えば、グレード3のミッションを選んだのにグレード1に組まれてしまうなどの問題を解消しました。
  • 基礎隔離保管庫ミッションから入手できるはずの報酬がドロップしていなかったため、隔離保管庫ミッションの報酬を再更新。
    • 例えば、ホットフィックス29.5.9の変更では、隔離保管庫ミッション全体を完了すると該当する報酬プールから一つの報酬が得られるよう調整されています。 したがって、グレード1(レベル30~40)の隔離保管庫は「コモン」枠から、グレード2(レベル40~50)の隔離保管庫は「アンコモン」枠から、そしてグレード3は「レア」枠から選ばれるようになります。
    • 隔離保管庫依頼ミッションは新しくバランスが取れた三つの枠をすべて組み合わせるようになりました。 ドロップテーブルの内訳は、公式PCドロップテーブルサイトからご確認ください。https://n8k6e2y6.ssl.hwcdn.net/repos/hnfvc0o3jnfvc873njb03enrf56.html


  • 隔離保管庫ミッションから得られる報酬リストから意図されていない2500Endoを撤去。
  • クライエントとしてプレイ中隔離保管庫依頼ミッションをクリアしてから、ネクロリスクのMotherを訪れると隔離保管庫依頼ミッションが欠落している問題を修正。
ネクロメカに関する変更と修正点:
  • ネクロメカは空中でエイムポーズへより迅速に移行するように。
  • Bonewidowが街へ帰還しているときにIronbrideを間違ったタイミングで発動していると起こるクラッシュを修正。
  • 報酬が配布されるときにネクロメカモードにいるとサーミアを受け取れない問題を修正。この問題はホスト・クライエントとしてプレイ中起こっていました。
  • 『Sayaの眼』クエストで、スキャナーチャージを与えようとしているときにネクロメカモードであると発生する問題を修正。
  • ネクロメカモードに転移したときにVOMEの残余の水たまりにいるとUI画面がスクランブルされる問題を修正。
  • BonewidowのIronbrideはダメージを与える発射物により中立戦術ヘビー攻撃を仕掛けることができるように。
  • BonewidowのMeathookアビリティの方向を制御できるように。
  • ゲーム内マーケットからVoidrig・Bonewidow ネクロメカ、MorghaとCortegeをプラチナ購入できるように。 ネクロメカは独自のカテゴリーからご回覧いただけます。
  • ネクロメカとネクロメカ武器の製作済みパーツはトレードができるように。
  • ネクロメカ用のアークウイング武器からグラビマグ要件を撤去。
  • ネクロメカはVazarin Dash、TrinityのBlessing、EquinoxのMend、RejuvenateオーラMODやアルケイン パルスによって回復されないように。 21の回復方法のうち、この5つが間違って適用されていました。
  • 空中でネクロメカを狙ったときに二回目のジャンプ音響が流れる問題を修正。
  • ネクロメカ銃がヘビースロットやアークウイングロードアウトと同じ銃である場合、蘇生XPペナルティがネクロメカ銃に対して適用されない問題を修正。
  • ネクロメカモードで目的マーカーを設置できない問題を修正。
その他の変更点:
  • ネクロロイドシンジケートのランクを上げる貢献物に適当でないマスタリー要件が設置されている問題を修正。
  • BasmuとCeti Laceraの設計図はトレードが可能に。
  • 受信ボックスに届いた通信があるメッセージはリプレイできるように。
  • まだマスタリー資格を満たしていない武器を購入しようとすると、マスタリー要件を表示するポップアップが表示されるように。
  • Banshee Primeシステムの設計図はこの記事でご案内したようにレア枠からアンコモン枠に変更されています。 https://forums.warframe.com/topic/1239666-psa-changes-to-banshee-prime-systems-rarity-and-ducat-price/
修正点:
  • クライエントとしてプレイ中、K-ドライブを装備するとマップから落ちてしまう問題を修正。
  • 生物保護タグを一つ以上入手すると生物保護タグの報酬が何枚入手できたか表示されない問題を修正。
  • Kela De Thaymでシネマチックをスキップすると中央の台場が欠落する問題を修正。
  • Magでプレイしているときにアークウイングガンを召喚して「Absorb」機能を持つMagnetizeを発動するとアークウイングガンが透明化し、リロードできなくなる問題を修正。
  • Euphora Primeのオルトファイアから欠落していたアニメーションを修正。
  • Epic ソーシャルメニューを開いているときにEpicオーバーレイとWarframeのマウスの移動が共有される問題を修正。
  • Shadow Stalkerとアコライトのコーデックスを回覧しているときにボスバーが表示される問題を修正。
  • ミッション終了報酬画面のUIで重なって表示されるDojo顔料アイコンを修正。
  • マーケットのバンドル及びパックアイテムをクリックしてからバンドル画面を出るとUIとオフセットスクロールバーが重なる問題を修正。
  • Capturaでリモートオブサーバーを発動するときと同時にオペレーターモードへ転移すると起こるクラッシュを修正。
  • Baro Ki'Teerの新しい商品Prisma Dual Decruionsが「[PH]」表記されている問題を修正。この修正により欠落していたアイコンとヘビー武器で利用したときに間違ったテクスチャが使用される問題も重ねて修正。
  • Prisma Dual Decruionsの既存設定でVazarin極性を二つ持ち合わせていない問題を修正。

ホットフィックス 29.5.9[ソースを編集]

December 15,2020 Forum Post



BansheeとMirageのPrime Vault

最新のPrime Vaultで敵を錯乱させよう! 皆さんにお知らせしたとおり、今回のPrime Vault解放では全く新しいプライムアイテムをご紹介します。

Banshee PrimeとMirage Prime、及び彼らのプライム装備などが期間限定で復帰します。 なお、Frost PrimeとEmber Primeおよび関連レリックはこれをもちましてVaultへ収納されました。

Banshee Prime、Mirage Prime、Euphona Prime、Kogake Prime、Akbolto Prime、Helios PrimeとDeconstructor Prime用のレリックはドロップテーブルに追加されています。

https://www.warframe.com/prime-vault このページから詳細をご覧ください。

  • Banshee Primeシステムの設計図はこの記事でご案内したようにレア枠からアンコモン枠に変更されています。
隔離保管庫とアルカナ依頼ミッションの流れに関する変更

これらの変更に関する理由やいきさつに興味がある方は以下のフォーラムサイトをご回覧ください。https://forums.warframe.com/topic/1240567-isolation-arcana-bounty-flow-changes/

隔離庫依頼ミッションの流れに関する変更点:

隔離保管庫の流れに関する変更は主に次の四点が導入されます。 導入される変更点により、必要であるステップを大幅に簡素化するだけでなく、あまり依頼ミッションになれていないプレイヤー皆さんでも内容を理解しやすくなることを期待しています。

  • 1.隔離保管庫の次のグレードを解放したいとき、特定のグレードは一度完了するだけで済むように。
    • a. 例えば、ネクロリスクのゲートの近くに存在するミッションをクリアしてグレード1隔離保管庫ミッションを完了したとします。 その後ダイモスを離れたり、ゲームを閉じても、カンビオン荒地に戻ってくるとグレード1のミッションをクリアしなくてもグレード2の隔離保管庫ミッションへ即時に参加できるようになります。 つまり、グレード1の依頼ミッションをクリアする条件が取り除かれたことを意味します。
  • 2. 隔離保管庫グレード1をクリアすると同じグレードのアルカナ依頼ミッションを受託することができるように。
    • b. 上記の改善された隔離保管庫の流れに関する変更と同様、セッションを脱離してからカンビオン荒地に戻ると、その場所に存在する隔離保管庫ミッションをクリアしなくてもアルカナ依頼ミッションを開始できるようになりました。
  • 3. 各隔離保管庫依頼ミッショングレードには、混乱を回避するためにカンビオン荒地で特定のMotherの位置を示すように。
    • a. グレード1:Motherは「ウンドラトム」にいます。
    • b. グレード2:Motherは「ALBRECHTの眺望」と「カタボリック・ガター」の間にいます。
    • c. グレード3:Motherは「アブセス」にいます。
  • 4. 隔離保管庫依頼ミッションのすべてのグレードはネクロリスクのMotherから斡旋されることが可能に。

隔離保管庫依頼ミッションとアルカナ依頼ミッションのドロップテーブルに関する変更点:

アルカナ依頼ミッションがよりアクセスしやすくなったので、ドロップテーブルのバランス調整も重ねて導入します。

  • 1. 隔離保管庫依頼ミッションとアルカナ依頼ミッションは同じドロップテーブルを引用するように。 隔離保管庫依頼ミッションとアルカナ依頼ミッションは各グレードごとに三つの異なるドロップテーブルを引用します。そして、これらの報酬リストは約三時間ごとに切り替わります。そのため、お求めの報酬とゲットするタイミングがより選択しやすくなりました。また、このシステムは他のオープンワールド風マップで受託できる依頼ミッションの仕組みと全く同じスタイルを使うようになりました。
    • a. ローテーションは、ネクロリスクの依頼ローテーションで表示されるものと同じウィンドウになっています。
    • b. 980f36ef2bf7c4b4ba4c334cebdf4138.png


  • 2. より難易度が高いミッションからより良いものが入手できるように、報酬プールとドロップ率は次のように調整されました。

ドロップテーブルへの変更の内訳:

  • オロキン マトリックス
    • 全体的に確率が少ないように。
  • レリック
    • 二つ調整前の依頼タイプの中間点であるパーセンテージ。
  • ネクロメカ武器パーツ
    • ターゲットを設定できるよう、三つのドロップテーブルに分割されます。
  • ネクロメカ用MOD
    • ドロップ率はあまり変わりませんが、よりターゲットを絞り依頼ミッションをこなせるよう分割されます。
  • ダイモス アルケイン
    • ドロップ率が大幅に高くなります。
  • シンチラント(グレード1)
    • 二つ調整前の依頼タイプの中間点であるパーセンテージ。
  • 武器パーツ(グレード2&3)
    • わずかに削減:多くのプレイヤーにとって、SporothrixとArum Spinosaの設計図は一度入手するだけで十分です。 すでに設計図を持っているプレイヤーは、グレード3まで時間と動力を使って進んだのにSporothrixやArum Spinosaの設計図がドロップして苦い思いをしたことがあるのではないでしょうか。 今回の変更では武器の設計図が取り除かれたわけではないのですが、ドロップ率の削減により、他の報酬を得られるチャンスが上がります。

ドロップテーブルから撤去されるアイテム: 次のアイテムはより新しく望ましい報酬を得る確率を高めるために撤去されます。

  • レアなダイモスのジェム
  • Endo

WarframeのPCドロップテーブルサイトは、これらの変更点が反映されています。

ボーナス:SporothrixとArum Spinosaの設計図がトレードできるように。

武器の設計図のドロップ率のバランスをとるために、SporothrixとArum Spinosaの設計図をトレード可能にしました。 SporothrixとArum Spinosaのパーツはすでにトレードが可能でしたが、設計図もトレードできることにより、より魅力的な報酬になることを望んでいます。

最適化
  • PCおよびXB1のシェーダーメモリに体系的なマイクロ最適化を実行。
  • マルチスレッドレンダリングを無効にすることによって引き起こされる巨大なメモリリークを修正。この問題を調査する上で多くの情報を提供してくださった.Zexalさんに感謝します。
その他の変更点:
  • Bonewidowネクロメカは、Voidrig ネクロメカと同様、カンビオン荒地でパトロール中または非アクティブ状態であるようになります。
修正点:
  • Warframeを閉じるときに起こるDirectX 12に関連するクラッシュを修正。
  • 激しい戦闘が繰り広げられているときに起こるDirectX 12に関するクラッシュを修正。
  • 依頼ミッションを表示中にコントローラーを使用して一時停止メニューを開き、分隊メンバーのプロフィールを表示すると機能が失われる問題を修正。 依頼ミッションを回覧しているときに一時停止メニューを開くことができないようになります。
  • レールジャックミッションで、グリニアクルーシップが破壊されたときに流れる爆発FXがブロック状で表示される問題を修正。 この修正により、不要なテクスチャの読み込みも重ねて修正されます。
  • リロード後にQuanta Vandalの腕が開かなくなるアニメーションに関する問題を修正。 この修正により、リロード時に発生していたモーションブラーに関する問題も修正。
  • QuantaVandalに関するスクリプトエラーを修正。
  • ExcaliburのSlash Dashで起こるスクリプトエラーを修正。

ホットフィックス 29.5.8[ソースを編集]

December 13, 2020 Forum Post



変更点:
  • Fatherのお店でアイテムをメッキ化するときに求められていたGrandmotherトークン25枚をFatherトークン25枚へ意図されていたように変更。 この変更が入る前にFatherのお店でGrandmotherトークン25枚を消費してしまったプレイヤーに対してスクリプト補填が行われます。 スクリプトは実行され、完了しました。


修正点:
  • クライエントとしてプレイ中、BonewidowのShield Maidenが破壊された後に正しく機能しない問題を修正。
  • XakuのGrasp of Lohkアビリティを素早く発動すると機能しなくなる問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1238057-xakus-graps-glitch/
  • クライエントとしてプレイ中、ホストのXakuのGrasp of Lohk武器が解除されて見えない問題を修正。
  • オーブ峡谷でコーパス増援ビーコンが生産された直後にまっすぐ立たない問題を修正。
  • Orviusが引き起こすクラッシュを修正。

ホットフィックス 29.5.7[ソースを編集]

December 11, 2020 Forum Post


 開発チームはこのホットフィックスで、皆さんから多々寄せられているネクロメカに関するご意見を反映させ、未だに残っている不具合をできる限り修正します。 年末の開発スケジュールに関する記事でお知らせいたしましたように、開発チームは通常ミッションでネクロメカを利用できるミニネクロメカ作戦を開発中です。 ミニ作戦の実装が近づくにつれて、ネクロメカの仕様や機能を見直し、今回のホットフィックスに関するフィードバックなどを基にさらなる調整を入れていく予定です。 このホットフィックスが導入されてから不具合などが見つかった場合、英語版スレッドまでお知らせください。

Bonewidowに関する変更と修正点:

今回ご紹介するホットフィックスでは、Bonewidowに関する変更及び修正点が盛りだくさんです。 VoidrigネクロメカのArquebexは高いダメージを誇る武器です。 Bonewidowはその一方、生存性と耐久性に重点を置いた近接ネクロメカです。 Exalted Ironbride はArquebexと対等である必要はありませんが、Ironbrideを含めるBonewidowの特性はArquebexより弱くなくてはいけないという決まりもありません。 今回のホットフィックスでは、皆さんから寄せられたBonewidowに関するご意見やご要望をできるだけ反映してお届けします。

  • ネクロメカ近接MOD(Pressure Point、Fury、Reach)はExalted Ironbrideに対しても効果を発揮するように。
  • BonewidowのShielf Maidenアビリティで存在する「Shield Bash」を「Maiden's Kiss」へと改名。
  • BonewidowのMaiden's Kissは15エネルギーを消費するように。
  • BonewidowがMeathookを発動中、投げた敵は100%の状態異常確率を誇るように。
  • BonewidowのMeathookはターゲットの最大ヘルスから何割かのヘルスを排出するように。 ターゲットが投げられたとき、与えられるダメージはターゲットの現在のヘルスの何割かになります。
    • これらの変更により、Meathookアビリティは敵のレベルによってスケーリングされるので、正しく対応できるでしょう。
  • BonewidowネクロメカはShield Maidenを発動中、ダメージを反射できるように。この機能はプレイヤーが操作するBonewidowに対してだけてきようされます。
  • BonewidowがShield Maidenを発動すると、数秒間の間敵の攻撃を吸収し、吸収したダメージはシールドのヘルスに加算されるように。
  • 敵のBonewidowのShield Maidenのヘルスは制限され、破壊できるように。
  • 敵のBonewidowはExalted Ironbrideを発動中、腕を再び取り付けることがないように。  
  • BonewidwoがIronbrideを発動しているときに弾薬UIは表示されないように。
  • ダイモス マイトーシドに対してBonewidowのMeathookを発動すると起こるクラッシュを修正。
  • ネクロメカへ転移したり転移しなおしてもBonewidowのShielf Maidenが無効化されない問題を修正。 この問題はシールドがプレイヤーの胸辺りで存在する問題が引き起こしていました。 間違って付いているシールドは無効でしたが、Maiden's Kiss を使い近接攻撃を仕掛けると、ネクロメカの無装備攻撃の代わりにエネルギーが消費されていました。
  • BonewidowのFiring Lineがコンパニオンやペットへ影響を与える問題を修正。
  • BonewidowのFiring Lineがプレイヤーをラグドール化する問題を修正。
  • 敵のBonewidowがIronbrideを発動中、Ironbrideがスタックして、銃モードへ切り替えることができない問題を修正。
  • BonewidowがSheild Maiden(Maiden's Kiss攻撃)を発動中に近接攻撃を仕掛けるとAtlasのLandslideアビリティのポップアップテキストが表示される問題を修正。
  • BonewidowのFiring Lineアニメーションが現在のシールド状態と正しく一致しない問題を修正。
  • 前面からの攻撃によってBonewidowの背後のヒットボックスをヒットできる問題を修正。
  • Shield MaidenとIronbrideのトグル設定をオフにしてもBonewidowが「アビリティの使用が妨げられている」と表示する問題を修正。この問題はUI上の問題でした。
  • 敵のBonewidowがMaiden's Kissを発動できない問題を修正。  
  • 敵のBonewidowが誤ったアイドルアニメーションを使用する場合がある問題を修正。
  • 近接攻撃コンボが有効な時に敵のBonewidowがShield Maidenの解除アニメーションを流す問題を修正。
  • Bonewidowへ切り替えたり切り替えなおしたりしてもShield Maindenが解除されず、ノーマル版近接ではなくMaiden's Kissモードのシールドを利用する問題を修正。 また、Ironbrideを発動したとき、コンボの最初の近接攻撃しか仕掛けない問題を重ねて修正しました。
  • 攻撃を受けているとき、BonewidowのShield Maidenのブロック範囲がとても小さい問題を修正。 この問題により、Bonewidowはシールドの効果を受けず、ダメージを受けていました。
  • クライエントとしてプレイ中、BonewidowのMeathookがターゲットを正しくくし刺ししない問題を修正。 この修正が入るまで、敵はラグドール化して空中に浮いていました。
  • BonewidowのMeathookアビリティによって保持されている敵がアビリティを発動できる問題を修正。
  • BonewidowのMeathookが「エネルギーが足りません」というUIメッセージを表示しない問題を修正。
Voidrigに関する変更、修正点:
  • 敵のVoidrigの回復アニメーションの長さを二倍に。この変更により弱点をヒットできる期間を延長。
  • Voidrigから転移しなおした後でも、Necrawebアビリティの「押して投げる」ツールティップが画面に残る問題を修正。
  • キャニスターを60秒以内に投げないと、VoidrigのNecrawebキャニスターが空中に浮き、ツールティップが画面に残る問題を修正。
  • BonewidowのMeathookの影響を受けている敵は、Shield Maidenを同時に有効化した場所へテレポートされない問題を修正。
ネクロメカに関する全般的な変更、修正点:
  • ネクロメカモードでホバリング中に銃を発射すると「エイム」モードと見なされるように。つまり、Critical FocusやMarked Target MODが適用されることを意味します。
  • クライエントとしてプレイ中、ホスト移行が発生するとミッションで獲得したネクロメカのアフィニティを失う問題を(もう一度)修正。
    • 開発チームはこの問題をすでに修正していましたが、ホットフィックス29.5.6で後退しました。この問題が再度発生したことをお詫びいたします。
  • 敵のネクロメカは(VoidrigとBonewidow両方)プレイヤーに向けてスライドするときに身体を回転するように。
  • 数体のネクロメカが画面に表示されるとき、プレイヤー同士との距離を調整し、他のプレイヤーのネクロメカがもう一体のネクロメカの真上に立つ問題を回避。
  • クライエントとしてプレイ中、オペレーターに転移してからネクロメカへ転移し、オペレーターへ切り替えるとオペレーターが透明になる問題を修正。
  • VoidrigとBonewidowが装備している武器を使って攻撃を仕掛けない問題を修正。
  • アーセナル画面でネクロメカを装備するとWarframeの統計が間違った数値を表示する問題を修正。
  • すでに召喚したネクロメカをもう一度召喚すると爆発するように見える問題を修正。
  • 射撃中にダッシュした後、ネクロメカの武器が継続的に発砲してスタックする問題を修正。
DirectX 12に関する変更、修正点:
  • Windows 10より古いバージョンWindowsでDirectX 12を利用するとランチャーがクラッシュする問題を修正。
  • DirectX 12モードの安定性を向上。GPU粒子に関するクラッシュも重ねて修正。
最適化:
  • 自動Vsyncを利用するときに起こるフレームレートに関する問題を改善。
変更点:
  • ネクロリスクのFatherの商店でKitgunを製作したりメッキ加工や命名をできるように。  
  • 隔離保管庫依頼ミッション中にキーを掴むときに流れるベイトコンソールのコンテキストアクションの範囲を拡張し、キーをすり抜けたり、その上に立ってしまう問題を修正。
  • ネクロメカやWarframeをコントロールしていない時、ミニマップへ小さく青いヘルメットミニマップ表示されるように。
  • NekrosのSoul Punchの範囲攻撃ダメージは敵をOriginシステム全体に送り込まないように。
  • サードパーティーのオーバーレイ(例:Steam、OBS、Discordなど)などを使っても安定性が保てるように変更。
  • DirectX 12モードの安定性を向上。GPU粒子に関するクラッシュも重ねて修正。
  • コーパス・シップマップでAIがスタックする問題を解消に向けて改善。
  • レールジャックブースト・スタミナが不足すると、ブースト状態がクリアされ、一度使い果たされたブーストは再充電されないように。
  • XakuのGrasp of Lohkアビリティ音響を減少。
修正点:
  • Prime FulminationとFulminationを同時に装備できる問題を修正。
    • Baro Ki'Teerは新しいMOD「Primed Fulmination」を先週末入荷しました。その時、Primed FulminationとFulminationを同時に装備できる問題が発生したため、皆さんにはこの記事でご説明させていただきました。 Warframeでは通常、ノーマル版MODとそのPrime版MODを同時に同じ武器へ装備できないよう開発されています。皆さんにご不便をおかけしましたことをお詫びいたします。
  • Nihilボス戦を始める前にクリスタルと交流すると起こるクラッシュを修正。
  • チュートリアルのシネマチックシーンをスキップすると起こるクラッシュを修正。
  • クライエントとしてプレイ中、Orviusを使うと起こるクラッシュを修正。
  • 転移能力を使っているときに死んだりダウンすると一時停止ボタンが機能しなくなる問題を修正。
  • ダイモス・アルカナアップデートが実装されてからAyatan Amberスターのドロップ率が低下していた問題を修正。
  • コントローラーでメニューを操作するとき、「プレーヤーリスト」をD-Padにバインドするとその機能が上書きされる問題を修正。
  • マスタリーランク30へ到達したときに追加されたRiven MODスロットに配置されたRiven MODをトレードできない問題を修正。
  • ダイモスの心臓クエストを始めるときに着陸シーンをスキップすると画面が真っ黒になる問題を修正。これによりカンビオン荒地へ到着するときに起きていた同じような画面に関する問題も修正できました。
  • ナビゲーション画面でカンビオン荒地やオーブ峡谷のノードをプレイするためにオンラインモードで他のプレイヤーを待っていても他のプレイヤーが参加できない問題を修正。
  • Nihilと交流してからチャット機能が無効化される問題を修正。
  • RevenantのDanse Macabreを発動した後、ノックダウンされたり建物などのふちを掴もうとするとアビリティを発動したり解除することができず、オペレーターモードへも転移できない問題を修正。
  • クライエントとしてプレイ中、NekrosのSoul Punchを使い犠牲者をマークしてから犠牲者を武器を使い倒すと、その犠牲者はShadowとして生産されない問題を修正。
  • ミッション終了画面でネクロメカの特別な武器へアフィニティが加算されているように見える問題を修正。実際にアフィニティは加算されていませんでした。
  • カンビオン荒地のプレイヤーが届かない場所へノードが生産されるため、採掘ができなくなる問題を修正。
  • 新しい感染チャンバーVermisplicerとSporelacerを使い作成されたKitgun武器をチャットリンクできない問題を修正。
  • アーセナル統計でCatabolystがトリガータイプを表示しない問題を修正。
  • ホストが自由行動ミッションで分隊を離れると、ヘルスバーに誤ったヘルス量が表示される問題を修正。
  • ダイモス セリドが他の敵を確保し投げようとするタイミングで死亡すると敵のラグドールは真っ二つに切断される問題を修正。
  • アークウイングのストレイフ用アニメーションが機能しない問題を修正。
  • 通信音音量スライダーが100であるときに声音量スライダーが100へリセットしない問題を修正。
  • Inaros Primeのチャットリンク画面で設計図のアイコンが表示される問題を修正。
  • Tyl Regorの斧が真っ黒に表示される問題を修正。
  • Voidやロパロリスト戦でレーザービームの音響が流れない問題を修正。
  • カンビオン荒地の空で壁が正しくレンダリングされない問題を修正。
  • カンビオン荒地で弾薬がドロップすると過度のブルーム効果が表示される問題を修正。
  • レールジャックのメッシュの中に透明な壁が生産される問題を修正。
  • ネクロリスクCapturaシーンで間違った脱出プロンプトが表示される問題を修正。
  • Damzav-Vatiを持っているときにAkbronco PrimeへMODを自動装備しようとすると起こるスクリプトエラーを修正。
  • WARFRAMEアビリティを発動するときに発生するスクリプトエラーを修正。
  • レアアイテムや素材UIがポップアップすると起こるスクリプトエラーを修正。

ホットフィックス 29.5.6[ソースを編集]

December 2, 2020 Forum Post



BONEWIDOWのアビリティに関する変更点:

Bonewidowは週末公開テストクラスターにご参加いただいた皆さんからのご意見やご要望を導入し、不具合の修正などを多々行ってからリリースしましたが、このホットフィックスでBonewidowをもう一度調整します。 特にBonewidowのアビリティに関するご意見やご要望が多々寄せられていたため、このホットフィックスでアビリティのオーバーホールを行います。 お忙し中たくさんのご意見、ご要望をフォーラムの方へ書き込んでいただきありがとうございます。

MEATHOOK:

BonewidowはVoidrigと比較して、より「硬い」ネクロメカとしてリリースされました。しかし、皆さんからのご意見によると、ヘルスを回復できないことが一番のネックであり、この点を改善できるよう議論を重ねました。 この問題を考慮した上で次の変更を導入します。

  • 保持されている敵は、時間の経過とともにヘルスを失うように。失ったヘルスはBonewidowへ転送され、 保持されている敵へDoTが適応されるように。
    • ヘルスが減少する速度と減少する%はアップグレードが可能です。
  • Meathookを発動するときに流れるアクションアニメーションを改善し、よりシャープで一貫性があるように。
    • 開発チームは「掴む」トリガーを発動したときにアニメーションが前方にスライドしていることを確認しました。この問題により、AIが近くにいる時でも「掴む」アクションを起こしたときにAIを通り抜けているように見えることもありました。

SHIELD MAIDEN:

  • シールドへダメージ反射を追加。ブロックされたダメージはターゲットへ反射されるように。
    • ダメージ反射はレベルと威力MODによりアップグレードが可能です。
  • Exalted Ironbrideを発動しながらShielf Maidenを利用して近接攻撃を仕掛けるとShield Bashにアクセスできるように。

FIRING LINE:

Firing LineはExalted Ironbrideを発動して敵を細断するために、より良いセットアップとして機能することが必要だと判断しました。

  • 5秒間の間ヒットした敵へ浮遊状態異常を付与するように。この機能はMODによってアップグレード可能です。
  • 宙に浮いている敵へ1.5xのダメージ乗数を追加。

EXALTED IRONBRIDE:

  • 三度目の近接ストライクにクリティカルヒットも可能である周囲ラグドール機能を追加。しかし、この周囲ラグドール機能は攻撃範囲内に収めるために完全なノックバックを仕掛けることはできません。
  • オーバースイングを防ぐため、Exalted Ironbrideへわずかな照準アシストを追加。

SHIELD BASH:

  • Shield Bash機能ははソードとシールドを持っているときだけではなく、シールドを装備しているとき常に機能するよう、拡張されました。
    • 銃・シールド:近接キー(デフォルトではE)
    • ソード・シールド:マウスの左ボタン
  • Shield Bashへ浮遊状態異常を追加。

変更全般

  • 応答性を向上させるために、Bonewidowジャンプ近接攻撃を1秒短縮。
変更点:
  • フルスクリーンビデオモードをサポートしない通常とは異なるDx12ビデオドライバーのサポートを改善。
  • Loid/Otakのセリフのペースを改善するために、隔離保管庫ミッションの第二ステージで流れるセリフのタイミングを調整。 また、音響がエスカレートするタイミングをわずかに調整し、より強い敵の到着が遅れるように。
  • 「ヒント通信」音響トグルはガラス亀裂に関する通信を含めるように。
  • ネクロメカの効率MODが100%を超えてスタックできないよう調整。 この変更は、Necramech DriftとNecramech Efficiencyへも適用されます。 Necramech Driftは最大ランクへ到達すると60%へ。ホバー効率とNecramech Efficiencyは最大ランクへ到達すると30%エンジン効率になるように。 この二つのカテゴリーを同時に利用すると効率が最大90%まで引き上げることができます。
    • ネクロメカの効率MODはスタミナに影響を与えるすべての操作の効率を60%まで高めていました。(最大ランク時)そのため、他のMODで拡張する余地がほとんどなくなることを意味します。 Necramech Driftは最大ランクで125%の効率を発揮しており、このMODと組み合わせると望ましくない値が得られるような仕様になっておりました。 この点をデザインしているときに気付かなかったことをお詫び申し上げます。
  • 地位ランクが18から19へランクアップするときに表示される地位ランクのフォントサイズを増加。
  • レールジャックに関するインベントリスロットの流れをわかりやすいように改善。
    • テキスト+スクラップボタンの代わりにアイコンを使用し、残骸の容量カウントの外観を変更。カーソルを当てるとテキストが表示され、クリックするとスクラップを実行するウィンドウを表示するように。


    • パーツと兵装(構築された残骸)を組み合わせたボタンを追加して、パーツと兵装の容量を表示し、専用のスクラップウィンドウを使用して複数のスクラップを同時に行えるように。
  • カラーキーCapturaシーンにリバーブ音響設定を調整。
修正点:
  • 足跡・通った後に跡を残す可能性のある雪のあるマップでマルチコアシステムを使うDirectX12で起こるクラッシュを修正。
  • 新しいマップへローディング中にゲームを最小化し、Altキーをおしてフルスクリーンモードへ切り替えるとメモリ破損が発生するため起こるクラッシュを修正。
  • クライエントに対してシンチラントの音響が複製されない問題を修正。この問題によりクライエントはシンチラントを確かめることができず、なかなか入手できませんでした。
  • ヘビー武器スロットとネクロメカ銃スロットに同じアークウイングガンを利用すると、ネクロメカを始めて召喚したときに獲得したアフィニティがネクロメカバージョンのアークウイングガンに適用されない問題を修正。
  • Dojoでファストトラベルおよび装飾モードを使おうとするとUIが反応しなくなる問題をもう一度修正。
  • Chromaを利用中にAerial Aceを発動するとChromaのパッシブが撤去され、ドラゴンの羽がダブルジャンプを行ったときに表示される問題を修正。
  • 周囲にターゲットがいない時にXakuのGrasp of Lohkを発動しなおすとすでに入手していた銃が失われてしまう問題を修正。
  • 敵がプレイヤーにとって初めてのShadowである場合、NekrosのSoulpunchは敵をShadowとして浮かばせず、Shield of Shadowsのアビリティ威力効果を利用しない問題を修正。
  • クライエントに対して、NekrosのSoulpunchによって死へ至った犠牲者がShadowとして召喚されない問題を修正。
    • 現在調査中の不具合:クライエントとしてプレイ中、Soul Punchを使い犠牲者をマークしてから武器を使い倒すとその犠牲者がShadowとして召喚されない問題。
  • クライエントとしてプレイ中、レジジュアルアルケインのゾーンダメージの数字が表示されない問題を修正。
  • BonewidowのMeathookがダージンを掴む問題を修正。
  • ビーム系Kitgunでフォースフィードバックが正しく機能しない問題を修正。
  • ホストが液体袋を持っていると、感染研究依頼ミッションの液体袋に関する目的テキストが間違って置き換えられる問題を修正。
  • 最後のミッション結果UI画面にミッション終了メダルが表示されない問題を修正。
  • ログインした直後にゲーム内マーケットですでに持っているアイテムを表示すると灰色のボックスが表示される問題を修正。
  • マップを移動するときにレールジャック操縦コンテキストアクションを利用すると起こるスクリプトエラーを修正。
  • カンビオン荒地で発掘エンカウントを始めると起こるスクリプトエラーを修正。

ホットフィックス 29.5.5[ソースを編集]

November 30, 2020 Forum Post



ダイモスの亀裂依頼ミッションに関する変更、修正点:
  • 亀裂へ「ABCDE」マーカーを追加し、次に行く場所へ誘導されやすいように。
  • すべてのプレイヤーがエミッターの位置を知ることができるよう、エミッターのケースへ青いマーカーを追加。
  • エミッターの充電がなくなった後にホスト移行が発生すると起こるクラッシュを修正。
  • エミッター格納ユニットに関するスクリプトエラーを修正。
最適化:
  • すべてのプラットフォームでGPUパフォーマンスに関するマイクロ最適化を実行。特に高解像度でゲームをプレイしているときに効果を発揮していることが確認できるでしょう。
変更点:
  • 『ダイモスの心臓』クエストをプレイ中、ネクロリスクのGrandmotherから「家族の絆を深める」オプションを撤去。プレイヤーがこのオプションを選択するとクエストを進行することができない場合がありました。
  • Arquebexの弾速を向上。
  • Orokin遺跡船に関する情報を言及しているテキストを更新。
  • 敵のネクロメカの背後の弱点の大きさを拡大。
    • この変更により、ネクロメカへ発砲すると見えるものとより一貫性を保つようになるはずです。
DirectX 12に関する修正点:
  • DirectX 12を有効化しながらプレイすると起こるクラッシュを修正。この問題は特に水があるマップをプレイ中、ネットワークが遅廷したとき、及び多くのコアを備えたCPUを使いながらゲームをプレイすると起こっていました。
  • サードパーティのオーバーレイソフトウェアによって引き起こされるシャットダウン時のクラッシュを修正。
修正点:
  • クライエントとしてプレイ中、ホスト移行が発生するとミッションで獲得したネクロメカのアフィニティを失う問題を修正。
  • VaubanのFlechette Orbを発動すると起こるクラッシュを修正。
  • バルパファイラがMartyer Symbiosisを解除すると起こるクラッシュを修正。
  • 分裂ミッションをプレイ中起こるクラッシュを修正。
  • GarudaがBloodlettingアビリティを発動すると起こるクラッシュを修正。
  • 隔離保管庫依頼ミッションでホスト移行が発生すると敵のネクロメカが生産されなくなり、ミッションを進行できなくなる問題を修正。
  • Dojoのテレポート装置を設置してから名前を変更すると装置が消えてしまう問題を修正。
  • フラジェロカンスがルミノス・ダイをハイライトしない問題を修正。
  • Tonkorのエクシラススロットを解放しようとする時に、オロキンカタリストが要求される問題を修正。
  • 『ダイモスの心臓』クエストで表示されるヒントが間違っている問題を修正。
  • ダイモス 洞窟シーンでコリジョンが欠落している問題を修正。
  • 依頼ミッションをクリアしたときに報酬として配布されたフォーカスレンズのアイコンが引き延ばされて表示される問題を修正。
  • KhoraのスペクターがStrangle Domeしか利用せず、他のアビリティを発動しない問題を修正。
    • タップしてサイクルするアビリティ「Venari」は発動されていました。 しかし、Venariはデフォルトの攻撃モードしか使用していませんでした。
  • 鋼の道のりデイリーアラートノードをプレイしようとすると、そのベースバージョンをプレイしているプレイヤーとマッチメーキングされる問題を修正。
    • この問題が起こると、スティール・エッセンス3個もらえるミッションに参加していると思っているのにもかかわらず、スティール・エッセンスが入手できませんでした。
  • ネクロメカ(VoidrigとBonewidow両方)や組み立て式K-ドライブへ極性を付与すると、セカンダリエネルギーカラーが表示されない問題を修正。
  • IvaraのNavigatorでブーメランを制御していると、ヘビー攻撃を使用してブーメランを爆発させることができない問題を修正。
  • Garudaのスペクターを利用しているときに起こるスクリプトエラーを修正。
  • HelminthへWARFRAMEを組み込む過程でアニメーションが流れているときにゲームを閉じると起こるスクリプトエラーを修正。
  • アルケインを含めるMODリンクをクリックすると起こるスクリプトエラーを修正。
  • アーセナル画面で外観を更新するときに起こるスクリプトエラーを修正。
ダイモス・アルカナ:ホットフィックス 29.5.5.1
修正点:
  • BonewidowのExalted IronbrideがMODの効果を適用しない問題を修正。
  • プレイヤーのプロフィール画面でBonewidowが間違ったカテゴリーに表示される問題を修正。

ホットフィックス 29.5.4[ソースを編集]

November 27, 2020 Forum Post



DirectX 12 ベータ版:サポート開始

私たちはついに、DirectX 12のベータ版サポートを開始しました。

DirectX 12のドライバーはDirect X 11の標準ドライバーとグラフィックに似ていますが、DirectX 12をサポートすることにより、次世代の最適化を実行することが期待できます。 WarframeでのDirectX 12用のサポートはまだデータ版でとどまりますが、ほとんどのグラフィックカードで処理されるレンダリングがわずかに速くなることに気付くことでしょう。また、マルチコアシステムでは特にレンダリングの速度が向上することに期待できます。

いくつかの最適化はまだ開発中です。 例えば、新しいドライバーは、DirectX 11のドライバーで自動化されているシェーダーキャッシュをサポートすることができません。 そのため、DirectX 12のドライバーはシェーダーを一般的な形式からご利用のグラフィックカード用に最適化されたバージョンに返還する必要があることを意味します。 ご利用のシステムによっては、シェーダーが初めて必要になったとき、微妙にぎこちなく作動する場合があります。 他のゲームでは、このプロセスを回避するためランチャーで大規模なシェーダー・コンパイル過程が強制されます。 私たちはこの強制過程を回避できるよう、異なる解決策を開発中です。

なお、開発チームはDirectX 12のドライバーの初期ベータテスト中に、いくつかの不具合を修正したいと考えているため、 皆さんからのご協力をお願いします。クラッシュが発生した場合、クラッシュハンドラーを通じて不具合を報告してください。 また、DirectX 12ドライバーを利用しているときに起こるクラッシュを高い確率で再現できるのにも関わらず、DirectX 11で同じクラッシュを再現できない場合、英語版スレッドの方へ「WAR-#」を報告してください。 クラッシュが起きた時に報告をする方法はこのページをご覧ください。

また、DirectX12を有効にした場合、外観がどの様に違うかということにも関心があります。 外観が通常よりも特に違う場合、不具合を示している可能性があります。不具合を見つけた場合、ゲーム内機能の「F6」ボタンを使って、サポートの方へリクエストを送信してください。 スクリーンショットの取り方はこのページからご覧いただけます。

参加方法:

ランチャー設定でDX12を有効にしてください。

ネクロメカに関する変更と修正点:
  • Bonewidowへ三つの極性「Vazarin」「Vazarin」「Madurai」を追加。 デザインをしている段階ではVoidrigのように極性が付与された状態でリリースされる予定でしたが、付与されないまま実装されました。皆さんにご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。
    • デフォルトで極性が付与されていたはずのスロットへフォーマを使用し極性を付与された方は、選択された極性を無極性のスロットへ移動しました。 なお、すでにフォーマを九つ利用して、すべてのスロットへ極性を付与されている方へはフォーマが返却されます。
  • カンビオン荒地でネクロメカを召喚しやすくなりました。 この変更により、丘や斜面で召喚しても「無効な射出ポイント」というエラーが少なくなるはずです。
  • BonewidowのMeathoodアビリティはダイモス カルニスとダイモス サクサムをくし刺ししないように。
  • 敵のVoidrigネクロメカのStorm Shroudアビリティは耐性を付与せず、代わりにバフの効果時間中ダメージを軽減するように。
  • 分隊メンバーがVoidrigのNecrawebアビリティを発動しているときにミッションへ参加すると起こるクラッシュを修正。
  • 隔離保管庫でFiring Lineを発動させているBonewidowを戦っているときに起こるクラッシュを修正。
  • Bonewidowの近接武器を装備しようとしているアニメーションが流れるときに近接攻撃を仕掛け、Exalted Ironbrideを使おうとしても使うことができない問題を修正。
  • Bonewidowに転移して転移しなおすと、BonewidowのExalted Ironbladeが透明化する問題を修正。
  • Shielf Maidenがブロックを仕掛け、BonewidowのExalted Ironbrideを無効化しているときに有効な武器が「PUGIL」として表示される問題を修正。 この変更により、ブロックを解除して装備解除アニメーションを再生できるようになるまで、銃の発射とシールドバッシングの両方を防ぐことができます。
  • カンビオン荒地の浅い外分泌でネクロメカを召喚できない問題を修正。
    • この修正により、エイドロンの草原やオーブ峡谷の湖の周りでネクロメカを召喚できるようになります。
  • 他のプレイヤーのネクロメカによりバキューム(ピックアップされた)アイテムの辺りを動くことができる問題を修正。 バキューム機能は自分のピックアップのためだけに影響を及ぼすようデザインされています。
  • インベントリ画面でネクロメカを検索しても表示されない問題を修正。
  • ネクロメカのアビリティを発動すると起こるスクリプトエラーを修正。
カンビオン荒地での発掘ミッションに関する変更、修正点:
  • 発掘依頼ミッションを四人分隊でこなすときにエンドレス形式でクリアする必要のある掘削機の数を5から3へ。 この変更により、各ラウンドをクリアするペースが少し早くなり、敵のレベルが上がるペースも上がります。
  • 掘削機を起動したときに5秒間の無敵期間を追加。
  • 掘削機を起動する時間を3秒から5秒へ増やし、最初の掘削機には追加の3秒を付与。この調整によりプレイヤーが敵との対戦へ向けて準備する期間を増やしました。
  • エンドレス依頼ミッションの報酬バナーが前ステージの正しいボーナスアイコンを表示しない問題を修正。
  • カンビオン荒地で設置される掘削機の配置に関する問題を修正。
  • 掘削機が設置されるときに流れる音響が再生されない問題を修正。
ブーメラン系武器に関する変更、修正点:
  • オルトファイアは、ブーメラン+銃モードでブーメランのヘビー攻撃を仕掛けるように。 武器が当初設計されたときに意図されていた仕様では、セカンダリ武器へオルトファイアを振る予定でした。しかし、ブーメランが空中を移動しているときにヘビー攻撃を仕掛ける場面が少なく、セカンダリオルトファイアが必要な場面がなかったため、この変更が入ることになりました。 デュアルウィールドモードと近接装備モードでヘビー攻撃の入力が同等であることが重要だと感じています。 貴重なご意見をお寄せいただきありがとうございます。
  • ブーメランが空中飛行している時、オルトファイアはヘビー攻撃を仕掛けるように。 ブーメランは以前、距離の制限に達して、プレイヤーの元に帰ってきている時爆発をさせることができませんでした。
  • ブーメランがプレイヤーの元に帰ってきているときにプレイヤーの周りを周回する問題を修正。 https://www.reddit.com/r/Warframe/comments/k00a5e/return_of_glaive_orbit/
  • ブーメランを連続で投げると投てきに失敗する問題を修正。
変更点:
  • 依頼ミッションの目的は(自由行動のミッションを含める)投票が終了してから5秒後に有効化され、通信などが流れた後、すべてのプレイヤーがエンカウント地点に到達してから開始されるように。
  • Baurahn Primeエフェメラを更新。この変更により、ドラゴンの身体はアクセントカラーを適用するため、より幅広いカスタマイズオプションから選ぶことができるでしょう。
  • 星系マップからカンビオン荒地へロードするとネクロリスクのゲートのすぐ外に配置されるように。 ネクロリスクからとても遠い場所へ配置されるため、星系マップからカンビオン荒地で起きているセッションに参加することができませんでした。
  • Noraの音響スライダーは送信・出力サウンドにも影響を与えるように。
  • Stalkerとアコライトのメンバーは「ボス・ヘルスバー」が適用されるように。
  • アーセナル画面でエネルギーに関するツールチップメッセージを「Warframeアビリティを発動するために使用」ではなく「アビリティを発動するために使用」というものへ更新。
「ダイモスのごちそう」依頼ミッションに関する修正点:
  • 菌類ポリープを掘り起こしているときにホスト移行が発生すると起こるクラッシュを修正。
  • ポリプ・ホグ ジャガーノートが死亡するアニメーションが流れているときにホスト移行が発生すると起こるクラッシュを修正。
  • ポリプ・ホグ ジャガーノートが埋まっている場所で停止しているのにも関わらず、菌類ポリープを掘り起こさないため、ミッションが進行できない問題を修正。
  • ポリプ・ホグ ジャガーノートが菌類ポリープの範囲に到達したときに、プレイヤーが範囲外にいたり、死亡していると起こる進行ストッパーを修正。
  • ポリプ・ホグ ジャガーノートが菌類ポリープへ到達して、アクションを起こすまで15秒待つ問題を修正。
修正点:
  • ガス・シティ妨害ミッションで起こるクラッシュを修正。
  • ピットモンスターと戦っているときにホスト移行が起こると発生するクラッシュを修正。
  • ダイモスのジーロイド プリレイトボス戦でArloの炎を持っていても光を放たない問題を修正。
  • NaramonのDisorienting Blastが、分裂デモリスト及びデモリッシャーの航路を破壊する問題を修正。
  • NidusのVirulenceがVolatile MaggotやStrain Maggotsの恩恵を受けない問題を修正。
  • Sigma and Octantis、Cobra and CraneとWolf Sledgeで近接ヘビー攻撃が機能していない問題を修正。
  • ダイモスの亀裂依頼ミッションでホスト移行が発生すると目的マーカーが消えてしまう問題を修正。
  • 感染体研究依頼ミッションから欠落している通信を追加。
  • Dojoの装飾品やオブジェが最後に設置した場所からテレポートする問題を修正。
  • トリックを仕掛けたときに感染体K-ドライブのパーツが崩れてしまう問題を修正。
  • 地下にあるはずの部屋がカンビオン荒地の地表へ突き出る問題を修正。
  • 複数のWarframeに対して、Ranulystシャンダナがクリッピングする問題を修正。
  • レンズを使用して製作するアイテムをファウンドリで見るとレンズのアイコンが押しつぶされて表示される問題を修正。
  • Nihilの小瓶がオービターの壁を突き抜けて表示される問題を修正。
  • オービターでスキャナーをホットキーを使い呼び出すと、ピストルを表示する問題を修正。
  • アーセナル画面で乗り物の音響が聞こえる問題を修正。
  • GarudaのBlending Talons増強MODで「[PH]MODコンボカウントの確率」が表示される問題を修正。
  • オーブ峡谷でソラリス連合エージェントを救出するときに起こるスクリプトエラーを修正。
  • VorがVoidで出現すると起こるスクリプトエラーを修正。
  • ハイブミッションをプレイしているときに起こるスクリプトエラーを修正。
  • 開発チームは現在、ホスト移行が発生したときにネクロメカがアフィニティを失う不具合を調査中です。

ホットフィックス 29.5.3[ソースを編集]

November 25,2020 Forum Post



生物保護に関する変更点:
  • レアなネクシフェラと遭遇できる確率を増加:
    • コモン 67%->56%
    • アンコモン 23%->28%
    • レア 10%->17%
      • ネクシフェラにはVome/Fassサイクルに関する制限がなく、一匹づつしか生産されないため、特定のものを探しているとなかなかお目当てのものに会うことができないという意見が多く寄せられていました。 この変更により、お探しのネクシフェラに遭遇しやすくなるでしょう。
  • Echoルアーを使いながら動物の鳴き方の真似を適切にしないとSonからの通信が流れるように。
感染体研究依頼ミッションに関する変更点:

「液体袋を四つ以上収集しない」というボーナス条件は、マークされた敵を25および30を倒そうとすると難しい条件であるという意見が多々寄せられていました。 そのため今回、一般的な依頼ミッションの流れを考えながら、いくつかの変更を加えます。

  • 液体袋からの液体がはねかえる範囲を16mへ増加。
  • 液体袋を保持している間、敵の強化密度を増加。
  • 液体袋を持ちながら援軍が来るまでの時間を1秒短縮。
変更点:
  • マスタリーポイントに関する表でKitgunをプライマリ・セカンダリ武器から別のカテゴリーへ分類されるように。
    • ダイモス・アルカナアップデートではマスタリー内訳画面でKitgunは別の場所で表示されます。 また、この変更により、同じアイテムが二回カウントされることが防止されます。
  • Orviusのチャージ射程物による自己ダメージを撤去。
  • DeconstructorはVolatile Quick ReturnとVolatile Reboundを装備できないように。
    • Deconstructorの発射物には爆発性がないため、これらのMODを装備しても何も起こりませんでした。
  • ブーメラン近接は、デュアルウィールドモードでAthodaiのセカンダリファイアビームをキャンセルするように。
  • Volatile Quick Returnの統計を+100%爆破範囲から+3へ。
    • 乗法半径の増加により、ベース半径が大きいブーメランは意図した範囲よりも大きい範囲で増加されていました。
  • ネクロメカの体当たりおよびホバリングに関するコントローラーのバインディングを体当たりは「しゃがみ」およびホバリングは「エイム」へ変更。
    • プレイヤーの皆さんから「コントローラーを使いホバリングを押し続けると右スティックでエイムをあわせることができず不便だ」とご意見が寄せられていました。 つまり、コントローラーをご利用のプレイヤーの皆さんはネクロメカを空中に浮かせてプレイすることが困難であり、地上戦でしか使う方法がありませんでした。 今回の変更によりよりスムーズなゲームプレイがお楽しみいただけるでしょう。
修正点:
  • ダイモス・アルカナの依頼ミッションのローテーションAの報酬テーブルへArum SpinosaとSporothrixの設計図が含まれていなかった問題を修正。 Arum Spinosa の設計図はローテーションAで18%の確率でドロップし、Sporothrixの設計図は21%の確率でドロップします。
  • 『デッドロック・プロトコル』クエストの最終ボス戦をクリアできない問題を修正。
  • ネクロリスクへ帰還してから隔離保管庫ミッションをMotherから受託できない問題を修正。
  • ダイモスの隔離保管庫依頼ミッションの亀裂で起こっていた問題を修正。
  • クライエントしてプレイ中、Grendelを使うと起こるクラッシュを修正。
  • ドローンに関する問題を修正。
  • Dojoでファストトラベルおよび装飾モードを使おうとするとUIが反応しなくなる問題を修正。
  • アークウイングを使っているときにMorghaのプライマリファイアが意図されていた数より多くの弾丸を使う問題を修正。
  • ポリプ・ホグ ジャガーノートが間違ったエリアで掘るアニメーションを流す問題を修正。
  • グリニアガレオンタイルセットで起きていた敵の航路に関する問題を修正。
  • Mireの近接入力が反応しなくなる問題を修正。
  • BonewidowのExalted Ironbrideがクライエントにとってうまく作動しない(つまり表示されない)問題を修正。
  • ダイモスの依頼ミッションの亀裂で起こる安定性の問題とクラッシュを修正。
  • ダイモスの亀裂に関する依頼ミッションが正しく進行しない問題を修正。
  • Helminthへ組み込む作業でプレイヤーの入力機能が失われる問題を修正。
  • 感染体K-ドライブにスクロールを装着できない問題を修正。
  • 他のプレイヤーのプロフィール画面を表示するときにミッションマスタリーの内訳が表示されない問題を修正。
  • ゲーム内ニュースのコンソールがテキストへクリッピングする問題を修正。
  • 感染体研究依頼ミッションで液体袋を拾うときに表示される [HC] を修正。
  • メダルへテキストのファイルパスが表示される問題を修正。

ホットフィックス 29.5.2[ソースを編集]

November 24, 2020 Forum Post



アップデート29.5.0のパッチノートから抜けていた記載事項:
  • 開発チームはアップデート29.5 ダイモス・アルカナで鋼の道のりの惑星をクリアする度にスティール・エッセンス25個を報酬として配布するようになる変更を導入しました。 今回のホットフィックスでは、鋼の道のりの惑星をすでにクリアしているプレイヤーへ受信ボックスを介して、この変更が行われる前に入手したスティール・エッセンスの数との差額(つまり各惑星につき23個)を配布します。 条件を満たすプレイヤーはログインすると自動的に配布されます。
Bonewidowに関する変更点:
  • Firing Lineアビリティは光線が当たった敵が動きを取れないように強制的なよろめきが付与されるように。
  • Shield Maidenアビリティのヘルスプールを拡大し、ブロックの角度を増加。角度のデフォルト値は160度、そしてShield とExalted Ironbladeを長押ししているときの角度は220度になります。
  • Exalted Ironbladeは最大ランク時、基礎ダメージ値が1500へ。元の1000から増加しました。
  • Exalted Ironbladeアビリティの基礎クリティカル率を45%へ。また、乗数は3倍へと調整されました。元の統計は5%と1.5倍でした。
変更点:
  • シータスへオーディオミックスの調整機能を追加。
  • 新しいアート作品を、ゲームのロード画面へ追加。  
  • Phahdの発射体の自己よろめき範囲を減少。
  • 麻酔銃の効果を受けている動物へ目的マーカーを追加。
  • ダメージを増加するグリップとVemisplicer Kitgunチャンバーを組み合わせたKitgunからリコイルを減少。
  • 洞窟で生産されるネクシフェラの質と量を向上。
  • 自然に生産されるアビカイアが取る動作を改善。
  • Simarisの提供品ストアで入手できるはずのMacheteの設計図をこのストアでは考慮されていない方法で入手し、売却した人でも購入できるように。
修正点:
  • 利用しているWarframeとネクロメカが死亡すると入手したアフィニティが消失される問題を修正。
  • ブーメラン武器に関する変更が導入されたため、片手近接武器が正しく機能しない問題を修正。 この問題の影響を受けていた武器は次のとおりです。Machete系の武器、Plasma Sword、Destreza、Destreza Prime、SheevとScoliac。
  • 隔離保管庫の依頼ミッションが常にコモン枠の報酬から引き出され、最終ステージでボーナス報酬が配布されない問題を修正。
  • エントラティ家族からノーマルマップが欠落している問題を修正。
  • オペレーターからノーマルマップが欠落している問題を修正。この問題により、顔がずれていたりする不具合が発生していました。
  • オベリスクを発動すると敵が生産されない問題を修正。
  • 新しい隔離保管庫ミッションで液体袋を投げてもラグドール化した敵をマークできない問題を修正。
  • 依頼ミッションの目的を失敗すると通信が二回流れる問題を修正。
  • Akariusがマルチショット発射体により自己ダメージを与える問題を修正。
  • ポリプ・ホグ ジャガーノート ハンターがスタックして回転しまわる問題を修正。
  • ゲームを新規インストールするとランチャーが機能しない問題をサーバー側で修正。
  • Kuva Nukorのクリティカルヒットが最初のターゲットより連鎖したターゲットに多くのダメージを与える問題を修正。
  • プレイヤーが万が一死亡しているとリレーの祝福へ起こる問題を修正。
  • ネクロメカモードにいるときにHeliosがスキャンを試みる問題を修正。
  • 動物保護ミッションを行っているときに流れるSonからの通信を修正。
  • 新しい隔離保管庫ミッションと洞窟のミニエンカウントで起こっていた複数の問題を修正。
  • 「感染した霧」に関する隔離保管庫依頼ミッションで起きていたクラッシュを修正。
  • ミッションに参加するときにミッションが終了したり閉じられたときに起こるクラッシュを修正。
  • Proteaボス戦に関するクラッシュを修正。
  • Proteaボス戦で起こっていた進行ストッパーに関する問題を解決に向けて改善。 開発チームはこの問題を引き続き調査中です。 皆さんにはご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。
  • 木星のガスシティタイルセットで起こるクラッシュを修正。
  • 複数のクラッシュに関する問題を修正。
  • リレーでシンジケート名声オプションを見ているときに起こるスクリプトエラーを修正。
  • ミッションを完了したとに惑星、チャット及び他のUI要素が消える問題を修正。
  • テキストに[PH]が表示される問題を修正。
  • Requiemのささやきで起こるサウンドバランスに関する問題を修正。
  • 倒れたネクロメカがピットモンスターの下部に生産されない問題を修正。
  • ピットモンスターと戦っているときに起こるクラッシュを修正。
  • Deruシャンダナが正しく色づけされない問題を修正。
  • 200個以上のギアアイテムを装備してオープンワールド風マップをクリア・終了すると、ミッション完了時に適切な量が差し引かれない問題を修正。
  • VaubanのVortexがネクロメカの移動へ効果を発揮している問題を修正。
  • ゴア表現を無効化しているときに起こるさまざまな問題を修正。
  • Tether Coilがスペクターと交流したときに起こる問題を修正。
  • ダイモスのカンビオン荒地でK-ドライブレースを行っても感染K-ドライブのパーツが配布されない問題を修正。
  • 報酬として利用できない「偽物の」設計図が配布される問題を修正。 ご不便をおかけして申し訳ございませんが、レースをやり直すと正しいアイテムが入手できますのでお試しください。 なお、古いものはインベントリ画面からクレジットと引き換えに売ることができます。
  • グリニアグールとのエンカウントが終わると起こる問題を修正。
  • HarrowのスペクターがCondemnを発動するとゲームが少し延滞する問題を修正。
  • 遅めのネットワーク回線を利用している場合、オービターに装飾品を飾るとゲームがフリーズする問題を修正。
  • ChromaのパッシブからTennGenのスキンの羽が欠落している問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1236349-chroma-wing-skin-not-matching-for-tennogen-skins/
  • ホスト移行が発生した後に「ダイモスの亀裂」依頼ミッションで汚染ユニットのヘルスバーが消えてしまう問題を修正。
  • アーセナル画面でBonewidowを回覧しているとき、 Exalted Ironbrideアビリティの説明文へカーソルを当てても「吸収量 / 秒」に関する統計が表示されない問題を修正。

ホットフィックス 29.5.1[ソースを編集]

November 20, 2020 Forum Post


 ダイモス・アルカナ:ホットフィックス 29.5.1

追加点:
  • ネクロリスクの会話オプションとLoidへ誘導されるファストトラベルのオプション画面へオロキンマトリックスのアイコンを追加。
変更点:
  • 「ダイモスのごちそう」依頼ミッションの友好的なポリプ・ホグ ジャガーノートを護衛するステージでポリプ・ホグ ジャガーノートの生存性を向上。
    • この変更が入る前、ポリプ・ホグ ジャガーノートは後半ステージで戦えるほどタフではありませんでした。 この変更により、ポリプ・ホグ ジャガーノートはレベル30~40ほどのミッションのボーナスチャレンジもこなせるでしょう。
  • コンクレーブからPulmonars、Proboscis CernosとCatabolyst を撤去。
修正点:
  • MODとプラチナを組み合わせたトレードを行おうとするとソフトロックがかかる問題を修正。
  • JackalへParazonフィニッシャーをかけられないスクリプトエラーが発生するため、ボス戦を進行することができなくなる問題を修正。
  • Bonewidowの武器ポットを製作するために必要なチンク45個を修正。 この修正により、デザインされていた時に意図されていた45個のスクラップが必要になります。この素材はフォーチュナーのThe Businessでサーボ魚をさばくと入手できます。
    • 開発チームは後日、すでにチンク45個を使いBonewidowを製作し始めた人がいるか調査をする予定です。
  • ホスト移行が発生した後に「ダイモスの亀裂」依頼ミッションで汚染ユニットのヘルスバーが消えてしまう問題を修正。
  • アーセナル画面でBonewidowを回覧しているとき、 Exalted Ironbrideアビリティの説明文へカーソルを当てても「吸収量 / 秒」に関する統計が表示されない問題を修正。
  • Exalted Ironbladeを持っている時Bonewidowが沈下する問題を修正。
  • BonewidowのExalted Ironbrideの毎秒エネルギーが2.5ではなく2と表示される問題を修正。
  • 「ダイモスのごちそう」依頼ミッションの戦闘ステージでボーナスUIがミッションが始まった直後に「成功」「失敗」と表示される問題を修正。
    • 戦闘ステージが始まる前に50%を切るとUIは正しい失敗状態を表示するように。
  • 援軍が残り続けるためミッションが持続され、同じエリアで依頼ミッションが発生することを防ぐ問題を修正。
  • ゲーム内マーケットでアイテムをギフトしようとすると起こるスクリプトエラーを修正。
  • カンビオン荒地の特定の場所でモリを収納すると起こるスクリプトエラーを修正。
  • トゥルー・マスターの洗礼盤で祝福するときに起こるスクリプトエラーを修正。
  • TrinityスペクターがEnergy Vampireを使うと起こるスクリプトエラーを修正。

ホットフィックス 29.5[ソースを編集]

November 19 ,2020 Forum Post - アップデート 29.5:ダイモス・アルカナ


 『ダイモスの心臓』アップデートが実装されてからカンビオン荒地の腐敗した丘や洞窟を探検したり、エントラティのメンバーに出逢ったのではないでしょうか。 ダイモスの膿がOrigin太陽系で異臭を放ちつつある中、新しい腫瘍や生き物が皆さんへ姿を現します。

今回のアップデート『ダイモス・アルカナ』ではカンビオン荒地の地下で新しい隔離庫を見つけることができます。 刀の達人である新種ネクロメカ「Bonewidow」は皆さんと冒険を始める準備をしています。

また、頼れる助っ人である麻酔銃の手入れを怠らないよう注意してください。 腐り果てたカンビオン荒地ではアンダゾアとネクシフェラの生息が確認されています。まだまだ油断は禁物です。「外分泌」ではダイモス マイトーシドがいつ攻撃を仕掛けてくるかわかりません。

身を守るために新しい武器「感染Kitgun」を作りましょう。『ダイモス・アルカナ』アップデートでは新しいゲームプレイだけではなくGara Kaleidaコレクションをはじめとする、さまざまな外装品も手に入れることができます。『ダイモス・アルカナ』をどうぞお楽しみください。

新しいダイモスの隔離保管庫依頼ミッション:

皆さんがすでにおなじみのカンビオン荒地の地下層では新しいエリアを発見できます。

Motherから三つの新しい隔離保管庫依頼ミッションを紹介します。 新しい隔離保管庫依頼ミッションは初めて隔離保管庫ミッションをアンロックしたときから挑戦し始めることができます。いつものようにMotherに話しかけてお好みのミッションを斡旋してもらおう。 新しい隔離保管庫ミッションをクリアする度に難度は上がり、報酬リストも豪華さが増します。

さらに新しいエントラティ隔離庫遺跡ミッションが四つ追加されテンノの到来を待っています。

隔離保管庫に関する変更点:
  • 隔離保管庫のグレードでリセットされていたVome・Fassサイクルを撤去。
    • 隔離保管庫をプレイしているときにVome・Fassサイクルがリセットする仕様は混乱を招きやすく、特に新しいプレイヤーからバグではないかとの報告が多々寄せられるほどでした。そのため、このアップデートでは隔離保管庫ミッションへ影響を与えていたVome・Fassサイクルを撤去する変更を導入します。 また、新しい隔離保管庫ミッションを紹介するにあたり、ソロモードでプレイしている方と分隊を組んで挑戦する方とではクリアまでの時間が違う場合があり、時にはVome・Fassサイクルを超える可能性があることもこの変更に踏み切った背景にあります。
  • LoidとOtakのスピードを上昇!
  • 移動速度の増加を期して、LoidとOtakの基礎ヘルスを37.5%減少。
    • LoidとOtakの移動スピードの遅さに関するご意見は多々寄せられていたため、開発チームはLoidとOtakの移動スピードを向上しました。しかしそうすると敵の攻撃からダメージを受けにくくなり、移動が簡単になりすぎたと感じるため、ヘルスも重ねて調整されます。
  • 味方と敵を区別しやすいように、LoidとOtakの防御HUDマーカーを標準の黄色いバージョンへ変更。
  • LoidとOtakの航路を調整。この変更により、四つのジェネレーターが発動しているときにゆっくりと移動することを回避したり、ジェネレーターが近くに生産されるときに起こる問題を回避します。
  • 隔離保管庫ミッションの通信を滑らかで迅速に再生されるように。
  • シンチラントは隔離保管庫依頼ミッションで生産されるように。
    • 今回ご紹介する新しい隔離保管庫依頼ミッションは以前クリアした保管庫の傍を通り、より地下の深い場所へ位置します。 すでに保管庫でシンチラントを見つけても、もう一度シンチラントが生産される可能性を得ます。
  • 隔離保管庫依頼ミッションで見つかる食道では、コンテキストアクションを長押しするように。この変更により、間違った操作を行っても保管庫ジェネレーターの元まで戻る必要がなくなります。
  • 隔離保管庫で遭遇する敵のVoidrig(および今後Bonewidwow)へクバ・リッチの前例を取り入れ、より公平な体験をできるようデザイン。
    • 敵のVoidrigとBonewidowネクロメカは状態異常効果に対してクバ・リッチと同じような脆弱性を伴います。つまり、ネクロメカに対して状態異常効果を適用できることを意味します。 さらに、この仕様へ正しいバランスを導入するために特定のダメージ耐性が付与されるとともに、Warframeアビリティの効果は徐々に減らされていくようになります。
      • ダメージ耐性は、BansheeのSonic Boomなどの移動アビリティへ適用されます。 ダメージの逓減は一発KOを防ぐためにも導入されます。
    • VoidrigおよびBonwidowが「腕なし」状態にあるときに発動できる無敵シールドに適用されるクールダウン時間を増加。
      • ネクロメカが両腕ない時、クールダウン期間は短くなる仕様です。 しかし、クールダウン時間の短縮値は高すぎていたため、ネクロメカが数秒以内にシールドを再稼働することをよく目にしていたことでしょう。
  • ベイトを投げた時にモンスタードアを逃したときの為にベイトデバイスへ目的マーカーを追加。
新しいダイモスの隔離保管庫ミッション:

隔離保管庫依頼ミッションは三種類の新しいエンカウントタイプが備わっています。

ダイモスのごちそう

Daughterはあなたに真菌性ポリープで生息しているポリプ・ホグ ジャガーノートを護衛及び保護する任務を任せます。 しかし、大抵のものは好物を頬張っているときに邪魔されると機嫌が悪くなることをDaughterは忘れているようです。無事に任務をこなそう。

感染体の研究

カンビオン荒地の地下の洞窟で感染体は有機液体を触り、奇妙な行動をとっていることが観察されています。 液体摘出装置を破壊して、サンプルを収集するために奴らへ投げ返そう。

ダイモスの亀裂

不思議な霧はエリア全体を漂い、生き物たちはそわそわしています。 エミッターを使って霧の影響を消し、生き物たちが亀裂を開く前に封印しよう。

依頼ミッションと隔離保管庫に関するフィードバックスレッド(英語): https://forums.warframe.com/topic/1236087-deimos-arcana-new-bounties-isolation-vaults-megathread/

新しいネクロメカ:BONEWIDOW

エントラティの女家長に敬意を表して作られたこの恐るべきネクロメカは、最前線で戦う強力な戦士である。 シールドよりも装甲値とヘルスに重きを置いたBonewidowは、敵を掴んで投げつけ、自身を守るための盾を展開し、巨大なウォーブレードで敵の軍勢を切り裂くことができる。

アビリティ:

MEATHOOK ターゲットを串刺し捕縛する。 再発動で捕縛ターゲットを投げつけ、ターゲットと着地付近の敵にダメージを与える。

SHIELD MAIDEN Bonewidowのシールドを上げ、前方へのダメージをブロックする。

FIRING LINE フォースビームで周囲の敵を火の海へ呼び込む。

EXALTED IRONBRIDE 壊滅的なアビリティ刃を召喚する。

  • Bonewidowの設計図やパーツはネクロロイド地位ポイントと交換にLoidから入手できます。

MORGHA ダブルバレルから放たれるエネルギースラグ弾で敵をぶち抜け。 相手の生命力を吸い上げることで、セカンダリ射撃用の巨大エアバースト迫撃砲を生成できる。 古のエントラティの武器はネクロメカ用として造られたものだが、アークウイングガンとしても機能する。

  • Morghaの設計図やパーツはネクロロイド地位ポイントと交換にLoidから入手できます。

Bonewidowに関するフィードバックスレッド(英語): https://forums.warframe.com/topic/1236086-deimos-arcana-bonewidow-necramech-megathread/

新しいネクロメカ用MOD(統計は最大ランク時)

Necramech Flow +150% 最大エネルギー

Necramech Efficiency +60% エンジン効率

Necramech Drift +150% ホバー効率

Necramech Friction +60% スライディング効率

  • ネクロメカ用MOD新しい隔離保管庫依頼ミッションの報酬またはネクロロイド地位ポイントと交換にLoidから入手できます。
新しい感染Kitgun

『ダイモスの心臓』アップデートでご紹介したFatherはネクロリスクの武器商人です。 感染Kitgun用のパーツの販売が始まったので、Fatherのお店に立ち寄ってみよう。パーツを購入したらフォーチュナーのRude Zuudのお店で製作できます。

チャンバー:

VERMISPLICER プライマリ射撃:対象に引っ付き、そこから分裂して最大5体の敵を追加で攻撃する遠距離攻撃吻。 セカンダリ射撃:対象に獰猛に食いついて打ちのめす3本の短距離攻撃吻。

SPORELACER プライマリ射撃:ぶつかるたびに爆発して毒霧を出す胞子嚢を発射する。 フルオート射撃。 セカンダリ射撃:着弾時に3つの小さな毒弾に破裂する胞子嚢を発射する。 セミオート射撃。

グリップ:

Palmaris このセカンダリ用グリップは与ダメージを殆ど下げずに発射速度を上げる。

Ulnaris このプライマリ用グリップは与ダメージを殆ど下げずに発射速度を上げる。

ローダー:

Arcroid クリティカル率と状態異常確率の両方に寄与する小型ローダー。

Macro Arcroid クリティカル率と状態異常確率の両方に寄与する大型ローダー。

Thymoid リロード動作が遅めな高容量の小型ローダー。

Macro Thymoid 長くて面倒なリロードを伴う最大容量ローダー。

感染Kitgunに関するフィードバックスレッド(英語): https://forums.warframe.com/topic/1236085-deimos-arcana-infested-kitguns-megathread/

新しいKitgunとWarframe用アルケイン

「相乗効果」… を「実現化」… しました。 レジジュアル アルケインとセオレム アルケインを同時に利用すると相乗効果を発揮するため属性ダメージは通常と異なる方法を使い与えられます。 シナジーを生み出すKitgunとWarframe用アルケインは新しい隔離保管庫依頼ミッションから入手できます。

Kitgun用アルケイン(統計は最大ランク時)

レジジュアル・バイリミア Kitgunでのキル時 20%の確率で12秒間の間、有毒な血だまりを作成し、毎秒40毒ダメージを与える。 エリア内に立っているとセオレムアルケインへ毒ダメージを付与する。

レジジュアル・マロドー Kitgunでのキル時 20%の確率で極寒の霧を12秒間作成し、毎秒40冷気ダメージを与える。 エリア内に立っているとセオレムアルケインへ冷気ダメージを付与する。

レジジュアル・ボイルズ Kitgunでのキル時 20%の確率で12秒間の間安定性がないハイブを成長させ、10mの範囲内によって来る敵へ80火炎ダメージを与える。 エリア内に立っているとセオレムアルケインへ火炎ダメージを付与する。

レジジュアル・ショック Kitgunでのキル時 20%の確率で12秒間の間、電気スパイクを生産し、10m内の敵に対して200電気ダメージを与える。 エリア内に立っているとセオレムアルケインへ電気ダメージを付与する。

Warframe用アルケイン(統計は最大ランク時)

セオレム コンテージョン レジジュアル アルケインによって作成されたエリアに立つと、2秒ごとにプレイヤーを周回する球が作成される。 この球は15m内の一番近い敵へ150ダメージを与え、球のダメージタイプへの脆弱性を6秒間200%増加する。 球はエリアを離れても30秒間持続される。 +1 アルケイン 復活ユニット.

セオレム デマルセント レジジュアル アルケインによって作成されたエリアに立つと、武器が与えるダメージが毎秒12%増加し、最大15回までスタックできる。 効果はエリアを離れても20秒間持続される。 +1 アルケイン 復活ユニット.

セオレム インフェクション レジジュアル アルケインによって作成されたエリアに立つと、90m内のコンパニオンと召喚された味方が与えるダメージを毎秒24%増加し、最大15回までスタックできる。 効果はエリアを離れても20秒間持続される。 +1 アルケイン 復活ユニット.

アルケインに関するフィードバックスレッド(英語): https://forums.warframe.com/topic/1236088-deimos-arcana-new-arcanes-megathread/

ダイモスの新しい敵勢:マイトーシド

「スプリッター」という名前で知られていたこの敵勢は賢く、マイトーシドが二つに割れ裂け、ディプロイドとして攻撃を仕掛けます。 ベーサル ディプロイドとフィーラルディプロイドは、操作性に欠けている個所を自分の身体にあるもので補います。

  • 新しいMitosid MODセット(最大ランク時)

残念ながら、このMODの開発経過を見直したとき、このアップデートで紹介できる状態ではなかったため、 後日実装されることになりました。 空中攻撃は回行うスピンアタックに変わり、各攻撃でダメージが+20%上昇し、2回連続で繰り返される。

Mitosid Carapace + 60%装甲値、+ 90%ヘルス

Mitosid Claws + 90%切断、+ 60%状態異常確率

Mitosid Viscera + 90%切断、+ 60%状態異常確率

MODセットボーナスを使用するためには中立エリアル近接攻撃を仕掛けよう。(Spaceキーを打ち、WASDに入力せず、近接攻撃を仕掛ける)

エントラティメンバーからの新しい提供品

Grandmotherはダイモス特有の素材などを「家族の絆を深める」ためにエントラティメンバーのトークンへ交換してくれます。

  • Grandmotherは余っている素材、ジェムや魚のパーツと交換に他のエントラティメンバーのトークンを提供してくれ、「家族の絆を深める」方法を教えてくれます。 例えば、Grandmotherは素材や魚のパーツと交換にSONトークンをくれたり、 ジェムや素材をDautherトークンと交換してくれます。 Grandmotherから家族みんなで穏やかに過ごすためのヒントをもらおう。
  • Loid(いや?Otakでしょうか)はLoidセンチネルスキンを着用してスタイリッシュになりました。Loidセンチネルスキンはネクラロイド地位ポイントと交換にLoidの提供品から入手できます。 この忠実なネクロロイドはエントラティ一家に何世紀も仕えてきました。 これからはあなたのために尽くす準備をしています。 マスク、しっぽと翼を装着してイメージチェンジしよう。
  • Loidは新しく紹介されるAYATAN KITHA像を仕入れました。 エントラティ家の権力と名声を称えて鋳造されたもので、お互いの記憶を安全に保管しておくためのものでもあります。 その後年月が流れ、多くのものが変わってしまい、かつてはまばゆく輝いていた物もその輝きを失いました。 しかし、Ayatanスターが一つでもあれば、その姿は様変わりするでしょう。

ネクロロイド地位ポイントと交換に新しいAyatan像を手に入れよう。

  • Sonはエントラティ地位ポイントと交換に新しい種類のバルパファイラやプレデサイトのプリセプトMOD(下記の統計は最大ランク時)を提供してくれるようになりました。
バルパファイラ
  • Martyr Symbiosis: 25m内の死体から20のヘルスをドレイン・貯蔵する。最大ドレイン数は飼い主の 20%分のヘルスに値する。 飼い主のヘルスが10%を下回った場合、自身を犠牲に飼い主を回復する。
プレデサイト
  • Maggot Summoner: 戦闘中15秒ごとにマゴットを吐き出す。 マゴットは最寄りの敵に縋り付き、40m内の他の敵を縋り付かれた敵へ攻撃するよう誘発する。 そして爆発し400感染ダメージを与える。
新しい感染体K-ドライブ:

Grandmotherは感染体をモチーフにしたK-ドライブを手に入れました。カンビオン荒地で各レースサイトをクリアするとゲットできます。 フィーバースパイン、グリスルバック、ノデュライト、スティーバのパーツを集めたら、フォーチュナーのRokyを訪れて、自慢の感染体K-ドライブを組み立てよう。

ダイモスでのクオリティー・オフ・ライフ(プレイライフを向上する点)変更点:

皆さんにダイモスを紹介してから少し時間が経ちました。 ダイモス・アルカナ・アップデートでは下記のクオリティ・オフ・ライフ変更を導入します。

  • ネクロリスクでマップを表示すると、Vome/Fassのタイムインジケーターが表示されるように。
    • シータスやフォーチュナーと同じようにこの情報が表示されるようになります。
  • タウミカのドロップ率が二倍に。 この変更を導入するときにナマロンのドロップ率を減少するため、タウミカを採掘する可能性は大幅に向上されます。
    • ネクロテンとタウミカは両方レア素材ですが、蒸留タウミカはいろいろなものを製作するときに使われることが多いため、黄色い鉱床からより頻繁に採掘できるようになると予想されています。
  • Sonの生物保護の依頼はよりやりがいがあり、アクセスしやすいように改善。
  • この変更が入る背景には二つ理由があります。
    • 他の自由行動ミッションと同じように、生物保護を質の高い形で確保するとより良い報酬を受け取ることができるようになります。 保護を行ったときに「良」判定を受けると動物タグを二つ入手でき、「完璧」という判定を受けるとタグを三つ得ることができます。
    • プレイヤーのインベントリ統計に基づき、Sonのトークン交換画面は再編成されました。 小さめの提供品は一般的に見つけやすい動物が必要で、より多くのトークンが必要な提供品は保護するのが難しい動物が必要です。
  • ネクロメカはレベル40まで上げることができるように。レベル30を超えると二つレベルを上げる度にフォーマを適用することが必要になります。
    • MODスロットは12あるため、Paracesisで紹介した極性メカニズムを使うことが一番しっくりくる仕様だと判断しました。 また、この変更を導入するにあたり、ネクロメカをレベルアップしようとしているときに遭遇するミッション制限(自由行動ミッションのみ)に関する対処法の議論も重ねました。 その結果、自由行動ミッションで発生する共有アフィニティ範囲を拡大します。詳細については以下を参照してください。 開発チームは後日、通常ミッションでもネクロメカを展開できるような仕様を導入する予定です。ご期待ください。
    • このアップデートが入る前にすでにネクロメカをランク30までランクアップしている場合、すでに入手したマスタリーポイントを保持します。 しかし、ランク40までレベルアップして、さらにMODスロットを解除することもできます。
  • 召喚されたネクロメカへシールドゲーティング機能を搭載。 ネクロメカシールドが破壊されたとき、短時間の無敵状態が付与されます。
  • 共有シンジケートメダルはネクロリスクのGrandmotherのお店でエントラティ地位ポイントへ、またはLoidからネクロロイド地位ポイントへ交換できるように。
  • Latrox Uneの依頼ミッションは、このミッションにかかる長さと、他のミッションと比べて難しすぎるボーナス目的に対処するため次の調整点が入ります。
    • ドローンのシールドヘルスを二倍。
    • ドローンシールドは使い切った後に再生されるように。
    • サンプルはより速い速度でドロップするように。
    • ミッションをクリアするために必要なサンプルの数を減少。
自由行動ミッションでの共有アフィニティに関する変更点:

自由行動ミッションでアフィニティが共有される範囲を50mから250mへ拡大します。 ネクロメカのマスタリー習得を完了するために必要なレベルを40まで引き上げる変更を導入するにあたり、ネクロメカをランクアップするために困難を生じていた自由行動ミッションの制限について議論を重ねました。 今回のアップデートで共有アフィニティの範囲を大幅に拡大されるため、大きなタイルセットでのランクアップがよりスムーズに行えるようになります。 開発チームは引き続き、分隊メンバーの近くで戦いやランクアップを試みることをお勧めしますが、範囲を250mへ拡大することにより、ネクロメカをより速くレベルアップできるでしょう。

モリ突き漁と動物保護:

ダイモスでアンダゾアとネクシフェラが生息していることが確認されました。 Sonの新しい生物の研究を手助けをしてください。 アンダゾア

これらの独特の生き物は、外分泌に生息し汚染物質を消費して卵を産みます。 攻撃を扇動しませんが、アンダゾアを誘発する場合は、各亜種独自の防御方法に注意しましょう。

  • Sonの提供品からアンダゾア用のECHO ルアーとフェロモン腺を入手しよう。

'ネクシフェラ

これらの重い生き物は洞窟を占領し、その存在に気付いていない犠牲者へ天井から落ちる準備をしています。 また、各亜種は独自の着陸効果を持ち合わせています。 ネクシフェラを捕まえるためには急いで行動しよう。 やつらは容易に天井に潜り込み、あなたから素早く逃げます。

  • ネクシフェラはベロシポッドと同様、カンビオン荒地で生息しています。

内分泌では新しい魚二種の生息が確認されています。 なかなか見つからないフラジェロカンスとロボトリシドを探し出し、Daughterへ持ち帰りましょう。

フラジェロカンス これらの種は元々寄生虫であり、Fassの体内で繁殖し、彼の破片が飛び散る事でダイモス中に拡散します。 また、Fassの輝きに惹かれる特徴を持っています。 フラジェロカンスをおびき寄せるためには、FASSの残余が必要であることをお忘れなく。

ロボトリシド ロボトリシドは筋肉質で3つの尾ひれがあり、Vomeの支配下ではダイモスの表層を外分泌液の蒸気を漂いながら移動します。

モリ突き漁と動物保護に関する変更点と修正点:
  • プレデサイトとバルパファイラの遺伝子データを引き出したり繁殖させることができるように。
    • ミュータジェンとアンチジェンは繁殖させると受け継がれるようになるため、恩恵を積み重ねることができます。
    • プレデサイトとバルパファイラはメッキ化するときのみに命名できるため、孵化後の名前付けはスキップされるようになります。
    • プレデサイトとバルパファイラはモジュラー式ペットと交雑育種できません。
    • プレデサイトとバルパファイラはメッキ化されるまで遺伝子データを引き出すことができません。
  • 『ダイモスの心臓』クエストをプレイするときに動物を追跡して捕獲できないように。
    • この変更が入るまで動物を追跡して捕獲するオプションは備わっておりました。しかし、ターゲットを捕獲したりマップで表示されることがあったため、問題を回避するために今回の仕様変更を導入します。
  • コンパニオンプレデサイトとバルパファイラは野生のものとは別に説明されるように。
  • 航路をたどるのに必要な、より劇的な上向きのジャンプへ対処するための足跡などの表示のされ方を改善。
  • ルアーの音響やミックス効果を調整し、 糞が破裂するときに流れる音響へバリエーションを追加。 また、通信が流れるタイミングの調整も行いました。
  • コールポイントから生産されるアビカイアの数を1から2~4へ増加し、生産される位置を改善。
  • コールポイントから生産されるクリプティレクスの数を1から2~4へ増加。
  • マグナ、感染セラグリオ、ウンドラトムとALBRECHTの眺望で利用可能なコールポイントの数を増加。
  • 動物保護マーカーに高さを示す矢印インジケーターを追加。
    • この変更により、コールポイントが地下に潜らないようになります。 また、洞窟へ生産された場合、高さ矢印インジケーターにより混乱を回避できるはずです。
  • ダイモスの動物が感染によって負傷したときにデバフを付与するように。野生のプレデサイトとバルパファイラの最大ヘルスを減らしたため、感染体が動物を傷つけることを待つ必要がなくなりました。
  • コーデックスのダイモスの動物保護に関するエントリーへVomeとFassサイクルに関する情報を追加。
  • モリ突き漁のモリを投げた後コントロール機能を短時間失う問題を修正。この問題はカンビオン荒地で特に頻繁に起きていました。
  • 野生のアビカイアがコールポイントへ到達したときに旋回行動を取ると、アビカイアを宙に浮かばせる問題を修正。
  • クリプティレクスから欠落していた動物保護ドローンのピックアップアニメーションを修正。この問題により動物を保護してからアニメーションが流れる問題を修正できました。
  • 特定の出来事が生産されることを妨げる問題を引き起こす、ダイモスでの動物保護の開始ポイントが生産されない問題を修正。
  • 内分泌の下へ生産される動物保護コールポイントを修正。
  • 自然に任せて生産されるはずの魚がベイトを無視する問題を修正。
  • 風景の時間変更が起こっても釣れる魚のレパートリーが変わらない問題を修正。

動物保護に関するフィードバックスレッド(英語): https://forums.warframe.com/topic/1236093-deimos-arcana-conservation-changes-megathread/

ダイモスに関する変更点:
  • ネクロメカ(BonewidowとVoidrig)はバキューム機能(自然に素材などを集める機能)を持ち合わせているように。
  • ネクロリスクのファストトラベルUIはエントラティメンバーが配布するトークンを表示するように。
  • 各エントラティメンバーのトークン取得メニューで必要な素材を持ち合わせていないエントラティトークンは灰色で表示されるように。 この変更により、必要な素材があるかを確認するために各トークンへカーソルを合わせて表示しなくてもいいようになります。
  • Motherの「報酬詳細」画面に表示されるトークンアイコンへ「Motherトークン」と表示されるように。
  • ネクロリスクの商人へ「条件クリア済」カテゴリーを追加。 このカテゴリーを選択するとアイテムを購入できる条件を満たしている商品を表示するように並べ替えられます。
  • ネクロリスクの商人の画面へ「期限」と「トークン」フィルターを追加。
    • 「期限」はトークンを有効期限切れになるまでの残り時間を基に並べ替えます。 有効期限が迫っているトークンがリストの一番上へ並べられます。
    • 「トークン」はトークンを一回購入するときにかかる量を基に並び替えます。 つまり、より多くのトークンを購入できるものが画面の一番上に並びます。
  • Otakとネクロリスクで交流するときに流れるアイドル通信(待機中に流れるもの)へバリエーションを追加。
  • カンビオン荒地のアビサル・スキムレースへもう一つのレースノードを追加。
  • ダイモスジャガーノート(改)から得られるアフィニティを500へ増加。
    • この変更は他のダイモス サクサムとの一貫性を高めるために行われます。
  • Sonの肌のテクスチャや首の縫い目の問題を修正。
  • Daughterのテクスチャを調整して、頭の部分と体が一貫性を保つよう修正。
  • カンビオン荒地の敵は、Vomeが活動していると武器に青いエネルギーFXが適用されるように。
  • コーデックスへダイモスリーパーとダイモス動物保護に関する情報を追加。
  • カンビオン荒地の地下の狭い部分で敵が取る航路を調整。
  • カンビオン荒地で出現するオベリスクの数を6から5へ減少。
    • 新しい依頼ミッションを導入するためにオベリスクが生産される個所を見直したところ、新しい依頼ミッションで使用したほうがいい場所を占有していることに気付きました。 また、これらの場所は敵が移動したりアクセスするのが難しく、オベリスクの欠片へスタックする問題も引き起こしていました。
新しい感染体武器:

新しい感染武器をいち早く手に入れてアーセナルのラインアップのバラエティーを増やそう。

CATABOLYST

短距離で腐食性の毒素をまき散らし、リロード中に毒素バブルを射出する。 マガジンの残り弾薬が少ない程毒素バブルのダメージが上昇する。 空の状態でのリロードで最大威力を射出する。

  • Catabolystの設計図はDojoのバイオラボ研究から入手できます。

PROBOSCIS CERNOS

放った矢は粘着性の高い付属物を当てた相手に付着させる。 そこから付近の敵を触手のように絡め、時間差で破裂しダメージを与える。

  • Proboscis Cernosの設計図はゲーム内マーケットから入手できます。

PULMONARS

靱帯で繋がれた2つの肉片で敵を叩き感染させよう。 古代の武装の、最悪の形での進化系。

  • Pulmonars の設計図はゲーム内マーケットから入手できます。

BUBONICO

この感染したアームキャノンは有毒な恐怖を急速に発砲する。 3つの疫病バブルを一定距離からボレー射出し、近距離ではプライマリ射撃で敵へ毒素が含まれた棘を複数発射する。

  • Bubonico の設計図はDojoのバイオラボ研究から入手できます。

SPOROTHRIX

この長距離スナイパーライフルはウイルスに漬けられたカミソリのような棘を射出し、当たった後も敵を攻撃し続け最終的には爆発し胞子をばら撒く。 スコープでヘッドショットを決める事で殺傷力が増す。

  • Sporothrixの設計図とパーツは新しい隔離保管庫依頼ミッションから入手できます。

ARUM SPINOSA

敵を切り刻む2つの希少な植物の葉を敵へ叩き込む。 ヘビー攻撃で距離が離れた敵へ毒素が含まれた棘を鞭のような乱撃で襲う。

  • Arum Spinosaの設計図とパーツは新しい隔離保管庫依頼ミッションから入手できます。

カンビオン兵器コレクション

おぞましい感染体から学んだ知識から開発された兵器が登場! 感染体の生々しい恐ろしさが武器として具現化されました。 毒素が詰め込められたCatabolystピストル、Proboscis Cernos弓矢、Pulmonars ヌンチャク、Bubonicoアームキャノンが含まれます。

感染体武器に関するフィードバックスレッド(英語): https://forums.warframe.com/topic/1236089-deimos-arcana-tenno-reinforcements-megathread/

ブーメラン系武器の改変:

このアップデートでは、ブーメランを利用してプレイオプションの幅を広め、様々な攻撃スタイルを促進できるような変更点をご紹介します。 まず、投げるメカニズムからご紹介して、徐々に他の武器や戦闘スタイルにどの様に影響を与えるか説明します。

ヘビー攻撃(別名ブーメラン発動)は、より多くのダメージを一貫性を保ちながら与えるようになります。 ダメージ数を増加し、効果範囲のフォールオフを撤去するため、敵の身体のどの部分をヒットしても最大ダメージを与えらることを意味します。 この変更により、ブーメラン系武器独自の爆発機能を使用することを促進するでしょう。また、この変更は、武器のスイングと投げる動作を補完するオプションを与え、必要に応じて多くのダメージを与えることができるようになります。

「長押し+投げ飛ばす」メカニズムが「近接武器を装備」モードで適用されるように。 片手のセカンダリ武器と一緒にブーメランを投げることができる機能を追加したとき、ブーメランをより速く、より直感的に投げることができる新しいシステムを導入しました。 地上戦・空中戦共々、ブーメランを投げられる最新の仕様は、近接モードに適用されており、ブーメランをどの様に利用しても一貫性を保つよう調整されます。

https://content.invisioncic.com/Mwarframe/monthly_2020_11/WetViciousIrishdraughthorse-mobile.mp4.b755f10026992af548f29b70e376c962.mp4


「ブーメラン+銃」モードでは、プレイヤーは空中にいるときに近接キーを利用してブーメランを爆発させる必要があります。 ブーメランが手元にあるとき、オルトファイアボタンはセカンダリ武器だけに適用されなくなるため、武器の使い方の柔軟性が向上します。オルトファイアを押してヘビー攻撃を爆発させるか、近接攻撃ボタンをタップして簡単にブーメランを呼び戻すこともできます。

また、今回の調整により、ブーメランをスライド中に投げることもできるようになります。 通常のスピン攻撃を与えるためにはボタンをタップして、長押しすることによりブーメランを気軽に投げられるように変更されます。 この変更により、ブーメランのプレイスタイルの幅が広がるでしょう。

https://thumbs.gfycat.com/HalfClearGrayfox-mobile.mp4

スロー(投げる・投てき)近接入力は次々に行う動作を貯めていくことができるようになります。 「バッファリング」とも呼ばれるこの仕様は、近接入力を保っているときにブーメランが手元に戻る間に次の攻撃を充電し始めることができることを意味します。 この変更により、よりスムーズな戦闘スタイルが生まれます。ブーメランを投げ、近接攻撃を保持しているときに次の攻撃を練り始め、キャッチし、次の攻撃を仕掛けることが繰り返し行えるでしょう。

https://thumbs.gfycat.com/CleanAdolescentIsabellinewheatear-mobile.mp4

ブーメランはジャンプ中に複数回投げることができるようになります。 これまでかかっていた投げ方に対する制限が解除されるため、ブーメランを連鎖して投てきすることができるでしょう。

いままでご紹介した改善点により、ブーメランの投擲や爆発の仕方に工夫を加えるような戦闘スタイルを活用することができます。 しかし、変更はこれだけではありません。

ブーメラン系近接武器は他の近接武器とは違い、もう一つ重要な機能を持ち合わせています。それは、片手で利用できるセカンダリ武器と同時に利用できることです。 この「ブーメラン+銃」モードへもいくつかのアップグレードが計画されています。

近接スタンスコンボが「ブーメラン+銃」モードで利用可能になります。 武器コンボを利用しても近接オプションと移動が制限されなくなるため、ブーメラン系武器はさらに致命的な武器の選択肢として加わるでしょう。

https://thumbs.gfycat.com/AgreeableBackFairybluebird-mobile.mp4

「ブーメラン+銃」モードは焦点を定めていない時や発砲していない時に近接自動ブロックを利用するようになります。 この機能は最近、近接システムのアップグレードで導入されましたが、いよいよ武器コンボモードでも適用されるようになります。セカンダリ武器を準備したまま、利用中の近接武器へ利点を提供するでしょう。

今回導入される変更点を組み合わせることにより、ブーメラン系武器を使うゲームプレイはより滑らかになり、様々な戦闘スタイルを取り入れられるようになることを願っています。 また、皆さんがブーメラン系武器を再び手に取られるように、そしてブーメラン系MODオプションの幅を広げられるようにいくつかのMOD機能を改変します。

ブーメラン用MODのPower Throwへ次のバフが与えられます。

  • 貫通距離を0.6mから2mへ増加。
    • +2m貫通距離。 連続投てき時 (最大スタック3回まで)、+100%投てきダメージ
  • 弾速を60%増加。

このModは、近接入力キューの変更によって導入される「キャッチ・アンド・リリース」プレイスタイルを利用するプレイヤーに最適でしょう。

さらに今回の調整が入るとき、新しいMODが二つリリースされます。(統計は最大ランク時)

Volatile Rebound:100% 反射時に爆発(オブジェクト貫通を無効化) https://thumbs.gfycat.com/NervousSimilarIvorygull-mobile.mp4

Volatile Quick Return:-4 反射。 +100% 爆発範囲。 100% の確率で反射時に爆発(オブジェクト貫通を無効化) https://thumbs.gfycat.com/UnfitSilentAndeancondor-mobile.mp4

ヘビー攻撃とは異なり、これらのMODからの爆発はコンボカウンターを消費しません。 Volatile Reboundを装備して一度の投てきでできるだけ大きなカオスを引き起こしたり、Volatile Quick Returnを使ってターゲット攻撃を素早く行うのも楽しいゲームプレイの一つとなるでしょう。

  • Volatile ReboundとVolatile Quick Returnはカンビオン荒地の敵勢からドロップします。

これまでご説明してきた変更が各武器にどの様な影響を与えるか詳しく見ていきましょう。

Cerata

  • ヘビー攻撃により爆発させると毒プロックが確実に付与されるように。
  • クリティカルダメージを従来の2.2倍から2.3倍へ。
  • 範囲攻撃のフォールオフを50%から30%へ減少。

Falcor

  • ヘビー攻撃に爆発させると電気プロックが確実に付与されるように。
  • 範囲攻撃のフォールオフを50%から40%へ減少。

Glaive

  • ヘビー攻撃により爆発させると衝撃プロックが確実に付与されるように。
  • 範囲攻撃のフォールオフを50%から40%へ減少。

Glaive Prime

  • 範囲攻撃のフォールオフを50%から40%へ減少。

Halikar

  • ヘビー攻撃により爆発させると衝撃プロックが確実に付与されるように。
  • 範囲攻撃のフォールオフを50%から40%へ減少。

Kestrel

  • ヘビー攻撃により爆発させると衝撃プロックが確実に付与されるように。
  • 範囲攻撃のフォールオフを50%から40%へ減少。
  • 最大自己群衆コントロールをノックダウンからよろめきへ。

Orvius

  • ヘビー攻撃により爆発させると冷気プロックが確実に付与されるように。
  • 範囲攻撃のフォールオフを50%から40%へ減少。
  • クイックスローはホバー攻撃を実行するように。

Pathocyst

  • ヘビー攻撃により爆発させると感染プロックが確実に付与されるように。
  • 最大自己群衆コントロールをノックダウンからよろめきへ。

Xoris

  • ヘビー攻撃に爆発させると電気プロックが確実に付与されるように。

Wolf Sledge

  • ブーメラン長押し近接攻撃機能を使って投てきするように。
  • Wolf Sledgeを投てきによって当たった瞬間に爆発するように。

ブーメラン固有の統計表示に関する変更点:

  • ヘビー攻撃から「ダメージ」値を撤去。
  • 「範囲攻撃」は「バウンス攻撃」と改名。
    • バウンス判定を受けると爆発する可能性のあるMODを装備しているときのみ範囲攻撃の統計が表示されるように。 (例えば、新しいブーメラン用武器のVolatile ReboundとVolatile Quick Return)
  • バウンス時に爆発する確率を統計に追加。
  • 「ヘビー範囲攻撃」の統計は投てきとチャージ投てきカテゴリーに分けて表示されるように。

ブーメラン武器に関するフィードバックスレッド(英語): https://forums.warframe.com/topic/1236096-deimos-arcana-glaive-changes-megathread/

XAKUに関する変更、修正点パート2:

開発チームは、公式フォーラムへ皆さんから寄せられた貴重なご意見、ご要望をじっくりと読ませていただきました。 これまでのところ、皆さんが変更された仕様を楽しんでいただいていると聞いて、調整内容は正しい方向に向かっていると実感しています。 しかし、みんなで作り上げたWARFRAME「Xaku」はまだ納得がいけるまで調整しきれていないので今回調整案第二弾をご案内します。

皆さんから寄せられた最も多くの意見と要望に基づいた、次の変更点を近日導入します。 これからも、皆さんからの貴重なご意見やフィードバックをお待ちしております。どうぞよろしくお願いします。

変更点:

  • Xakuの「The Lost」アビリティ説明文に「Accuse」「Deny」と「Gaze」に関する情報を追加。


Xata's Whisper(Void状態異常):

  • Voidダメージの状態異常は、発射物をプロックがかかった体の部分に誘導するように。
    • 仕組み:Xata's Whisperとプロックが有効なときに敵の頭部分へ発射すると、バブルは射程物を頭へ誘導します。 足元へ発射すると、足元に誘導されます。 ただし、頭へプロックを発して、バブルの下の方を打っても、頭へ誘導される途中で体に当たる場合もあります。
    • この変更は、ゲーム内すべてのVoid状態異常に適用される予定です。 ボタンをクリックするだけでVoidダメージを利用できるWarframeを作り上げたので、Void状態異常に関する議論を重ねてきました。 Void状態異常は現在、どの場所に向けて発射するかに関係なく、すべての発射体を敵の胴体中心へ引き付ける弾薬バブルを作成します。 Xata's Whisperの効果はすべての武器へVoidダメージを適用するため、Xakuを使用するとXata's Whisperの効果が失効するまで敵へのヘッドショットを打てません。 この不自由な仕様が今回の変更を取り入れることを決定づけた主な理由です。 ヘッドショットをできないということは、アビリティが有効な時にヘッドショット倍率を活用できないことも意味します。 今回提案する調整により、ヘッドショットを利用して大きな利益を得るだけでなく、必要に応じて発射物を焦点に合わせるためにより多くの選択権が示されるでしょう。 状態異常が発生する場所に関係なく、敵はWARFRAMEを撃つことができないようになります。十分にご注意ください。

Grasp of Lohk:

  • アビリティを再発動すると影響を受けるターゲットの最大数まで武器を盗むように。
    • 仕組み:武器を盗むことができるターゲットの最大数までアビリティを再発動できます。 つまり、ターゲットの最大数からすでに盗んだ武器の数を引いた数を盗めることを意味します。 例えば、最大ターゲット数が6だとします。アビリティを初回発動したときに3本の武器を盗んだ場合、アビリティを再発動すると残りの3つを補充できることを示します。 また、再発動したときに盗んだ武器は、ProteaのBlaze Artilleryのように、初回発動したときに盗んだ武器と異なる持続時間を引用します。
    • Xakuの仕様調整第一弾では、アビリティを再発動すると新しく盗んだ武器の数が初回アビリティ発動時に盗んだ武器の数を上書きしていました。 仕様調整を導入したときに引用した推論では、アビリティを間違ったターゲットに向けて発動し武器を引き寄せた場合、戦術を軌道に戻せるオプションを提供するためアビリティを再発動できるよう調整されました。 しかし、皆さんからのご意見を読むにつれ、NekrosのShadows of the Deadで引用したルールに従った方がいいのではないかと考えを改めました。 今回の変更により、アビリティを再発動して最大数の武器を盗むことができるようになります。 また、一度に制御できる武器の数を自在に操れるので、アビリティをより使いやすいものへ変更できるでしょう。
  • アクティブな武器に関するHUDトラッカーを追加。
    • アクティブな武器の数を正確に把握して、再発動でさらにいくつ追加できるかを知ることは役立つと考えたため、この変更を追加します。 浮き上がっている武器を目で確認するより、HUD表示で確認できる方が便利な機能になるでしょう。
*盗んだ武器は、無敵の敵をターゲットにしないように。 
    • Grasp of Lohkアビリティは現在、盗んだ武器を使い無敵の敵をターゲットにすることがありました。 また、この仕様は「より重要なターゲットを攻撃しない」という欠点でもあります。 さらに、アビリティの効果時間の不適切な使用方法とも言えるでしょう。 今回の調整では、無敵の敵をターゲット候補から外し、盗んだ武器は範囲内の静寂な敵を優先的にターゲットにするようになります。


  • Grasp of Lohkの武器は有効期限に迫ると視覚的に暗くなるように。
    • アビリティバーはアビリティの有効期限を表示しますが、この変更により、アビリティの再発動をするタイミングを掴みやすくなるでしょう。


  • Grasp of Lohkの「ターゲット範囲」に関する注記:
    • 仕様調整第一弾ではGrasp of Lohkアビリティの取得範囲とターゲット範囲を区別しました。 その時、射程範囲を調整することは少し行き過ぎた調整かと感じたので、第一弾では取得範囲を増加し、ターゲット範囲には調整が加えられていません。 テストを続けるにつれて、これは適切な判断であったと思われます。 例えばEmberのWorld on Fireの範囲を少し増加させただけで、自動的なプレイスタイルが用いることができていたように、Xakuのターゲット範囲を少し増加させるだけで「非アクティブ」なプレイスタイルを適用できるWarframeにしたくはなかったのです。 これらの理由から、「ターゲット範囲」は引き続き調整が施されません。

The Lost: Accuse

  • 調整第一弾で提案されたようにAccuseは再発動できるように。
    • 仕組み:今回の調整で変えられるGrasp of Lohkと同様、再発動できるようになります。 つまり、影響を受けるまたはコラプトになる可能性があるターゲットの最大数までもう一度発動することを意味します。 例えば、最大ターゲット数が10だとします。アビリティを初回発動したときに敵5体へ影響を及ぼす場合、アビリティを再発動すると残りの5つを補充できることを意味します。 再発動によりコラプト化した敵は前回アビリティを発動したときにコラプト化された敵とは異なる持続時間を発揮します。
    • Accuseは現在、持続時間が失効するか、影響を受けている敵がすべて倒されるまでアビリティを再発動できません。 そのため、発動したときにコラプト化した敵が非効率であったり、発動コストが与えるダメージに対して高すぎると感じることがありました。 この理由により、皆さんからたくさん寄せられていた要望を実現することにします。
  • 「Acuse」の効果を受けている敵を表示するHUDトラッカーを追加。
    • この新しいHUD機能はGrasp of LohkのHUDトラッカーと似ています。 この新しい機能により、どれだけの敵が「Accuse」の効果を受けているか一目瞭然となり、再発動のタイミングも図りやすくなります。 Graps of Lohkのトラッカーと同じように、空中に浮いている敵の数を数えるよりは便利な機能となることを期待しています。

The Lost: Gaze

  • 基礎範囲を8mから12mへ増加。
    • アビリティ効果の影響を受けた敵がエリア内にいる時のみ防衛が低下するため、「基礎範囲を増加してほしい」という要望がたくさん届いています。 第一弾でお伝えしたように、Gazeの影響を最大化するようなビルドがどのように機能するかを観察させていただきました。 基礎範囲を増加することは「アビリティの効果を向上させる」と「ビルドによってはすでに強力なものとして確立されているものを管理できる」の間の中間点を取る調整だと推測されます。 戦略的に使用された場合、より多くの敵の防御をはく奪することができるため、よい方向の調整となるでしょう。


The Lost: Deny

  • Denyのビーム幅とベース範囲を拡大(25mから40m)。
    • この変更によりターゲットを定めやすく、より多くの敵へダメージを与えられるでしょう。  
  • Denyは移動中でも発動できるように。
    • Denyの発動アニメーションは現在、Xakuを今いる位置に固定していました。 第一弾で発動アニメーションの速度を上げましたが、Warframe特有のパルクールを披露しながらアビリティを発動できないことはとても残念だと感じるようになりました。 移動しながらDenyを発動できることは第一弾で追加したDenyとGrasp of Lohkアビリティのシナジーをより促進することでしょう。 第一弾で「より多くの火力を… より速く!」とご案内しましたが、今回の調整でこの点が実現になります。
追加:
  • 
変更:
  • 
修正:
  • Komorexを使用している時XakuのXata's Whisperがダメージバフを追加しなかったりVoid状態異常を付与しない問題を修正。
  • XakuのXata's Whisperが射程物武器に対して状態異常確率を適用しない問題を修正。
  • The Vast Untime がアクティブであるかどうかに関係なく、画面右上にあるXata's WhisperのHUDタイマーアイコンがカウントダウンを続ける問題を修正。 これは視覚的な不具合にすぎず、実際にはThe Vas tUntimeやXakuの他のアビリティとの「時間凍結」の相乗効果に影響しませんでした。
  • Xakuのスキンが正しくローカライズされていない問題を修正。
  • MODのチュートリアル画面でXakuを表示すると頭とアーマーが欠落する問題を修正。
  • XakuのGraspがShedul兵器を作成すると起きていたカメラの障害物と照準のずれを修正。
鋼の道のり:アコライトが戦いに参戦します。

鋼の道のりは難度が高い敵勢と戦うチャンスとスティール・エッセンスを入手する場所として賑わっています。

しかし、皆さんからは「鋼の道のりでしか入手できないスティール・エッセンスのために長いミッションをプレイすることを余儀なくされていると感じる」声が多く届いています。 皆さんからのフィードバックに基づき、どうにか改善できる方法はないだろうかと検証したところ、次の変更点を導入することにしました。

アコライト・ミニボス戦と「鋼の道のり襲撃」(デイリーアラート)をご紹介します。
  • 毎日鋼の道のりからミッションが五つランダムで選ばれ、これらのミッションをクリアするとスティール・エッセンスを三つ入手できます。 さらに、鋼の道のりで該当するノードをクリアしていない状態でプレイして、そのミッションをクリアするとそのノードを解除したと記録されます。 この変更により、オンラインマッチメーキングで他のプレイヤーに会いにくいノードをクリアしやすくなるでしょう。
    • 注意:鋼の道のりデイリーアラートをアクセスするためには鋼の道のりモードへ表示されるワールドステータスウィンドウからアラート欄をご覧ください。
  • 鋼の道のりでは、アコライトに遭遇する可能性があります。アコライトを倒すと、スティール・エッセンス二つが確実にドロップされます。 しかし、油断は禁物です。 アコライトによって倒されると、彼らは逃げ出し、スティール・エッセンスを受け取ることはできません。
    • 鋼の道のりのアコライトはクバ・リッチが今年初めに受けた状態異常効果と同じメカニズムを使用します。
    • MiseryとMaliceに対して仕掛けられる近接攻撃のダメージを減少。
  • 今回の変更により、スティール・エッセンスからランダム性が取り除かれました。 デイリーアラートから毎日三つを保証して、アコライトは通常ミッションへも登場します。 いつ彼らが現れるかはランダム性がありますが、敵を倒すと彼らはやってくるでしょう。
    • 鋼の道のりのアークウイングミッションではアコライトは出現しませんのでご注意ください。
  • Teshinの鋼の道のり勲章を訪問すると、毎週かわって購入できるアイテムが追加されます。 今回新しく8つのアイテムが登場するため、8週間ごとにお求めのアイテムを購入するチャンスが巡ってくることを意味します。 Umbraフォーマの設計図やショットガンRiven MODなどをゲットしよう。

鋼の道のりに関するフィードバックスレッド(英語): https://forums.warframe.com/topic/1236094-deimos-arcana-steel-path-changes-megathread/

新増強MOD(統計は最大ランク時):

Gauss - Mach Rush - Mach Crash 衝突時の衝撃波は8m内の敵を吸い込む空間を作り出す。

Garuda - Seeking Talons - Blending Talons タップでGarudaの周囲9mに攻撃を繰り出す。 切断状態異常効果を受けている敵を攻撃するとGaruda's Talonsは100%の追加コンボカウント率を得る。

  • 早めにリリースされた場合はアニメーション時間を短縮し、この増強機能の範囲を最大9メートルまで拡大。

Revenant - Enthrall - Thrall Pact 支配下にある虜一体につき、プライマリ武器ダメージが25%上昇する。

Wisp - Breach Surge - Critical Surge リザーバーへテレポートする際の消費エネルギーが50%になり、9秒の間、移動した距離1メートルにつき10%スナイパーライフルのクリティカル率が上昇する。 最大クリティカル率は350%。

これらの増強MODはシンジケートの提供品から入手できます。

WARFRAMEのアビリティに関する変更点:

開発チームは現在、すべてのWARFRAMEのアビリティや特徴を見直す予定です。今回のアップデートでは次の第一次グループへ改変を導入します。

また、すべてのWarframeに対してクオリティ・オフ・ライフを向上する変更を導入する予定です。

Ash:

  • Bladestorm:マウスを動かさなくても一度にターゲットへ最大数のマークを適用するように。 エネルギーはマークごとではなく、マークされたターゲットごとに一回消費されるように。

Atlas:

  • Bulwark:敵からダメージを受けると範囲攻撃切断を仕掛けるように。 範囲攻撃ダメージは失われたヘルスの量に基づきます。

Chroma:'

  • Spectral Scream:状態異常確率を撤去。この変更により常に100%であるように。 息がヒットした敵は息の外にいる他の敵一人にダメージを連鎖させます。 Spectral Screamを使用して、その場で属性を切り替えることができ、プライマリエミッシブに依存しなくなりました。
  • Spectral Screamのダメージを毎秒200から400へ(最大ランク時)。
  • 新しいパッシブ:デザイン審議会は「Dragon's Flight」という名前を提案しました。このパッシブはChromaがDragon Wingsを展開しているときに追加のジャンプ及びバレットジャンプを行えるようデザインされています。

Khora:

  • Whipclawの放射ダメージに対する視線チェックを最小限へ。

Nekros:

  • Soul Punch: 25%以下のヘルスを持ち合わせるターゲットを瞬時に倒し、追加のクローン影へと変換する(または、すでに最大数のクローンがいる場合、クローンを回復させる)
  • NekrosのSoul Punchへ新しいメカニズム「Marked for Harvest」を追加。 Soul Punchがヒットしたにもかかわらず死なない敵はマークされ、そのマークされた敵が効果時間内に倒されるとShadowになります。

Nidus:

  • Larva: アビリティが有効な間に倒された敵は、x%の確率でNidusへスタックを作成する。

Zephyr:

  • Air Burst: ターゲットをヒットするたびにダメージが上昇するように。 ヘルスが30%未満のターゲットはParazonでのフィニッシャー攻撃を仕掛けることができるようになります。
  • Air Burstは発射物または爆発ダメージによって敵をヒットすると35%の追加ダメージを与えるように。
  • Air Burstで空気のスライスに当たった敵は50%の確率で物理状態異常効果が付与されます。 また、切断状態異常が一番有利でしょう。
  • Tornado: 敵を保持する能力を向上。 タップで静止している竜巻を、長押しでさまよう竜巻を作成します。
オービターに関する改善点:

ダイモス・アルカナアップデートでは、 オービターを改装して、新しいガラス板を付け足します。 MOD、レリックそして他のコンソールへ新しいアニメーションや一般的な外観のイメージチェンジが施されています。 レールジャックを所有している皆さん、どのような変化が施されたか一度確認してみてください。

注意:今回の改装作業により、装飾品が元の位置よりわずかにずれている可能性があります。そのため、移動作業が必要かもしれませんが、ご了承ください。

新しいマーケット内アイテム:Garaデラックス

GARA KALEIDA コレクション ダイモス・アルカナではGaraの新しいデラックススキン、シャンダナとロングソードスキンが登場します。 武器へガラス加工を施し、敵へ攻撃を仕掛けよう。

STARGLAZE SHARDS特殊外装が含まれます。

GARA KALEIDA スキン 鋭いガラスで飾られてパワフルなポーズをとるこのGara Kaleidaデラックススキンは、これまでになかった新しい外観と美しいWarframe用のアニメーションセット二つが付属されています。

STARGLAZE SHARDS特殊外装が含まれます。

GLISTOR シャンダナ 磨かれたガラス片の連なりでこのエレガントなシャンダナは完成する。 Gara自身と同じように、見た目よりも頑丈である。

REPHRAX ソードスキン 刃のように鋭いガラスのソードスキンで、光を虹色に分光しよう。

STARGLAZE SHARDS Gara Kaleidaの後付けバックピースでみんなを魅了しよう。

Dojoに関する追加、変更と修正点:

追加点:

新しい感染体チャンバー 悪夢に出てくるような感染体を作り上げためにぴったりの呼吸をしていて脈を打つ部屋。 新しい感染体装飾品 あなたのDojoには「破裂した特大感染体シスト」は備わっていますか。 「感染体発光型ボラード」はどうでしょう。 今回のアップデートでは、感染体をモチーフにした 新しいDojo用装飾品をお求めいただけます。

新しいエントラティDojo用装飾品 エントラティをモチーフにした装飾品をゲットしよう。このアップデートでは壊れた時計やVoidミラーなどが入手できます。

  • 感染体装飾品とエントラティ装飾品の両方で、素材コストを通常の約25%ほど削減。これは間もなく実装される予定のDojoに関するクオリティー・オフ・ライフアップデートの一部です。

その他の変更点:

  • 「ルームオプション」メニューから各Dojo部屋の名前を変更できるように。
  • Dojoアイテムの研究ボタンのテキストを「プロジェクトを開始する」から「研究を始める」へ変更。
  • クラン研究「必要条件」のソートと部屋の選択を「前提条件」へ変更。
  • クラン研究の前提条件をクリックするとその研究は選択され、開始することができます。
  • Dojoのベルの装飾品はオプション画面の「効果音音量」から調整できるように。
  • クランDojoへテレポート装置を設置してから改名できるように。
  • Dojoのアスレチックコースへ入場するときにWarframeのパッシブを無効化にして、コースを始めた最初の数十秒間無敵状態である問題を修正。
    • 開発チームはDojoをデザインするテンノと意見交換、特にアスレチックコースに関する意見を集めました。 その結果、パッシブや無敵状態の仕様はアンフェアなアドバンテージを与えるという意見が多かったため、変更に踏み切りました。 例えば、Zephyrのパッシブは他のプレイヤーに対して利点を持ち合わせています。 コースを開始したときに与えられる無敵状態はミッションと同じように設置されていましたが、コースによってはいくつかの障害物を軽々とクリアできることを意味していました。 そのため今回、Dojoのアスレチックコースをデザインする方たちのフィードバックに基づき変更を導入します。

修正点:

  • 38文字以上のDojo装飾品は画面の端で途切れるため改名。
  • Dojo装飾品(例:天然峡谷冷却液(滝)など)のサイズを大きくした後、縮小できなくなる問題を修正。
  • Dojoの制限された移動モードで大きな装飾品がプレイヤーのFOVの外にある場所へ移動しようとしてもできない問題を修正。
  • サイズを変更したときにアスレチックコースのトラップのダメージ及び失敗トリガーが作動しない問題を修正。
  • Dojoの装飾品を回転させるときに「回転をリセットする」という説明がPH表示される問題を修正。
  • TRIBUTA像を動かそうとすると照明がデフォルトの白へ変わる問題を修正。
コミュニティーニュースタブ:

更新されたオービターでは、ニュースコンソールが追加されたことに気付くかもしれません。 このコミュニティーニュースタブではWarframeコミュニティーで開催されているライブ配信、コンテスト、およびニュースを取り上げます。

サウンドに関する追加、変更点:

改良版リバーブ:

「改良版リバーブ」をベータ版として実装します。 この変更はコンボリューションリバーブ(インパルスレスポンスリバーブとも呼ばれる)方式を使う新しいリバーブシステムです。 この変更が何を指すかと言いますと、ゲームでアルゴリズム(レガシー)リバーブを使用する代わりに実際のスペースを使用できることです。 リバーブシステムに実際の残響空間の録音を送ることができ、ゲームのサウンドと組み合わせる技術を使います。 この変更により、よりリアルで活気に満ちた音響を得ることができます。 サウンド開発チームはすべてのタイルセットでリバーブの調整に取り組んできました。 そのため、ゲーム全体で改善された音響システムを体感することができます。

また、サウンドチームはリバーブがブレンドされる過程も調整しました。 マップのさまざまな場所から移動すると、リバーブをブレンドする必要があります。例えば、小さなスペースから大きなスペースへ移動すると実際どのような音が聞こえるか考えてみてください。 ゲームでは以前、距離に基づいて調整されていましたが、この変更が入ってからは時間に基づいて計算されます。 この変更により、場所を移動したときにどの様に音が変わるかよりナチュラルに感じ取ることができるでしょう。

「改良版リバーブ」はデフォルトで有効化されていますが、必要に応じてオーディオ設定画面から「レガシーリバーブ」へ巻き戻すことができます。

サウンドに関する追加、変更点:
  • ダイモスへ新しい曲を二曲追加。  
  • オーディオ設定画面から自分のMandacordの音量を調整できるように。
    • プレイヤーの皆さんからこの要望は多々寄せられており、やっと実現することができました。 Octavia ResonatorをHelminthシステムへ組み込んだ場合もご利用いただけます。
  • オーディオ設定画面に表示される「ミュージック音量」スライダーを調整することにより、シネマチックの音量も調整できるように。
  • Dojoの音楽もオーディオ設定画面から「ミュージック音量」スライダーを使用して調整できるように。
  • Helminthのアビリティ音響も新しいカスタムFXで更新。
    • Helminthシステムが実装されたとき、音響FXはプレースホルダーとして使用されていました。 今回の変更により、Helminthのアビリティ(Empower、Master's Summonなど)は独自のサウンドを使用するようになります。
  • 設定メニューへ「Nora Night」の音量スライダーを追加。この機能を使うことにより、Noraのゲーム内通信を消音することができます。
オペレーターアンプに関する変更点:
  • 次のアイテムから自己よろめき範囲を縮小。SHRAKSUN スカフォード、GRANMU プリズム、EXARD スカフォード、DISSIC スカフォードとPROPA スカフォード。
  • PHAHDの発射物は跳ね返るたびに爆発するように。
  • PHAHD の爆発ダメージを3100から1100へ減少。
追加点全般:
  • マスタリーランクを敬する表彰楯を追加。 このアップデート『ダイモス・アルカナ』へログインすると、これまでに入手したマスタリーランクを称える表彰楯が受信ボックスへ届きます。 表彰楯は装飾品なので、ぜひオービターで飾ってください。
  • 地位ポイントへ魚やジェムを交換すると表示されるUIポップアップ画面を追加。
  • エントラティトークンを提供するときに表示される画面へ「最大(数)」に到達したことを伝えるラベルを表示。
  • ディスプレイオプションへ「分隊メンバーの視覚効果低減」トグルを追加。 この機能を有効化すると、分隊メンバーのアビリティや武器の視覚効果が軽減します。
  • デモリストと仲裁ドローンのキルを称えるメダルをミッション完了画面へ追加。
  • Simarisの提供品へMacheteの設計図を追加。
  • ゲーム内マーケットへ「オススメ」ラベルを追加。
  • シータス、フォーチュナーとネクロリスクの「寄付」画面へ「シンジケート」ボタンを追加。
    • シンジケート画面で「終了」を選ぶと寄付画面へ戻ることができます。
  • 週に一回しか購入できないアイテム(Palladino Rivenの破片など)へ「購入一回限り」というラベルが表示されるように。
  • すべてのアークウイングガンの射撃へ地面のチリFXを追加。
  • Warframeとネクロメカの転移能力FXを調整。
  • CARCINUS スピアガンスキンへ新しいアニメーションや音響を追加。 付属されるはずのアニメーションが欠落している状態でこのスキンをリリースしたため皆さんにはご不便をおかけいたしました。 心からお詫び申し上げます。新しいアニメーションと音響は次のとおりです。
    • スピアガンは、アーセナルで表示すると折りたたまれ、色を変更すると拡大するため、展開されたときに見える状態をより正確に表現します。
    • スピアガンは、ホルスターに収めると小さくなり、装備すると膨張されます。 さらに、装備するときに流れる音響はデフォルト音から変更するように。
    • スピアガンの銃の先端は、装備するとアニメーション化されるように。
    • 銃の先端にある円形のクリップは、発砲時およびチャージショット時にアニメーション化するように。
    • リロードすると、銃の先端が付属のFXでアニメーション化されるように。 さらに、リロードすると流れる音響はデフォルト音から変更するように。
変更点全般:
  • Nightwaveグラスメイカーのプレステージランクをさらに60ランク増やし、2021年1月にグラスメイカーを完了するまでにクレドを利用できるように。 Nightwaveの終了日に関する詳細は次のスレッドからご覧ください。
    • 英語版https://forums.warframe.com/topic/1235244-nightwave-end-date-november-update/
    • 日本語版https://forums.warframe.com/topic/1235248-nightwave%E3%81%AE%E7%B5%82%E4%BA%86%E6%97%A5%E3%81%A811%E6%9C%88%E3%81%AE%E6%9B%B4%E6%96%B0%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B/
  • ミスクリックを防止するため、「MUTALIST ALAD V 暗殺」ノードをAkkadから離れた位置に表示。
  • Helminthと交流するときに繰り返し流れるアニメーションの頻度を減少。
  • Bansheeをプレイするときの機能を向上。
  • CARCINUS スピアガンスキンへアニメーションを追加し、特別な動作をするように。
  • Sonicorで起こる自己よろめきの範囲を減少。
  • オープン・クローズ状態のある「翼」系シャンダナ(例:Sariシャンダナなど)はミッション完了画面のジオラマで自動的に開くように。 この変更により、他のプレイヤーと重なって表示されたり、クリッピングする問題を回避できます。
  • バルパファイラとバルパファイラ用のプレデサイトアンチジェンに関する説明文を更新。
  • ミッション完了画面でAyatanスターはレア素材としてソートされるように。
  • ヌンチャクの動きが完了したときに流れる音響を追加。
  • Ayatan画面に関する変更点:
    • Ayatan画面ではAyatanトレジャーやスターを持っていない場合、Ayatanシステムに関する情報が表示されるように。
    • Marooのバザーへファストトラベルできる「Marooを訪問する」ボタンを追加。
    • Ayatan像とスターのジオラマへ調整を入れることにより画面がより見やすいように。
  • Atlasのバク転するアイドルアニメーションへもう少し高さを加えました。
  • ゲーム内マーケットのパックへリストされているアイテムの大文字表記からタイトルケースへ変更。 また、すでに所有しているアイテムへは「所持済み」アイコンを表示するように。
  • シータスとフォーチュナーの商人の名前を大文字表記からタイトルケースへ変更。
  • アルケイン パルスの説明文は回復の量と範囲が表示されるように。
  • Buzlokの射程物の発射は照準を合わせた時にスコープの少し下へ表示されるように。
  • 選択したエネルギーからは自分を蘇生するときに流れるFXの一部になるように。
  • Capturaの露出設定が変更する度合いを大幅に減少。
  • Halikar/Halikar Wraithの投てきヒット効果が他の射程物の効果と一貫性を保つように。
  • Threshing Gainの最初の攻撃をWise Razorスタンスの最後の技にして、ダメージ値を調整。
  • Cortegeに関する変更点:
    • 範囲を24mから28mへ拡大。
    • 敵に対するCortegeのプライマリ射撃へ貫通距離を追加(しかし、レベルジオメトリは貫通しません)。
  • エクゾディア コンテージョンの射出物は装備されているZaw武器のクリティカル確率およびダメージと状態異常を引用するように。
  • 機能が失われるため、K-ドライブを乗っているときにエモートを使えないように。
  • TennoConダイモスPrexカードのデフォルト配置の位置を調整。この変更により飾り付けるときにアイテムは配置しやすくなります。
  • マスタリーランクチャレンジのアイコンをアップデート29.3.0でリリースされた新デザインへ変更。
  • 近接スラムアニメーションを改善。
    • 近接スラム攻撃を行った後、他の近接攻撃を仕掛けたり、発砲できるタイミングで移動できるように。
  • GaussのMach RushのFOVが細くなる機能をすこし軽減し、極端なスピードでも対応できるように。
  • シータスの小屋のデカールを更新して、より適切にブレンドされるように。
  • ボウのアイドルアニメーションを調整して、モーションブラーなどの不具合を回避。
  • レールジャックミッションでリアクターが破壊されたときに表示されていたグリニアクルーシップのヘルスマーカーを無効化。
    • この変更により、クルーシップの外にいるプレイヤーがクルーシップがアクティブ及び有効なターゲットであるかどうかについて混乱を引き起こさないようになります。
  • ゲームのさまざまなエリアで起こっていたビームFXに関する問題を修正。
  • 「マルチショット」統計は、値が1以下の場合は表示されなくなるように。
  • Fluctusの銃口と発射体FXを改善。
  • Akariusの発射体から武装距離を削除。
  • Kuva Ayangaの発射体から武装距離を削除。
最適化:
  • 品質向上およびディスクの足跡を削減するために、多くのマップで事前に計算された反射をリマスター。
  • エイドロンの草原にロードするときに起きていたスポット構築を削除。これにより約0.5秒節約できました。
  • ダイナミックミュージックシステムを細かく最適化。
  • 武器の効果へいくつかのマイクロ最適化を実行。
  • 不要なFXスクリプトを実行していたアーマーアイテムに対してマイクロ最適化を実行。
  • 入力バインディングコードを細かく最適化。
  • 遅延レンダリングが有効になっているときに、ExcaliburのExalted Bladeへ影のキャスティングライトを使うよう調整。
  • コーデックスが使用するメモリを最適化。
  • 星系マップで使用されるメモリを最適化。
  • CobaまたはScrambusを生産できなかった場合に処理される作業へマイクロ最適化を実行。
  • すべてのゲームプレイコードに対して体系的なマイクロ最適化を実行。
  • 地域から離れた後に行われるメモリ使用に対して最適化を実行。
  • 発動ごとに送信されるネットワークトラフィックの量を大幅に削減することにより、Oberonの Hallowed Groundの機能を改善。
  • カンビオン荒地の範囲外の敵のチェックが8秒ごとではなく各8秒後にフレームごと行われていた潜在的なパフォーマンスの問題を修正。
  • ダメージシステムにマイクロ最適化を実行。
  • レールジャックを操縦するときに起こる可能性があった小さなメモリリークを修正。
コントローラーに関する変更、修正点:
修正点:
  • アークウイングモードにいるときにミサイルのロックオン警告が表示されると引き起こされるクラッシュを修正。
  • ネクロメカのNecrawebアビリティを発動すると起こるクラッシュを修正。
  • ネクロメカから転移してからアークウイングを展開できない問題を修正。
  • ネクロメカに転移した後、Warframeが受けるダメージが90%減少しない問題を修正。
  • 友好的なVoidrigネクロメカがLimboのRiftを無効化する問題を修正。
  • ダイモスの依頼ミッションでMotherトークンがラウンド3まで配布されない問題を修正。
  • ダイモスの依頼ミッションをエンドレスモードでプレイすると間違った報酬テーブルが予定されているテーブルより一回先に利用される問題を修正。
  • シミュラクラムでTitania Razorwingを発動すると永遠に白い画面が表示される問題を修正。
  • 星系マップの特定のノードで、報酬のクレジットが敵のレベルに基づいて自動的に計算されるのではなく、ほんの少しのクレジットを配布する問題を修正。例えば、TeshubとApollodorusでは500クレジットだけ配布していました。
  • MODが装備されていないMirageをプレイしていても、Mirage Hall of Mirrorsのクローンが意図していた量よりも多いクリティカルダメージを付与する問題を修正。
  • HildrynのAegis Stormを発動しているときに組み込んだアビリティを発動できる問題を修正。
    • この修正によりHildrynと組み込んだアビリティの組み合わせにより起こっていた多くの問題が解消されます。 それぞれのアビリティは個別の問題を起こしていました。
  • アークウイングガンを使用している・していないにかかわらず、ネクロメカの弾薬が同じスピードで再生される問題を修正。
  • オーブ峡谷及びエイドロンの草原でアークウイングとWARFRAMEの間を切り替えるとアルケインのバフが無効化される問題を修正。
  • オペレーターモードでVoid Blastを仕掛けてからGladiator MODセットのバフが切れる問題を修正。
  • スタンスを装備していない時に軍扇がソードスラム攻撃を仕掛けるとスラムダメージが減少する問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1227813-quassus-and-slicing-feathers-stance-reducing-slam-damage/
  • Vorが通常の戦闘メカニズムに従ってシールドバブルをドロップした後、シールドバブルを削除しないため戦闘を進められなくなる問題を修正。
  • フォーチュナーで「強奪」部屋に入ろうとしたときに一時停止メニューの機能が失われる問題を修正。
  • OctaviaのResonatorが航路から少し外れた場所に(障害物の上など)発動されたMalletを拾わない問題を修正。
  • リマスターされたコーパスシップタイルセットでシンジケートメダルがプレイヤーが届かない場所に生産される問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1214473-unreachable-syndicate-medallions-on-corpus-ship-remaster-tileset-investigating/
  • 負数のフィニッシャーRivenを装備している時KhoraのWhip Clawが負数のダメージを与える問題を修正。
  • Mausolonのプライマリファイアの範囲攻撃が自己よろめきを起こさない問題を修正。
  • キーが必要な星系マップ鋼の道のりミッション(例:Mutalist Alad V 暗殺)が自動的に「プライベート」へと変換されるため、他のプレイヤーが参加できない問題を修正。
  • GarudaのTalonsへGladiator MOD(Vice、Might、Rush)を装備したときスタッキングしなかったり、各コンボ乗数につき上昇しないはずのクリティカル率が適用されている問題を修正。
  • Blood RushとWeeping WoundsがGarudaのTalonsへ適用されない問題を修正。
  • 自由に歩き回っているネクロメカがカンビオン荒地の丘を登るのに苦労する問題を修正。
  • OxylusのBotanizeがチャージを消費しない問題を修正。
  • 執行人が「クライエントを指示する」アクションを二回行う問題を修正。
  • アーセナル画面を去るまでBaurahn PrimeエフェメラFXが撤去されない問題を修正。
  • 釣りを行っているときにホスト移行が発生すると移動せず、収集できない魚が残る問題を修正。
  • ホスト移行が発生してもギアが装備から外されない問題を修正。
  • K-ドライブのJuice MODがクライエントに対してエネルギーを提供しない問題を修正。
  • 両手持ちZaw武器のホルスターに関する変更が、アーセナル画面を離れる時に正しく適用されず、デフォルトの標準ホルスタータイプに巻き戻る問題を修正。
  • Sheduへ武器を切り替えるとデータマスを強制的にドロップする問題を修正。
  • Helminthとの交流で起こるレアなスクリプトエラーを修正。
  • 何体かのWarframeに対してMittahk アーマーを装備すると起こるクリッピングや配置の問題を修正。
  • ホストでプレイしているプレイヤーが依頼ミッションを完了してネクロリスクに戻った時、「ミッション完了」バナーの上に「依頼ミッション失敗」という趣旨のバナーが重なって表示される問題を修正。
  • ZabovショットガンスキンのFXに関する問題を修正。
  • アーセナルで違うコンパニオンへ切り替えるとコンパニオンがHelminthと交流しているときにテレポートしてしまう問題を修正。
  • Helminth医務室のドアとドメスティック・ドローンが交流するときに起こる問題を修正。
  • プライマリKitgunのリロードアニメーションに関する揺れを解決に向けて修正。
  • クライエントとしてプレイ中、ネクロメカでもエモートを使用できる問題を修正。  
  • カンビオン荒地の洞窟の環境の要素で発生するクリッピングを修正。
  • Pupacystの説明文が「ポールアーム」ではなく「スタッフ」と表示されている問題を修正。
  • 自由行動をとっているカンビオン荒地のネクロメカは小さな丘などでスタックしてしまう問題を修正。  
  • レガシーマスタリーシジルの説明文で存在していたスペルミスを修正。
  • ギアアイテムをギアホイールへ装備できない問題を修正。
  • 個人用のネクロメカのマーカーがマップを出たり入ったりすると失われる問題を修正。
  • ネクロメカを操縦しているときにミニマップのマーカーが表示される問題を修正。
  • しゃがんでいるときにネクロメカへ転移するとVoid Dashのアニメーションでスタックする問題を修正。
  • ゲーム内マーケットでダイモス感染体バンドルを見ているときにKeratinosが後ろ向きに表示される問題を修正。
  • ネクロメカモードにいるときにコンパニオンUIが更新されない問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1222078-pet-went-down-on-cabria-drift-while-in-mech-but-hud-still-showed-pet-with-100-health/
  • Helminthシステムへ組み込んだアビリティがインベントリへ設計図として表示される問題を修正。
  • ネクロメカで方向を変えたりヒップを発射したりすると起こる銃のぐらつきを修正。
  • オービターCapturaシーンにいるときに一時停止メニューを使ってアーセナルへアクセスできない問題を修正。
  • 「激突」Nightwaveアクトを完了してもアクトがリセットされる問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1202212-deep-impact-daily-nightwave-objective-not-working-properly/
  • レールジャックへ搭乗中、一時停止メニューを押しているときにオプションを選択するとWarframeが一時停止メニュー用アニメーションへスタックする問題を修正。
  • 戦術メニューを使いながら他のプレイヤーをテレポートしようとするとレールジャックのタレットのハンドルがクライエントの腕へスタックする問題を修正。
  • 分隊に二人しかいない場合、スペクターモードが一人だけにとりつく問題を修正。
  • カンビオン荒地依頼ミッションの敵の援護隊がプレイヤー及び防衛ターゲットに迫ってこない問題を修正。
  • アーセナル画面でVauban及びVauban Primeへ「エフェメラは選択されていません」というエラーメッセージの代わりに「LotusWarframeCustomization」と表示される問題を修正。
  • キャニスターを投げ終わっても、ネクロメカのNecrawebの「投げる」に関するHUDツールヒントが残留する問題を修正。
  • 隔離保管庫の鏡に表示される黒い平面を修正。
  • 利用しているWarframeが死んでからアビリティメニューをアクセスすると頭が欠落する問題を修正。
  • Khoraのとげに関する設定がスキンを変えても更新されない問題を修正。
  • 数名クライエントとしてオービターから自由行動ミッションへロードすると依頼ミッションを自動的に受託して、ミッションへ投票できない問題を修正。
  • グリニア海底研究所タイルセットで意図されていない場所でも水中に潜りこめる問題を修正。
  • Boarのリロードアニメーションが銃の側面へクリッピングする問題を修正。
  • 草原のコンドロクの羽の深さに関する問題を修正。
  • 特定のセカンダリ武器(特にAthodai)を使用しているときにK-ドライブからラグドール状態で落下すると起こる自己ダメージに関する問題を修正。
  • パイロットがいないダージンが地面に落ちる代わりに空中で浮かぶ問題を修正。
  • Helminth アニメーションが流れているときにキャバットと交流できる問題を修正。 https://www.reddit.com/r/Warframe/comments/iqkcs8/so_i_found_out_you_can_interact_with_your_kavat/
  • コンパニオンを商人に受け渡した後でもプレイヤーを追う問題を修正。
  • Indexアウトポストタイルセットでスカイボックスを遠くから見ると真っ白に見える問題を修正。
  • 火星のUltorへローディングするときに間違って木星への着陸シネマチックが表示される問題を修正。
  • 『二番目の夢』クエストにローディングするときに間違った着陸シネマチックが表示される問題を修正。
  • コーパスアウトポストタイルセットから落ちるとスカイボックスからも落下して、マップの下部を見ることができる問題を修正。
  • グリニア森林タイルセットのドア付近で白色が強調しすぎる問題を修正。
  • VaubanのBastillesが発動されるとFXの明るさのレベルが高すぎるため、画面全体をもカバーする場合がある問題を修正。
  • カンビオン荒地のCapturaシーンでK-ドライブのスコアボードが見える問題を修正。
  • カスタムWarframeスピアガンとその変異型のアイドルアニメーションを調整。
  • シャンダナのエネルギーカラーが自動的にデフォルトへ巻き戻る問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1230188-syandana-energy-color-completely-vanishing-in-railjack-archwing-arsenal-etc/
    • レールジャックを操縦しているときに起こる事象。
    • 通常ミッションやシミュラクラムで死んだときに起こる事象。
    • アーセナル画面で外装設定を切り替えるときに起こる事象。
  • OSCIRA 投擲武器スキンで起こる不具合を修正。
    • OSCIRA 投擲武器スキンの袋が消える問題を修正。
    • OSCIRA 投擲武器スキンを装着しているときにリロードするとWarframeが小さな刀を持っているように表す問題を修正。
    • 大きさやメッシュに関する問題を修正。
  • OSCIRA 投擲武器スキンを装着しているときに起こるピストルのFXや発射物に関する問題を修正。
  • ZASTRA デュアルダガースキンで起こるFXに関する問題を修正。
  • 敵の船を爆破させた後にTitaniaがRazorwingを発動しながらレールジャックに戻ってオムニツールを使うとTitaniaがとても大きく表示される問題を修正。 https://www.reddit.com/r/Warframe/comments/ea4m8a/titania_is_so_big_so_i_stuck_inside_a_ship/?utm_source=reddit-android
  • ファウンドリで、センチネル武器が「所有済み」タグを欠落している問題を修正。
  • アークウイングモードで「/unstuck」コマンドを使うと地下に潜りこんでしまう問題を修正。
  • Capturaで露出設定が適用されない問題を修正。
  • ガス・シティタイルセットのミニマップが二つ重なって表示される問題を修正。
  • コラプトクルーマンのFXが重なって表示されるため、画面が真っ黒になる問題を修正に向けて改善。
  • KASIO'S RESTのレールジャックボス部屋のタイルがレンダリング処理されない問題を修正。
  • ネットワークに関する問題が起きた時に表示されるエラーメッセージがローカライズされていない問題を修正。
  • クライエントとしてある特定のロードアウト設定を使いオペレーターモードにいるとコンボスタッキングを適用する近接MOD(Blood RushやWeeping Wounds)がリセットしない問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1202616-blood-rush-still-bugged/
  • オペレーターモードにいるときにコンボカウンターが失効するとGladiatorセットボーナスで付与されていたクリティカル率がクライエントに対してリセットされない問題を修正。 https://www.reddit.com/r/Warframe/comments/iwmk9d/unlimited_critical_chance_on_any_melee_by/
  • Solsticeスキンを装着しているTatsuを振っているときにMirageのEclipseの周りに長方形の効果が表示される問題を修正。
  • グリニアクルーシップ武器によって引き起こされるクラッシュを修正。
  • グリニア・ガレオンタイルセットの脱出シネマチックで照らされるとてもまぶしい照明を修正。
  • コーパスガス・シティタイルセットで起こる複数の不具合を修正。
    • 影が付く領域で起こるピクセル化に関する問題を修正。
    • 特定の場所でデーカルが浮く問題を修正。
    • 特定のエリアで間違っている素材を修正。
    • 過度に明るい照明を修正。
  • 何も貢献しなくても、レールジャックの残骸が修復中としてマークされる問題を修正。
  • ファウンドリで製作されているスタッフやポールアームのホログラムがファウンドリへ入ったり出たりするとサイズが縮小される問題を修正。
  • ネクロメカを製作してからアーセナルを開くと起こるヒッチングを修正。
  • HUDの「分隊メンバーの情報を表示する」オプションを有効にしていてもレールジャックのタレットを操作しているときに情報が表示されない問題を修正。
  • エクスプロイターオーブ戦で濃縮サーミア を投げようとするときに<SECONDARY_FIRE>のボタンコールアウトが表示される問題を修正。
  • Echoルアーを使っているときにSonの通信が動物保護に関する音響の上に重なって流れる問題を修正。
  • ネクロリスクの地面の上を感染子実体が浮かんでいる問題を修正。
  • スティール・メリディアンの旗が拡大されて表示され、画面が真っ白になる問題を修正。
  • Nekrosのアイドルアニメーションで発生する問題を修正。
  • IvaraおよびIvara PrimeのArtemis Bowのアニメーションに関する問題を修正。
  • グリニアクルーシップから退散するときにレールジャックにいるプレイヤーがアークウイングへ引き込まれる問題を修正。
  • クライエントとしてプレイ中、アークウイングモードにいるときにプライマリ武器とアークウイング武器が同時に表示される問題を修正。 この問題は特にItzalのPenumbraを利用しているときに頻繁に発生していました。
  • 敵が防御アイテムを生産すると、敵がそのアイテムにスタックする問題を修正。
  • ミッション完了画面で表示される統計へエネルギー回復アビリティとしもべのキル数が正しく反映されない問題を修正。
  • カンビオン荒地で間違った場所に素材が生産される問題を修正。
  • シータスのオストロン商人でモーションブラーが欠落している問題を修正。
  • 敵に援軍がとても遠い所に生産され、プレイヤーへ近づかない問題を修正。
  • カンビオン荒地の沼で宙に浮かんでいる素材を修正。
  • Ambulasボス戦のタイルセットで草木が浮かんで表示される問題を修正。
  • 「摩滅や破損状況」スライダーの数値を選んでからメニューを閉じてまた開けると、スライダーを小数点以下五桁まで調整できてしまう問題を修正。
  • 敵が隠れることができる防御の後ろへ入った途端に離れる問題を修正。
  • Daikyuに対して複数のスキンが正しく装着できない問題を修正。
  • Orokin貯蔵庫のドアの照明が通常より明るすぎる問題を修正。
  • Lex PrimeとEuphona Primeを装備していて、OSCIRA ピストル スキンを装着しているときに重複したマガジンが飛び出す問題を修正。
  • OSCIRA ピストル スキンがSicarus Primeに対して正しく装着できない問題を修正。
  • 結節状エラ器官と発酵膀胱をチャットリンクすると同じ画像が表示される問題を修正。
  • ファーパターンがVascaキャバットへ正しく装着されない問題を修正。
  • 遺跡船のSomachordの古い名前を更新。この修正によりダイモスSomachordという名称で呼ばれるようになります。
  • オペレーターをボディースーツに切り替えるとオペレーターシジルが消えてしまう問題を修正。
  • カンビオン荒地に存在するマップホールを修正。
  • ジャンクションのスカイボックスが白飛びする問題を修正。
  • グリフのテクスチャストリーミングが、近づかないと欠落する問題を修正。
  • シストがミッション完了画面のジオラマでフルサイズで表示される問題を修正。
  • 遺伝子データを読み込んでいるときにコンパニオンの孵化を始めようとすると起こる「不明なエラー」を修正。
  • 目的を終了する前に脱出地点にたどり着くとミッション進行状況画面を見ることができない問題を修正。
  • IvaraのNavigator Vitrica射程物が最大速度で移動する問題を修正。
  • コーパスベクターシールドを遠い場所から見ると黒い三角が表示される問題を修正。
  • エリスの感染回収タイルセットで灰色の触手が表示される問題を修正。
  • 一時停止メニューが閉じられていてもプロフィールボックスが展開され続ける問題を修正。
  • UIを変更しても照明はページを読み込みし直すまで更新されない問題を修正。
  • オービターCapturaシーンにいるときオービターの外でカメラを自在モードにトグルできる問題を修正。
  • オービターCapturaシーンにいるとき自在モードにトグルするとKhoraが追加のVenariを生産できる問題を修正。
  • Oberon Primeのタバードの背面のアタッチメントポイントが、コーデックス/チャットリンクのジオラマに表示されているものよりも低い問題を修正。
  • アビリティ武器を利用していた時にスキャナーを装備して、その後解除してもアビリティ武器へ切り替わらない問題を修正。
  • エントラティシンジケートの一日の上限へ達してもUI画面がトークンを選ばせてくれる問題を修正。
    • 今後理由を説明するエラーポップアップメッセージが表示されます。
  • ランディングクラフトカスタマイズ画面で過度のブルームが起こる問題を修正。
  • Kuva Ayangaが自己ダメージを与える問題を修正。
  • カラーをカスタマイズするとGuandao Primeの長さが縮まる問題を修正。
  • Kuva要塞でオブジェクトのテクスチャが透けて見える問題を修正。
  • レールジャックのオプションメニューへ敵の船のインジケーターが表示される問題を修正。
  • OSCIRA 弓 スキンに関する複数の問題を修正。
  • Dual Kamas Primeのエネルギーカラーが適切に作動しない問題を修正。
  • アビリティ近接武器に対してCarnis、JugulusおよびSaxum MODセットを装備できない問題を修正。
  • Excalibur Umbraに対してTsujinasaシャンダナが適切に付けられない問題を修正。
  • Void妨害ミッションのポータルが明るすぎで白飛びする問題を修正。
  • ルアの特定のタイルセットで発生するクリッピングを修正。
  • アーセナル画面を回覧している時、MesaのPeacemaker FOVの統計が範囲MODの影響を反映しない問題を修正。
  • Equinoxのスキンに「なし」オプションが間違って表示される問題を修正。
  • Nef Anyoの顔へ照明が当たっていない問題を修正。
  • ファイルサイズ縮小プロジェクトによって発生するグラフィックやアイコンの圧縮に関する問題を修正。
  • テュルーマスターエモートのアイコンが引き延ばされる問題を修正。
  • コーパスガス・シティタイルセットでパルクールを行うと起こるカメラのクリッピングに関する問題を修正。
  • 『隠されたメッセージ』クエストの最初のミッションを行うと起こるクラッシュを修正。
  • VeldtにRifle Mutation MODを装備できない問題を修正。
  • コーパスアウトポストタイルセットでマップを透視できる個所を修正。
  • ゲーム内マーケットでカラーパレットを回覧しているときにマウスのカーソルを当てるとオービターがかくかく揺れる問題を修正。
  • ゲーム内マーケットのジオラマでGALVANIK レッグプレートを回覧するときにカメラの位置が低すぎる問題を修正。
  • EquinoxのRest & Rageに関するスクリプトエラーを修正。
  • 発砲アニメーションが何回も繰り返される問題を引き起こすスクリプトエラーを修正。
  • Wispのアジャイルモーションセットによって頭が複写されるときに頭がなくなってしまう問題を修正。
  • Xakuへお辞儀をするアニメーションを装備してもそのアニメーションが欠落する問題を修正。
  • ゲーム内マーケットでヘルス、弾薬とエネルギーリストアの製作時間が間違って表示される問題を修正。 この問題を修正したため、アンチトキシンの製作時間に関する不具合も修正。
  • シネマチックでキャラクターが一フレーム遅れて走る問題を修正。
  • MODを装備していないKuva QuartakkとQuantzを使いながらマウスを速くクリックし続けると極端に速い発射速度を得ることができる問題を修正。
  • コーパスアウトポストタイルセットの脱出地点付近で範囲を超えられるマップホールを修正。
  • OberonのHallowed Groundがフェードインするときにちらつく問題を修正。
  • どのスキンを装着していてもFrostとFrost Primeのマントがログイン画面をクリッピングする問題を修正。
  • レンズを所有していない時にアンプのビルドを組むとき、レンズの設計図が購入可能なように表示される問題を修正。 この修正により、レンズを選択する画面で持っていないレンズが所有済みであるように表示される問題を修正。
  • コーパスアウトポストタイルセットの特定の岩から欠落しているコリジョンを修正。
  • グリニアガレオンタイルセットでプレイヤーがスタックする問題を解決に向けて改善。
  • Sepulcrumを使いキル数が5へ達成された時、距離に関係なく分隊メンバーへ流れる音響の問題を修正。
  • コーパスガス・シティタイルセット(特に木星のAmalthea潜入ミッション)の部屋で照明が当たっていない大きなオブジェを修正。
  • 連続して生産される発射物のショットのらせんスピンが適切にリセットされない問題を修正。
  • 感染ハイブ掃滅依頼ミッションで起こっていたハイブの素材に関する問題を修正。
  • Spira、Kunai、Hikou、FusilaiまたはDespairを装備している時に敵の攻撃が直撃するとConcealed Explosivesが爆発ダメージを付近の敵に与えない問題を修正。
  • コーパスアウトポストタイルセットで深い割れ目の上に見えないプラットフォームが配置されている問題を修正。
  • TitaniaでNihilボス戦に挑むとレチクルが回転して赤く残る問題を修正。
  • クエストを有効にしているときにクエストで使われるミッションのノードで通常ミッションでも敵のレベルが同じように表示される問題を修正。
  • オービターでコンパニオンを成長させると起こるビジュアル系の問題を修正。
  • 新しいコンパニオンを選択したり成長させると孵化器のドームのアニメーションが流れる問題を修正。 この修正によって切り替える作業は瞬時に行われるようになるため、アニメーションは今後流れないようになります。
  • 星系マップを開いた後、ログイン画面に戻ってしまうネットワーク上の問題を修正。
  • スキンと同時に装着すると現れるSkiajatiの柄頭の輝きを修正。
  • レールジャックアーセナル画面でコンパニオンを「なし」として設定するとアーセナル自体にカメラがクリッピングする問題を修正。 この修正により、コンパニオンタブから切り替えたときに発生する同様の問題も修正されます。
  • コーデックスに関連するクラッシュを修正。
  • Palatineシャンダナのレンダリングに関する問題を修正。
  • Soma Primeへスキンを装備するとプライム効果(特に金の輪)が残る問題を修正。
  • プロフィール画面でプライマリKitgunがマスタリー習得されていないように表示される問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1225889-primary-kitguns-appearing-as-unmastered-in-profile/
  • プロフィール画面でプリズムが何回も表示される問題を修正。
  • ジャンプを行った直後にMesaのPeacemakerを発動するとダブルジャンプを行えなくなる問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1232266-inability-to-double-jump-reproducible/
  • ミッションから入手したフォーカスポイントがミッション完了画面へ表示されるが所有しているフォーカスポイントの合計が表示されない問題を修正。 両方とも意図したとおりに表示されるはずです。
  • ガンポーズをとっているアーティクラから武器が欠落している問題を修正。
  • コーデックスのキャバットの照明が白飛びする問題を修正。
  • 特定のタイルセットで起こる草木に対する照明に関する問題を修正。
  • Helminthアビリティを組み込んだWarframeを利用すると、レールジャックの戦術メニューのテキストが正しい情報を表示しない問題を修正。
  • カンビオン荒地のマップで敵が壁の中や地面の下に生産される問題を修正。
  • カンビオン荒地の地下エリアが地表レベルの崖と衝突する問題を修正。
  • 有効なターゲットがまだいない状態で脅威へ移動すると横向きに焦点を当てるネクロメカを修正。
  • Father、MotherまたはOtakと会話を交わすときに起こるカメラの配置に関する問題を修正。
  • エンドレス依頼ミッションでラウンド2をクリアしたときにUIが「完了」と表示する問題を修正。 この修正により、意図されていた通りに各ラウンドを完了するとリセットされるようになります。
  • ダイモスで目的マーカーの機能を支えるシステムを調整。
  • コーデックスのネクロメカに関する情報がスキャンした後に何をドロップするか表示しない問題を修正。
  • ネクロメカ用Modをチャットリンクできない問題を修正。
  • コーデックスでネクロメカを回覧するときに起こるアイコンやジオラマに関する問題を修正。
  • エウロパ、フォボスとセドナのスカイボックスの照明に関する問題を修正。
  • プライマリKitgunのCatchmoonへスキンを装備できない問題を修正。
  • ファウンドリでXakuを製作すると、Xakuのヘルメットではなく、Mireのホログラムが表示される問題を修正。
  • NezhaのPrexカードがCodex> フラグメントで歪んで表示される問題を修正。
  • グリニア造船所タイルセットで表示される凍結した煙や蒸気のFXを更新。
  • 回転を放したときに装飾品が三軸すべてでスナップするデコレーションの配置に関する問題を修正。
  • SporeエフェメラのFXがAshのBladestormを発動するとクローンの長方形として表示される問題を修正。
  • グールが生産されなくなる問題を引き起こすスクリプトエラーを修正。
  • ネクロメカのShocking Ironアビリティが有効な時にネクロメカから転移するとアビリティの音響がループし続ける問題を修正。
  • ランディングクラフトの着地シネマチックをスキップした後にレベルをローディングすると目がくらむような白いフラッシュが流れる問題を修正。
  • Slicing Feathers スタンスを使い始めのヒットで、QuassusとGunsenが異なる近接コンボカウンターを獲得する問題を修正。 この修正により、どちらも同じ3つのコンボカウンターヒットを得ます。
  • ルアタイルセットでAIが使う航路や目的マーカーの航路を改善。
  • ダイモス > Horendタイルセットの過酷な水辺とずれた滝を修正。
  • グリニア・セトルメントタイルセットで過度に光っている油のテクスチャを修正。
  • データマスを持っているときにセカンダリ武器の弾薬が不足すると非表示のプライマリ武器へ切り替わる問題を修正。
  • 電気状態異常効果のようなダメージによって埋め込まれたToridの射程物が破壊される問題を修正。
  • Kela De ThaymのヘルスバーUIがオービタル ストライクを警告するメッセージと重なって表示される問題を修正。
  • ネクロメカをチャットリンクできない問題を修正。
  • オービターから見たときにデフォルトのレールジャックスキンとして表示されるSUNGEM レールジャックスキンを修正。 https://forums.warframe.com/topic/1231000-railjack-skins-dont-apply-from-inside-your-railjack/
  • コンパニオンモアがアーセナルの床で生産され、装備すると落下する問題を修正。
  • レールジャックの小惑星基地、KASIO'S RESTが実際にミサイルを発射しない問題を修正。
  • インベントリ画面でフォーカスレンズを表示するとフォーカス道のアイコンが表示されない問題を修正。
  • ネクロメカを操縦しているときにHeliosのスキャン機能がうまく動作しない問題を修正。
  • ホットキーを介してスキャナーを使用した後に武器に切り替えると起こるアニメーションのロックを修正。
  • TitaniaのRazorwingを発動中、アークウイングガンを召喚できる問題を修正。
  • アーセナルでAck & Bruntをプレビューすると武器が適切に展開されない問題を修正。
  • ウィンドウモードで、カンビオン荒地の隔離保管庫ミッションでカーソルを当てると依頼ミッションの情報ボックスが画面から消える問題を修正。
  • 分隊のミニマップアイコンが青く表示される問題を修正。
  • Detect Vulnerability Modを複数持っていて、その一つのいずれかが最大ランクまで到達しているとこのMODをトレードできなくなる問題を修正。

ダイモス・アルカナのバグ報告用メガスレッド(英語): https://forums.warframe.com/topic/1236078-deimos-arcana-bug-report-megathread-read-first-post/

ご不便をおかけして申し訳ございませんが、サポートではバグ報告に対応できませんのでよろしくお願いします。

ホットフィックス 29.3.2[ソースを編集]

November 5 ,2020 Forum Post

&#xD;

変更点:
  • GRIMSTONE CLEAVER ヘビーブレードスキンの解像度と品質を向上。
  • Teshinのテクスチャの解像度を向上。
  • アークウイング近接武器を装備しているときのダッシュの見た目を改善し、より多くの体の動きを表示するように。
修正点:
  • ジャンクションスペクターを立ち上がる前に倒せる問題を修正。この不具合により発生していたスクリプトエラーも重ねて修正。
  • SarynのToxic LashとXata’s Whisperの状態異常が他の状態異常からも発動される問題を修正。
  • アーセナルでPathocystを装備するときに起こるスポットローディングを修正。

ホットフィックス 29.3.1[ソースを編集]

Desember 5, 2020 Forum Post

&#xD; 「ダイモスの心臓」:TennoGen 29.3.1

TennoGen 第19弾:パート2

皆さんお待ちかねのTennoGen第19弾パート2が登場します。 コミュニティ・アーティストによってデザインされた新しいコレクションをご覧ください。

「TennoGen 第19弾:パート2」を今すぐSteamから確認しよう!

WARFRAMEスキン

Ash Ichneumon スキン 製作者:Vulbjorn, the graphical walrus. Excalibur Blade of the Lotus スキン 製作者:BeastBuster Garuda Tengushin スキン 製作者:Lubox Nova Mithra スキン 製作者:lukinu_u Saryn Night Hunter スキン 製作者:Mz-3 Khora Miyabi スキン 製作者:MalayaとAwk'Q-Luzk



シャンダナ

Scylla シャンダナ 製作者: Faven Valesti シャンダナ 製作者: led2012 とXtygian


武器スキン

Arashi レイピアスキン 製作者:Lubox Eklypsa スタッフスキン 製作者:lukinu_u Nikana Undercutter スキン 製作者:Felix Leonhart


オペレーター外装品

Irya オキュラス 製作者:kakarrot2812



ランディングクラフトスキン

ライセット Mithra スキン 製作者:lukinu_u



サイズ縮小プロジェクト:第二ステージ「テクスチャのリマスター」

第一ステージではライトマップの圧縮について改善しましたが、第二ステージではWarframeの残りのテクスチャに関する改善点をお届けします。 今回のアップデートサイズは10.6GBですが、約8GBのHDDスペースが空きます。

そして 開発チームはこの機会を利用して「ゲームの他の個所で圧縮できるところはないか」とゲーム全体のテクスチャを見直しました。 その結果、ゲームの詳細度も改善することができました。


サイズ縮小プロジェクト:パート2用バグ報告メガスレッド:

https://forums.warframe.com/topic/1234178-great-ensmallening-part-2-bug-report-megathread/

Baurahn Prime エフェメラに関する変更、修正点:

Baurahn Primeエフェメラを開発しているとき、あまり視覚的に圧倒しないよう保守的にデザインしました。 皆さまからのご意見に基づき、いくつかの変更を加えましたことをお知らせします。

  • ドラゴンが発動されるまでに必要なアイドル期間を短縮。
  • ドラゴンの金属テクスチャのエネルギーカラーリングを有効に。
    • ドラゴンの金属パーツは変更が入る前、すべて金色でロックされていました。 変更が入ると、金属パーツはプライマリカラーを使用するようになり、セカンダリカラーがすでに解除している場合、ドラゴンのエネルギーカラーはセカンダリカラーを優先的に選択します。そのため、金属パーツをプライマリカラーで設定し、エネルギーカラーはセカンダリカラーを用いるなど、カスタマイズオプションの幅が広がります。
  • 小さいドラゴンのスケールを大きく。
  • ナビゲーション画面でBaurahn PrimeエフェメラのFXが視覚的に圧倒しないように調整。
Vitricaに関する変更、修正点:
  • セファロン・シマリスの提供品へVitricaの設計図を追加。しかし、Vitricaの設計図は『グラスメイカー』のボス戦をクリアしないと表示されません。
  • プレイヤーの皆さんはVitricaを使いスラム攻撃を仕掛けるとショックウェーブが起こることにあまり気づいていないようだったので、FXを調整し、説明文を更新しました。
    • オロキンの伝説的な死刑執行人Nihilが罪ある者をガラス化する際に用いた剣。 エイムグライド中に剣を振るうことで敵をガラス化し、グラウンドスラムで粉砕する。 グラウンドスラムで付近のガラス化した敵を粉砕し、衝撃波を前方に送り出して離れている敵を粉砕する。 ヘビースラムは、より大きな力で広範囲の衝撃波を送り出す。
  • コンクレーブでVitricaを使えないように。
  • VitricaのスラムショックウェーブのFXを改善。
  • VitricaとVitricaのガラスの爆発がLimboのRiftメカニズムを無視する問題を修正。
その他の変更点:
  • Nightwaveのプレステージ最大ランクを30ランク増加。この変更によりプレステージランク150まで到達できるようになります。
    • Nightwaveプレステージのランクを前回増加したときに、ランク120では足りないプレイヤーがたくさんいたため、今回の変更に踏み切りました。  
  • トゥルー・マスターの洗礼盤から得られる祝福はコンクレーブで効果を発揮しないように。
修正点:
  • TitaniaのRazorwingを使用しているときにZenistarのディスクが失効しない問題を修正。
  • フォボスジャンクションでMagスペクターが意図されているヘルスとシールド量の2倍のヘルスとシールドを誇る問題を修正。
  • Dojoリサーチを進めることができない問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1225816-cannot-advance-a-number-of-research-in-the-dojo/?tab=comments#comment-11853148
  • ナビゲーション画面から一時停止メニューを開き、レールジャックをアクセスしてからもう一度ナビゲーション画面に戻ろうとすると起こる問題を修正。
  • シンジケート画面が残りの地位ポイントを表示しない問題を修正。
  • Guandao Primeの属性FXがずれて表示される問題を修正。
  • Guandao Primeから武器を切り替えるときに流れるFXが明るすぎる問題を修正。
  • 「よぅ、ガキンチョ」がオービターに帰還するたびに流れる問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1213687-man-in-the-wall-hey-kiddo/
  • エントラティトークンのアイコンが色あせて見える問題を修正。
  • Atahlthaのオルトファイアの音響を修正。
  • クリエイターモードを有効化しているときに一時停止メニューからログアウトすると、見えないはずのメールアドレスが表示される問題を修正。
  • VOID亀裂ミッションでホスト移行が起こると通常ゲームプレイが行えなくなる問題を修正。
  • トゥルー・マスターの洗礼盤からの祝福中に発生する可能性があったスクリプトエラーを修正。
  • Kela DeThaymがOrbital Strikeを発動するときに起こるスクリプトエラーを修正。
  • オーブ峡谷でソラリス民救出ターゲットを救出しようとすると起こるスクリプトエラーを修正。
  • Helminthによって上書きされたWarframeアビリティを発動するときに発生したり、複数のプレイヤー間で一貫性のない結果が生じる可能性があるスクリプトエラーを修正。

ホットフィックス 29.3.0[ソースを編集]

October 28. 2020 Forum Post

&#xD;

「ダイモスの心臓」:Nezha Prime 29.3.0
NEZHA PRIMEの登場です!

NeNezha Primeの聖火で敵を浄化しよう。 炎の術者の究極体がGuandao PrimeやZakti Primeなどと同時に実装!

NEZHA PRIME

燃える風の後嗣が、典雅な装いで眼前に現れるのを見よ。

GUANDAO PRIME

神が実った命を刈り入れる。

ZAKTI PRIME

毒素入りのフレシェット弾でガス攻撃の連撃を食らわそう。


Nezha Prime AccessおよびPrime アクセサリーで最新のPrimeギアを入手するには、https://www.warframe.com/prime-accessをご覧ください


Nezhaの物語に関するレべリアンの展示を追加。 Drususから炎を気まぐれに操る者に関する物語を聞いて、Nezhaプレックスカードを手に入れよう。 コーデックスおよびゲーム内マーケットからNezhaのレべリアン展示品をご覧ください。

Mesa Prime、Akjagara PrimeとRedeemer PrimeはこれをもちましてPrime Vaultへ収納されました。 これらのアイテムがPrime Vaultへ収納されるため以下のシンジケートへの捧げ物が変更されます。

  • ニュー・ロカ:Mesa PrimeシステムがTitania Primeシステムへ。
  • スティール・メリディアン:Redeemer PrimeブレードがZhuge Primeストリングへ。

これによりこれらのアイテムはインベントリから外されません。これらのアイテムのパーツを含むVoidレリックを所持している場合はインベントリに残り、プレイすることが可能です。

Riven性質の変動

新しいPrime AccessがリリースされるたびにRiven MODの性質は変動します。 更新された統計、情報はこのページをご覧ください。 英語版:https://forums.warframe.com/topic/1231554-october-2020-riven-disposition-update-preview/ 日本語版:https://forums.warframe.com/topic/1231557-%E6%AC%A1%E5%9B%9E%E3%81%AEriven%E6%80%A7%E8%B3%AA%E5%A4%89%E5%8B%95%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B/


Nightwaveグラスメイカー最終章のエピソード5を配信開始!

テンノ、グラスメイカーのストーリーは幕を閉じようとしています。事件現場をくまなく調査したあなたは、手掛かりとなるOrigin太陽系に散りばられたガラス破片を集め、グラスメイカーの位置を特定することに成功しました。 グラスメイカーの手により犯された連続殺人も、ここで終わり迎えるのです。

最後の被害者であるオロキンはかつてのNihilの同胞か、それとも…?  全ての手掛かりを基にグラスメイカーの居所を掴み彼の策略を阻止するのです、テンノよ。


条件を満たしているテンノはマスタリーランク30昇進テストを受けられるように!

8年以上の実績を積み上げてきたテンノはついにマスタリーランク30昇進テストを受けることができるようになります。 これはあなたの「テュルー・マスター」への最終試練です。 最高峰のテストのために、星系マップを制覇しながら習得した技術を試してください。

テュルー・マスターへ昇進したテンノは次の報酬が与えられます。

  • Umbraフォーマ 3個
  • ビルドスロット 15枠
  • Rivenスロット 30枠
  • トゥルー・マスター チャット絵文字
    • truemaster: と :truemasteralt: 両方のチャット絵文字がご利用いただけます。
  • トゥルー・マスター エモート
    • 真のトゥルー・マスターのみが使えるエモート。
  • トゥルー・マスター・サムダリー
    • この船体に取り付けるSumdaliの飾りは、トュルー・マスターのランクを獲得したTennoにのみ授与されます。 ランディングクラフトの外装品として利用できます。
  • トゥルー・マスターの洗礼盤
    • 23時間につき一回、リレーの洗礼盤へアクセスして、リレーにいるテンノに三時間効果が続く「祝福」を与えよう。 与えることができる祝福は次のとおりです。
    • アフィニティブースト
    • クレジットブースト
    • リソースブースト
    • ダメージバフ
    • ヘルスバフ
    • シールドバフ

マスタリーランク 30では: 1. ランク30を超えるマスタリーランクではランク29から30へ到達するために必要な量と同じ量のアフィニティが必要です。 2. マスタリーランク30を超えてからのランクは「レジェンダリーランク1」「レジェンダリーランク2」などのタイトルが付けられます。

最適化:
  • 地形レンダリングを最適化。
    • 地形レンダリングの最適化により、三葉機ごとに3層をグループ化してテクスチャグラデーションを共有することで、コストが最大30%(ダイモス)〜50%(エイドロンの草原)ほど削減できました。
  • 初期インストールサイズを約100MBほど最適化。
  • フレームレートを改善するために、カンビオン荒地のジオメトリを最適化。
  • ブルームが無効になっている場合、レンダリングはわずかに最適化されるように。
  • スクリプトシステムでの実行時エラーの検出方法を改善。
  • WindowsおよびXbox Oneのすべてのコードに対して体系的なマイクロ最適化を実行。
  • 水面で水がはじける効果をマイクロ最適化。
  • メモリアロケーターに対して体系的なマイクロ最適化を実行。
  • 物理システムにマイクロ最適化を実行。
  • エフェクトシステムをマイクロ最適化。
  • スクリプトランタイムへ細かく最適化を実行。
  • コントローラーとキーボードの間で頻繁に切り替えると、CPU時間が大幅に増加する問題を修正。
変更点:
  • マスタリーランクアイコンを新しいVITRUVIANデザインへ更新。
  • Nightwaveのプレステージ最大ランクを30ランク増加。 この変更で、すでに最大ランク以上のポイントを入手していたテンノは正確なランクへ遡及的に配置されます。
    • 一部のプレイヤーはプレステージ90まで到達していることかと存じます。 プレステージの上限ランクをあと30ランク上げることにより、シリーズ3が終わるまでクレドを集めることができるようになります。
  • クリエーターモードが有効になっている場合、エントラティのメンバー名は表示されなくなるように。
  • ミッションの終了画面の「重要」フィルターは、アラート報酬をリストの一番上に配置するように。
  • デイリー地位ポイントバーへ「残り」という単語を追加。
  • TennoGenクリエーターからの要望に基づき、NIGHT HUNTER シャンダナの羽が広がるときに流れるアイドルアニメーションをわずかに調整。
  • シミュラクラムからLatrox Uneを撤去。
修正点:
  • 新しいミッションに接続した直後にホストへの接続が失われると発生するクラッシュを修正。
  • 特定の武器で極端なMod構成を組むと発生するクラッシュを修正。
  • シミュラクラムで最大ランクのTainted ShellとNarrow Barreを装備したConvectrixを発射すると起こるクラッシュを修正。
  • プロフィットテイカーの依頼ミッションを始めようとしているときに、コントローラーで一時停止メニューを開き、商人へのファストトラベルを開くと機能が失われる問題を修正。
    • カウントダウン中に一時停止することはできなくなりました。
  • 星系マップでクエストをクリアしていないためにロックされているノードへカーソルを合わせると起こるスポットローディングを修正。
  • サンプルがドロップしないため、Latrox Uneの「サンプルコレクション」依頼ミッションのフェーズが意図されているよりも長くかかる問題を修正。
    • サンプルがドロップするはずの時間で二割ほどドロップしていないことが判明しました。
  • TrinityのBlessingがミッション目的アイテムのヘルスやシールドを回復する問題を修正。
    • Dev Workshopでご案内した通り、「五秒間の間で500ヘルスを回復する」はずです。
  • MirageのTotal Eclipse増強MODのバフがネクロメカにも適用される問題を修正。
  • TitaniaのRezorwingから受けることができるバフが失効してもSplit Flightバフ効果がリセットされない問題を修正。
  • ネクロメカに転移した後、Umbraの直観性が機能しなくなる問題を修正。
  • ソーティー防衛ミッションを失敗してから、オービターに戻るまでミッション終了画面を閉じることを待っているとミッション終了画面を閉じることができなくなる問題を修正。
  • ダイモス ジャグラスが生産される範囲に関する問題を修正。 この問題が発生していた時、マップへ生産されたジャグラスの数が多すぎるため、他の敵があまり生産されない問題が重ねて発生していました。
  • オーブ峡谷の降雪データがエイドロンの草原に対する降雨データを上書きする問題を修正。
  • (エリート)サンクチュアリ交戦で獲得したシンジケート地位ポイントがミッション進行画面に表示されない問題を修正。
  • エントラティトークンが1つしかない場合、UI画面に「1」が表示されない問題を修正。
  • クバ インジェクターおよびデモリストに関するコーデックスの統計を修正。
  • 通信が流れると星系マップのノードミッションカードへ黒い影が映る問題を修正。
  • テレポートボリュームによって黒い画面にフェードアウトしているときにメニューを開くと、一時停止メニューを読むことができなくなる問題を修正。
  • Helminth経験値のUI FXが画面にスタックする問題を修正。
  • 脱出地点に到達してから他のプレイヤーを通報するとチャットの機能が失われる問題を修正。
  • リレーでペリン・シークエンス とレッド・ベールシンジケートのリーダーが歪んで表示される問題を修正。
  • オーブ峡谷の自由行動ノードで、フォーチュナーの音楽が流れる問題を修正。
  • NezhaのDivine Spearアビリティのスラム音響を改善。
  • ホスト、クライエント間で充電されたTrumnaの音響に関する問題を修正。
  • Night Hunterシャンダナのアニメーションに関する問題を修正。
  • Daughterから欠落していたNaberusに関する台詞を追加。
  • Otakから欠落しているアイドル中のセリフを追加。
  • TitaniaのTributeを発動する時に起きるスクリプトエラーを修正。
「ダイモスの心臓」:Nezha Prime ホットフィックス 29.3.0.1
変更点:

日本語版:https://forums.warframe.com/topic/1231557-%E6%AC%A1%E5%9B%9E%E3%81%AEriven%E6%80%A7%E8%B3%AA%E5%A4%89%E5%8B%95%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B/

  • TermorグリップまたはSteadyslamグリップを使っているプライマリCatchmoon Kitgunの精度を向上し、反動を減少。
    • この変更は本来、感染Kitgunのために計画されていましたが、Riven性質の変更と共に早い段階で実装されることが決まりました。
修正点:
  • GaussのThermal Sunderアビリティを発動するときにアビリティを発動できなかったり武器に機能が失われる問題を修正。
  • プライマリ武器を装備していない時にEquinoxのDuality Specterアビリティを発動するとセカンダリ武器を利用しなくなる問題を修正。
  • プレックスカードに大きな赤い枠が表示される問題を修正。
  • Nightwaveのボス戦でガラスの欠片がプレイヤーにヒットすると起こるスクリプトエラーを修正。

ホットフィックス 29.2.4[ソースを編集]

October 16 ,2020 Forum Post

&#xD;

「Naberusの夜」が到来しました。

古代から継がれてきた恐怖といたずらのお祭りは全機種で開催中です。

Naberusでは、美しさが追放され、 腐ったものや怪物たちがうじゃうじゃと這い出して来ます。 Daughterにとって、これ以上楽しみにしているお祭りはないでしょう。

Daughterは「Neberusの夜」イベント開催中、陰気な衣装をまとい、ネクロリスクのMotherトークンと交換にNeberusをテーマにした期間限定アイテムを販売します。

Nebarusをテーマにした装飾品をオービターに飾り、Grandmotherから不気味なNaberusにまつわる物語をオービターで聞こう。さらに、Mother トークンと交換に期間限定グリフ、エンブレム、スキンや設計図などを入手できます。


最適化
  • HUDのヘルスとシールドの表示をマイクロ最適化。
  • スクリプトを使用して、ゲームコードへ体系的なマイクロ最適化を実行。
  • 物理スイープクエリに対して体系的なマイクロ最適化を実行。
  • アニメーション・インバース・キネマティクスにマイクロ最適化を実行。
  • スクリプトランタイムへマイクロ最適化を実行。
  • 知覚システムにマイクロ最適化を実行。
  • ダメージシステムにマイクロ最適化を実行。
  • エフェクトシステムをマイクロ最適化。
  • マップローディングにマイクロ最適化を実行。
  • 音響システムへマイクロ最適化を実行。
  • スクリプトシステムへマイクロ最適化を実行。
  • テキストのローカリゼーションへマイクロ最適化を実行。
  • フラッシュレンダリングへマイクロ最適化を実行。
  • UIレンダリングへマイクロ最適化を実行。
  • ローディングに対してマイクロ最適化を実行。
  • 特定のレールジャックミッションで発生する小さなメモリリークを最適化。
  • インデックスでJen Droを殺したときに発生する小さなメモリリークを修正。通常のプレイでは重要ではありませんが、このリークはブローカーと執行人を何時間もピットインする自動ストレステストで明らかになりました。
変更点:
  • 隔離庫依頼ミッションの毒性ステージを従来の3分から1分30秒に短縮。
    • 次回の大型アップデートダイモス:Arcana(仮名)で導入される変更でしたが、リスクが低い変更のため、今回実装することに決定しました。 「この種類の依頼ミッションがバラエティに富んでいない」という意見が多く寄せられていました。そのため、時間短縮をして、依頼ミッションの要点にすばやく到達できるよう変更を加えます。
  • Helminthへアビリティを組み込むとき、Waframeに付与されていたフォーマの数が表示されるように。
  • 既存アナログスティックのデッドゾーン値を20%へ増加。 以前はルック/エイム入力の値が15%だけであったため、その後すべてのアナログスティック入力が15%に変更されました。しかし、この調整により特定のプレーヤーに対して多少のドリフトが発生していたため、今回変更されます。
修正点:
  • レールジャックのグリッドをアップグレードしてから、ツールチップを見ながら画面に戻ると機能が失われる問題を修正。
  • 遅延レンダリングを有効化するとMirageのEclipseアビリティが正しく機能しない問題を修正。 https://twitter.com/sj_sinclair/status/1314302699630927888
    • 観察力が優れているテンノは、新しいグラフィックエンジン設定を使用したときのEclipseのダメージボーナスが変わっていることにお気付きでしょう。 Eclipseの効果の強さは、立っている場所の明るさ(および暗さ)に基づいて変わります。ゲームは現在、あなたに当たっている光源を考慮して明るさを計算するような仕組みとなっています。しかし、 新しいグラフィックエンジンでは、照明の計算のされ方が改善され、以前の方法と違う方法で処理されます。 例えば、自由行動ミッションでは太陽の光は強度に含まれていません。そのため、ゲームでは明るく照らしあげられていても、計算される過程では曇っていて暗い場所にいると探知されていました。新しいレンダリングでは太陽光を考慮するように調整されます。二つの計算式を使用して結果が完全に同じになることを保証することはできませんが、違いはごくわずかになるでしょう。
  • タスクヘビーガンナーがとても大きなダメージを与える問題を修正。
  • オベリスクレクイエムアイコンがクライエントに対して表示されない問題を修正。
  • カンビオン荒地の地表に掘削機が生産される問題を修正。
  • MAUSOLONを発砲するときに起こるフィードバックに関する問題を修正。
  • クリプトスクトゥスに穴が開いている問題を修正。
  • バルパファイラが幼虫ステータスにいるとき、名前に[PH]タグが使用されている問題を修正。
  • ネットワークの問題が発生したときにUIに表示されることがあるローカライズされていないシステムエラーメッセージを修正。
  • グリフのテクスチャストリーミングが、近づかないと欠落する問題を修正。
  • 動的解像度システムの問題を修正。
  • コントローラーの左側のトリガーをゆっくりと押した場合に、チャットが繰り返し開いたり閉じたりする問題を修正。

ホットフィックス 29.2.3[ソースを編集]

October 9 ,2020 Forum Post

&#xD; 「ダイモスの心臓」:ホットフィックス 29.2.3

最適化:
  • 初期インストールサイズをわずかに最適化。
    • この問題は昨日、ホットドロップ(正式なホットフィックスではない修正)で導入されました。
その他の変更点:
  • コントローラーのアナログスティックを使用してルック/エイム入力を制御するときに、従来のデッドゾーンの再マッピングを使用するゲーム設定を追加。
  • 矢印を押したときにデッドゾーン設定が5ではなく1ずつ上下するよう変更。
修正点:
  • 街やリレーから自由行動ミッションにロードすると一緒にミッションへ挑んだプレイヤーとマッチングされない問題を修正。
  • カンビオン荒地の発掘ミッションでホスト移行が発生すると起こるクラッシュを修正。
  • 組み込まれたRest & Rageアビリティ説明文がエミッシブカラーではなくエネルギーカラーに依存すると説明している問題を修正。
  • オペレーターの髪のテクスチャに対する照明に関する問題を修正。
    • これからも変更を入れていきます。
  • Octaviaに対してTelos シャンダナがずれて表示される問題を修正。
  • VOIP(ボイスオーバーIP)のUIインジケーターが白い四角で表示される問題を修正。
  • カンビオン荒地の発掘ミッションで起こるスクリプトエラーを修正。
  • Corrupted VorがVoidで登場するときに発生するスクリプトエラーを修正。
  • NovaのNull Starアビリティを発動するときに起こるスクリプトエラーを修正。

ホットフィックス 29.2.2[ソースを編集]

October 7 , 2020 Forum Post

&#xD; 「ダイモスの心臓」:ホットフィックス 29.2.2

改変されたグラフィックエンジン:

先週のホットフィックスで、「「遅延レンダリング」表示オプションのタイトルを「グラフィックエンジン」へ変更しました」とご案内したことをご存知でしょうか。 このご案内は基本的にあっているのですが、古いレンダリングエンジンを段階的に廃止して「次世代」移行するため、今回ご案内する変更はWarframeにとって画期的な変更となるでしょう。

詳細は次のスレッドをご回覧ください。 https://forums.warframe.com/topic/1229888-the-enhanced-graphics-engine/

最適化:
  • 画面レンダリングにいくつかのマイクロ最適化を実行。
  • ローカル反射を最適化。
  • 拡張グラフィックエンジンで木の葉のレンダリングを最適化。
  • 可視性カリング速度とメモリフットプリントがわずかに最適化。
  • 初期インストールサイズをわずかに最適化。
  • アニメーションシステムに体系的なマイクロ最適化を実行。
  • Foot IKシステムにマイクロ最適化を実行。
  • HUDレンダリングにマイクロ最適化を実行。
  • 髪の毛のレンダリングの品質を向上。
変更点:


  • オペレーターモードを使用してファストトラベルするとHelminth画面を開ける機能を削除。この操作をするとWarframeが非表示になる場合がありました。
  • IravaのQuiver、VaubanのMinelayer、XakuのThe LostとTitaniaのTributeアビリティの説明文を改訂。 また、これらのサブアビリティに関するヒントも更新されました。
  • ZephyrのAirburstアビリティの説明文を更新してタップと長押しのメカニズムをより適切に説明するように。
Helminthシステムに関する修正点:
  • NezhaのDivine SpearsへLarvaをHelminthシステムを使い組み込みこのアビリティを発動すると敵が永久的にラグドール化される問題を修正。
  • WispのSol Gateを発動するときにHelminthを利用して組み込まれたアビリティの機能に関する問題を修正。
  • HelminthにQuiver Cloak Arrowが組み込まれても持続時間に関するUIが残る問題を修正。
  • NidusのアビリティHUDで、組み込まれたアビリティのアイコンがグレー表示される問題を修正。
修正点:
  • 公式ウェブサイトからダウンロードしたクライエントのランチャーがアンインストールへ支障をきたす問題を修正。
  • 極性を交換できない問題を修正。
    • この問題は先週、ホットドロップ(正式なホットフィックスではない修正)ですでに修正されています。
  • 耐久ミッションからオービターへ帰還するときに起こる可能性があるクラッシュを解決に向けて改善。
  • 隔離庫依頼ミッションでベイトと目的マーカーが画面に残る問題を修正。
  • 武器にフォーマを付与してもアップグレード画面が負の統計を表示する問題を修正。
    • この問題はあまり便利ではなく、後でインストールしたModの実際の効果を表示したい場合は、[アップグレード]画面を終了する必要がありました。
  • シミュラクラムで行った行動がプロフィール画面の「キル数」と「プレイ時間」に影響を与えている問題を修正。
    • シミュラクラムは試験場です。
  • コントローラーのバインディングを一度保存すると左トリガーがチャットを開かなくなる問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1227134-pc-left-trigger-on-xbox-one-controller-no-longer-opens-chat/
  • 感染回収のミッション完了画面が300Endoではなく50Endoを表示する問題を修正。
    • この問題は視覚的な問題のみであり、正しい量のEndoがはいふされていましたのでご安心ください。
  • マーケットでZymosとKeratinosの設計図の所在場所が表示されない問題を修正。
  • Hydroid Rakkam スキンに対してDaedalusレッグアーマーが小さく装備される問題を修正。
  • シミュラクラムアーセナルにロード中、間違った方向を向く問題を修正。
  • サンクチュアリ交戦に入るときSimarisがオレンジ色ではなく白く表示される問題を修正。
  • スキンを装備しているとき、Quatzのリロード音とPlinxチャージリロード音響で発生する問題を修正。
  • 多くの近接武器に対してOsciraスガトラがずれて表示される問題を修正。
  • シミュラクラムアーセナルを出る時にOscira Thrownブレードスキンで起きるコリジョンに関する問題を修正。
  • 他のRedlineアビリティのように選択したエネルギーカラーに反応するのではなく、Gauss Graxxヘルメットの炎が常にオレンジ色である問題を修正。
  • Mirage Kitsuneヘルメットで起きる布のコリジョンに関する問題を修正。
  • Dendriteガンブレードスキンが間違ったスガトラのポイントを使用する問題を修正。
  • グリニア造船所タイルセットから欠落していたドアフレームを追加。
  • 新しいマスタリーランクに到達したときに起こるスクリプトエラーを修正。
  • クブロウがStalkを使うと起こるスクリプトエラーを修正。
  • VascaキャバットがDraining Biteを使うと起こるスクリプトエラーを修正。
  • キャバットがCa'ts Eyeを使うと起こるスクリプトエラーを修正。
  • TitaniaのTributeを発動する時に起きるスクリプトエラーを修正。
  • WukongのPrimal Furyアビリティを発動するときに発生するスクリプトエラーを修正。
  • MesaのBallistic Batteryアビリティを解除するときに起こるスクリプトエラーを修正。
  • コーパスレンジャーが空中から近接攻撃を仕掛けるときに起こるスクリプトエラーを修正。
  • K-Driveでボンバリストエネルギーバフを拾い上げてから降りる、またはバフが有効な間にK-Driveへ乗るときに起こるスクリプトエラーを修正。
  • プロフィットテイカーか攻撃を受けた時に起こるスクリプトエラーを修正。
  • テラリストハント依頼ミッションでエイドロンの欠片を寄付するときに起こるスクリプトエラーを修正。
  • Jordasの通信が流れているときに起こるスクリプトエラーを修正。

ホットフィックス 29.2.1[ソースを編集]

Oct.2 ,2020 Forum Post

&#xD; 「ダイモスの心臓」:TennoGen 29.2.1

TennoGen 第19弾:パート1

TennoGen第19弾では29種の新しいGennoGenを紹介するため、パート1とパート2に分けられました。

「TennoGen 第19弾:パート1」を今すぐSteamから確認しよう!


WARFRAMEスキン Gauss Ryuga スキン 製作者:Rekkou Gauss Graxx スキン 製作者:Faven Hildryn Sigrunスキン 製作者:malaya、Jadie、Awk'Q-Luzk Zephyr Blade of the Lotus スキン 製作者:BeastBuster Mag Corpra スキン 製作者:FrellingHazmot Mirage Kitsune スキン 製作者:kakarrot2812 とSkyeraikes


WARFRAMEヘルメット Titania Viraji ヘルメット 製作者: malaya、blazingcobalt

オペレーター外装品 Blazeオキュラス。製作者:blazingcobalt


WARFRAME シャンダナ Night Hunterシャンダナ 製作者:Mz-3 Tsujinasa シャンダナ 製作者:BeastBuster Ranulyst シャンダナ 製作者: led2012 とdaemonstar


武器スキン Grimstoneヘビーブレードスキン 製作者: Vulbjorn, the graphical walrus Obanakkヘビーブレードスキン 製作者:VoidPunch Osiris ポールアームスキン 製作者:Lubox


ランディングクラフト Mantis Lilieae スキン。製作者:MaceMadunusus


チェストアーマー Xulatu チェストアーマー 製作者: led2012  

その他の変更点:
修正点:
  • 耐久ミッションからオービターへ帰還するときに起こる可能性があるクラッシュを修正。
  • 武器の極性を交換する機能で発生していた問題を修正。
  • ヘビー攻撃を行った後Quassusが装備を取り外す問題を修正。
  • オーブ峡谷のUSTRATA クレーターの周辺でWarframeが透明になったり、ミニマップが変更されるなどの問題を修正。
  • グリニア海底研究所タイルセットで敵が穴に飛び降りないためAFKファーミングができる場所を修正。
  • 新種コンパニオンで外観リンクやジオラマを利用すると起こる問題を解決に向けて改善。
  • Kuva BrammaにOSCIRA 弓 スキンが適用されない問題を修正。
  • Konzuからエイドロンハントを受託するためにプレビュー画面を見ると地位ポイントアイコンが表示されない問題を修正。
  • グリフを購入しようとするときに画面が重なる問題を修正。
  • テラリストハント依頼ミッションでエイドロンの欠片を寄付するときに起こるスクリプトエラーを修正。
  • グール デバウアーがプレイヤーを引っ掛けようとするときに起こるスクリプトエラーを修正。
  • トレジャラーが生産されるときに起こるスクリプトエラーを修正。
  • 自由行動ノードで移動中(エレベーターなど)にShockスピアを投げると起こるスクリプトエラーを修正。
  • EmberのImmolationアビリティを発動するときに起こるスクリプトエラーを修正。
  • NyxのPsychic Boltsアビリティを発動するときに起こるスクリプトエラーを修正。
記述されていなかった変更点:
  • 「遅延レンダリング」表示オプションのタイトルを「グラフィックエンジン」へ変更。

ホットフィックス 29.2.0[ソースを編集]

September 30 ,2020 Forum Post

&#xD;

Prime Vault
Ember & Frost Prime

最新のPrime Vaultで炎と氷を駆使しよう!

Ember Prime、Frost Prime、そして彼らのプライム装備と限定外装品が期間限定で入手可能に! Trinity PrimeとNova Primeおよび関連レリックはこれをもちましてVaultへ収納されました。

Ember Prime、Frost Prime、Latron Prime、Reaper Prime、Sicarus PrimeとGlaive Primeのレリックがドロップテーブルに追加されました。

https://www.warframe.com/prime-vault このページから詳細をご覧ください。

注意:ご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、FrostとEmber PrimeのPrime Vaultローテーションは近年何回か使用されていて、すでにマスターした方も多くいるでしょう。 残念ながら、ダイモスを全機種で同時実装するにあたり開発チーム一同全力を注ぐ必要があったため、新しいPrime Vaultを紹介できるほどの余裕がありませんでした。  

今回のPrime VaultではおなじみのEmberとFrost Primeをご紹介いたしますが、次回Prime Vaultが開門するときには新しい種類のPrime Vaultを紹介できるよう調整中です。 詳細は明日、発表される予定ですのでお楽しみに!

ご理解のほどありがとうございます。


「MARKED FOR DEATH」に関する変更点:

詳細を発表したDev Workshopはこちらから: 英語版:https://forums.warframe.com/topic/1227741-marked-for-death-where-we%E2%80%99ve-been-and-changes-to-come/?tab=comments#comment-11868546 日本語版:https://forums.warframe.com/topic/1227762-marked-for-death%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%94%E6%A1%88%E5%86%85/

Marked for Deathの基礎ダメージは75%から開始するように変更し、Modの効果上限を150%へ設置します。 「ダメージタイプイン=ダメージタイプアウト」なので、これは特定のダメージタイプ、特に私たちが想定しているDOTSのダメージタイプにうまく対応するはずです。

簡単に言えば、私たちはダメージを回復させる予定です。

Helminthシステム:レールジャック素材と分泌物に関する変更:

詳細を発表したDev Workshopはこちらから: 英語版:https://forums.warframe.com/topic/1227534-helminth-railjack-resources-bile-changes/?tab=comments#comment-11866782 日本語版:https://forums.warframe.com/topic/1227682-helminth%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%EF%BC%9A%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E7%B4%A0%E6%9D%90%E3%81%A8%E5%88%86%E6%B3%8C%E7%89%A9%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E5%A4%89%E6%9B%B4%E3%81%AE%E3%81%94%E6%A1%88%E5%86%85/

レールジャック素材:

Helminth分泌物を生産するために必要なレールジャック素材量が減ります。

今回は次の変更点を紹介いたします。

素材 ホットフィックスが入る前 ホットフィックスが入った後 削減の単位は%です
アステライト 5,000 1,500 30.00%
オークラックスキャパシター 25 10 40.00%
ブラコイド 1,000 200 20.00%
カーバイド 10,000 2,500 25.00%
コペルニクス 15,000 4,000 26.67%
キュービック・ダイオード 12,500 7,000 56.00%
フレスネル 1,000 150 15.00%
ガロスロッド 300 175 58.33%
アイソス 400 200 50.00%
ケスラー 300 100 33.33%
コムズ 25 15 60.00%
ナルストーン 225 50 22.22%
パストレル 15,000 5,000 33.33%
チタン 20,000 10,000 50.00%
トラコン 10,000 1,000 10.00%

さらに、Helminthモジュールをすでにインストールしていて、レールジャックを所有しているプレイヤーへ、レールジャック素材量に関する変更を導入するホットフィックスが実装されるときに受信ボックスへ素材を添付したメッセージをお送りします。 すでにご利用になられた余分な素材すべてを返品できないかもしれませんが、できるだけたっぷり素材をお返しする予定です。 条件を満たすプレイヤーの皆さん、受信ボックスをチェックしてください。 スクリプトが完了したときにこのスレッドにて情報を更新します。(英語版スレッドのみ)

胆汁

胆汁分泌物を生産しようとしているときにより多くの選択肢を提供できるよう、次の素材もHelminthに給餌できるようになります。

  • 抗体注入装置の破片 x 900
  • JAVLOK コンデンサー x 7
  • ナビ座標 x 65
Helminthに関する変更点:
  • すでにアビリティを組み込んだことがあるWARFRAMEを装備してHelminth室の椅子に座ると「ロック」が表示されるように。
キャラクターシェーダーに関する変更点:

プローブベースの照明に大幅な機能改善を導入します。 この結果、動的なオブジェクトはより高品質の照明を受け取り、金属はより応答性が高くなることを意味します。 さらに、オブジェクトはその環境でより接地されているように見えるはずです。

修正点:
  • エイドロンの草原で救出ターゲットに遭遇すると発生するクラッシュを修正。
  • コーパス船防衛ミッションでトレジャラーが生産されると起こるクラッシュを修正。
  • 隔離庫に関するマッチメーキングのエクスプロイトを修正。
  • クライエントとして隔離庫依頼ミッションをプレイ中、ベイトが失われるとベイト画面が見れなくなる問題を修正。
  • 隔離庫依頼ミッションをプレイ中、分隊のすべてのプレイヤーがコンテキストアクションを発動すると調合物を複数入手できる問題を修正。
  • リマスターされたコーパス船でGranum Voidへのポータルが欠落している問題を修正。
  • Battaborのオルトファイアのダメージが、一回のチャージでも三回のチャージでも同じである問題を修正。
  • Helminthシステムを利用してLimboのCataclysmとTesla Nervosを注入するとこれらのアビリティの相互作用が通常より高いダメージを与える問題を修正。
  • テレポートボリュームへジャンプした後、KhoraのAccumulating Whipclawバフが無限に重なる問題を修正。
  • XakuのGrasp of LohkアビリティがAMBULAS戦で見えない敵をターゲットにする問題を修正。
  • HUDバフ欄へJugulus Mod セットのクールダウンが表示されない問題を修正。
  • ファストトラベルを使った後にネクロリスクのドアが真っ黒になり、透けて見える問題を修正。
  • 街やリレーでMOD構成を変更しようとするとWarframeが重なって表示される問題を修正。
  • クライエントとしてプレイ中、確保ミッションのマーカーが重なって表示される問題を修正。
  • 分裂ミッションのラウンド2UI画面からキーが消失する問題を修正。
  • Helminthシステムへアビリティを組み込み終えた後にオービターに残るとWarframeがチラつく問題を修正。
  • Osciraスキンコレクションとの互換性の問題を修正。
  • Osciraピストルスキンで発生する武器音響を解決に向けて改善。
  • エイドロンハントをプレイしているときに起こるスクリプトエラーを修正。
  • 突撃ミッションのタイマーが切れても失敗しない問題を修正。
  • ゲーム内マーケットで特定のアイテムを見ているとハイブリッドコンパニオンが表示される問題を修正。
  • 新種コンパニオンで外観リンクやジオラマを利用すると起こる問題を修正。
  • カンビオン荒地Capturaシーンで起こるテレポートボリュームの高さに関する問題を修正。
  • ダイモスの心臓クエストでESCメニューを適切でない場所で利用できる問題を修正。
  • エイドロンの草原とシータスの門の近くでカメラがクリッピングする問題を修正。
  • オロキン遺跡船の一部のドアで発生する照明に関する問題を修正。
  • Clemや他の味方のNPCが天井に生産される問題を修正。
  • 街やリレーでオペレーターモードでありながらアーセナルを開くと起こるカメラに関する問題を修正。
  • アーセナル画面でペットを切り替えると既存のペットが一瞬表示される問題を修正。
  • コーパスアウトポストのスカイボックスで見える暗い場所を修正。
  • エイドロンハントの目標UIでテキストがわずかに重複する問題を修正。

ホットフィックス 29.1.2[ソースを編集]

september 23,2020 Forum Post

&#xD;

変更点:
  • Helminth画面が表示中、Ordisからの通信が流れないように。  
  • Helminthシステムへ組み込んだことがないアビリティを表示する「未完了」タブを追加。
  • Grasp of Lohkアビリティを発動中に聞こえる武器の音響の範囲を増加。
最適化:
  • 遅延レンダリングへマイクロ最適化を実行。
修正点:
  • ダイモスのグレード5依頼ミッションから得られるMotherトークンの数がグレード4のミッションより少ない問題を修正。
  • ベロシポッドK-ドライブ用のスキンが間違った商人から販売されている問題を修正。
  • ホスト移行が発生した後に間違った依頼ミッションのUIが表示される問題を修正。
  • コーデックスから「Botanist」に関するエントリーが欠落していて、チャットリンクもできない問題を修正。
  • Roarアビリティを注入したWarframeからRoarを発動すると起こる音響に関する問題を修正。
  • ミッション完了画面でレールジャックのアビオニックに関する情報が正しく表示されない問題を修正。
  • ミッションを開始するまでおよびアーセナル画面でHelminthシステムで変更されたアビリティに関する情報が更新されない問題を修正。
  • Boarから欠落しているリロード音響を追加。
  • 隔離庫依頼ミッションを完了した後、隔離庫の脱出マーカーが地面の上に表示される問題を修正。
  • Dojoのスポーン地点設定でエントラティ観衆の間をスポーン地点として設定できない問題を修正。
  • アーセナルへオペレーターとして入場すると音響が絞られたままである問題を修正。
  • センチネルおよびモア武器がマガジンに関するMOD(特にHelstrum)の効果を得ない問題を修正。
  • ファウンドリ画面で発生していたアンチジェンのテキストに関する問題を修正。
  • ファウンドリ画面で武器のパーツが正しいテキストを使って表示しない問題を修正。
  • Desert Skateを再発動しても前回発動したDesert Skateが取り除かれない問題を修正。
  • コンクレーブミッションからESCボタンを使って脱出できない問題を修正。
  • プレビュー画面でネクロメカに装備されたArquebexが色を変える問題を修正。
  • 分隊メンバーが釣りを行っていると起こるスクリプトエラーを修正。
  • KhoraとVenariで起こるスクリプトエラーを修正。
  • Corinth Primeの設計図でCorinth Primeストックのアイコンが間違って表示される問題を修正。
「ダイモスの心臓」:ホットフィックス 29.1.2.1
修正点:

ホットフィックス 29.1.1[ソースを編集]

september 18,2020 Forum Post

&#xD;

変更点:
  • ライフルとショットガンスキンはプライマリKitgunに装着できるように。この変更はショットガンデラックススキンにも適用されています。
    • Tombfinger、Rattlegutsはライフル、Catchmoonはショットガンクラスとなっています。 Gazeはビーム系武器なので、どちらでもありません。
最適化
  • 初期インストールを最適化。
  • 何かがファイルの更新を妨害した場合に発生するキャッシュオプティマイザーのクラッシュを緩和。
釣りに関する修正点:
  • プロフィットテイカー第一ステージ「手がかりを見つけるために釣りをする」で釣りのベイトが沈んでしまう問題を修正。
  • クライエントとしてプレイ中、モリを装備して釣りを始めようとしても釣れない問題を修正。
  • 自由行動ミッションで釣りをしているときにホスト移行が発生すると起こるスクリプトエラーを修正。
  • モリを装備しないでオーブ峡谷やエイドロンの草原を去ると発生するスクリプトエラーを修正。
  • 釣りをできないミッションでモリを装備しようとすると起こるスクリプトエラーを修正。
修正点:
  • TitaniaのRazorwingとオペレーターの間を切り替えると壁にクリッピングする問題を修正。
  • 隔離庫をネクロメカモードで入ることができる問題を修正。 この修正により、範囲外へネクロメカを召喚できる問題も重ねて修正されます。
  • サイファーやコンソールを手動ハッキングするとHelminthアビリティPerspicacityが機能しない問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1221452-helminth-ability-perspicacity-not-working-properly/
  • ダイモス セリドの攻撃によりノックダウン状態に陥ると5秒間ほどアビリティを利用したり発砲することができない問題を修正。
  • Quassusヘビー攻撃に対してPressure Point関連のMODの効果が適用されない問題を修正。
  • LokiがSwitch Teleportをカンビオン荒地の掘削機に対して発動するとテレポートされる問題を修正。
  • UI画面がオーラMODと勘違いするため、ネクロメカの9番目のMODスロットの極性を変更できない問題を修正。
  • ネクロメカやARQUEBEX用の追加装備スロットを購入できない問題を修正。
  • 外観リンクおよびMODリンクでArquebexのモデルが適切に表示されない問題を修正。
  • 外観リンクやMODリンクから見ると、アビリティ武器が装備されていないように表示される問題を修正。
  • Sheduがヘビー武器のエイムポーズを取らない問題を修正。
  • フィニッシャーを仕掛けるときに敵がプレイヤーの方向を向いていない問題を修正。 フィニッシャーが発生している間、敵は攻撃や射撃を行いませんが、何も起こっていないかのように歩き去ることはないはずです。
  • Jugulus MODセットの説明文がスタン機能を適切に案内していない問題を修正。
    • 例えば、Jugulus Carapaceは次のような説明文に変わっています。「スラム攻撃でつるが現れ、3m内の敵を3秒間スタンさせ、25の貫通ダメージを与える。 クールダウン:12秒」
  • アップデート29.1.0で導入された変更を反映していないXakuの説明文を修正。
  • ネクロメカを所有していない時にネクロメカ付属物を回覧すると起こるスクリプトエラーを修正。
  • WukongのCloud Walkerアビリティを発動するときに発生するスクリプトエラーを修正。
  • 感染したコンパニオンを装備するときに起こるスクリプトエラーを修正。

ホットフィックス 29.1.0[ソースを編集]

September 18,2020 Forum Post

&#xD; ダイモスの心臓アップデートが実装されてから少し時間が経ちました。ホットフィックスのアップデートノートは今後、エントラティのメンバーの正しい名前やクエストのミッション名などのネタバレが含まれるようになりますのでよろしくお願いいたします。


新しい外装品
OSCIRAシリーズ

このシリーズはWarframeの旅を始めだしたテンノが利用する武器用としてデザインされています。 これらの外装品をゲーム内マーケットからチェックしよう。

OSCIRA アーマーパック

頑丈でありながらもさりげないこのアーマーセットでWARFRAMEを増強しよう。

OSCIRA パック

Osciraパックのハイテクスタイルで未来へ飛び込もう。 コレクションにはOsciraアーマー、Osciraスガトラ、Osciraシャンダナと Bo、Braton、Kunai、Lato、ParisとSkana用スキンを含みます。

これらのアイテムは単品でもお求めいただけます。 OSCIRA BOスキン OSCIRA BRATON スキン OSCIRA チェストプレート OSCIRA KUNAI スキン OSCIRA LATO スキン OSCIRA PARIS スキン OSCIRA レッグプレート OSCIRA ショルダープレート OSCIRA SKANA スキン OSCIRA スガトラ OSCIRA シャンダナ


スネーク ネクロメカ シジル

この独特な蛇のようなシジルはネクロメカに毒々しい威迫を与える。 ボーナスアイテムとして、Snakeシジルもついてきます。

スネーク VOIDRIG スキン

錆びてもいぶし銀。 このスキンは伝説の古の大戦のネクロメカ、スネークの栄光を蘇らせてくれる。

  • ネクロリスク内のエントラティシンジケートメンバーからネクロメカシジルとスネーク VOIDRIG スキンをプラチナで購入できます。


ベロシポッド K-ドライブ スキン

K-ドライブをベロシポッドに変換しよう! パープル、グリーンとホワイトベロシポッドのバリエーションを選べます。もちろんボディをお気に入りのカラーへカスタマイズすることができますが、目のデザインが違うのでお好みのベロシポッドK-ドライブを操縦しよう。

  • ネクロリスクのSonの提供品からK-ドライブ用スキンを地位ポイント使って入手しよう。
サイズ縮小プロジェクト:第一ステージ

このアップデートはディスク容量を節約するための第一ステージが含まれているため、6.9GBの通常より大きめのダウンロードコンテンツとなっています。 以前のテストが示していたほどに節約の目標に達することができませんでしたが、すべてのステージが完了した後、最小で5GBほど節約できる予定です。

今回のコンテンツをダウンロードするとき、ランチャーは自動的に最適化過程を実行します。この過程はリマスターコンテンツで使うスペースを開放するために必要な手順となっています。

詳しい内容や案内は次のDev Workshopをご覧ください。


Xakuに関する変更、修正点:

「コミュニティの皆さんが協力して作り上げたWARFRAME」であるXakuの仕様を皆さんから寄せられた意見に基づき調整されます。 ご意見、ご感想は公式Dev Workshopのスレッドでお待ちいたしております。 開発チームは今回変更される項目を「ラウンド1」と考えています。皆さんからのご意見に基づき、これからも変更が入る予定です。

Xakuのパッシブ:

  • Xakuのパッシブの一部としてAoEダメージ軽減を含めるように。
    • 作動の仕組み:AoEダメージは25%のダメージ軽減が作動するように。また、The Vast Untimeが発動しているときは75%のダメージが軽減されます。
    • Xakuのパッシブは現在、(敵の)武器が与えるダメージを軽減していますが、 敵のAoEダメージを回避する保護機能は備わっていません。 例えば、ボンバードがXakuに対してロケットを使い攻撃を仕掛けると、射程物自体は25%の確率でXakuを通過し(The Vast Untimeを発動中は75%の確率)ダメージを与えませんが、その射程物が爆発したとき爆発からのダメージは回避されません。 この仕様変更により、Xakuのパッシブは、ロケットからの射程物が発生するときに起こるAoEダメージを25%軽減することを意味します。 また、The Vast Untimeが発動されているときはAoEダメージが75%軽減されることも意味します。

Xata’s Whisper:

  • クローンの肉体と石化体した敵に対してVoidダメージの50%の耐性を取り除くことにより、Voidダメージを「真のニュートラル(中性)」へ変えます。この要望はとても長い間プレイヤーの皆さんから寄せられていた意見でした。
    • Voidダメージは現在、クローンの肉体と石化体した敵に対して比較的効果が少なくいため、グリニア勢と感染体勢に対してXakuのWhisperの仕様を大幅に制限していました。 異なる敵カテゴリーに対して使用でき一般的にVoidダメージの効用を高めるため、この耐性を取り除き、他の種類の敵に対する中立的な効果に合わせるよう調整されます。 また、エイドロン、アマルガムおよび他のボスはこの耐性を維持し続けますのでご注意ください。
Grasp of Lohk
  • 敵の武装を解除する速度を向上。この変更により、発動アニメーションの早い段階で武装解除が発生するようになります。 また、発動アニメーションの速度も全体的に向上されます。
    • Grasp of Lohkが発動されてから敵の武装が解除されるタイミングは現在、非常に遅れているように感じられていました。
  • Grasp of Lohkが武装を解除範囲を8mから15mへ増加。
    • この範囲は射程範囲とは異なります。この増加はGrasp of Lohkで武装解除する敵を選択するためにより大きな範囲がスキャンされることを意味します。
  • Grasp of Lohkをアビリティ発動中にもう一度発動できるように。
    • 作動の仕組み:Grasp of Lohkで解除された武装はアビリティ再発動時、最大ターゲット数まで置き換えられます。
    • Grasp of Lohkを発動すると現在、アビリティ効果が終了するまで敵から解除した武器が使われます。 そのため、望ましくない効果を発揮している途中にアビリティを発動すると、明らかに効果が制限されていました。 アビリティの持続時間をリセットして、必要に応じて敵の異なる武装を解除できるという利点も得ることができるでしょう。

The Lost: Deny

  • DenyとGrasp of Lohkの相乗効果を追加し、Denyのダメージ出力を増加させます。
    • 作動の仕組み:Xakuの周りを周回するGrasp of Lohkを発動して解除した武器の数はDenyのVoidビームのダメージ乗数として機能するように。 例えば、Xakuを四つの武器が周回している場合、Denyのダメージには五倍の乗数が付与されます。
  • Denyの発動速度を全体的に向上。
    • より多くの火力を… より速く!
The Vast Untime
  • エネルギーを消費しないように変更し、持続時間ベースのアビリティへと変更。
    • 発動コストと持続時間のコストに加えて現在、このアビリティにはエネルギーを消費する仕様が設定されています。この仕様はとても制限的であると感じられました。
  • The Vast UntimeとXakuの他のアビリティとの相乗効果を追加。
    • 作動の仕組み:「Untime(「時間」という時がない時間)」に重点を置くように。Xakuがスケルトン状態にあるとき、発動している他のアビリティの持続性がフリーズされるよう変更されます。 そして、The Vast Untimeが終了すると、発動中の他のアビリティの持続時間が再び始まるようになります。 この変更は皆さんから寄せられた提案にあり、「UNTIME」というテーマに沿ってとても面白い機能だと感じたので、変更項目として導入されるつもりです。 これらの変更により、エネルギーが表示されなくなり、他のアビリティタイマーが中断されるので、Xakのエネルギーに対する需要が大幅に減少することが見込めます。
    • 注意:この変更はHelminthアビリティや他のWarframeから組み込まれたアビリティに適用されません。
Xakuに関する修正点:
  • Denyがラグドール化したり浮遊状態に陥っている敵のヒット検出が不十分である問題を修正。
  • Accuseの影響を受けているターゲットが武器のタイプに基づくヒット検出に一貫性がなかった問題を修正。
  • XakuのWhisperが自爆ダメージを与える問題を修正。
「MARKED FOR DEATH」に関する変更点:

このご案内を始める前に、「MARKED FOR DEATH」が何を指すかおさらいしましょう。「敵をスタンさせ、スタンした敵へ与える次のダメージの一部は、その周りのすべての敵にも与えられる。」

説明文が「次のダメージの一部」と言及していることにご注目ください。この説明は私たちが意図していた仕様を案内します。そのため、次のステップでは不具合の修正と説明が必要なことを意味します。


Marked for Deathを皆さんがどう利用しているか観察したところ、特定の武装セットや不具合により、このアビリティが高い威力を発揮して敵を倒していることが確認できます。この仕様は意図していたものではないため、 変更や修正が入ります。 前置きはさておき、変更点をご紹介いたします。

  • MODの効果によりAoEで扱われたMarked for Deathダメージが二回適用される問題を修正。
  • 与えたヘルス/シールドダメージを使用しているため、ターゲットが以前に持っていたヘルス+シールドで基礎ダメージ上限が設置されない問題を修正。 (例:ヘルスが5の敵は100ダメージを受け、この100ダメージはAoEで共有される不具合。 本来は5であるべきでした。)
    • 範囲ダメージはターゲットのヘルスを超えるべきではありませんでした。この不具合に気付かなかったことに対してお詫び申します。 私たちが望んだ戦略は、ヘビーガンナーなどの硬いユニットを優先してAOEクリアを行うことでした。ヘビー勢は通常よりもヘルスが高いため、通常のユニットだけでなく範囲AOEも致命的である可能性が高かったからです。 この問題とMOD効果が重なる問題が同時に発生するため、Marked for Deathはとても大きな威力を発揮していました。 これらの変更を導入するにあたり、私たちが意図しているベストケースの仕様をプレイヤーの皆さんに適切にご案内することがとても大事だと認識しています。今回の場合、ヘルスの高い敵をターゲットにすると弱い敵に対して範囲ダメージを付与できるよう仕様変更することを意味します。
  • Marked for Deathの放射状AoEからクリティカル率を撤去。
  • ダメージ乗数の統計上限を75%で設定し、ダメージタイプを正規化。
    • 以下は、正規化されたダメージタイプの例です。与えるダメージが0.5衝撃、0.4切断、0.3火炎を組み合わせ、合計が1.2倍になった場合、正規化されたダメージタイプだと0.42衝撃、0.33切断、0.25火炎になることを意味します。
  • アルケイン トリッカリーを装備している時にMarked for Deathを発動すると不可視状態が毎回発動される問題を修正。
生物保護に関する変更、修正点:

皆さんから寄せられたご意見やご要望に基づき、次のアビカイアに関する変更、修正点を導入します。

  • アビカイアはコールエリアの真上を飛び回るのではなく、生産エリアの周りを飛び回るよう修正。
  • この変更により、アビカイアはソーゴーをはじめとする他の飛行動物と一貫性を保つようになります。
  • アビカイアに遭遇する方法を調整。この変更により、飛び回っているアビカイアや地面で休んでいるアビカイアに遭遇できるようになります。
  • この変更が入るまでは、アビカイアは空中を飛び回っているだけだったので、見つけにくいという意見が多々寄せられていました。
  • アビカイアに遭遇する確率を増加。
  • アビカイアのアニメーションを改善。
  • この修正により、自然に生産されたアビカイアがゆっくり天に召す動作を重ねて修正できました。
  • 銃が近くにいることを探知したアビカイア(またはメルゴー)が飛び去らない問題を修正。
  • 形は違っていても鳥は鳥です。 静かに慎重に的を定めてください。
  • カンビオン荒地の地下から生物保護のヒントが始まる問題を修正。
  • EbisuまたはSpariモリを使って釣りをしているときに倒した敵が消えると様々な機能が失われる問題を修正。

生物保護に携わる開発チームは他の変更や修正を導入する予定であることをお知らせします。

釣りに関する変更、修正点:
  • カンビオン荒地の魚の生産率を他の自由行動ノード(エイドロンの草原とオーブ峡谷)と同調するよう向上。 この変更により、15秒以内に魚が生産されるでしょう。
  • これからもモリ突き漁をお楽しみいただけるよう、皆さんからのご意見、ご感想をお待ちいたしております。
  • Daughterの外分泌液回収遠征ミッションで必要な魚のパーツを3から2へ。 この変更により、DaughterとSonが必要とするパーツが一貫性を保てるように。
  • 魚釣りをできなくなる問題を引き起こすスクリプトエラーを多々修正。
  • 場所を移動しないとカンビオン荒地の魚が同じ場所で生産され続ける問題を修正。
  • MagのMagnetizeへモリを投げ入れてしまうと機能が失われる問題を修正。
  • モリを投げて引き寄せるアニメーション中に手のアニメーションががくがくする問題を修正。
ネクロメカに関する変更と修正点:
  • ネクロメカランチャーは現在、3分間のクールダウン期間が設置されています。 ネクロメカ召喚システムへ次の変更点を導入します。
    • ネクロメカがアクティブ状態である場合、ネクロメカランチャーのクールダウン期間は10秒間です。 この方法を利用するとネクロメカはプレイヤーが希望する位置へ移動しますが、ヘルス・シールド・エネルギーは復元されません。
    • プレイヤーのネクロメカが破壊された場合、ネクロメカを召喚できるまで3分間のクールダウン期間が設置されます。しかし、ヘルス・シールド・エネルギーは補充されます。
  • ネクロメカのShocking Ironアビリティの音響が再生される頻度を減少。
  • 死んだ後にネクロメカを召喚するとMODの効果を得られない問題を修正。
    • この問題はクールダウン期間に関する変更が入る前に起きていました。
  • 死んだ後にネクロメカをクライエントとしてプレイ中に召喚するとエネルギーが0で召喚される問題を修正。
    • この問題はクールダウン期間に関する変更が入る前に起きていました。
  • ネクロメカに転移した後Warframeがなくなるため、Warframeに転移しなおせない問題を修正。
  • 倒されたネクロメカへ転移してから自分のネクロメカを召喚すると機能が失われる問題を修正。
  • 異なる状態でグランドスラム攻撃を仕掛けたりノーマルバージョンの近接攻撃を仕掛けるとネクロメカのグランドスラム攻撃を中断できる問題を修正。
  • クライエントとしてプレイ中、ネクロメカから転移しなおすとその場所で走っているように表示される問題を修正。
  • 外観リンクやMODリンクから見ると、ネクロメカがExcaliburのあたりで押しつぶされて表示される問題を修正。
  • 街やハブからネクロメカのアップグレード画面を開くとクリッピングしたり画面に重なって表示される問題を修正。
  • コントローラーを使用中、ネクロメカモードでギアホイールを開くとネクロメカUIと通常モードの武器が重なって表示される問題を修正。
  • 武器のオープニングアニメーションが終わるときにネクロメカを召喚して転移するとネクロメカの武器がぼやけて表示される問題を修正。

その他の項目は翻訳が終わり次第更新します。

ホットフィックス 29.0.8.1[ソースを編集]

Sep 12 ,2020 Forum Post

&#xD; ダイモスの心臓アップデートが実装されてから約二週間経ちました。ホットフィックスのアップデートノートは今後、エントラティのメンバーの正しい名前やクエストのミッション名などのネタバレが含まれるようになりますのでよろしくお願いいたします。

変更点:
  • ダイモスの風景Capturaシーンはエントラティシンジケートランク5の報酬オプションとして提示されるように。
    • 魚のトロフィーはかっこいいのですが、報酬のバラエティーをつけるためにCapturaシーンも追加することにしました。
  • ミッション終了画面を「重要度」でソートすると、設計図やエントラティトークンが画面の上部に表示されるように。
ネクロメカに関する修正点:
  • 倒されたネクロメカのGuard Modeアビリティが機能しおらず、エネルギーだけを消費する問題を修正。
Helminthシステムに関する修正点:
  • AtlasのPetrifyアビリティへ他のアビリティへ注入すると、AtlasのRumblersを発動しても敵にPetrifyの効果を与えない問題を修正。
修正点:
  • 街やハブ(中心地)でマッチメーキングできない問題を解決に向けて改善。
  • Sayaの眼クエストをリプレイしてからマッチメーキングができない問題を解決に向けて改善。
  • Riven MODをチャットリンクできない問題を修正。
  • シミュラクラムアーセナルで協力プレイ武装セットからコンクレーブ武装セットに切り替えると協力プレイセットに戻せなくなる問題を修正。
  • ミッション完了画面でGarudaのTalonsが表示されない問題を修正。
  • スライ バルパファイラのSurvival Instinctが発動されることにより起こるスクリプトエラーを修正。

ホットフィックス 29.0.8[ソースを編集]

Sep 12 ,2020 Forum Post

&#xD; ダイモスの心臓アップデートが実装されてから約二週間経ちました。ホットフィックスのアップデートノートは今後、エントラティのメンバーの正しい名前やクエストのミッション名などのネタバレが含まれるようになりますのでよろしくお願いいたします。

ネクロメカに関する変更と修正点:
  • ネクロメカはエイドロンの草原でランパートを使ったり警報タワーをハッキングできないように。
    • この変更によりランパートを使ったりネクロメカでハッキングすると機能が失われる問題を回避できるようになります。
  • ネクロメカのドロップテーブルを調整し、ネクロロイドシンジケートからMODを入手できるように。また、ネクロメカを直接入手できる方法を導入。
  • ネクロメカドロップからNecramech Vitality、Refuel、Necramech IntensifyとNecramech Pressure Pointを撤去し、Loidのネクロロイド提供品から地位ポイントと交換に入手できるよう変更。 詳しい情報はwarframe.com/droptablesをご覧ください。
  • オーブ峡谷のデッキ12を通過するときにネクロメカから転移しなおそうとするとスタックする問題を修正。
  • 隔離庫依頼ミッションでネクロメカによって無効化されるとオペレーターモードでVoidダッシュができなくなる問題を修正。
  • ネクロメカを使ってエイドロンの草原やカンビオン荒地の境界線を抜けることができる問題を修正。 この修正によりネクロメカを範囲外で召喚できる問題も重ねて修正。
  • エイドロンの草原で前進し続けるとテレポートボリュームを無視できる問題を修正。
  • クライエントがネクロメカから戻るとホストのネクロメカUIが重なって表示される問題を修正。
  • ネクロメカを操縦しているときにミッション進行状況画面を見ると空白な画面が表示される問題を解決に向けて改善。
    • また、Warframeからオペレーターへ転移してその後ネクロメカに変わるとこの問題が継続されています。
武器全般に関する変更点:
  • Trumna
    • Trumnaのオルトファイア射程物から貫通距離を撤去。
      • オルトファイアの主な機能は、各バウンスへの放射状の攻撃であり、貫通距離はジオメトリを通して消すことができていました。 発射物だけで無効にすると、オルトファイアに影響を与えることなく貫通距離をプライマリ射程でのみ使用できるようになります。
  • Quassus
    • ヘビー攻撃の射程物ダメージを35から76へ向上。
      • Quassusヘビー攻撃の発射体が敵を貫通すると元の速度より15%遅くなる問題も重ねて修正。
    • 発射体の水平方向の広がりを減少。
      • Quassusは、かなり広い水平方向の広がりで12の発射体を発射し、複数のターゲットにダメージを分散します。 しかし、個々のダメージは私たちが描いていたイメージとは異なっていました。 100%を超えて増加することにより、発射物の広がりを狭め、通過後に追加のターゲットに確実に到達するようにすると、致死率が意図したレベルに到達できるよう調整できました。
  • Zymos
    • マルチショット射程物の広がりを軽減。
    • 射程物の速度を59から79へ増加。
      • マルチショットからの射程物の広がりを減らし、射程物の速度を上げることにより、ヘッドショットを成功させやすいようになります。
Helminthシステムに関する修正点:
  • Octavia以外のWARFRAMEにResonatorを注入すると武器の機能が失われる問題を修正。
  • 組み込み作業を即時製作するよう促すプロンプトを拒否してからHelminthに給餌しようとするともう一度即時製作するよう促すプロンプトが表示される問題を修正。
  • Helminthから受け継がれたアビリティが失効したときにUndertwoやDanse Macabreが発動されていると武器を発射できる問題を修正。
最適化:
  • コーパス研究者カンビオン荒地依頼ミッションのバグの診断を改善。
  • HUDダメージインジケーターにいくつかのマイクロ最適化を実行。
  • HUDレンダリングにいくつかのマイクロ最適化を実行。
変更点:
  • 「目覚め」のシネマチックは、翻訳された字幕をサポートするように。
  • セファロン・シマリスの提供品へEther Daggerを追加。
  • ダイモスのミュータジェンとアンチジェンの説明文をどの生物用かを明確にするよう更新。
  • オペレーターの目のテクスチャやシェーディングを改善。  
感染したコンパニオンに関する修正点:
  • スライ バルファイアがクールダウン期間を尊重しなかったりトリガーに失敗する、またはクライエントFXが残留するなどの数々のケースを修正。
  • 感染したコンパニオンに対してフォーマを付与して極性を変更できない問題を修正。
  • メッキ加工したての感染したコンパニオンの名前が表示されない問題を修正。
遅延レンダリングに関する修正点:
  • 遅延レンダリングが有効になっているときのボリュームライティングに関する問題を修正。
  • 遅延レンダリングが有効または無効になっているときにオービターで発生するオペレーターに関する視覚的な問題を修正。
  • 遅延レンダリングが有効または無効になっている場合に起こるオペレーターのスキンに関する問題を修正。
  • 遅延レンダリングと一緒に動的解像度を有効にすると、Wyrm Residueの水たまりのサイズが正しくスケーリングされない問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1223337-heart-of-deimos-render-scale-graphical-glitch/
修正点:
  • Arquebexに意図されていない9番目のMODスロットが設置されている問題を修正。
    • この修正により削除された9番目のModスロットへすでに極性を付与していた場合、次回ログイン時に付与された極性が他の無極性のスロットへ転送されるよう調整しました。 9番目のスロットをユニバーサル極性へ変更していた場合、フォーマが一つ返品されます。
  • Garvに関するエンカウントを終わった直後にGarvにいるところでLatrox Uneのミッションを始めるとLatrox Uneが生産されない問題を修正。
  • Sayaの眼クエストをリプレイしているときに最初のミッションから進行できなくなる問題を修正。
  • 自由行動ミッションから街やハブに戻ってくるときにESCメニューを開くとHUDが機能しなくなる問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1222528-new-mission-complete-animation-breaks-menu/
  • オペレーターへ転移したときなどに壁のメッシュにクリッピングする問題を修正。
  • 何度か転移能力を発動させるとアークウイングを展開できなくなる問題を解決に向けて改善。
  • Hata-Satyaクリティカル率のバフを向上するヒットに対してカウントする反射弾を作成する特定のアビリティ(例:MesaのShatter Shield、MagのMagnetizeなど)を修正。 Soma Primeにて実行されたヒットのみ、Hata-Satyaクリティカル率のバフを増加させるはずです。
  • SmeetaキャバットのMischiefアビリティ、Carnis MODセットのボーナスおよびSurvival Instinctが回避率を間違って調整し、適切なバフではなくデバフとして機能している問題を修正。
  • クライエントとしてプレイ中、隔離庫に入ると真っ黒に暗転するテレポートボリュームに当たる問題を修正。
  • AshのShurikenアビリティがアビリティ威力系のMODの影響を受けない問題を修正。
  • LimboがRiftの中で倒された敵のエネルギーを得ない問題を修正。
  • ネクラリスクでSonと対話して蘇生術をプレビューしているときに起こるスポットローディングを修正。
  • 発掘ミッションで特定の敵が他の敵と同じレベルでスケーリングされない問題を修正。
  • 依頼ミッションを完了する前に採掘、釣り、または生物保護が自由行動ミッションを完了として示す問題を修正。
  • オーブ峡谷やエイドロンの草原でScan Aquatic Lifeforms MODが魚を表示させない問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1223107-oxylus-seems-to-be-broken/
  • 発動アニメーションの途中でブリードアウトに入るとリセットされなかったり、Hata-Satya Mod HUDバフが画面に残る問題を修正。
  • エントラティ・シンジケートをランクアップするときにシネマチックが始まる前にESCメニューを開くとシネマチックが再生されない問題を修正。
  • Parvos Granumが視覚的に間違って表示される問題を修正。
  • HydroidリレーCapturaシーンでNPCが多すぎる問題を修正。
  • Nidusの感染カラーが正しく適応されない問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1223675-nidus-energy-color-issues-are-still-not-fixed/
  • VauganのコートテールがPBR処理されていない問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1222712-vauban-still-missing-pbr-treatment-for-his-buttflaps-and-alt-helmets/
  • 地位ポイントが残っていない時に生物を野生に帰そうとしても帰せない問題を修正。
  • Vorの秘宝が冥王星に関連していることを促すテキストや「遺跡船」に物や素材があると記載されたテキストを修正。
  • シンジケートメニューからESC メニューをアクセスすると「ネクロリスク」が表示される場所に「ダイモス」と表示される問題を修正。
  • Cortegeがカタリストを付与する前にグラビマグをインストールするように促す問題を修正。 この武器はグラビマグを搭載した状態で入手できるため、機能を追加する場合はカタリストのみが必要なはずです。
  • アビリティが失効したときに同じタイルにいない場合、ProteaのDispensaryのミニマップアイコンが消えない問題を修正。
  • ネクロリスクの変わり種提供品画面で「所有物を非表示」オプションが欠落している問題を修正。
  • 販売されているアイテムを一つしか所有していない場合、ネクロリスクの変わり種提供品画面で「所持済み」アイコンが欠落している問題を修正。
  • カンビオン荒地の竜の残余の水たまりに関する問題を修正。
  • ダイモスのカルニス勢が攻撃を仕掛けず天井で長く滞留する問題を修正。
  • アビリティジオラマ画面でWispが視覚的カスタマイズを反映しない問題を修正。
  • Reflex Guard MODをチャットリンクすると古いバージョン(Parry Chance)を表示する問題を修正。
  • オーブ峡谷に存在していたマップホールを修正。 https://forums.warframe.com/topic/1221532-orb-valis-render-bug/
  • トルコ語クライエントで、ゲーム内検索が一部の記号などをサポートしない問題を修正。
  • 執行人Gareshに関するコーデックス説明文を修正。
  • ESCキーを押してすべてのシンジケートビューを離れようとした瞬間にシンジケートをランクアップしようとする起こるスクリプトエラーを修正。
  • 閉じたり開いたりするシャンダナに関するスクリプトエラーを修正。
  • HildrynのPillageアビリティに関するスクリプトエラーを修正。

ホットフィックス 29.0.7[ソースを編集]

Sep 3, 2020 Forum Post

&#xD; 「ダイモスの心臓」:ホットフィックス 29.0.7

ダイモス関連のネタバレを防ぐため、いつもより少なめの説明になります。公式フォーラムまで不具合を報告していただいた皆さん、どうもありがとうございます。

ダイモス・スウォームサポーターパックに関するお知らせ:

ダイモス・スウォームサポーターパックにPallaシャンダナが追加されました。 このシャンダナは他のパックやキャンペーンの付属品としてリリースされる予定でしたが、スウォームパックの外観に合うようにデザインされたため、ダイモス・スウォームパックの付属品としてリリースすることが決定しました。

ダイモス・スウォームサポーターパックをすでにご購入されている皆さんに、スクリプトを介してPallaシャンダナを配布いたします。このスクリプトが完了するまでお時間をいただきますが、どうぞよろしくお願いいたします。(スクリプトは終了いたしました。ご協力ありがとうございます。)

このホットフィックスが実装されてからご購入されるスウォームサポーターパックにはPallaシャンダナが通常通り追加されます。ご検討いただき、ありがとうございます。

Helminthシステムに関する変更、修正点:
  • Helminthアビリティビデオを追加。
  • 不安定なネットワークを使ってWARFRAMEを組み込むとWarframeから強制ログアウトされる問題を修正。https://forums.warframe.com/topic/1218753-helminth-not-workingsubsume-logs-me-out-investigating/
  • OctaviaにShooting Galleryを注入してOctaviaが他のアビリティを使うと武器の機能が失われる問題を修正。
  • 特定のコンソール(ドアのすぐ内側)からHelminthの名前を変更しようとすると回避できないUIループにスタックする問題を修正。
ダイモスの依頼ミッションに関する変更点:
  • 低いグレードの依頼ミッションで配布されるシンチラントの数を調整。 この変更により、シンチラントは~18%のドロップ率へ変更されます。
生物保護に関する変更点:
  • ルアーを使用したり麻酔銃のスコープからフンがわかりやすく見えるよう、マーカーが表示されるように。
最適化:
  • カンビオン荒地のダイモスドロップポッドのスポットライトを最適化。
  • スライ バルパファイラのSurvival Instinct FXが引き起こすパフォーマスンの低下に関する修正。https://forums.warframe.com/topic/1221266-sly-vulphalayas-glitch/
  • Helminth治療室の椅子に座っているとクラッシュする可能性があったUIシステムのメモリリークを修正。
変更点:
  • ダイモス ジャガーノートがフェリアックポッドの設計図を落とす確率を5%へ減少。
  • ネクロメカ用MOD「Necramech Deflection」を「Necramech Redirection」へと改名。
修正点:
  • クブロウを所有していないとWarframeにログインできない問題を修正。
    • この問題は火曜日の夜に解消しました。
  • ネクロメカのStorm Shroudアビリティを発動すると起こるクラッシュを修正。
  • ネクロメカのNecrawebアビリティを発動すると起こるクラッシュを修正。
  • コーパス生存者エンカウントが有効な間ネクロリスクに帰還すると起こるクラッシュを修正。
  • K-ドライブレース中にホスト移行が発生すると起こるクラッシュを修正。
  • ホスト移行が引き起こす数々の不具合を修正。例えば、自由行動ミッションを開始したりホスト移行が発生したりするときに起こる不具合を修正。
  • クライエントとしてプレイ中、街に戻ったりゲートエリアに入る前にネクロメカを離れると獲得したアフィニティ経験値を保持しない問題を修正。
  • クライエントとしてプレイ中、隔離庫のドアに同じFassシンボルが表示され続ける問題を修正。
  • 味方のネクロメカがWarframeの可視化に関するアビリティや追放関連アビリティを無効化する問題を修正。
  • クライエントとしてプレイ中、カンビオン荒地でネクロメカが倒されるとランク0にリセットされる問題を修正。
  • ネクロメカARQUEBEXにフォーマを付与すると次回ログインするまで極性が表示されない問題を修正。
  • Umbraフォーマをネクロメカに搭載できる問題を修正。 ネクロメカに使えるUmbra MODはありません。
  • ネクロメカ弾薬補充の速度が武器によって変わらない問題を修正。
  • EnthralledとBlood Alterの効果を受けている敵に対してReaveを発動すると機能が失われる問題を修正。
  • RevenantのReaveアビリティがラグドール化した敵を立て続けに数回ヒットする問題を修正。
    • 開発メモ: 敵がラグドール化されるとアビリティはそれらのプロキシをヒットします。各AIは12ほどのプロキシがあるため、ヒットごとに回復されます。そのため、ラグドール化された敵ごとに簡単に完全な回復ができていて、瞬時キルも可能でした。 したがって、敵一体に対して12体の敵がいるように効果が得られていることが確認でき、明らかに意図されていた作動とは異なっていました。
  • ヘビーガンナーがダイモスの心臓アップデート以来三倍の装甲値を誇っていた問題を修正。 この問題はGarvの装甲値を変更していた時に間違って調整されていました。https://old.reddit.com/r/Warframe/comments/ildu2a/de_secretly_tripled_the_armor_of_heavy_gunners/
  • ホスト移行が発生すると竜の残余が消えてしまう問題を修正。
  • トラペジウム・ゼノラストとカボション・エンボロスをトレードできない問題を修正。
  • XakuのThe Vast Untimeのランク2での基礎ベースが意図されていた15%でない問題を修正。https://www.reddit.com/r/Warframe/comments/il7vsn/xakus_4th_gives_100_slow_on_level_21/
  • GarudaのSeeking Talonsの影響を受けているラグドール化した敵が追加の切断状態異常の影響を受けない問題を修正。
  • 敵の射程物がテンノに届かなくても、敵がMagの「ホールド」バリアントを介して状態異常を付与できる問題を修正。
  • Helminthモジュールを複数購入できる問題を修正。
  • ダイモス カルニスとダイモス カルニス・レックスを倒しても経験値を付与しない問題を修正。
  • 二番目の隔離庫をクリアしても隔離依頼ミッションの目的が更新されない問題を修正。
  • 隔離庫を離れても食道の目的ポイントが残留する問題を修正。
  • ダイモス サクサムのFX効果がクライエントに対して重なって表示される問題を修正。
  • ヘビー武器を使うPhaedraからマガジンが欠落していた問題を修正。
  • シミュラクラムやアーセナル画面からプレビューするとIvaraのConcentrated Arrow増強がマルチショットを無効化しない問題を修正。
  • ダイモスの依頼ミッションボーナスUIが他の言語で表示される問題を修正。https://forums.warframe.com/topic/1217136-hod-bounty-bonus-description/
  • Nora Nightの通信に関する不具合を修正。
  • カンビオン荒地を出る時に感染ポッド増援エンカウントが開始すると起こるスクリプトエラーを修正。

ホットフィックス 29.0.6[ソースを編集]

Sep 1 ,2020 Forum Post

&#xD; 「ダイモスの心臓」:ホットフィックス 29.0.6

ダイモス関連のネタバレを防ぐため、いつもより少なめの説明になります。公式フォーラムまで不具合を報告していただいた皆さん、どうもありがとうございます。

Helminthシステムに関する変更、修正点:
  • HelminthへWarframeを組み込んでいる間にカーソルを当てると組み込み作業を即時製作できるように。
    • 組み込み作業を即時製作すると次にオービターを訪問するまで蓮の花は咲きません。 この機能は皆さんからの要望により実装されました。
  • 組み込んだすべてのWarframeの花が咲かない問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1202631-new-corpus-tileset-fossa-missing-golden-hand-tribute-and-granum-crown-drop/
    • この問題の影響を受けたプレイヤーに対してスクリプトを実行します。 このスレッドにてスクリプトの進行状況をお知らせします。
  • 組み込まれるWarframeが既存カラーを使用していると、組み込まれるWarframeを象徴する蓮の花が既存カラーのピンクの花びらを利用する問題を修正。
  • Helminthがキャリオン・ドメスティクドローンと対話しない問題を修正。
  • HelminthシステムによりHyldrinへVaubanのTesla、Tempest BarrageまたはBlood AlterおよびIvaraのQuiverを注入するとこれらのアビリティに効果が発揮されない問題を修正。
  • ランクアップするときにHelminthのテキストが重なって表示される問題を修正。
Zymosに関する変更点
  • マガジン容量を9から17へ向上。
  • 弾薬プールを27から51へ向上。
最適化:
  • 街、リレーおよびDojoサーバーコードを最適化。
  • ミニマップのレンダリングへマイクロ最適化を実行。
変更点:
  • 戦術メニューへXakuのGazeアビリティを追加。
  • The Vast Untimeアビリティを発動中、Xakuはシャンダナとアーマーを収納するように。
    • 皆さんから集められたフィードバックに基づき調整を約一週間後に導入する予定です。
  • 生物保護タグと負傷した生物タグはアルゴンクリスタルのように画面左下にポップアップするように。
  • ネクロロイドシンジケートに話した後、ネクロリスクからファストトラベルできるように。
  • ネクロメカのガードモードを装備、装備しなおす作業をよりスムーズに行えるように。また、アビリティをよりスムーズに利用できるよう改善。
  • エントラティメンバーのセリフを追加および調整。 この変更により通信が無駄に繰り返されないように調整されます。
  • ダイモスの増援の攻撃性を向上。
  • Trumnaのリロード音響を調整。
  • Helminthの分泌物の説明文を調整。  
  • VaubanのMinelayer手榴弾へHUDタイマーを追加。
感染したコンパニオンに関する修正点:
  • プレデサイトとバルパファイラコンパニオンがマスタリー経験値を付与しない問題を修正。
    • 次回ログイン時、メッキ加工をしたコンパニオンのマスタリー経験値が加算されます。
  • マルチプレイヤーシミュラクラムでバルパファイラを装備しながらシミュラクラムのアーセナルを開くと起こるクラッシュを修正。
  • Warframeが死亡中または蘇生中にバルパファイラがブリードアウト状態に陥るとバルパファイラがランク0へリセットされる問題を修正。
  • スライ バルパファイラのSurvival Instinctがクライエントに対してFX効果を表示しない問題を修正。
  • ファラオ プレデサイトがAnabolic Pollinationを使用しているときに死ぬと起こるスクリプトエラーを修正。
  • Viral Quillsの射程物が地上に落ちる前にパンザーバルパファイラが死ぬと起こるスクリプトエラーを修正。
  • クレセント バルパファイラが死亡したターゲットに対してCresent Chargeを発動すると起こるスクリプトエラーを修正。&#xD;
修正:
  • 街に戻ったりゲートエリアに入る前にネクロメカを離れると獲得したアフィニティ経験値を保持しない問題を修正。
  • クライエントとしてプレイ中、ミッションを中断するとネクロメカのアフィニティ経験値が失われる問題を修正。 ネクロメカのアフィニティ関連の不具合を今後とも探し、修正していきます。 ご不便をおかけして申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願いいたします。
  • クライエントが死亡中のカンビオン荒地ミッションへ途中参加すると起こるクラッシュを修正。
  • カンビオン荒地で依頼ミッションが発生したときに街へ帰還すると起こるクラッシュを修正。
  • TitaniaのLanternアビリティを発動するときに起こるクラッシュを修正。
  • 隔離庫ネクロメカのダメージ耐性がクライエントに対して有効でない問題を修正。
  • クライエントとしてプレイ中、ネクロメカを二回目に召喚すると武器を装備しておらず、発砲できない問題を修正。
  • XakuのVast Untimeアビリティが範囲内の敵へダメージを与えない問題を修正。
  • ランク30以下のプレデサイトを所有していると感染コンパニオンをメッキ加工できない問題を修正。
  • K-ドライブまたはベロシポッドを乗りながら武器を発砲しても経験値が加算されない問題を修正。
  • アイテムを製作中にKeratinosの設計図をエントラティシンジケートをランクアップするときに寄付できるため、ファウンドリからアイテムが消えてしまう問題を修正。
    • ファウンドリで製作中のアイテムや素材をシンジケートなどに寄付できないように調整されます。
  • 隔離庫依頼ミッションに参加しなくても隔離庫へ到達できてしまう問題を修正。
  • ネクロメカを装備していると草原マップの範囲外へ出ることができる問題を修正。
  • 味方のネクロメカと衝突できる問題を修正。
  • ネクロメカアップグレード画面の左下に表示されるMODが読めない問題を修正。
  • ネクロメカのダメージ回避やチャージに関するチュートリアルでUIのコールアウトが間違っている問題を修正。
  • コントローラーのジョイスティックを右や左に傾けるとブースト中にネクロメカが円状に回る問題を修正。
  • ヘビー武器モードでCortegeが間違ったダメージタイプを出力する問題を修正。
  • Sepulcrumsのオルトファイアのホーミング発射体がデイモスカルニスのような背の低いターゲットを旋回する問題を修正。
  • クライエントに対してSepulcrumとTrumnaの発砲音が近くに聞こえる問題を修正。
  • Hildrynに装備されているEnergy SiphonがPillage Overshieldsの効果を元に戻す問題を修正。
  • Wukong PrimeのIron Staffがダメージを100%回避しない問題を修正。
  • Phaedraからマガジンが欠落している問題を修正。
  • ペットやコンパニオンが常にクリプティレクスをターゲットにする問題を修正。
  • ベロシポッドを乗っているときピストルの弾薬上限を表示しない問題を修正。
  • Khrusosシャンダナのテクスチャに対する照明を調整。
  • ネクロメカアップグレード画面ですべてのMOD(ネクロメカ用でなくても)が表示される問題を修正。
  • Trumnaのオルトファイアから欠落していたアニメーションを追加。
  • Otakの周囲の樹皮が他のテキストと重なって表示される問題を修正。
  • エントラティシンジケートのランクアップ報酬をスキップすると欠落していた通信を修正。
  • 依頼ミッションを受託するときに流れるはずのMotherの通信が欠落している問題を修正。
  • 武器エントラティメンバーから欠落していたさよならの通信を追加。
  • ネクロメカの「近接コンボ」が壊れたスタンスMODや間違ったコンボを表示する問題を修正。
  • 竜の残余のFXが欠落している問題を修正。
  • コーデックスから欠落していたダイモス関連の説明を追加。
  • Paralytic Sporesを使用中、野生のメジャイ プレデサイトがWARFRAMEに向かって充電していて死亡すると発生するスクリプトエラーを修正。
  • 自由行動ミッションでホスト移行が発生すると起こるスクリプトエラーを修正。
  • 竜の残余に関するスクリプトエラーを修正。
  • 感染ポッドに遭遇したときに起こるスクリプトエラーを修正。
  • ワールドステータスウィンドウからミッションを選択するときに起こるスクリプトエラーを修正。
  • ネクロメカをガードモードから解除すると起こるスクリプトエラーを修正。
  • AshのShurikenアビリティに関するスクリプトエラーを修正。
  • Broken Sceptorを使用するときに起こるスクリプトエラーを修正。
  • Helminthに素材を給餌すると起こるスクリプトエラーを修正。
  • ダイモスのランナーの攻撃を受けると起こるスクリプトエラーを修正。
  • ダイモスのリーピングスラッシャーから攻撃を受けると起こるスクリプトエラーを修正。

ホットフィックス 29.0.5[ソースを編集]

August 28, 2020 Forum Post

&#xD; 「ダイモスの心臓」:ホットフィックス 29.0.5

ダイモス関連のネタバレを防ぐため、いつもより少なめの説明になります。公式フォーラムまで不具合を報告していただいた皆さん、どうもありがとうございます。&#xD;

変更:
  • 損傷したネクロメカのパーツと武器パーツがトレード可能に。
  • 適切なネクロロイドアイテムがランク3に到達すると無料で配布されるように。
  • ミッション完了画面を拡張する矢印の配置を改善。
  • クエスト内で登場する「心臓」のFXを改善。
  • Botanist MODのレア度をレアへ変更。
  • 依頼ミッションで軟体類の接近マーカーを調整することにより、より見つけやすく、サンプルを収集しやすくなります。&#xD;
修正:
  • 食道を通るときに起こっていた進行ストッパーを修正。
  • ダイモスの耐久依頼ミッションで組んだ分隊に三~四人いるとボーナス課題が達成できない問題を修正。 また、分隊のサイズが変更されるたびに、目的のカウントが正しく更新されるようになります。
  • ネクロメカのドロップが床をすり抜ける問題を修正。
  • ネクロメカを召喚すると以前集めたネクロメカのアフィニティが消失する問題を修正。
  • 貯蔵庫のネクロメカがVoid Dashを無効化する問題を解決に向けて改善。
  • Chroma イモータルスキンから尾の部分が欠落している問題を修正。  
  • メッキ加工していない組み立て式ペットを寄付できる問題を修正。
  • カンビオン荒地の地下にいるときに地上のレースマーカーが表示される問題を修正。
  • ネクロリスクのドアが透明に見えたり照明が当たっていない問題を修正。
  • 特定の言語で「Œ」が利用できなかった問題を修正。
  • 味方のネクロメカがVomeサイクルで生産されない問題を修正。
  • 味方のネクロメカがオペレーターのVoid Dashと転移能力を妨害する問題を修正。
  • ミッション完了画面から武器のアイコンが欠落している問題を修正。
  • 自由行動ミッションから街へ移動すると命名したKitgunが既存の名前を表示する問題を修正。
  • ミッションから帰還したときに「通貨」バーがスタックする問題を修正。
  • ミッション完了画面のジオラマプレビューが分隊オーバーレイと通貨バーを隠す問題を修正。
  • Mecha MODの効果によりクブロウが敵をマークして死に、分隊メンバーがマークされた敵を倒すと起こるスクリプトエラーを修正。
  • ダイモスのマップでプレイヤーが範囲外に抜けられる問題を修正。
  • Father 5トークンタスクが複数の購入を許可する問題を修正。
  • Carnisセットボーナスが機能していない問題を修正。
  • 商人に釣った魚をさばいてもらう時、エリアをリロードするまで空白の画面に戻る問題を修正。
  • 装飾モードでネクロメカの彫像を設置できない問題を修正。
  • 分隊オーバーレイが引き起こすクラッシュを修正。
  • ダイモスのリーピングスラッシャーが引き起こすスクリプトエラーを修正。
  • Iron Staffに関するローカライズに関する問題を修正。
  • コーデックスから欠落していたダイモスの魚に関する情報を修正。

ホットフィックス 29.0.4[ソースを編集]

August 29,2020 Forum Post

&#xD; 「ダイモスの心臓」:ホットフィックス 29.0.4

ダイモス関連のネタバレを防ぐため、いつもより少なめの説明になります。公式フォーラムまで不具合を報告していただいた皆さん、どうもありがとうございます。

トークンと生物保護に関するバランス調整:

エントラティシンジケートをランクアップするためには、ランクごとに最大1つのエントラティ・トークンタイプだけが必要になるよう調整。例えば、生物保護一枚 + 釣りトークン一枚など。 すでにエントラティ・シンジケートをランクアップされた方にはスクリプトを介して余分に消費したトークンを返却します。

また、皆さんから寄せられたフィードバックに基づき、生物保護に関する大幅なバランス調整を導入します。

  • 一つのトークン作業を完了するために必要な生物タグを50%削減。
  • 「ダイモスの生命体を捕獲する」で必要な生物タグの平均数を減少。
  • 「ダイモスの生命体を捕獲する」タスクが二重で表示されるため、二倍のコストを消費しなくてもトークンを二倍入手できる問題を修正。
  • モリ突き漁と同様、生物保護商人のブースへ「本日のデイリースペシャル」を追加。

隔離庫依頼ミッションに関する変更、修正点:

  • ベイト防衛時間を60秒から90秒に延長し、敵の増援を増加。
  • 毒性レベルのステージで感染解毒剤のドロップ率を減少。
  • 分隊で協力し合えるよう、特定のエリアを離れると毒素レベルが大幅に上昇するように。
  • 毒素レベルステージからボラタイル ランナーを撤去してダイモス ランナーが攻撃を仕掛けてくるように。
  • 隔離庫依頼ミッション中にホスト移行が発生すると起こっていたクラッシュを修正。
  • この修正により、ホスト移行が発生しても隔離庫ステージをもう一度行う必要がないようになります。

•「最悪のシナリオ」が生成される手順を変更修正。反応性クリスタルが一時間たっても無傷でありませんでした。

シンチラントに関する変更点:

シンチラントについて。 開発チームは昨日、シンチラントの説明文で入手方法が曖昧であると判断したため、前回のホットフィックスで説明文を更新しました。 ホットフィックスを導入してから一晩が経ち、統計を調査したところ、説明文を更新しても収集された数があまり増えませんでした。また、コミュニティ皆さんからも収集しにくいという意見が多く集められていました。 ダイモスの心臓のような大型アップデートではプレイヤーの皆さんが「0」の地点から始まるため、素材集めのトレンドを観察することができます。そして、皆さんのシンチラントの入手率は意図していたよりとても低いことが確認できました。 シンチラントは草原のウィスプと同じ位置づけにも関わらず、収集率が明らかに低いため、次の変更を導入します。  

  • 隔離庫依頼ミッションで現れるネクロメカはシンチラントをドロップする可能性があるように。
  • シンチラントを貯蔵庫環境内でピックアップできない問題を修正。
  • 貯蔵庫環境内でシンチラントの生産率と生産半径のサイズを増加。
  • 武器商人からパーツを入手するための条件であったシンチラントを撤去。
  • 視認性を高めるために、シンチラントにわずかな輝く効果を追加。
  • シンチラントが近くに位置しているとき、音響がより大きなボリュームで流れるように。&#xD;
変更:
  • プレイヤーが転移して操縦できるネクロメカから報酬がドロップされないように。
    • ネクロメカに転移して立ちながら報酬がドロップされることを待つ方法は、私たちが意図していた仕様とは違いました。 この問題は私たちが見落としていたため発生しました。 また、この問題によりドロップしていた報酬は分隊の一人しか入手できませんでした。 隔離庫の環境内にいるネクロメカは報酬を引き続きドロップしますが、この変更によりさらに多くのアイテムをドロップするようになります。特にシンチラントは入手しやすくなる予定です。
  • オービターに戻ると、新しい惑星の背景としてダイモスが見えるように。
  • マゴットとクローラーの死亡FXを改善。
  • 「脈打つ」効果により、採掘ポイントが見えにくくなっていましたが、可視化をさらに最適化。
  • 食道の脱出ポイントをより分かりやすいように最適化。
  • 『ダイモスの心臓』クエストの第二ステージでよく揺れていたカメラを修正。
  • Hydroid RakkamクラーケンはUndertowを使用したときにデラックスバージョンを使うように。
  • クリッピングを回避するため、Keratinosのホルスターアイドルポーズを調整。&#xD;
修正:
  • 『ダイモスの心臓』クエストでドアの裏側に敵が生産されると進行が止まる問題を修正。
  • リレーや街を去ってもゴーストメンバーとしてエリアに残っていたため、サーバーに負担がかかったり混乱を引き起こす問題を修正。
  • 『ダイモスの心臓』クエストでネクロメカのシネマチックで転移すると進行が停止する問題を修正。
  • Cortegeレシーバーとストックの特定のアイコンが反転している問題を修正。
  • 釣りや生物保護エントラティメンバーから購入しようとしても失敗に終わり、空の見積もりが表示される問題を修正。
  • ネクロリスクで釣りエントラティメンバーに魚をさばいてもらっても間違った数が表示される問題を修正。 この修正によりシータスやフォーチュナーで魚をさばいたときと同じような画面が表示されるようになります。
    • この問題はUI上のみの問題でした。そのため、この不具合に遭遇しても、履歴上正しい数を入手してたことをお知らせします。
  • 特定の方法でAIを組み合わせていると起こるオベリスクのエクスプロイトを修正。
  • 竜が回転するときにマルチプレイヤーミッションを開始すると起こるマップに関する問題を修正。
  • 本当に「死んだ」はずのネクロメカが死んだように見えず、転移できてしまう問題を修正。
  • 設定BのMODリンクが組み込んだアビリティを表示しない問題を修正。
  • Carnis MODセットが正しく機能しない問題を修正。
  • クライエントとしてプレイ中、食道ファストトラベルが機能しない問題を修正。
  • 誰かが切断するときにネクロメカにいると起こるクラッシュを修正。
  • カンビオン荒地の依頼ミッションを始めると起こるクラッシュを修正。
  • クライエントとプレイ中起こる敵のネクロメカの腕に関する不具合を修正。 場合によっては、ネクロメカの腕がすでに撃ち落されているのにも関わらず、両腕をつけたままネクロメカが死亡するのを見ることができていました。
  • 生物保護ルアーが航路を見つけないため引き起こされるスクリプトエラーを修正。
  • ローディング画面で地球と火星が正しく表示されない問題を修正。
  • ネクロメカモードで死ぬと敵がオペレーターを標的にしない問題を修正。
  • プレデサイトとバルパファイラのプリセプトから欠落していた音響を修正。
  • キマエロスの説明文が合金版の説明文だったりするテキストに関する問題を修正。
  • 『ダイモスの心臓』クエストでオペレーターモードを使用すると作業をバイパスできてしまう問題を修正。
  • ネクロメカモードでホバー期間中射撃できない問題を修正。
  • XakuのVast Untimeがテラリスト達へダメージを与える問題を修正。 TennoConで述べたように、これは意図された仕様ではありません。
  • ワズィール プレデサイトを治療しているときに死ぬと起こるスクリプトエラーを修正。
  • InarosのDevouを発動すると起こるスクリプトエラーを修正。
  • アイテムメニューをロード中起こるスクリプトエラーを修正。
  • 分隊メンバーが生物を保護した瞬間に魚を釣ると起こるスクリプトエラーを修正。
  • ホスト移行が発生した後に自由行動ミッションマップを開くと起こるスクリプトエラーを修正。
  • オペレーターとネクロメカに移行した後機能が失われる問題を修正。
  • 生物保護を失敗すると起こるスクリプトエラーを修正。
  • 特定のチャレンジが有効なときに味方を復活させたり敵を倒すと起こるスクリプトエラーを修正。
  • ダイモスの敵が特別な攻撃を仕掛けると起こるスクリプトエラーを修正。
  • Vasca キャバットがDraining Biteのターゲットに近づいていたときにオープンワールドミッションを終了すると発生するスクリプトエラーを修正。
  • Kドライブに関するクラッシュを修正。

ホットフィックス 29.0.3[ソースを編集]

August 29,2020 Forum Post

&#xD; 「ダイモスの心臓」:ホットフィックス 29.0.3

ダイモス関連のネタバレを防ぐため、いつもより少なめの説明になります。公式フォーラムまで不具合を報告していただいた皆さん、どうもありがとうございます。

隔離庫依頼ミッションに関する変更、修正点:

  • カンビオン荒地の隔離庫ミッションで複数の貯蔵庫を発見すればするほど魅力的な報酬を受け取れるという趣旨のヒントを追加。


  • 隔離庫ミッションでもう少しプレイヤーが行き来する場所へシンチラント生産スポットを追加。
  • 竜の残余が生産される数を5から3へ変更して、隔離庫依頼ミッションの第一ステージで必要な残余の数を緩和。
    • 一人または二人の分隊では6個。
    • 三人または四人の分隊では12個必要です。
  • 食道で隔離庫依頼ミッションの目的マーカーが失われる問題を修正。
  • 隔離庫依頼ミッションで必要な数の50%の残余を得るとOtakとLoidの通信が無限ループされる問題を修正。
  • 隔離庫に関するスクリプトエラーを修正。
  • 敵のネクロメカへ遭遇したときに起こるスクリプトエラーを修正。
  • 消失していた記述:マッチメーキングに関する問題を修正。

変更点:

  • ダイモス依頼ミッションのクレジット貯蔵庫の報酬をAyatan Amberスターへ変更。
  • シンチラントの入手源に関する説明文を更新。
  • カンビオン荒地でネクロメカへ転移すると短時間不死身になるように。
  • バルパファイラ蘇生プリセプトを5ランクから3ランクへ変更。 すでにEndoやクレジットを消費されたプレイヤーには素材を後日返品します。
  • バルパファイラに対して音響を追加。
  • ミッション終了画面で流れる音響は適切に音量が絞られるように。
  • カンビオン荒地のテクスチャに関するパフォーマンスを改善。

修正点:

  • チュートリアルを終わった後にVorの秘宝を開始できない問題を修正。
    • この修正により、Vorの秘宝をスキップしたプレイヤーのコーデックスでクエストにモザイクがかかっていないように表示されるようになります。
  • Vox Solarisクエストでソラリス民を調査しているときに欠落しているコンテキストアクションを追加。
  • クライエントとしてプレイ中、バルパファイラペットを持っていて死んでしまうと起こるクラッシュを修正。
  • Garvの依頼ミッションで起こるクラッシュを修正。
  • 『サクリファイス』クエストの「Umbraと対面する」ミッションで死ぬ前後にプレイヤーがミッションを中止すると起こるスクリプトエラーを修正。
  • 目的エリアからとても遠い場所にクライエントとしてミッションに参加するとカンビオン荒地の依頼ミッションが失敗扱いされる問題を修正。
  • 『ダイモスの心臓』クエストでK-ドライブに乗っているとFassの残余をピックアップできない問題を修正。
  • カンビオン荒地で同じセッション中に複数の依頼ミッションをこなしていると、Latrox Uneの為に感染サンプルを収集しなくてもいい問題を修正。
  • カンビオン荒地で敵が間違ってエクシマス勢と表記される問題を修正。
  • ダイモスの敵が袋から飛び出すときに欠落していたFXを追加。
  • カラーグレーディングスタイルの色補正で、ビデオの色補正設定を無視する問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1213034-color-correction-explosions-while-color-correction-is-turned-off/
  • Warframeに対するParadisoアーマーの配置の問題を修正。
  • 街に帰還したときにスキャナーを使おうとする起こるスクリプトエラーを修正。
  • Garvが死んだときに起こるスクリプトエラーを修正。
  • プロフィット・テイカーに関するスクリプトエラーを修正。
  • 転移能力を使用するときに起こるスクリプトエラーを修正。
  • ネクロメカのGuard Modeアビリティを発動するときに起こるスクリプトエラーを修正。
  • オーブ峡谷で敵の陣地に入るときに起こるスクリプトエラーを修正。
  • カンビオン荒地でドロップポッドが敵をドロップするときに起こるスクリプトエラーを修正。
  • スライ バルパファイラがプリセプトを無効化するときに起こるスクリプトエラーを修正。
  • パンザー バルパファイラが攻撃を仕掛けようとしてターゲットが見当たらない時に起こるスクリプトエラーを修正。
  • ネクロメカが死亡したときに起こるスクリプトエラーを修正。

ホットフィックス 29.0.2[ソースを編集]

August 27,2020 Forum Post

&#xD; ダイモス関連のネタバレを防ぐため、いつもより少なめの説明になります。公式フォーラムまで不具合を報告していただいた皆さん、どうもありがとうございます。&#xD;

変更:
  • カンビオン荒地の感染した魚は素材をドロップすることが保証されるように。 この変更によって、魚のパーツに関する説明文は入手源を表記するようになりました。
    • 魚のパーツのランダム性はあまり好ましいものではなく、皆さんからもそのような意見が多く寄せられていました。 そのため、この変更に踏み切ります。
  • 生物保護エントラティ商人はフォーチュナーから麻酔銃を購入していないプレイヤーのために麻酔銃の販売を開始。
  • コーデックスの『目覚め』クエスト欄へシネマチックだけを再生するボタンを追加。 この変更により、チュートリアルすべてをプレイしなくてもイントロシネマチックを観れるようになります。
  • 『ダイモスの心臓』クエストを完了したプレイヤーのセファロン・シマリスの提供品リストへXakuの設計図を追加。
  • ネクロメカのStorm Shroudアビリティのダメージ耐性を1から0.8へ減少。 このアビリティはIron Skinと同じように機能します。
  • Necramech Reachの基礎近接範囲を+0.17から+0.25へ向上。
  • ネクロリスクからカンビオン荒地への廊下トリガーの配置に関する改善点を導入。
    • この変更により、ミニマップ上の脱出ゾーンの半径を更新。
  • カンビオン荒地でカッターやドリルを装着していると鉱石スポットが明らかになるように。
  • 視認性を向上させるためにカンビオン荒地の採掘FXや素材を改善。
  • ダイモスでのマッチメーキングを改善。(実行中のミッションに参加、ネクロリスクからの参加など)
  • 星系マップのダイモスノードへわずかなFXの調整を導入。&#xD;
修正:
  • 街、リレー、Dojoのサーバーの安定性と機能性に関する修正。
  • 『ダイモスの心臓』クエストで、必要なときにオムニ修復ツールへ切り替えられないために進行が停止する問題を修正。
  • 『ダイモスの心臓』クエストの三番目のミッションで死んでしまうと起こるクラッシュを修正。
  • 進行中のカンビオン荒地ミッションに途中参加し、竜の残余エリアに着くと起こるクラッシュを修正。
  • カンビオン荒地でネクロメカに転移すると起こるクラッシュを修正。
  • カンビオン荒地でミッション進行状況画面を開き、Quassusの統計を見ると起こるクラッシュを修正。
  • ホスト移行の後にネクロメカモードにいると起きるクラッシュを修正。
  • 隔離庫依頼ミッションでネクロメカと戦うと起こるクラッシュを修正。
  • 反応性クリスタルと交流すると起こるクラッシュを修正。
  • K-ドライブに乗ってからギアホイールを開くと起こるクラッシュを修正。
  • 『ダイモスの心臓』クエストでネクロメカを練習するミッションでドアが開かない問題を修正。
  • カンビオン荒地の特定の場所で生物保護ができない問題を引き起こすスクリプトエラーを修正。
  • オペレーターモードへ転移したりし直すとJahu反応性クリスタルが素材を生産し続ける問題を修正。
  • カンビオン荒地の隔離庫依頼ミッションが三つの難易度に関連しないアイテムを与え続ける問題を修正。 この修正により、グレード1ミッションからはコモン、グレード2ではアンコモン、グレード3ではレアアイテムが配布されるようになります。
  • ネクロメカがエネルギーやMODを拾い上げない問題を修正。
  • ネクロメカモードで死ぬと、オペレーターが透明化して不死身状態に陥る問題を解決に向けて改善。
  • 『ダイモスの心臓』クエストの釣りミッションで死ぬとモリが返却されない問題を修正。
  • 隔離庫依頼ミッションの「竜の残余を集める」ステージで竜の残余がプレイヤーがアクセスできない場所に生産される問題を修正。
  • 『ダイモスの心臓』クエストでネクロメカを練習するミッションで目的マーカーが正しく更新されない問題を修正。
  • Vomeの残余やFassの残余を使ってミュータジェンやアンチジェンを製作できない問題を修正。
  • バフォライトを製作するときにアドラマリウムが必要と表示される問題を修正。
  • 『サクリファイス』クエストの「Umbraと対面する」ステージで透明なWarframeに転移できる問題を修正。
  • 『ダイモスの心臓』クエストを完了していないのにも関わらず、依頼ミッションを開始できる問題を解決に向けて改善。
  • Vomeの残余がプレイヤーを蘇生できる問題を修正。
  • リレーや街のチャットチャンネルがリレーや街を去っても消えない問題を修正。
  • コーデックスから欠落していたバルパファイラとプレデサイトのプリセプトMODに関する記載事項を修正。
  • クライエントしてプレイ中、浄化装置のFXが表示されない問題を修正。
  • 分隊メンバーの一人がネクロメカのNecrawebアビリティを使用していると他の分隊メンバーへもUIツールチップが表示される問題を修正。
  • ホスト移行が発生するとカンビオン荒地の発掘目的が更新されない問題を修正。
  • ホスト移行が発生するとカンビオン荒地で発掘UIが消えてしまう問題を修正。
  • カンビオン荒地にロードするときに起こる一時的な真っ黒な画面を修正。
  • カンビオン荒地の依頼ミッションを完了するとオーブ峡谷の「賞金ハンター」チャレンジに対してカウントされる問題を修正。
  • アーセナルでペットを成長させてもアーセナルが更新されない問題を修正。
  • ダイモスの敵が間違ったヘルスや装甲値タイプを使用する問題を修正。
  • Mausolonをチャットリンクできない問題を修正。
  • 採掘ポイントでLoidがしゃべっているときにOtakの方向へ切り替えない問題を修正。
  • LoidとOtakの音響を調整。
  • 生物保護から欠落している通信を修正。
  • インベントリに魚がないときに釣りエントラティ商人と会話をするとセリフが欠落している問題を修正。
  • カンビオン荒地の依頼ミッションのボーナス目的UIが正しく表示されない問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1202631-new-corpus-tileset-fossa-missing-golden-hand-tribute-and-granum-crown-drop/
  • ギア・ホットキーが無効化であってもエモートホットキーが使える問題を修正。
  • 魚を商人ブースでさばいてもらうとき、正しい惑星の魚を持っていないと画面が真っ暗になる問題を修正。(例えば、シータスでフォーチュナーの魚を持っている場合など)
  • HydroidのRakkamクラーケンがUndertowを発動しているときにデラックススキンを装備していない問題を修正。
  • 鋼の道のりバージョンでダイモスをクリアしてもトロフィーが正しいダイモスのノードのFXを使わない問題を修正。
  • カンビオン荒地で間違った魚釣りのトロフィージオラマが使用される問題を修正。
  • 設計図のパーツに関するテキストが重なって表示される問題を修正。
  • カンビオン荒地でパズルに挑戦するときにホスト移行が発生するとスクリプトエラーが起きる問題を修正。
  • 『ダイモスの心臓』クエストでネクロメカに関する訓練を受けるときに起こるスクリプトエラーを修正。
  • カンビオン荒地のコーパス生存者依頼ミッションで起こるスクリプトエラーを修正。
  • ホスト移行が発生したあとにエイドロンハントを始めると起こるスクリプトエラーを修正。
  • カンビオン荒地の「暗殺ターゲットをおびき出す」依頼ミッションでホスト移行が発生と起こるスクリプトエラーを修正。
  • ネクロリスクからカンビオン荒地に移動した直後にモリを使いだすと起こるスクリプトエラーを修正。
  • 違う魚を釣っているときに魚が死ぬと起こるスクリプトエラーを修正。
  • テンノが死亡して蘇生されたあとに魚がダメージを生き残ると起こるスクリプトエラーを修正。
  • カンビオン荒地でK-ドライブレースを始めると起こるスクリプトエラーを修正。
  • FassとVomeが戦っているときに死亡すると起こるスクリプトエラーを修正。
  • ジャグラスが死んだときに起こるスクリプトエラーを修正。
  • リーピング スラッシャーが死んだときに起こるスクリプトエラーを修正。
  • Venariに関するスクリプトエラーを修正。
  • XakuのAccuseアビリティを発動するときに起こるスクリプトエラーを修正。
  • Sly DevolutionのMOD説明文で間違っていた数値を修正。

ホットフィックス 29.0.1[ソースを編集]

August 27,2020 Forum Post

&#xD; ダイモス関連のネタバレを防ぐため、いつもより少なめの説明になります。公式フォーラムまで不具合を報告していただいた皆さん、どうもありがとうございます。

変更点:
  • エントラティ・シンジケートをランク1に上げるために必要だったエントラティ・トークンを撤去。

https://forums.warframe.com/topic/1216513-son-token-is-impossible-to-get/?tab=comments#comment-11787522

  • このホットフィックスが入る前にエントラティ・シンジケートをランクアップされた方はサポートの方までご連絡ください。消費されたトークンを返却いたします。
  • Helminthモジュールをインストールするまで、Helminthと対話できないように。    
  • 『ダイモスの心臓』クエストを完了していなくてもカンビオン荒地が星系マップで表示されるように。 カンビオン荒地ノードにカーソルを当てると『ダイモスの心臓』クエストを完了するよう促されます。
  • ネクロメカの音響のボリュームを減少。
  • 『ダイモスの心臓』クエストのプラットフォーム上昇/下降時に流れる音響を微調整。
  • ネクロリスクでの製作音響を調整。&#xD;
修正:
  • 『ダイモスの心臓』クエストでトンネルのドアが開かない問題を解決へ向けて改善。
  • 『博士の計略』クエストをアクティブクエストに設定して星系マップを開くと起こるスクリプトエラーを修正。
  • 『ダイモスの心臓』クエストのシネマチックで発生するクラッシュを修正。
  • 『目覚め』チュートリアルで起こる進行ストッパーを修正。
  • ネクロメカモードで死ぬとオペレーターが透明になったり不死身状態に陥る問題を修正。
  • 『ダイモスの心臓』の三番目のミッションで死ぬとクエストを進行できなくなる問題を修正。
  • ネクロメカに転移すると短時間不死身になるはずなのにならない問題を修正。
  • 『ダイモスの心臓』クエストで誰かを追跡すると間違った目標マーカーが表示される問題を修正。
  • 『ダイモスの心臓』クエストで忍び行く場面で起こるスクリプトクラッシュを修正。
  • クライエントとしてプレイ中カンビオン荒地でモリ突き漁ができない問題を修正。
  • 『ダイモスの心臓』クエストを終了していなくても鋼の道のりバージョンのカンビオン荒地を解除できる問題を修正。
  • エントラティ武器商人がTRUMNA ストックの設計図を持っていない問題を修正。
  • 『ダイモスの心臓』クエストでMotherから依頼ミッションを受託できない問題を修正。
  • Necramech FuryとNecramech Pressure Pointが機能しない問題を修正。
  • オペレーターモードでプレイすると『ダイモスの心臓』クエストの目的マーカーが更新されない問題を修正。
  • 星系マップからネクロリスクに入り、カンビオン荒地へ入ると鋼の道のりモードのカンビオン荒地にたどり着く問題を修正。
  • 『目覚め』クエストをプレイするときに分隊に残る問題を修正。
  • 新しいTennoGen Prexカードの低画質を修正。
  • 生物保護から欠落していた通信を修正。
  • デイリー地位ポイント上限に到達するとシンジケートメダリオンを一つ提出できない問題を修正。
  • 生物保護エントラティ シンジケート メンバーの視覚的な髪の不一致を修正。
  • 『ダイモスの心臓』クエストのオープニングシネマチックにロードするとき起こるUIのわずかなフラッシュを修正。
  • アービターズ・オブ・ヘクシスとセファロン・スーダが間違ったランクアップ通信を再生する問題を修正。
  • 『ダイモスの心臓』クエストの「Warframe」の誤字を修正。
  • カンビオン荒地からネクロリスクに戻ると起こる釣りに関するスクリプトエラーを修正。
  • 自由行動マップを去るときに何かをスキャンしていると起こるスクリプトエラーを修正。
  • カンビオン荒地の特定の場所の確保ターゲットが引き起こすスクリプトクラッシュを修正。
  • Loidに関するスクリプトエラーを修正。
  • 感染ポッドに関するスクリプトエラーを修正。
  • ジャグラスに関するスクリプトエラーを修正。
  • Shockwave Actuatorsを使うモアコンパニオンに関するスクリプトエラーを修正。
  • レールジャックナビゲーション画面に関するスクリプトエラーを修正。
  • XakuのGrasp of Lohkアビリティを発動するときに起こるスクリプトエラーを修正。
  • ProteaのBlaze Artilleryアビリティに関するスクリプトエラーを修正。
  • MagのMagnetizeアビリティに関するスクリプトエラーを修正。
  • MODリンクをプレビューするときに起こるスクリプトエラーを修正。

アップデート 29[ソースを編集]

August 26,2020 Forum Post - 「ダイモスの心臓」:アップデート 29

&#xD;

「ダイモスの心臓」:アップデート 29

テンノ,

アップデート29:「ダイモスの心臓」でたくさんの新コンテンツが登場します。 火星の二番目の月「ダイモス」に隠された秘密を明らかにするときが来ました。 この月はなぜ、今までOrigin太陽系へ姿を現さなかったのでしょうか。そして、なぜ「今」皆さんに正体を明かすのでしょう。 地球から火星へのジャンクションを完了したプレイヤーのみアクセスができる『ダイモスの心臓』クエストをどうぞお楽しみください。

Warframeを始めたばかりのプレイヤーの皆さんに向けて、新しいイントロシネマチックを含める改変された「チュートリアル 3.0」を紹介します。 すでにチュートリアルを完了している皆さんは、オービターに備わっているコーデックスから基礎操作のおさらいをすることができます。

コミュニティの皆さんが協力して作り上げられたWARFRAME「XAKU」が誕生します。 倒されてしまった三体のWARFRAMEからパーツを結合して、再び命を吹き込まれたXAKUをお試しください。    

Warframe史上、一番大胆なカスタマイズオプションが可能になる「Helminthシステム」が登場します。 Helminthへ給餌してWARFRAMEのアビリティを組み替えよう。 このシステムを利用するためにはまず、「ダイモスの心臓」で現れる新しいシンジケート「エントラティ・シンジケート」からHelminthモジュールを入手してください。

他のメインラインアップデートと同様、「ダイモスの心臓」アップデートでは数多くの追加、変更、修正点が実装されます。 ダイモスの心臓をくまなく散策している途中、プレイスホルダーや未完成の機能を見つけるかもしれません。アップデートを実装するにあたり、体制を万全なものへ整えるよう努力を重ねましたが、不具合を発見した場合、公式フォーラムの方へお知らせください。 また、新しく紹介するエントラティ・シンジケートでは新しい通貨システムを導入します。皆さんからの建設的なご意見をぜひお聞かせください。

前置きはさておき、「ダイモスの心臓」アップデートをお楽しください。

新クエスト『ダイモスの心臓』

「感染体に埋め尽くされたダイモスが、火星軌道上に姿を現す… しかしその蠢(うごめ)く巨塊から届いたのは、最古の搬送波に乗った救難信号だった…」

コーデックスから新しいクエストを始めよう。 『ダイモスの心臓』を開始する前提条件は、地球から火星へのジャンクションを完了していることです。

『ダイモスの心臓』クエストは最新のオープンワールド風マップを紹介します。 「カンビロン荒地」の住民たちと「ネクロリスク」に潜む魂のすべてを学ぼう。

プラチナを使用してXAKUをご購入された方は、クエスト報酬としてXakuの設計図とRiven MODが配布されます。

357d572c7fd7f8aab968e05259afab6e.jpg
新しいオープンワールド:カンビオン荒地

カンビオン荒地は火星の感染した月「ダイモス」に存在する密集したオープンワールドで、新しい街「ネクロリスク」に隣接しています。 そして、このオープンワールドには「地下」と呼ばれる二番目の断層が存在します。 この場所ではパズル、謎やネクロメカを見つけることができます。 カンビオン荒地は『ダイモスの心臓』クエストをクリアすると星系マップに表示されるようになります。

Dab77b032bfa299ad8e5807e8d989544.jpg
オープンワールドサイクル:VOME(秩序) VS. FASS(混沌)

感染した月「ダイモス」ではVOMEサイクルとFASSサイクルが絶え間なく競い合っています。 訪問中に競い合う兄弟がダイモスとその住民よりも優勢を奪い取る場面に遭遇するかもしれません。

Vome:彼女の優しいまなざし Fass:彼の悪意に満ちた怒り

兄弟間の戦いでVomeが勝ち、カンビオン荒地へまなざしを向けると、恐ろしい感染体の敵勢は休眠状態に陥ります。また、交友的なネクロメカに出会う絶好の機会かもしれません。 その一方で、Fassが兄弟間の戦いを勝ち、カンビオン荒地に目を向けると、手ごわい感染体の敵勢が立ち上がり、破壊されたネクロメカが荒地にまき散らされます。 プレイすればするほど、これらの興味深い効果を発見することでしょう。

十分に注意を払ってください。

新しい中心地:ネクロリスク

ネクロリスクはVoidの研究施設で、エントラティの本拠地です。『ダイモスの心臓』クエストをプレイしてエントラティに関する情報を入手しよう。 ネタバレを防ぐため、ネクロリスクで皆さんを迎えるNPC商人に関する情報を少しだけ案内します。 『ダイモスの心臓』クエストを終了後、ネクロリスクを実際に訪問して彼ら商人が提供するサービスに関する情報を入手しよう。

Cbcd708f3f91da7079ff0aa76479c515.jpg
新しいシンジケート:

エントラティ エントラティは新しいオープンワールドのメインシンジケートです。 エントラティ・シンジケートをエントラティ・トークンを使ってランクアップするたびにこの古代Orokinの血統から尊敬と報酬を得ることができます。

ネクラロイド ネクラロイドはネクロリスク内のオペレーター用シンジケートです。 『内なる紛争』クエストを完了しているプレイヤーのみアクセスできます。 ネクロロイド・シンジケートでオロキンマトリックスを使いランクを上げると自分専用のネクロメカを組み立てたりすることができます。 このシンジケートを突き進むにつれて、ネクラロイドの壁の中にあるVOIDの本質を学ぼう。 ネクロロイド・シンジケートの詳細については、ネクロメカ欄をご覧ください。

エントラティ・シンジケート

エントラティの通貨:

ダイモスの心臓で特徴的なものは、各エントラティ・メンバーを象徴するトークンシステムです。 エントラティ・シンジケートを進めるためにトークンを集めて地位ポイントを入手してください。各商人と話したり依頼ミッションに挑戦するとより一層集めやすくなります。

すでに実装されているオープンワールドとダイモスとの重要な違いは、 シンジケート地位ポイントシステムで各登場人物を象徴するトークンシステムを用いることです。 例えば、依頼ミッションをクリアすると「Motherトークン」を獲得でき、決められた一日分の上限内であればいつでもエントラティ地位ポイントと交換できることを意味します。 また、一日の地位ポイント上限値を達成していても、Motherトークンを引き続き入手することができ、後日地位ポイントへ引き換えることができるようになります。 一日の地位ポイント上限に関する仕様変更点はこの記事の後半で詳しく解説します。

依頼ミッションおよびエントラティ・シンジケートのリーダー:Mother

  • Motherに話しかけるとエントラティ・シンジケートの進行状況を確認することができます。
  • Motherから依頼ミッションを受託することもできます。

武器など:

  • 『ダイモスの心臓』クエストを完了するとエントラティ武器に関する要望をかなえてくれるエントラティのメンバーに出会うことができます。
  • ネクロリスク内の武器エントラティシンジケートメンバーからこれらの新しいMODを見つけよう。 新しいPRIME武器用MODをご覧ください。
  • 感染Kitgunはこのエントラティ・メンバーから後日販売を開始する予定です。

釣り:

  • 『ダイモスの心臓』クエストを完了するとダイモスでの釣りに関する要望をかなえてくれるエントラティのメンバーに出会うことができます。
  • この商人に話しかけてダイモスで釣った魚をトークンやパーツに交換しよう。

生物保護:

  • 『ダイモスの心臓』クエストを完了すると生物保護に関する要望をかなえてくれるエントラティのメンバーに出会うことができます。
  • この商店では蘇生術や他の手順、ぬいぐるみの購入などが行えます。蘇生術に関する情報はこのノートの後半で詳しく説明します。

採掘:Otak

  • TennoConで紹介したOtakがダイモスでの採掘に関する要望をかなえてくれます。
  • この商店でジェムや合金などを交換しよう。

変わり種およびトークンの交換:

  • 『ダイモスの心臓』クエストを完了するとダイモスの変わり種やトークンに関する要望をかなえてくれるエントラティのメンバーに出会うことができます。
  • この商人はカンビオン荒地でのK-ドライブレースに関する情報も教えてくれます。
  • この商店ではダイモスをモチーフにした装飾品やCapturaシーンなどを入手できます。

依頼ミッションと隔離保管庫

エントラティはテンノに新しいタイプの依頼ミッションを斡旋する準備を整えています。依頼ミッションをこなしてXAKUのパーツの設計図などを含める新しい報酬を入手しよう。

エンドレス依頼ミッションに挑戦して、ダイモス特有の報酬をたくさんゲットしよう。 エンドレス依頼ミッションは説明文で「エンドレス」と示されます。

隔離保管庫は依頼ミッションの一部としてテンノを待っています。十分に注意して進んでください。

ダイモスの「地下」: 高レベル依頼ミッションでは謎が多く敵がたくさん潜んでいるダイモスの第二の領域「地下」を探索できます。 オペレーターモードで神秘的なオブジェクトを操作したり、記憶パズルに挑戦しよう。 隔離保管庫は腐敗と報酬でいっぱいです。

8acfc8af4652a930277f9cb80d442f2b.jpg


ネクロロイド・シンジケート 新しいゲームモード:ネクロメカ

ネクロロイド・シンジケートでは自分専用のネクロメカを製作するために必要なものすべてにアクセスできます。 このコンテンツをアクセスするためには『内なる紛争』クエストを完了していることが条件です。

ダイモスの心臓アップデートではネクロロイド・シンジケートからネクロメカ一体をリリースします。 ネクロメカはWARFRAMEのように色をカスタマイズしたり四種のアビリティが備わっていて、すべてのオープンワールドで転移するためのギア・アイテムを使って召喚することができます。 ネクロメカを召喚できるギア・アイテムは、最初のネクロメカを製作すると手に入ります。

  • 異なる種類のネクロメカは後日実装される予定です。

今回リリースされるネクロメカを紹介します:

NECRAMECH:TennoConで登場したネクラメカ!  ネクロメカに関する情報を『ダイモスの心臓』クエストから入手しよう。

  • ネクロメカの設計図およびパーツはネクロロイド・シンジケートから入手できます。

一番アビリティ:Necraweb 磁気液を含んだ器を投げつけ、通った敵の移動速度を大幅に減少させる溜まりを生成する。 また、投げた器が落ちる前に撃つ事であたりを火の海にする。

二番アビリティ:Storm Shroud ネクロメカを強力な電気フィールドで囲み、近距離戦での生存率を大幅に上げる。 バリアを攻撃した敵は返り討ちにあう。

三番アビリティ:Gravemines 周囲に地雷をばらまく。 各地雷は触れると派手に爆破し、3メートル内の敵全てにダメージを与える。

四番アビリティ:Guard Mode 一時的に移動を止め、火力と防御を大幅に上げた状態で攻撃する。

ネクロメカはグラビマグが搭載されているアークウイングガンとと互換性があります。

ネクロメカ用MOD

ネクロメカを新しく紹介される16のMODを使ってアップグレードしよう。これらネクロメカ専用MODはネクロメカからドロップされます。

16種のネクロメカ用MODはWARFRAME用のMODの効果に似ているものから(Necramech Stretch、Necramech Intensify、Necramech Vitalityなど)、ネクロメカ特有のもの(Necramech Thrusters、Necramech Blitz、Necramech Refuelなど)まで登場します。

新しい武器:ネクロメカ武器 CortegeとMausolonは両方アークウイングガンとして利用できます。

CORTEGE エントラティが設計したネクロメカが使う古の武器。 プライマリ射撃は、標的から生命力を吸い上げ、破壊的なオルトファイアを充填する。 驚くべき射程を持つ重装火炎放射器。 セカンダリ射撃は爆発して短時間持続するダメージ領域を残す弾丸を3発扇状に放つ。

MAUSOLON(最初に製作されたネクロメカと一緒に配布されます) エントラティが設計したネクロメカが使う古の武器。 プライマリ射撃は、標的から生命力を吸い上げ、破壊的なオルトファイアを充填する。 痛めつけるようなプライマリ射撃と、破壊エネルギーのビームを解き放ち、着弾点に爆発を引き起こすセカンダリ射撃を持つ。

  • Dev Workshopで説明したとおり、新しい武器はすべて、Riven性質の最小値である「0.5」からスタートします。 これらのルールはアークウイングガン、MausolonとCortegeに対しても適用されます。 アークウイングガン用のRiven MODの性質は今までバランス調整が施されていませんでしたが、次のPrime Accessから四半期ごとに調整されます。
393dd06c07828ebb62d0b5799a2c3dd6.jpg


  • Cortegeの設計図およびパーツはネクロロイド・シンジケートから入手できます。

生物保護活動 ベロポッド:生きているK-ドライブ カンビオン荒地にはベロポッドと呼ばれる新しい生物が生息しています。 ベロポッドはすばしっこい生物ですが、捕獲して乗るとK-ドライブとして操縦できます。 他のK-ドライブと同じように、ベロポッドの後部部分から発射することができます。 そして、これらの貴重な生物をフォーチュナーから入手した麻酔銃を使って保護することもできます。

プレデサイト 孤独なハンターは交尾の季節になると沼へ戻り、絆を交わした人生のパートナーと再会します。 その他の季節ではカンビオン荒地をさまよっています。 カンビオン荒地には三種の野生プレデサイトが生息し、 捕獲に成功するとネクロリスクの生物保護商人に話しかけることにより戦いの味方へと生まれ変わります。 プレデサイトをコンパニオンとして手なずけする方法はこのノートの「新しい感染体コンパニオン」項目をご覧ください。

バルパファイラ 腐肉食動物であるバルパファイラは小さな群れを構成し、より大きな捕食動物が残した獲物を見つけて食べあさります。 カンビオン荒地には三種の野生バルパファイラが生息し、 捕獲に成功するとネクロリスクの生物保護商人に話しかけることにより戦いの味方へと「蘇生」することができます。 バルパファイラをコンパニオンとして手なずけする方法はこのノートの「新しい感染体コンパニオン」項目をご覧ください。

アビカイア この翼があるカンビオン荒地の生物は、崖に群れながらしがみついていたり、頭上を飛んでいるでしょう。 驚かすとすぐに逃げてしまうので、忍耐強いアプローチが求められます。 カンビオン荒地には三種の野生アビカイアが生息しています。

クリプティレクス 穴を掘り巣を作るクリプティレクスはカンビオン荒地の感染植物の近くで見つけることができます。 カンビオン荒地には三種の野生クリプティレクスが生息しています。

  • 各種にはそれぞれ変種も備わっています。すべての生き物を見つけよう。

感染体モリ突き漁 ダイモスでのモリ突き漁は難度が高くなっています。 カンビオン荒地の「魚」は空を飛んでいる場合があり、多くの種類の魚が生息しています。 一部の魚はFassおよびVomeサイクル中だけに現れ、希少性も異なります。

ベイト(餌)について: カンビオン荒地でFassとVomeが戦うたびに敗者のワームは自分の身体の残骸を荒地に散りばめます。 「FASSの残余」と「VOMEの残余」を集めて感染した魚を釣るためのベイトとして釣りメニューから使うことができます。 これまで利用してきたモリ突きシステムと同様に、残余を水面に落とし、魚が現れるまで待ってください。

感染した魚に関する情報や残余に対してとる行動に関する情報を次のリストから入手しよう。 ネクロリスクのモリ突き漁商人に話しかけると、感染した魚の釣り方を学ぶこともできます。

『ダイモスの心臓』クエストを完了すると、ネクロリスクに現れる商人から釣り用のモリを入手できます。この商人は釣りから戻ってきたテンノから魚を地位ポイントと交換に購入してくれたりさばいたりしてれます。 ダイモスの魚はとてもユニークな生き物なので、適切な道具を用意するようにしてください。

洞窟で生息する魚:

  • デュロイド:オロキン時代に遡る生きた化石であり、この貴重魚は洞窟最深部の外分泌液の溜まり場に生息する。
  • アクアプルモ:これらはエントラティの「実験」として人工的に感染された魚種。 洞窟システムの有機堆積物を食べ生活する。
  • キマエロス:感染体はこれらの魚を洗脳し、抗体として活躍させ、感染されていないものに襲い掛かる。ダイモス地表の外分泌液内やその上を徘徊する。
  • コンドリコード:オロキンの生物工学の業績であり、この屈強な魚はダイモスの環境に順応し、感染に対し耐性を持つ。 洞窟内での生息を観測できる。
  • ビトレオスピーナ:かつてこの魚が持ち寄せていた高い機能性はとうに侵食され失われ、動く鉄と肉へと退化した。 主に洞窟内で他の生物を捕食し生存する。
  • バービステオ:感染体のように貪欲であり、この魚は他の死骸を主に食べる。 光を拒み、洞窟などの閉鎖空間を好む。
  • ミクソストマタ:この貴重魚はオロキンの黄金の肉を持つため捕食者に食い荒らされ、絶滅の危機まで数が減らされている。 普段は洞窟内に身を潜めながら生活している。

表層に生息する魚:

  • オスティマイア:多数の余分で変異した内臓が詰め込まれ、鋭い臭いを持つこの魚は珍味として扱われる。Vomeの輝きがある間のみ表層に現れる。 Vomeの輝きがある間のみ表層に現れる。
  • クリプトスクトゥス:かつてはオロキンの清掃魚だったが、遥か昔に感染され今は貪欲に胞子を食べ続ける。 ダイモスの表層で多々生息する。
  • グラティノクス:この屈強な魚は共食いする。 Vomeの輝きがある間はレアガスを吸収するため上昇し、Fassの支配下では巣へ戻り同族の子供を捕食する。
  • アムニオフィジ:これらの魚はこの環境から生み出された半透明のポッドから孵化する。 Fassの輝きによって活発になる。

新しい感染体素材: カンビオン荒地で見つかる素材 カンビオン荒地には数多くの新しい素材が存在します。 カンビオン荒地ではエイドロンの草原やオーブ峡谷で見つかる「天然」素材とは異なる「生きている」素材がそろっています。 採掘エントラティ・シンジケートを訪問して情報を入手しよう。

採掘 宝石

  • 表面加工済みチアメトライト:コモン
  • 粛清済みダゴニック:コモン
  • 浄化されたヘシフロン:アンコモン
  • 星形ネクラテン:レア
  • トラペジウム・ゼノラスト:レジェンダリ
  • カボション・エンボロス:レジェンダリ

合金

  • アドラマリウム合金:コモン
  • 硬化バフォライト:コモン
  • 退化ナマロン:アンコモン
  • 蒸留タウミカ:レア

新しい感染体コンパニオン:蘇生術について

カンビオン荒地は生物に対して厳しい場所です。 在来種は生き残るためにこの厳しい環境に順応しましたが、まだまだ保護の手を借りなければなりません。 バルパファイラとプレデサイトも例外ではなく、厳しい環境の中生き残ろうと励んでいます。 これらの保護生物をカンビオン荒地から保護して手なずけ、ネクロリスクでケガや病気を治療しよう。 負傷した生き物に対して「蘇生術」を施すとコンパニオンへと生まれ変わります。

  • 感染したコンパニオンの遺伝子は別のアップデートで紹介されます。

捕獲方法:

1. 捕獲する

まず、麻酔銃を使って傷付いたバルパファイラまたはプレデサイトを捕獲しよう。弱っている生き物は感染すると特有の輝きを発します。 感染している生き物が病によって命を落とす前に麻酔銃を使って保護してください。 弱ったバルパファイラまたはプレデサイトの保護に成功したら、ネクロリスクに搬送してください。

適切な治療を受けられない生物は傷口が化膿したりして感染体の餌食になるでしょう。 ネクロリスクに今すぐ帰還して、生物保護商人と協力して蘇生術を施そう。

2. 治療する

生物保護商人にアクセスして「バルパファイラまたはプレデサイトを蘇生する」を選び蘇生術を施そう。 味方につけて一緒に戦えるよう回復させるには三つの要素が必要です。 これらのオプションは新しい感染体コンパニオンの特性を決めます。

  • 繁殖:捕獲した「弱まった」バルパファイラとプレデサイトのリストが表示されます。 生物の亜種が外観、基礎統計およびプリセプトを決定します。
  • ミュータジェン:選択した生物に特定の耐性を与える。 ミュータジェンの副作用は尾の外観を変形させます。
  • アンチジェン:感染体を特定の極性(Vazarin、Naramon、MaduraiとPenjaga)に同調させます。 Antigenの副作用には、身体に関する変化が含まれます。

ミュータジェンとアンチジェンはネクロリスクの生物保護商人から入手できます。

3. 飼いならす・自然にかえす

生物を無事保護できたら、飼いならすか自然にかえすオプションが示されます。 生物を飼いならすと信頼できるコンパニオンとして戦いに連れていける一方、自然にかえすとエントラティ地位ポイントを入手することができます。

0519157e938d1f3b16a18142ece5055f.jpg


新しい感染体敵勢: ダイモスのカンビオン荒地に生息する生体物は荒涼とした地域に入る愚かなものすべてを好物としています。 ダイモス カルニスの斬新な恐怖、ダイモス サクサムの強力なスラム攻撃、ダイモス ジャグラスの威力へ立ち向かおう。 多くの足と恐ろしい食欲で満ちたこれらの生体物は、テンノを食い尽くそうとさまよっています。

新しい感染体MODセット:

三種のMODセットが登場します。 Saxum、Jugulus、およびCarnis Modセットは、カンビオン荒地の依頼ミッションの報酬として入手することができます。また、荒地で出現する感染体敵勢からドロップすることもありますので、注意を払ってください。

Saxum Mod セット(最大ランク時):

  • Saxum Carapace (Warframe): +60% 装甲値、+90% ヘルス
  • Saxum Splittle (ピストル): +90%衝撃、+60%状態異常確率
  • Saxum Thorax (近接): +90% 衝撃 +60% 状態異常確率
  • セットボーナス(すべてが装備されているとき):浮遊状態の敵が倒された際に爆発を起こし、敵最大ヘルスの30%を衝撃ダメージとして6m以内の敵に与える。

Jugulus Mod セット(最大ランク時):

  • Jugulus Carapace (Warframe): +60% 装甲値 +90% ヘルス
  • Jugulus Splittle (ピストル): +90%貫通、+60%状態異常確率
  • Jugulus Barbs (近接): +90%貫通 +60% 状態異常確率
  • セットボーナス(すべてが装備されているとき):ヘビースラム攻撃が10メートル内の敵を串刺しにして75貫通ダメージを与え3秒間スタンさせる触手を出す。 クールダウン:6秒

Carnis Mod セット(最大ランク時):

  • Carnis Carapace (Warframe): +60% 装甲値、+90% ヘルス
  • Carnis Stinger (ピストル): +90%切断、+60%状態異常確率
  • Carnis Mandible (近接): +90% 切断 +60% 状態異常確率
  • セットボーナス(すべてが装備されているとき):ヘビー攻撃で敵を倒すと30%の回避率と状態異常への耐性を6秒間得る.
新エントラティ武器

f7bc750c537e8277ed53115d219fc3fd.jpg

TRUMNA エントラティが設計した古の武器。 この重くて特大の自動ライフルは、衰弱する火力を使って敵から敵の生命力を吸い満たし、攻撃が成功するたびに破壊的なオルトファイア・アーク発射体を充電する。

Traumnaの設計図とパーツはエントラティ・シンジケート武器商人から入手できます。

81e0f698b7860242bbc8e603c5ad2862.jpg


SEPULCRUM この古代エントラティから引き継がれた二連式拳銃は、衝突時に爆発する二つの射程物を発射する。 命中するたびに、敵から生命力を吸い上げ、致命的なロックオン・オルトファイア攻撃を充電する。

Sepulcrumの設計図とパーツはエントラティ・シンジケート武器商人から入手できます。

e7c06b75df1c2e0c2a1f088462c2a018.jpg

新しいゲームシステム:Helminthシステム

詳細はこのページをご覧ください。

英語版:https://forums.warframe.com/topic/1212921-the-helminth-dev-workshop/ 日本語版

Warframeのアビリティをカスタマイズして次世代のWARFRAMEを作り上げよう。 Helminthシステムを紹介します。

Helminthシステムは皆さんのオービターにすでに備わっているHelminth室の拡張機能です。この部屋では今までHelminthシストを取り除くことができていました。 しかし、「ダイモスの心臓」アップデートですべてが変わります。 この新しいHelminthシステムを利用すると他のWARFRAMEから抽出したアビリティを今利用しているWARFRAMEへカスタマイズすることができるようになります。

Helminthシステムを一度解除すると一時停止メニューの「エクストラ」からHelminth医務室へファストトラベルできるようになります。

より深い解説:

新しい機能はどのように利用できますか。

Helminthモジュール Helminthモジュールはエントラティ・シンジケート生物保護商人から入手できますが、エントラティ・シンジケートのランク3に到達していることが条件です。Helminthモジュールを入手して製作が終わったら、Helminth医務室に設置してください。

準備が整ったら次の二項目が鍵を握ります。

  • 各WARFRAMEからアビリティ一つのみ交換できます。
  • すべてのWARFRAMEから一つの特定のHelminthアビリティを永久的に組み込むことができます。

新しい機能を利用するために必要な条件は何ですか。

私たちはこの新しい機能を経験豊富なプレイヤー用の機能と見なしています。そのため、「マスタリーランク8まで到達している」ことを解除条件として設定しました。 新規プレイヤーの皆さんにはWARFRAMEのアビリティをカスタマイズせずに楽しんで学んでもらいます。 私たちは意図的にHelminthモジュールをゲームをある程度進めたプレイヤーだけがアクセスできる場所に設置しました。

どの様な素材が必要ですか。また、「分泌物」とは何ですか。

今までに集めてきたほぼすべての素材がHelminthシステムに注入できます。皆さんのインベントリに溜まっている膨大な数の素材を利用するときが来ました。 Helminthへ給餌すると「分泌物」が作成されます。この分泌物を利用してアビリティをカスタマイズしてください。 Helminthはたくさんの好物があります。最高の分泌物を得るために、食べたがっている素材を集めて給餌しよう。 Helminthは皆さんが与える素材の品質によって分泌物を作成する意欲を高めたり低めたりします。良い結果を得るために慎重にアイテムを選んでください。

一度カスタマイズしたら別のものへ交換することはできますか。

注入したアビリティはボタンを押すだけで取り除くことができます。その一方、この除去操作をするまで、注入したアビリティはWARFRAMEに備わります。

反対にWarframeからアビリティを取り出す作業は永久的な処置です。もうプレイしないだろうと思うWARFRAMEだけHelminthシステムに組み込んでください。 間違って組み込んでしまったWARFRAMEはゲーム内マーケットやミッションから再入手できます。

設定はどのように関係しますか。

TennoConの配信でご覧いただいたように、特定の設定だけ(例:A設定だけ)にアビリティを組み替えることもできます。  

例えば、各設定ごとに異なるアビリティを取り換えることができます。

Excaliburをカスタマイズするとします。設定AではShock、設定BではMolt、そして設定CではFirewalkerを注入するなど、様々な組み合わせをお楽しみいただけます。

もう一つ例を挙げますと、ExcaliburのA設定でShockを適用するが、B設定とC設定では既存アビリティを使用するという選択肢を選ぶこともできます。

Helminthをランクアップするためにはどうすればいいですか。

Helminthシステムに給餌したり利用するとランクを上げることができます。 ランクを上げるたびに異なるものが解除されます。例えば、新しいパワーが与えられたり、組み込みが可能なスロットの数が増えたりします。そして、最大ランクに到達すると無限数のスロットを得ることができます。定期的にHelminthに給餌したり組み込んだりしてランクを上げていこう。

Helminthアビリティとは何ですか。

Helminthには独自のアビリティが備わっています。


"EMPOWER" 次に発動するアビリティの威力を増加。

“ENERGY MUNITIONS" 弾薬消費率を効率化させる。

"INFESTED MOBILITY" パルクール速度を上昇する。

"MARKED FOR DEATH" 敵をスタンさせ、スタンした敵へ与えるダメージは、その周りのすべての敵にも部分的に与えられる。

"REBUILD SHIELDS" シールドを瞬時に回復する。

"PERSPICACITY" 次回のハッキングが自動で成功する。

"MASTER'S SUMMONS" コンパニオンを回復して足元に召喚する。

"EXPEDITE SUFFERING" 扇形の効果範囲にいる敵から出血と毒の状態異常を取り除いて、まだ残っていたダメージを一挙に与える。

「組み込む」とは何を指しますか。

Helminth独自のアビリティの他にWARFRAMEを永久的に組み込むことにより、Helminthの記憶へ特定のアビリティを一つ「組み込む」ことができます。 Prime版WARFRAMEを組み込むことは現在できませんが、Prime版WARFRAMEへアビリティを注入することができます。 WARFRAMEを組み込むときのランクは問いません。これはWARFRAMEがランク30に到達していなくても組み込むことができることを意味します。

「注入」とは何ですか。

「注入」作業は特定のWARFRAMEへアビリティを埋め込む作業を指します。この「新しい」アビリティはHelminth独自のものと他のWARFRAMEから組み込まれたアビリティどちらでも有効です。 各WARFRAMEは一つだけ選択されたアビリティをどのアビリティスロットにでも注入することができます。例えば、ShockアビリティはVoltの一番アビリティですが、他のWARFRAMEの三番アビリティと交換することができます。

「組み込む」とは何ですか。

「組み込む」作業はWARFRAMEから永久的にアビリティを取り出す作業を指します。 24時間につき一回WARFRAMEを一体組み込むことができます。

アビリティを組み込むことによりどのアビリティを適用することができますか。

なぜ注入可能なアビリティへこのような規制が設置されるのですか。

皆さんから寄せられた意見とテストを重ねるたびに注入できるWARFRAMEアビリティが圧倒的な威力を発揮する可能性があることに気付いたためです。 アビリティの仕様を変更する代わりに、規制を設置して問題を回避する方針を選びました。

間違った操作に対する安全対策はありますか。

ボタン一つでアビリティを撤去することができるので、いろいろなパターンのカスタマイズをしてみることができます。

例えば、Grendelの一番アビリティを交換したが、効果が好みでない場合、 他のアビリティに割り当てたりレールジャックの戦術に利用するためにアビリティを変更したりすることができます。 HildrynのPillageアビリティをInarosに設置するとシールドを得られない代わりに敵の装甲値とシールドがアビリティ発動時に削られます。

すべてはあなた次第です。いろいろな組み合わせを考えてみてください、テンノ!

ダメージをバフするアビリティはどのように扱われますか。

この表で明らかなように、ダメージを上昇するMirageのEclipseとRhinoのRoarアビリティが「組み込み」可能となっています。 開発チームはこのアビリティを似ているアビリティ(Chroma、Mirage、RhinoやOctaviaなど)を備えたWARFRAMEに注入すると特別なケースが作られることを認識しています。 この二つのアビリティを注入しようとするとき、WARFRAMEは一度に一つのダメージバフアビリティしか持つことができないという警告メッセージが表示されます。したがって、同じ効果を持つ(この場合、ダメージバフを追加する)アビリティを二つ持つWARFRAMEを構成できない仕様となっています。 つまり、ダメージバフ・アビリティは注入先のWARFRAMEのダメージバフ・アビリティに対してだけ交換することができることを意味します。 ただし、ダメージバフ・アビリティを持ち合わせていない他の30以上のWarframeではどのアビリティスロットに新しいアビリティを注入することができます。

組み込み作業を終えたWARFRAMEはどうなりますか。

組み込み作業を終えたWARFRAMEはHelminthと永遠の絆を結びます。 彼らは永久的な名誉として、組み込まれたWARFRAMEの色と一致する蓮の花に住み始めます。

「Helminth」は恒久的な名前ですか。

お気に入りの名前ではありませんか。 いつでも名前変更できますので、ご安心を。

Helminthはネコ派?イヌ派?

さて、答えはゲームから。


コミュニティがデザインしたWARFRAME:XAKU

性別という概念を持たない混成体。 初期のエントラティVoid探索で失われたWARFRAME達のパーツを繋ぎ合わせ、 XakuはVoidアビリティを駆使し敵を恐怖へと陥れる。(統計値は最大ランク時)

この新WARFRAMEはテーマ、外観さらにアビリティまでコミュニティーの皆さんから寄せられた提案を基に作り上げられました。 Xakuのコンセプトアートはファン・アーティストのEornheitさんによって手掛けられています。

Xakuはコミュニティの皆さんが協力して作り上げたWARFRAMEなので、実装されてから皆さんからのフィードバックに基づき調整が後日入ります。 皆さんからのフィードバックに目を通してまとめ上げられたらDev Workshopを発行します。

パッシブ 25%の確率で武器から受けるダメージを無視する。

XATA’S WHISPER 発動後、装備武器からの攻撃にVoid属性を付与する。

GRASP OF LOHK Void触手が周囲の敵の武器を盗み、浮遊する武器は自動で敵を攻撃する。

THE LOST Xakuを構成するWARFRAME三体から引き継がれた三つの異なるアビリティ「Accuse」「Gaze」「Deny」をサイクルして発動する。 早押しで機能を切り替え、長押しで発動する。

ACCUSE:限られた時間の間放射状の亀裂を作り、頽廃(たいはい)した敵はその半径内をXakuと共に戦う。

GAZE:Xakuは多くの声の悲鳴を開放し、Voidつるを用いり最大2体のターゲットの敵をおりへ送り込む。 閉じ込められた敵の半径に入る敵の装甲値またはシールドは減少する。

DENY:XakuはVoidダメージを与えるビームを発射する。 打撃を生き延びた敵は空中を浮遊する。

THE VAST UNTIME WARFRAMEパーツを一時的に弾き飛ばし、骨格状態で戦場を素早く駆け回る。 破片に当たった敵はVoid属性に対し弱くなる。 Xakuが骨格状態にあるとき、被ダメージは75%減少し、機動性が向上する。 アビリティを再発動するといつでもXakuを元の状態に戻せる。

  • Equinoxと同様、アーセナル画面ではXakuの「The Vast Untime」バージョンで表示するようトグル設定できます。
8648a4c8cdcb93e781c642a93579be22.jpg


XAKU コレクション

Xakuは奇妙で謎めいた新しい力としてVoidから到着します。 このコレクションにはXaku、Xaku Kintsuヘルメット、ArtifexシャンダナとQuassus軍扇が含まれています。 3日間 アフィニティ ブースターとクレジット ブースターも付属。

XAKU KINTSU ヘルメット 残酷な結末を迎えたWARFRAME達からかき集めたパーツで作られたXakuのヘルメット。 Xaku Kintsuヘルメットのコンセプトアートと彫刻はコミュニティTennoGenアーティストのKaruさんが手掛けました。

ARTIFEX シャンダナ このテクノ・バイオシャンダナは肩を覆い、WARFRAMEにとがったシルエットを与える。 Xakuを象徴するシャンダナ。 Artifaexシャンダナのコンセプトアートと彫刻はコミュニティTennoGenアーティストのKaruさんが手掛けました。

QUASSUS この軍扇で敵を吹き飛ばそう。 XakuがQuassusを扱う事でより高い命中精度で敵を射抜く。 Quassus軍扇のコンセプトアートと彫刻はファンアーティストのKedemelさんが手掛けました。

  • Quassusの設計図はゲーム内マーケットおよびエントラティ依頼ミッションから入手できます。


新規プレイヤーにゲームをわかりやすく説明:チュートリアル改変

Warframeを始めたばかりのプレイヤーの皆さんに向けて、新しいシネマチックを含める改変されたチュートリアルを紹介します。 Warframeの新しいチュートリアルでは、ダン・トラクテンバーグさんが監督したシネマチックで紹介されたストーリーが続きます。 バレットジャンプなど、Warframeのゲームプレイの中心となった要素は、チュートリアルの一部として取り入れられています。 エイドロンの草原を横断してCaptain Vorからの攻撃をかわし、忘ている記憶を思い起こす旅へ出かけよう。

  • すでにチュートリアルを完了しているプレイヤーの皆さんは、オービターに設置されているコーデックスから改変されたチュートリアル『目覚め』をプレイすることができます。『目覚め』クエストはリプレイ可能です。

K-ドライブに関する変更点: 皆さんから「K-ドライブに乗っているときに武器を使用できたらいいのにな」という要望が多々寄せられていました。このアップデートを機にK-ドライブに乗っているときにセカンダリ武器を利用できるようなりました。 セカンダリ武器は地上を滑っているときだけ使えます。つまり、ジャンプやフリップしているときはホルスターに収められます。

K-ドライブは通常通り操縦することができますが、バインド指定したキーを押すとセカンダリ武器が装備されます。デフォルト設定は「Fキー」です。 もう一度「Fキー」を押すとトリックやジャンプなどができます。

2cb48dbb8bf84073b5a97a1e9e9f6516.jpg


新しいK-ドライブ用MOD K-ドライブの新しい機能と共に次のK-ドライブMODも紹介します。 フォーチュナーにいるRokyは地位ポイントと交換にこれらのMODを提供してくれます。彼のショップを今すぐ訪れよう。(統計は最大ランク時)

  • Primo Flair:最大トリックコンボ数を6000まで上昇する
  • Bomb The Landin:グラインドを空中で長押しすることで20m範囲のスラムショックウェーブを繰り出す。
  • Juice :トリックを行う事でエネルギーをチャージする。トリックポイント100取得する度に55エネルギーをチャージする。
  • Vapor Trail:K-ドライブのブースト速度を10増加する. 毎秒10エネルギーを消費する。

新しいPRIME武器用MOD(統計は最大ランク時)

Paris Prime: Bhisaj-Bal - 状態異常を3回付与する度に300ヘルス回復 +90% 状態異常確率

Akstiletto Prime: Zazvat-Kar - 空中で弾薬消費効率 +75%

Soma Prime: Hata-Satya - ヒットするごとにクリティカル率が1.2%上昇(500%が上限)。 リロード、収納時にリセットされる。

Akbronco Prime: Damzav-Vati - +240% 感染ダメージ

  • ネクロリスク内の武器エントラティシンジケートメンバーからこれらの新しいMODを見つけよう。
新しいマーケット内アイテム
E833fa7617d4ed279a5b210a4c5c1f68.jpg


ダイモス感染体バンドル ダイモス感染体バンドルで太陽系を喰らう疫病となろう。 このバンドルはZymosピストル、Keratinosクロー、Sordarioシャンダナを含みます。

ZYMOS 胞子をまき散らすこのピストルで敵を感染させよう。 ヘッドショットは体内へ潜り込み爆発し、胞子が更に拡大し周囲の敵を襲います。

  • Quassusの設計図はゲーム内マーケットから、パーツはエントラティ・シンジケートから入手できます。

KERATINOS ヘビー攻撃範囲が拡張されたこの感染体クローで消えない傷を残そう。

  • Keratinosの設計図はゲーム内マーケットから、パーツはエントラティ・シンジケートから入手できます。

SORDARIO シャンダナ 生物発光の輝きを脈打つこのシャンダナは、見飽きる事のないという。

77af4d4ef5dd563505e8ebf5b9b769cc.png
HYDROID RAKKAM コレクション

Rakkamコレクションで暴れん坊海賊として駆け巡ろう。 このコレクションはHydroid Rakkamスキン(スキンを装備しているHydroidのTentacle Swarmのクラーケンは新しいデラックスな外観を用いります)、Carcinusスピアガンスキン、Scyph Dirigaスキン、センチネルアクセサリーを含みます。 ボーナスアイテムとしてでHydroid専用のBurangara Longcoat特殊外装も含まれます。

HYDROID RAKKAM スキン 戦場の中で移動性を活かした流れるようなデザインを誇る。 スキンを装備しているHydroidのTentacle Swarmのクラーケンは新しいデラックスな外観を用いります。 ボーナスアイテムとしてでHydroid専用のBurangara Longcoat特殊外装も含まれます。

CARCINUS スピアガンスキン このスピアガンスキンで津波のように激しい一撃を敵に喰らわす。

SCYPH DIRIGA スキン このスキンでDirigaが毒針を持つクラゲと化す。

SCYPH センチネルマスク Scyphスタイルを用いたセンチネル用のマスク。

SCYPH センチネルテール Scyphスタイルを用いたセンチネル用のスタイリッシュな尻尾。

SCYPH センチネルウイング Scyphスタイルを用いたセンチネル用の翼。

デイリー地位ポイント上限数に関する変更点:

デイリー地位ポイント上限数はマスタリーランクに基づいてより多く入手できるよう、変更されます。 マスタリーランク0のプレイヤーはデイリー地位ポイント上限が8500から始まり、マスタリーランクが上がること徐々に増加します。 またこの変更により、各マスタリーランクで以前のシステムよりも多くのデイリー地位ポイント上限へアクセスできるようになります。 この変更は次のデイリーリセット時適用され始めます。

マスタリーランク 地位ポイント上限
変更前 変更後
0 1,000 8500}}
1 2,000 +750}}
2 3,000 +750}}
3 4,000 +750}}
4 5,000 +750}}
5 6,000 +750}}
6 7,000 +750}}
7 8,000 +750}}
8 9,000 +750}}
9 10,000 +750}}
10 11,000 +750}}
11 12,000 +750}}
12 13,000 +750}}
13 14,000 +750}}
14 15,000 +750}}
15 16,000 +750}}
16 17,000 +750}}
17 18,000 +750}}
18 19,000 +750}}
19 20,000 +750}}
20 21,000 +750}}
12 22,000 +750}}
22 23,000 +750}}
23 24,000 +750}}
24 25,000 +750}}
25 26,000 +750}}
26 27,000 +750}}
27 28,000 +750}}
28 29,000 +750}}
29 30,000 +750}}
30 31,000 +750}}
ミッション概要とミッション終了画面に関する変更、修正点:
  • ミッション完了画面で表示される報酬の順番を並び替えました。
    • シンジケートメダルはMODと素材の上に表示されるように。
    • MODは素材のレア度と同調して表示されるように。
  • 「タイプ」によるソートを削除。
  • コンクレーブとインデックス・スコアボードの外観を新しいミッション終了画面と同調するように更新。
  • ミッション概要と終了画面の左上隅に「非表示」ボタンを追加。 「目」アイコンにカーソルを合わせるとミッション概要UIを隠すことができ、必要に応じて状況を確認することができます。 また、このアイコンを利用するとミッション終了画面の背景にあるWarframeジオラマからUI全体を撤去できます。 分隊メンバーの格好いい姿をスクリーンショットに収めよう。
  • 終了ボタンはオービターに戻った後、利用可能になると点滅します。
  • 分隊オーバーレイは、ミッション終了時およびミッション画面へ表示され、オービターに戻った後も表示されるように。
  • ミッション結果(タブ)のプレビュー中にWarframeを一時停止すると、一時停止画面を開く前にミッション結果が閉じて、UIが重なる問題を回避するように。
  • ミッション終了画面で見える次の統計「メダル」を追加。
    • 見つけた生命維持カプセルやモジュールの数。見つけたパワーセルの数。
    • 回復を行った数。
    • 救出ターゲットを見つけた数。
    • シンジケートメダルを最初に見つけた方。
  • 自由行動からそれぞれの街に戻るとき(草原からシータスなど)、ミッション終了画面が最初のアニメーションを終了するまでプレイヤーの移動を制限しないように。
  • クイックビューのミッション概要画面(Tabキーで開く)から色付きのバッカーの表示を減少。
  • ミッション終了画面へ新しい音響を追加。
  • ミッション完了画面の報酬部分にシンジケートメダリオンの種類が表示されない問題を修正。
  • ミッション終了画面の音響が再生されるとき、オービターの他の音楽やサウンドを適切に削除しない問題を修正。
  • ミッション終了画面で表示されるボス撃破数が、エクシマスおよびその他のVIPキルをカウントしていた問題を修正。
  • ボス キルメダルがHyena Packを正しくカウントしない問題を修正。
  • ミッション終了画面の選択したソートの仕方が次のミッションに継続されない問題を修正。
  • デイリートリビュート画面とミッション終了画面が重なって表示される問題を修正。
  • 精度メダルが近接攻撃を二重カウントする問題を修正。
  • ミッション終了画面で発生していたスクリプトエラーを修正。
Quellorに関する変更点:
  • オルトファイアの弾薬コストを75から50へ減少。
  • オルトファイア発射体の寿命を0.095秒から0.12秒へ延長。

その他の追加点:

  • カンビオン荒地や地下を描く新しいCapturaシーンが登場。 エントラティ・シンジケートから入手しよう。
  • 新しいダイモスに関するチャレンジを追加。
    • Jugger「Not」
      • カンビオン荒地でジャガーノートを5体倒す。
    • 禁断の果実
      • ハプティックフロンドからガングリオンを50個収集する。
    • 旅は道連れ
      • ベロシポッドに20回乗る。
    • 焼き殺せ
      • 感染ポッドを100個燃やす.
  • Oxylus用の新しいプリセプトMODを追加。セファロン・シマリスから入手できます。
    • Botanist
      • Oxylusは20m内の植物を5秒間スキャンする。 スキャン毎にスキャナーを消費。
変更点:
  • イベントを廃止するため、アコライトMODをエントラティ依頼ミッション報酬へ追加。しかし、これがアコライトの最後を意味するわけではありません。 乞うご期待!
  • 『目覚め』クエストのシネマチックにMagのMagnetizeが表示されるように。 Magnetizeを長押しすると、 Magは発射体を吸収するMagnetizeのバブルを作成して保持するようになります。 アビリティを再発動すると吸い込んだダメージを敵に向けて発射します。 また、Magはバブルを維持しているときに歩けるようになりました。
  • 自由行動ノードは星系マップでカスタムアイコンを使用するように。
  • 侵略ミッションで敵ビーコンを廃止。
  • 遅延レンダリングが有効化しているときの髪の毛のシェーディングを改善。
  • Aero、Motus、およびProton Modセットへ、固有のセットアイコンを追加。
  • ソーティー、シンジケートとVoid亀裂ミッションのラインアップにダイモスのノードを追加。
  • K-ドライブを操縦しているときに「x」ボタンを押すと降りることができるように。
  • Athodaiの説明文へ「ヘッドショットキルでオーバードライブを作動する」という説明を追加。
  • ランチャーからいくつかのレガシーシステム仕様警告を撤去。
  • シンジケートメダルの最大数を提供するよう選択すると、地位ポイント上限いっぱいまでにできるように切り上げられるように。 メダリオンの寄付や各メダリオンの数はこの新しいルールへ順応するようになります。
  • Fraggor Brokスキンの説明文を「-1秒 コンボ持続時間」へと更新。
修正点:
  • モアコンパニオンを装備して『内なる紛争』をプレイすると起こる進行ストッパーを修正。
  • ソロモードでプレイすると、『Vox Solaris』クエストの最終ステージで適切に「冷却液タワーをハッキング」できない問題を修正。
  • ランディングクラフトカスタマイズ画面からWarframeを終了しようとすると起こるクラッシュを修正。
  • クライエントして自由行動ミッションやレールジャックに乗り込むと起こる延滞を修正。
  • リソースドロップチャンスブースターがRivenの破片に対して効力を発揮していない問題を修正。
  • テラ マンカーの武器FXが破壊されないためクラッシュする可能性があるパフォーマンスリークを修正。
  • エイドロンの草原の洞窟タイルセットで掘削機が少し宙に浮く問題を修正。
  • アークウイングモードで麻酔銃を装備した後にジャンプする機能が失われる問題を修正。
  • 鋼の道のりのジャンクションスペクターから欠落していた追加ヘルスを修正。
  • Xorisが今使用している武器でない場合、ステルス攻撃を仕掛けようとすると、Warframeの手にXorisが表示されない問題を修正。
  • 生物保護中にダウンすると発生する可能性があったスクリプトエラーを修正。
  • コントローラーを使用しているときにマーケットのアイテムをウィッシュリストに登録しようとすると欠落していたコンテキストアクションを追加。
  • 通信のガンマカラーや照明が間違って表示される問題を修正。
  • 敵がGaraのSpectorageの鏡を攻撃しない問題を修正。
  • オーブ峡谷のケース確保依頼ミッションでUIがずれる問題を修正。
  • カスタムメニュースケールスライダーが100%以外に設定されている場合、ツールチップが正しく配置されない問題を修正。
  • 低フレームレートでプレイしているとき特定のシャンダナ(例:Paxisシャンダナ)ががくがく揺れる問題を修正。この問題はオービター、Dojoとリレーで発生していました。
  • ボールルーム・シミュラクラムのアーセナルコンテキストアクションがアーセナルにクリッピングする問題を修正。
  • チャットのロードアウトリンクを回覧するとUIがロックされる問題を修正。
  • オービターへキャバット孵化器アップグレードモジュールを設置するときにファイルパスが表示される問題を修正。 https://forums.warframe.com/topic/1213371-english-missing-text-when-upgrading-a-ship-part/
  • レンズを装備しているクバ・リッチの武器名がミッション終了画面でファイルパスとして表示される問題を修正。
  • アーセナル画面でアップグレードを選ぶとアークウイングガンが消失する問題を修正。
  • 外観タブでChromatic Bladeを装備しているChromaとExcaliburからアクティブエレメントアイコンが表示されない問題を修正。
  • MOD画面で「レア度」でソートすると「レジェンダリのみ」と「すべて表示」の間に空白が表示される問題を修正。
  • 「天然峡谷オーブ」Dojo装飾品を一度配置すると動かしたり、撤去したり、寄付することができない問題を修正。
  • ガス・シティのタイルセットでベイポスドロップシップがあまり発生しない問題を修正。
  • Nightwaveシリーズ3・エピソード4のシーンで特定の岩に線が通っている問題を修正。
  • TrinityのPool of Life増強MODを装備していてもWell of Lifeでマークされた敵からヘルスオーブがドロップされない問題を修正。
  • ランチャーを初めて起動した場合、ダウンロードが完了する前にランチャーの「プレイ」ボタンが有効になる問題を修正。
  • 近接武器を使ってシンセシススキャナーを無効化しても追跡ヒントが表示される問題を修正。
  • コンクレーブミッションでホスト移行が発生すると起こるクラッシュを修正。
  • タブを切り替えるとオプション画面でスライダーが使えなくなる問題を修正。
  • ブースタードロップダウンリストの背景を超えて表示されるテキストを修正。
  • Dojoの装飾品を移動しようとしたとき、何も問題がないのに「装飾品を配置できませんでした」というエラーメッセージが表示される問題を修正。
  • グリニア・セトルメントタイルセットを使う防衛ミッションから欠落していたドアを修正。
  • ステルスアフィニティボーナスアイコンの上に表示される白い箱を修正。
  • チャットヘッダーアイコン(分隊、クラン、連盟など)をマウスで移動してEnterキーでテキストを入力すると、画面にスタックする問題を修正。
  • MAGGOR TOWSUN レッグガードがねじれて表示される問題を修正。
  • ロールオーバーUI要素でポップアップするテキストの遅延を修正。
  • Gaussのスカート部分が照明によっては見えなくなってしまう問題を修正。
  • Void遺跡船(ダイモスに位置変更しました)の貯蔵庫がコラプトMODをドロップしない問題を修正。
  • Dojoのアスレチックコースの照明カラーを変更しようとすると起こるスクリプトエラーを修正。
  • 連盟の権限画面を回覧していると起こるスクリプトエラーを修正。
  • Zaw武器の名前を変更しようとすると機能が失われるスクリプトエラーを修正。
  • RevenantのDanse MacabreとDual Cestraに関するスクリプトエラーを修正。
  • 発掘ミッションでホスト移行が発生すると起こるスクリプトエラーを修正。この問題はミッションを進行できない問題を引き起こすこともありました。
  • 様々なWarframeアビリティを発動すると発生するスクリプトエラーを修正 。
  • エンドレスVoid亀裂ミッションで起こるスクリプトエラーを修正。
  • オーブ峡谷にロード中発生するスクリプトエラーを修正。
  • Atomos に関するスクリプトエラーを修正。
  • クラン管理画面を開いたときに発生する可能性があったスクリプトエラーを修正。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。